ソウ3ネタバレあらすじラスト結末 アマンダが見た手紙の謎とジェフとリンの関係は?


映画『ソウ3(SAWⅢ)』のネタバレあらすじと感想についてまとめています。
リンとジェフに仕掛けられた、生き残る手段のないゲームは本当にジグソウが仕掛けたものなのか?ゲームトリックを徹底解説していきます。アマンダが見た手紙の内容は? 豚のマスクをかぶった人物の正体は誰なのか?など、疑問もあわせて考察。
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

登場人物&キャスト(俳優)

2006年アメリカ映画
上映時間108分
監督 :ダーレン・リン・バウズマン

■ ジョン・クレイマー(トビン・ベル)
連続猟奇殺人犯ジグソウの正体。末期の脳腫瘍がんを宣告されている。

■ アマンダ・ヤング(ショウニー・スミス)
ジグソウ事件の唯一の生き残り。ジグソウの後継者。

ゲーム参加者

■ ジェフ・レインハート(アンガス・マクファーデン)
ひき逃げ事件で息子を亡くした過去をもつ。娘がいる。
  
■ リン・デンロン(バハー・スーメク)
医師。
  
■ ダニカ・スコット(デブラ・リン・マッケイブ)
ジェフの息子の事故の目撃者。
  
■ ハルディン(バリー・フラットマン)
判事。
  
■ ティモシー・ヤング(エムポー・クワホー)
留学生。ジェフの息子の事故のひき逃げ犯。

スポンサーリンク

警察

■ アリソン・ケリー(ディナ・メイヤー)
調査官。『ソウ』『ソウ2』と、ジグソウ事件を追ってきた。
  
■ マーク・ホフマン(コスタス・マンディロア)
刑事。ケリーの部下。
  
■ ダニエル・リッグ(リリク・ベント)
SWATの隊長。エリックの同僚。
  
■ エリック・マシューズ(ドニー・ウォルバーグ)
刑事。『ソウ2』で息子を人質にとられゲームをするが、ゲームオーバーとなり、アマンダに監禁された。

■ コルベット(ニーヴ・ウィルソン)
ジェフの娘。

『ソウ(SAW)』の関係者達

■ ローレンス・ゴードン(ケイリー・エルウィス)
『ソウ』のゲーム参加者。外科医。生死不明。

■ アダム・フォークナー(リー・ワネル)
『ソウ』のゲーム参加者。『ソウ2』でバスルームでミイラ化した状態で発見される。今回死の原因が明らかになる。

■ ザビエル・チャベス(フランキー・G)
『ソウ2』のゲーム参加者。

■ オビ・テイト(ティム・バード)
『ソウ2』のゲーム参加者。ジョンの回想で出てきた通行人。

スポンサーリンク

ソウ3ネタバレあらすじをラスト結末まで

起:ジグソウではない誰かが仕掛けたゲーム

調査官のケリーは、ある爆殺事件の現場に駆けつけた。
他の捜査員は連続殺人鬼「ジグソウ」の仕業と断定するが、ジグソウ事件を追ってきたケリーは違和感を覚える。

麻薬常習者のトロイに課されたのは、身体中につながれた鎖を外し、時限爆弾を止める、というゲームだ。
ルールを守れば、必ず生き残れる手段が用意されているのがこれまでのジグソウのゲームの特徴だった。
しかし、今回は鎖を全て外しても、ドアは溶接されており開くことはなかった。つまり、ルールを無視した、ただの殺人ゲームなのだ。

自宅に戻ったケリーは、豚のマスクを被った人物に襲われ、拉致されてゲームをさせられてしまう。
強酸に浸かった鍵を取り出し、身体に喰い込んだコルセットを解除する「エンジェルトラップ」ゲーム。
ケリーは両手を犠牲に鍵を手に入れるも、鍵は鍵穴に合わず、時間切れになってしまう。

これは本当にジグソウのゲームなのか?

スポンサーリンク

承:瀕死のジョンを延命させるゲーム

夫といさかいを繰り返している、外科医のリン。
病院から帰宅途中に、リンは豚のマスクを被った人物に誘拐される。

目覚めると、医療機器が置かれた部屋にいた。
そこには、末期の脳腫瘍がんであるジグソウことジョンが瀕死の状態でベッドに寝かされていた。

『ソウ』でジグソウのゲームから生還した後ジョンに弟子入し、ジグソウの後継者として暗躍しているアマンダが、ルールを説明する。

リンの首に装着された銃の首輪は、ジョンの心拍数と連動しており、ジョンが死ねば銃弾が発射され、リンも死ぬ仕組みだ。
助かる条件は、ジョンをある男のゲームが終了するまで延命させること。

仕方なくジョンの治療を開始するリン。このままではいつ死んでもおかしくない。リンは手術のため病院に運ぶよう勧めるが、アマンダは拒否、この場での治療を強要する。
止むを得ず、ろくな設備も機材もないまま、用意されたわずかな医療器具でリンは開頭手術を行う。

スポンサーリンク

転:生き残る手段のないゲーム

閉鎖された食肉工場の地下で目を覚ました男、ジェフ。
ジェフには三年前に自動車のひき逃げで最愛の息子を亡くした過去があった。
悲しみに暮れるジェフは、妻と娘を顧みず、犯人への復讐のみに生きていた。

そんなジェフに課されたルールは、殺したいほど憎んでいる相手を赦せるかどうか。

ゲームが始まり、息子のひき逃げ事件の関係者たちが次々とジェフの前に現れる。
まず最初に現れたのは、事故の目撃者でありながら証言をしなかった女、ダニカ。

①目撃者ダニカのゲーム
・ゲーム内容:冷凍室で全裸のまま水を浴びせられる。
・結果:ジェフは赦すが、助けられず凍死。

次は裁判で懲役六か月という軽い罰しか与えなかった担当判事だ。

②判事ハルディンのゲーム
・ゲーム内容:腐った豚肉のミンチに埋もれる。
・結果:ジェフが赦し、脱出。

息子の遺品と引き換えに、ジェフは判事を救う。
そしてついに、息子をひき逃げした張本人ティモシーが登場する。

③ひき逃げ犯ティモシーのゲーム
・ゲーム内容:歯車じかけの十字架にかけられ、関節が逆方向に向けられる。
・結果:ジェフは赦すが、助けられず死亡。

いずれのゲームもジェフは彼らを許し、助けようとするが、ゲーム装置を止めることができなかった。
そもそも生き残れる手段が用意されていないのだ。
一人生き残ったジェフは、出口へと向かう。

スポンサーリンク

結:ジグソウの死と明かされる真実、誰のためのゲームだったのか

危険な手術をやり遂げ、ジェフのゲーム終了まで延命に成功したリンを、ジョンはルール通り解放しようとする。
しかしアマンダはそれを許さず、リンに銃を向ける。

アマンダはこれまでにもルールを無視し、ゲームの生還者を殺していた。
麻薬常習者のトロイやケリー刑事に仕掛けられたゲームは、ジグソウのゲームではなく、アマンダのゲームだったのだ。

さらにアマンダは、『ソウ』でのゴードン医師とアダムとのゲームにも協力していた。
ジョンがゲームオーバーを宣言し、バスルームに閉じ込めたアダムもアマンダは殺していた。

そんなアマンダが、真にジグソウの「使命」を継ぐことができるか否か。
これはアマンダをテストするためのゲームだったと、ジョンは告げる。

そこへ、最後のゲームを終えたジェフがやって来る。ジェフとリンは、実は夫婦だった。
愛する妻リンを撃ったアマンダを、撃ち殺すジェフ。

ジョンは「お前をこのゲームに巻き込んだ私を赦すか」とジェフに問う。ジェフは「赦す」と答えつつも、やはりジョンを撃ち殺してしまう。
するとジョンの死と同時に、リンに首に巻かれた首輪が作動。リンも死んでしまった。

さらに、残されたテープから、娘も監禁されていたことが判明。
しかし、ジョンを殺してしまったことで、娘の居場所を知る術はなく、娘を助ける道は閉ざされる。

ソウ4へ続く⇒ソウ4ネタバレあらすじラスト結末

スポンサーリンク

ジグソウのゲームトリック徹底解説&考察

アマンダが見た手紙の内容は?誰からの手紙?

ラスト、リンに対する嫉妬から、リンを撃ったかに思われましたが、実は違います。
アマンダがリンを殺した理由は、手紙です。

ジョンの手術中に、アマンダが見て顔色を変えた手紙。
一体どんな内容が書かれていたのか?誰が送った手紙なのか?
『ソウ6』で明かされます。

スポンサーリンク

豚のマスクをかぶった人物の正体は誰?

ジグソウがゲームの被験者を誘拐する際に、必ず使用する髪の毛の付いた豚のマスク

今回最初にケリー刑事をさらった時と、リンを誘拐する時の二度出てきます。
ブタのマスクを被っていた人物の正体は、アマンダです。

今回アダムの死の原因が判明しましたが、アダムとゴードンを拉致したのは誰だったのかは、『ソウ3』で明らかになります。

リンが選ばれた理由は?

リンがジョンの手術に選ばれた理由は、リンが優秀な外科医であると、「ある医師」が推薦したからでした。
「ある医師」の正体はもうお察しかもしれませんが、

スポンサーリンク

ソウシリーズをイッキ見したい時は

最新作『ジグソウ:ソウ・レガシー』を観る前に、
ソウを1から7までイッキ見したいけど
DVDを買うほどじゃないな~
レンタルするのもめんどくさいな~
というあなたにオススメなのが動画配信サイトです。

いつでもどこでもスマホから見れる手軽さがあり、
ソウ~ファイナルの全7作品がまとめて見れます!

公式サイト⇒今すぐU-NEXTでソウを見る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。