【ソウ(映画)全シリーズネタバレ結末】ファイナルラストまでの謎を徹底解説

映画ソウ(SAW)のネタバレを1・2・3・4・5・6・ファイナル、そしてジグソウ:ソウ・レガシー(ソウ8)のラスト結末まで、全シリーズまとめてみました。
各シリーズで明らかになった謎や伏線を徹底解説していきます。
これまでのソウシリーズをおさらいしておきたいあなたに、1分でわかるこれまでのソウあらすじや登場人物相関図も!

※ソウをイッキ見したい時は
1話~ファイナルまで全7作全て「U-NEXT」で視聴することができます。
今なら登録後最大31日間無料お試し期間あり
⇒U-NEXT

1分でわかる!超ざっくり全シリーズあらすじと結末

目覚めたら、密室。

不気味な腹話術人形のビリーと、
テープ・レコーダーから聞こえてくる、ルール。

「ゲームをしよう」

突如始まる連続猟奇殺人鬼「ジグソウ」のゲーム。

目的は、自己を省みない人間に生きる意味を見出させること。

強制参加させられたゲームのルールを遵守すれば、
必ず生き残れる手段が残されているのがジグソウのゲームの特徴だ。

「ジグソウ」の正体は、末期脳腫瘍患者のジョン

ジョンが死んだ後も、
弟子のアマンダホフマンがジグソウの後継者としてゲームを続行する。

ジョンの元妻・ジルをも巻き込み、激化するジグソウの後継者争い。

しかしジョンの真の協力者は、『ソウ』最初のゲームの生き残り、ゴードン医師だった。

ジョンには困難と思われる大掛かりなゲームの仕掛けは、アマンダとホフマンが、
一方で医療技術が必要な手術は全て、ゴードン医師が行っていた。

暴走したホフマンをゴードンが拉致、
始まりの場所である老朽化したバスルームに閉じ込め、
『ファイナル』は幕を閉じる。

そしてジョンの死から10年後、再びジグソウのゲームが開始される。

スポンサーリンク

ソウ登場人物相関図


引用元:saw3d.asmik-ace.co.jp

スポンサーリンク

ソウ各シリーズあらすじネタバレ

ソウ

ゲーム被験者:アダム、ゴードン、ゼップ(ゴードンが務める病院の雑役係)
ケーム参加者:タップ刑事
ゲーム場所:老朽化したバスルーム

連続殺人鬼「ジグソウ」のゲームに強制参加させられたのは、
カメラマンのアダムと、
外科医のローレンス・ゴードン。

課せられた条件は、

「6時間以内に相手を殺すか、2人とも死ぬか」

さらに、ゴードンが財布に入れていた妻子の写真には、

「拉致された妻・アリソンと娘・ダイアナの写真」

の文字。
裏面には、

「見ようとしなければ見つかる」

密室に隠された数々の謎に、生き残ろうと凌ぎを削る2人。

一方、ジグソウを追うことに執念を燃やすタップ元刑事。
不倫現場にペンライトを落としたゴードンがジグソウではないかと疑い、ゴードン家を見張っていた。

そんなタップ刑事に雇われて、ゴードンを尾行し、調査していたのがアダムだった。

徐々に明らかになる隠れた関係性。

駆け引きを繰り返していたアダムとゴードンだったが、手を組んで、監視カメラで見ている犯人を欺こうと画策する。

煙草を使ってアダムが死んだ振りを装うも、
足枷に流れた電流により、あっさり見破られてしまう。

一体犯人はどこから見ているのか?

実は、2人の間に横たわっていた自殺死体こそが、ジグソウだった。
ゴードンに手術不可能と宣告された、末期の脳腫瘍患者のジョン

彼こそがジグソウだったのだ。

ゴードンの妻と娘を拘束していたゼップも、

「ゴードンの妻子をタイムリミットになったら殺せ。さもないと、お前は注射した毒で死ぬ」

と、強制的にゲームさせられていた。

呆然とするアダムに、
ジグソウは「ゲームオーバー」を告げる。

もっと詳しいネタバレは⇒ソウネタバレあらすじラスト結末

スポンサーリンク

ソウ2

ゲーム被験者:エリック
ゲーム参加者:アマンダ、ダニエル、ザビエル、アディソン、ジョナス、オビ、ローラ、ガス
ゲーム場所:出口のない館

タレこみ屋のマイケルが「死の仮面(デスマスク)」で殺された現場から、エリック刑事はジグソウのアジトの手掛かりを発見。

ケリー、SWAT隊と共に乗り込むと、ジグソウはあっさり逮捕され、動揺することなくエリックと2人で話をすることを要求する。

ジグソウの部屋のモニターでは、8人の男女によるゲームが始まっていた。
その中に、なんと息子ダニエルの姿が・・・。

しかも、一緒にいるのはかつて自分が証拠をでっち上げ逮捕した7人だ。
そのことが知れれば、ダニエルは・・・。
驚愕したエリックは、息子を監禁している館のありかを吐くよう、ジグソウに詰め寄る。
しかし、ジグソウの要求はあくまで「話をすること」。

ゲーム開始と共に遅効性の神経ガスが館内をめぐっていく。
2時間以内にゲームに勝ち抜き、解毒剤入り注射器を手に入れないと死んでしまう。

話をするだけの状況に耐えきれず、
ジグソウを暴行、館に案内させたエリック。
しかし、突入したところでブタのマスクを被った人物に襲われ、意識を失う。

一方、SWAT隊も画像分析で館の住所を突き止め、突入するが、そこはカメラだけの部屋だった。
エリック、ケリー、SWAT隊が見せられていたのは、録画した「過去の映像」だったのだ。
金庫が開き、中から現れたのは瀕死のダニエル。

ではアマンダはどこへ?

実は、エリックを拉致した人物こそがアマンダだった。
『ソウ』で生き残ったアマンダは、ジョンに弟子入りし、ジョンの後継者となっていたのだ。

息子ダニエルは解放されたが、今度はエリックのゲームが始まる。

もっと詳しいネタバレは⇒ソウ2ネタバレあらすじラスト結末

スポンサーリンク

ソウ3

ゲーム被験者:ジェフ、アマンダ
ゲーム参加者:リン、
ゲーム場所:閉鎖された食肉工場「ギデオン・ビル」の地下

3年前、自動車のひき逃げで最愛の息子を亡くしたジェフ。

そんなジェフの前に次々と現れる、事件の関係者達。
事故現場を目撃しながら、裁判で証言をしなかった女、
裁判で懲役6か月という軽い罰しか与えなかった担当判事、
そしてひき逃げ犯。

家族を顧みず、犯人への復讐のみに生きるジェフに課されたルールは、殺したいほど憎んでいる相手を赦せるかどうか。

一方、アマンダは外科医のリンを拉致。
ジェフのゲームが終わるまで、ジグソウを延命するよう迫る。

リンへの嫉妬から、手術は成功したのにルールを守らず、リンを撃ち殺そうとするアマンダ。
そこへ、最後のゲームを終えたジェフがやって来る。

ジェフとリンは、実は夫婦だった。

愛する妻リンを撃ったアマンダを、撃ち殺すジェフ。
さらにジェフは、こんなゲームを仕掛けたジョンも殺してしまう。

・・・が。

ジョンの死と同時に、リンに首に巻かれた円状爆弾が爆発。
リンも死んでしまう。

さらに、残されたテープから、娘も監禁されていたことが判明。
しかし、ジョンを殺してしまったことで、娘の居場所を知る術はなく、娘を助ける道は閉ざされる。

果たしてこのゲームは、誰のためのものだったのか?

これはジェフとリンのゲームと見せかけた、アマンダのゲームだった。
裏で、ジグソウを継ぐためのアマンダのテストが行われていたのだ。

もっと詳しいネタバレは⇒ソウ3ネタバレあらすじラスト結末

スポンサーリンク

ソウ4

ゲーム被験者:ダニエル・リッグ(SWAT隊長)
ゲーム参加者:エリック・マシューズ、マーク・ホフマン、ブレンダ、アイヴァン、レックス&モーガン、アート弁護士
ゲーム場所:モーテル、小学校

ジグソウと弟子アマンダが死に、全ては終わったかに見えた。

・・・が。

ケリー刑事のゲーム現場を捜査したFBIのストラム捜査官は、アマンダ以外にもジグソウの後継者がいるのでは?と疑い、ペレーズ捜査官と共に捜査を開始する。

ジョンの元妻・ジルの事情聴取により、徐々に明らかになるジョンの過去・・・。

ジョンが「ギデオン・ビル」に潜伏していることを聞き出し、「ギデオン・ビル」に向かう。

ここで『ソウ3』とリンク
ストラムとペレーズの捜査は時系列が過去(『ソウ3』)だったことが判明。

『ソウ3』ラストの現場に踏み込んだストラム捜査官は、ジェフを射殺する。

一方、ジグソウに関わって唯一生き残っていたSWAT隊長のリッグが、新たなゲームに強制参加させられる。
人質にされたのは、ホフマン刑事と『ソウ2』のゲーム後行方不明になっていたエリック刑事。
旧友を救うのに、与えられた時間は90分。

少女売春を斡旋しているブレンダ、
3度無罪になった連続レイプ犯アイヴァン、
娘を虐待しているレックスとその妻モーガンと、
いずれもリッグと関わりのあった人物達がゲームに参加させられていた。

リッグは首謀者と思われたアート弁護士を射殺するが、今回ゲームを仕掛けたのはホフマン刑事だった。
ホフマンこそが、「ジグソウの後継者」だったのだ。

後日、ジョンの遺体解剖で、胃の中から発見された、一本のカセットテープ。
中身は

「これを聞いているということは、最後に君が残ったということだろう。だが、ゲームはまだ終わっていない」

というメッセージ。

もっと詳しいネタバレは⇒ソウ4ネタバレあらすじラスト結末

スポンサーリンク

ソウ5

ゲーム被験者:ストラム
ゲーム参加者:8人の住人が死亡したビル火災の関係者5人
ゲーム場所:???
トリック:4つのゲームは、5人全員が協力すれば逃れられた。

ジェフとリンの娘を救出し、ジグソウのゲームから無傷で生還したヒーローとなったホフマン。

一方、ジグソウが仕掛けたゲームから、命からがら生還したストラムFBI捜査官。

ストラムは、ホフマンこそがジグソウの後継者ではないか?と疑い始める。
捜査から外されてしまったストラムは、独断で単独捜査を開始。

しかし、巧妙なホフマンの罠により、「ジグソウの後継者」に仕立て上げられてしまうストラム。

ストラムVSホフマン、決着はストラムの敗北で終わる。

もっと詳しいネタバレは⇒ソウ5ネタバレあらすじラスト結末

スポンサーリンク

ソウ6

ゲーム被験者:ウィリアム・イーストン(アンブレラ保険会社重役)
ゲーム参加者:ウィリアムの部下・会社関係者、タラ・ブレンド親子、パメラ・ジェンキンス(ウィリアムの妹)
ゲーム場所:廃動物学研究所

ホフマンはジルに、ジョンが遺言状で託したゲームを差し出すことを要求する。

そうして始まったジョンの最後のゲーム。
被験者となったウィリアムは、ジョンが脳腫瘍の治療で、ノルウェーの遺伝子治療を受けたいと申し出た際、保険の支払いを拒否した男だった。

契約した顧客に支払いを拒否することで儲けていたアンブレラ保険会社。
多くの顧客が満足な治療を受けられずに死んでおり、タラ・ブレンド親子もその一人だった。

ゲームの趣旨を理解したブレンドは、病死した父の敵であるウィリアムに制裁を加える。

一方、ストラムの上司・エリクソンは、ジグソウ事件の検証を進め、徐々にホフマンに近づいていく。

ストラムの相棒・ペレーズFBI捜査官が生きていたこと、そしてジョンが仕掛けたパズルピースの罠
思いもよらぬ誤算が重なり、ホフマンは窮地に陥る。
セス事件の音声解析でついに正体を暴かれるも、エリクソンとベレーズ、さらにその場にいた警官全員を殺害し、証拠隠滅を図るホフマン。

・・・が。

ジグソウの後継者となることを決意したジルに、ジョンの遺品の逆トラバサミを装着されてしまう。
しかし、ホフマンは逆トラバサミを解錠して脱出し・・・!?

もっと詳しいネタバレは⇒ソウ6ネタバレあらすじラスト結末

スポンサーリンク

ソウ ザ・ファイナル(ソウ7)

ゲーム被験者:ボビー・デイゲン
ゲーム参加者:ジョイス(ボビーの妻)、ボビーのビジネスの共犯者達3名
ゲーム場所:廃屋

ジグソウのゲームのニセ生存者として、その経験談をTVや著書などで語り、カリスマ的な人気を得ていたボビー・デイゲン。

ボビーは、過去の生存者を集めた生還者の会を主催する。
そこにはゴードン医師の姿が・・・。

そしてついに、ボビーは彼のビジネスに協力した広報担当者、弁護士、マネージャーとともに、本当にジグソウのゲーム被験者となってしまう。
人質に取られた妻・ジョイスを救うため、6つのゲームに挑むボビー。

一方、ホフマンの処刑に失敗したジルは、内部調査課のギブソン刑事と取引し、身柄の保護を求める。
しかし、車解体工場にホフマンに誘い込まれたギブソン刑事は、SWATと共に射殺されてしまう。

警察署内に侵入したホフマンにより、ジルは逆トラバサミを装着され、死亡する。
全てを焼き尽くし、逃亡しようとするホフマンに、マスクの3人組が襲いかかった。

一人はゴードン医師
ゴードン医師も、ジョンの協力者だったのだ。

ホフマンをソウの舞台である老朽化したバスルームに鎖でつなぎ、ゴードン医師は「ゲームオーバー」を告げる。

もっと詳しいネタバレは⇒ソウ7ファイナルネタバレあらすじラスト結末

スポンサーリンク

ジグソウ:ソウ・レガシー(ソウ8)

ゲーム被験者:ローガン
ゲーム参加者:カーリー、ライアン、ミッチ、アナ、ローガン
ゲーム場所:ジルの両親所有の農作業場

ジョンの死から10年後、ジグソウのゲームが再開される。
密室で目覚めた男女5人のゲームが進行していた。

ジグソウのゲームの犠牲者と思われる遺体が次々と発見され、遺体の検死を担当した検視官のローガンは、アシスタントのエレノアと共に捜査を開始。

一方、刑事のハロランは、ジグソウの熱狂的な信者であるエレノアが犯人ではないかと疑い始める。

ゲームに使われていたのがジョンの元妻・ジルの両親所有の農作業場と判明し、ローガンとエレノアは急行する。
追ってきていたハロランと激しい交戦となり、しかし二人共誰かに気絶させられてしまう。

始まったハロランとローガンのゲームは衝撃の結末を向かえる。
ハロランを連続殺人の犯人に仕立て上げたのはローガンだった。
実は、ローガンもまた、ジグソウの後継者だったのだ。

研修医時代にジョンのレントゲンの名前シールを貼り間違えたローガン。
イラクに衛生兵として赴き、酷い拷問で精神を病んだローガンは復員後、ジョンによって救われ、ジグソウの後継者として生きることを決意していた。

今回のゲームは、ジグソウの後継者に相応しいかどうか、ローガンが自らに課したテストだったのだ。

さらにローガンは、10年前に行われたのジョンのゲームを模倣していたことが判明する。

もっと詳しいネタバレは⇒ジグソウソウレガシー(ソウ8)ネタバレあらすじ結末

スポンサーリンク

ソウシリーズ通じての伏線と謎解説&考察

ジョン(ジグソウ)の過去

ジョンは、かつて建築と機械工学に精通した実業家でした。

薬物中毒者の更生クリニックを経営する妻・ジルと、
順風満帆な人生を送っていたジョン。

しかし、ジルの元患者セシル・アダムズが強盗に押し入ったことで、ジョンの人生は一変します。

妊娠していたジルが、セシルと揉み合い、腹部を強打したせいで流産してしまったのです。

待望の我が子を失った深い悲しみ・・・。
さらに、手術不可能な脳腫瘍を患っていることが判明。

余命宣告され、絶望したジョンは、自殺しようと車ごと崖から転落しますが、奇跡的に生き延びます。

この体験から、
ジョンは「ジグソウ」へと変貌していきます。

計画に巻き込まないため、ジルとは離婚し、
セシルを被験者に最初の「ゲーム」を行ったジョンは、
以後「ジグソウ」として、数々のゲームを実行していきます。

スポンサーリンク

ギデオン・ビルの意味

『ソウ3』のゲームの舞台となった廃食肉工場、
通称「ギデオン・ビル」は、ジョンの最初の物件でした。

「ギデオン」は、
ジョンが生まれてくるはずだった息子につけようと考えていた名前です。

スポンサーリンク

アマンダが見た手紙の内容は?

『ソウ3』でゲームに失敗し、命を落としたアマンダ。

ジグソウを崇拝し、協力者として行動を共にしていたアマンダですが、
生き残ったアダムを手にかけ、
さらにルールを無視したゲームを実行。
後継者の資質を問うべく、再びゲームに参加させられていました。

リンに対する嫉妬から、リンを撃ったかに思われましたが、
アマンダが顔色を変えた手紙の内容が、ソウ6で明かされます。

「リン・デンロン医師を殺さなければジルの流産に関わっていた事をジョンに伝える」

というホフマンからの脅迫状

ジルを流産させた強盗現場に、
実はアマンダもいたのです。

セシルはアマンダの恋人で、
強盗を指示したのもアマンダでした。

それがジョンにバレることを何より恐れたのです。

ただ、アマンダがジルの流産に関わっていたことを、おそらくジョンは知っていたのではないかと。

スポンサーリンク

ホフマンの過去

ホフマンはジグソウの手口を真似て、
妹を殺したセス・バクスターに復讐していました。

自分の名を騙ったホフマンに、ジョンが接触。

ジョンはホフマンに自分の仕事を見せ、
アマンダと同じく、ジグソウの後継者とすべく、教育していきます。

ジルが受け取った遺品の中身は?

『ソウ5』で、法律事務所でジルが受け取ったジョンの遺品。

木箱の中身は、

  • ホフマンあてのNo.1~No.5の封筒(おそらくゲームの計画書)
  • ジルがホフマンに隠した、No.6のジルあての封筒
  • アマンダが生還した逆トラバサミ
  • 大きな茶色い封筒

大きな茶色い封筒の中身はビデオテープ。
ビデオメッセージはゴードンあてで、

「ジルの身に何かあったら動いてほしい」

というものでした。

スポンサーリンク

ブタのマスクをかぶった人物の正体は誰?

ジグソウがゲームの被験者を誘拐する際に、必ず使用する髪の毛の付いた豚のマスク

シリーズ通じて、正体が明らかになった人物をまとめておきます。

ソウ

アダムとゴードンを拉致したのは、
アマンダ
『ソウ3』で判明しました。

ソウファイナル

ラスト、ホフマンを拉致したのは、
ゴードンら三人組。

ゴードン以外の2人の正体は誰なのか?

ゴードン以外の2人については、正体が明かされないまま終わります。
2人の正体は一体誰なのか?

DVD・Blu-ray特典の脚本家コメンタリーで明かされた2人の正体は、
ブラッドとライアンだそうです。

予想として一番可能性が高かったのは生還者の会のメンバーなので、妥当なところですね。

右足を失ったゴードン医師がゲームを実行するには、手足となる者が必要となります。
これはかつて末期の脳腫瘍がんだったジョンも然り。

そこで手足として選ばれたのが、冒頭の公衆トラップから生還したブラッドとライアンというわけです。
ホフマンはジョンの遺言ゲームとして公衆トラップを実行したのでしょうが、ジョンは「ゴードン医師の手足を確保する」というところまで計算していたのかもしれません。

ゴードン医師が2人にボビー主催の生還者の会で接触したのか、それともさらに前に接点があったのか定かではないですが・・・。

スポンサーリンク

タイトル「SAW」の意味

  1. のこぎり
  2. 見る (see) の過去形
  3. ジグソウ (Jigsaw)
  4. 外科医 (sawbones)
  5. 立場逆転 (seesaw)

1の要素が全てこの一語に詰まっています!!
ソウやべええ~~~!!

スポンサーリンク

主要登場人物の生死一覧

1からファイナルまで、主要登場人物の行動と生死を整理しておきます。

ジョン(ジグソウ)

【ソウ1】アダムとゴードンのゲームを間近で監視。
【ソウ2】エリックにゲームを仕掛ける。
【ソウ3】ジェフに撃たれて死亡。
【ソウ4~6】回想で登場。

ジル(ジョンの元妻)

【ソウ4】ストラムに情報提供。
【ソウ5】ジョンの遺品を受け取る。
【ソウ6】ホフマンに逆トラバサミを装着し、ジグソウの後継者になろうとするが、失敗。
【ソウファイナル】ホフマンに逆トラバサミを装着され、死亡。

アダム

【ソウ1】生死不明。
【ソウ3】アマンダに殺される。

ゴードン医師

【ソウ1】生死不明。
【ソウファイナル】生存が判明。ジョンの協力者として、2以降の全てのゲームに関わっていた。

アマンダ

【ソウ1】ジグソウのゲームから生還。
【ソウ2】ジグソウの後継者としてゲームを行う一方、被験者としてゲームに参加。
【ソウ3】裏でジョンにゲームをされていたことが判明。ゲームに失敗し、死亡。

ホフマン

【ソウ3】ケリーの部下として捜査。
【ソウ4】ジグソウの後継者だったことが判明。
【ソウ5】ストラムを葬る。
【ソウ6】ジルに逆トラバサミを装着されるが、脱出。
【ソウファイナル】ゴードン医師らに拉致され、死亡?

ケリー刑事

【ソウ1】タップ刑事と共にジグソウを捜査。
【ソウ2】エリック刑事と共にジグソウを捜査。
【ソウ3】アマンダのゲームで死亡。

エリック刑事

【ソウ2】ラストでゲーム被験者に。
【ソウ4】生存が判明するも、ゲームで死亡。

ストラム捜査官

【ソウ4】ジェフを射殺。
【ソウ5】一度はゲームから生還するも、ホフマンの罠にはまり、死亡。

ペレーズ捜査官

【ソウ4】人形の爆発を受け死亡?
【ソウ6】生きていたことが判明するも、ホフマンの手にかかり死亡。

スポンサーリンク

ソウをイッキ見したい時は

最新作『ジグソウ:ソウ・レガシー』を観る前に、
ソウを1から7までイッキ見したいけど
DVDを買うほどじゃないな~
レンタルするのもめんどくさいな~
というあなたにオススメなのが「U-NEXT」という動画配信サイトです。

いつでもどこでもスマホから見れる手軽さがあり、
ソウ~ファイナルの全7作品がまとめて見れます!

公式サイト⇒今すぐU-NEXTでソウを見る!

あなたへのおすすめ

  1. 【ソウ(映画)全シリーズネタバレ結末】ファイナルラストまでの謎を徹底解説!今ココ
  2. 【ソウ(映画)全シリーズ感想】怖いけど結末が圧倒的に面白い!
  3. 【ジグソウ:ソウレガシーネタバレ結末】ラスト明かされたジグソウの正体は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。