ソウ7ファイナルネタバレあらすじラスト結末 ゴードン医師以外の豚のマスクの正体は?


映画『ソウ7(SAW)』ザ・ファイナルのネタバレあらすじと感想についてまとめています。
ニセ生存者を騙り金を稼ぐボビーに、本物のジグソウのゲームが仕掛けられる。そしてついに姿を現した『ソウ』の生き残り、ゴードン医師。一方、元妻ジルへの復讐に燃えるホフマン。衝撃の結末まで、ジグソウのゲームトリックを徹底解説。ラスト、ホフマンを襲った豚のマスクをかぶった3人組の正体は誰なのか?疑問もあわせて考察していきます。
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

登場人物&キャスト(俳優)

2005年アメリカ映画
上映時間93分
監督 :ケヴィン・グルタート

■ ジョン・クレイマー(トビン・ベル)
連続猟奇殺人犯ジグソウの正体。『ソウ3』で死亡。

■ マーク・ホフマン(コスタス・マンディロア)
刑事。『ソウ4』でジグソウの後継者だったことが判明。

■ アマンダ・ヤング(ショウニー・スミス)
ジグソウ事件の唯一の生き残り。ジグソウの後継者となるゲームに破れ、『ソウ3』で死亡。

■ ジル・タック(ベッツィ・ラッセル)
ジョンの元妻。麻薬中毒患者の施設の院長。

スポンサーリンク

警察
■ マット・ギブソン(チャド・ドネラ)
内部調査官。過去に襲ってきたホームレスを「死刑」にしたホフマンを、内部告発したことがある。
  
■ ロジャース(ローレンス・アンソニー)
内部調査官。ギブソンの同僚。
  
■ ピーター・ストラム(スコット・パターソン)
FBIの調査官。『ソウ5』でホフマンの罠にかかり、死亡。
  
■ ダン・エリクソン(マーク・ロルストン)
ストラムの上司。『ソウ6』でホフマンに殺された。
  
■ リンジー・ペレーズ(アシーナ・カーカニス)
FBIの調査官。ストラムの相棒。『ソウ4』でジグソウのアジトに突入した際に被弾しながらも生還するが、『ソウ6』でホフマンに殺された。

ゲーム参加者

■ ボビー・デイゲン(ショーン・パトリック・フラナリー)
ジグソウのゲームのニセ生還者。生還した経験を本にして出版して儲けている。過去の生存者を集めた生還者の会を主催。
  
■ ジョイス・デイゲン(ジーナ・ホールデン)
ボビーの妻。
  
■ ケイル(ディーン・アームストロング)
ボビーの友人。マネージャー。
  
■ ニーナ(ナオミ・スニッカス)
ボビーの仲間。広報担当。
  
■ スーザン(レベッカ・マーシャル)
ボビーの仲間。弁護士。

スポンサーリンク

生還者の会出席者たち
■ ダニエル・マシューズ(エリック・ナドセン)
『ソウ2』のゲーム参加者。『ソウ4』で死亡したエリック刑事の息子。
  
■ マリック(グレッグ・ブリック)
『ソウ5』のゲーム参加者。8人の住人が死亡したビル火災事件の放火犯。
  
■ アディ(ジャネル・ハチソン)
『ソウ6』のゲーム参加者。ウィリアムの秘書。
  
■ エミリー(ラリッサ・ゴメス)
『ソウ6』のゲーム参加者。ウィリアムの部下。
  
■ タラ・アボット(ショーナ・マクドナルド)
『ソウ6』のゲーム参加者。病気の父親を殺された復讐に、息子のブレンドはウィリアムに罰を与えることを選択。
  
■ シモーネ(タンデラ・ハワード)
『ソウ6』のゲーム参加者。悪徳金融業者。

スポンサーリンク

『ソウ(SAW)』の関係者達

■ ローレンス・ゴードン(ケイリー・エルウィス)
『ソウ』のゲーム参加者。外科医。生死不明だったが、ボビーが主催する生還者の会に姿を現す。

■ アダム・フォークナー(リー・ワネル)
『ソウ』のゲーム参加者。『ソウ2』でバスルームでミイラ化した状態で発見される。『ソウ3』でアマンダに殺されていたことが判明。   

■ リン・デンロン(バハー・スーメク)
『ソウ3』のゲーム参加者。ジェフの妻。アマンダに撃たれて死亡。

■ アリソン・ゴードン(モニカ・ポッタ)
ゴードンの妻。旦那と家庭内でしばしばもめている。

■ ダイアナ・ゴードン(マッケンジー・ヴェガ)
ゴードンの娘。

■ ゼップ・ヒンドル(マイケル・エマーソン)
『ソウ』のゲーム参加者。ゴードンが務める病院の雑役係。アマンダに殺されていた。

スポンサーリンク

ソウ7ネタバレあらすじをラスト結末まで

起:ジルへの復讐に燃えるホフマン、生きていたゴードン医師

目覚めると3人の男女はガラス張りの処刑台で公衆の面前にさらされていた。
3つの回転ノコギリの付いたテーブルに縛られ、誰かが死なないと止まらないトライアングル・トラップ。
親友ブラッドとライアンは、2人の恋人ディナを犠牲にゲームから生還する。

ホフマンがヘッドギア・トラップから脱出したことで身の危険を感じたジルは、警察に駆け込み、内務調査官のギブソンを指名する。
刑の免責と身柄の保護を条件に、ホフマンがジグソウの後継者であることを明かす。

一方、ジルへの復讐に燃えるホフマンは、アジトから次のゲームの被験者であるボビーの写真を持ち出していた。

ボビーはジグソウのゲームから生還した体験を書いた書籍を出版して、一躍有名人となった男だ。
ジグソウに胸筋にフックを2つ突き刺してよじ登るというゲームを課され、台の上までのぼって生還を果たしたという。

そんなボビーが生還者の会を主催。過去のジグソウのゲームの犠牲者たちが集い、自身の体験を語る中、ゴードン医師が姿を現す。

『ソウ』でアダムとのゲームを仕掛けられ、自らの右足を切断したゴードン医師だったが、実は生きていたのだ。

ゴードン医師は含みをもたせた言い方で、ボビーを称賛する。

スポンサーリンク

承:ニセゲーム生還者ボビーのゲーム

閉鎖された車解体工場で、ホフマンは人殺別主義者のエヴァン、ダン、カーラ、ジェイクの4人に、座席に貼り付けられた背中を剥がして自動車を制御する廃車ゲームを仕掛ける。

ギブソンとロジャースは現場検証を始めるが、さらに爆発騒ぎが起き、遺体の回収が滞る。
そこへホフマンから、「ジルの身柄を引き渡せ」というビデオメッセージが届く。

そしてホフマンは、さらなるゲームをボビーに仕掛ける。

実は、ボビーがゲームの生還者だというのは全くのウソだった。
ジグソウのゲームから生還したニセ生還者を装い、TV番組に出演したり、講演の依頼を受けることで荒稼ぎしていたのだ。

いよいよボビーは本物のジグソウのゲームに巻き込まれてしまう。
ボビーに課されたのは、60分以内に4つのゲームをクリアする再生のゲーム。
クリアできなければ、別室に監禁された妻ジョイスが死ぬ。

進む先では、ボビーのニセ生還者ビジネスに協力した共犯者たちが次々と現れる。
まず現れたのは広報担当のニーナだった。

ゲーム①ニーナ
ゲーム内容:胃の中の鍵を取り出すまで声を出してはいけない声トラップ。
結果:鍵は取り出せたが、ニーナが声を出してしまい、死亡。

次のゲームへ向かう途中、通路の机に置かれていた自分のサイン本を見たボビーは、サイン会で出会ったある男を思い出す。

「公で嘘をついた者は奴隷となる」

と告げて去っていった男。
その男こそ、ジグソウことジョン・クレイマーだったのだ。

ジョンは当然ボビーの嘘に気付いており、ボビーを罰すべく今回のゲームが仕掛けられたのだった。

ゲーム②スーザン
ゲーム内容:痛みに耐え、パイプを持ち上げるパイプ・トラップ。
結果:痛みに耐えられず、失敗。死亡。

スポンサーリンク

転:ホフマンのトラップでギブソン死す

3人目はボビーの親友ケイルだった。
バーで飲んでいた二人は、ジグソウのゲームから生還したジョアンのテレビ報道を見て、ニセ生還者ビジネスを思いついたのだった。
しかしそれがジグソウの怒りを買う結果になってしまっていた。

ゲーム③ケイル
ゲーム内容:目隠し状態で梁を渡らせる梁渡りトラップ。
結果:鍵を受け取るのに失敗し、死亡。

ゲーム④ボビー自身
ゲーム内容:歯を抜いて裏に刻まれた番号を探す歯トラップ。
結果:歯を抜いて番号を読み取り、ドアの電子ロック解除に成功。

警察署へホフマンから新たなメッセージが届く。
ホフマンの居場所を突き止め、ギブソンらは急行する。

ギブソンはかつて、ホームレスに襲われたところをホフマンに助けられるも、無抵抗のホームレスを躊躇なく射殺したホフマンを内部告発し、左遷された過去があった。

車解体工場に戻ったギブソンは、隠し部屋を発見する。しかし、中から出てきたのは運び出されたはずのダンの死体だった。
全てホフマンの罠だったことに気付くが、時すでに遅し。
ギブソンはSWATもろとも、仕掛けられたマシンガンで射殺されてしまう。

一方、ボビーは最後のゲームに辿り着くが、自身が騙った通りのゲームが待っていた。

ゲーム⑤ジョイス
ゲーム内容:ボビーが胸に刺したフックでぶら下がり、コンセントを繋ぐ。
結果:時間内にクリアできず、ジョイスは焼却炉で焼かれ、死亡。

スポンサーリンク

結:真の後継者判明、ホフマンのラスト

ダンの遺体と入れ替わることで、警察署内に侵入することに成功したホフマンは、逃げ惑うジルを確保し、ヘッドギアを装着。「ゲームオーバー」を告げる。

ジルを殺害後、アジトに戻ったホフマンは、全てを焼き尽くして逃亡をはかる。
しかし、直後に豚のマスクをかぶった3人組に襲撃される。

豚マスクの人物の正体は、ゴードン医師だった。

右足を切断後、バスルームから脱出したゴードン医師は、切断した足首を自分で高熱パイプに押し付け止血、痛みで気絶したが、その後ジョンに助けられていたのだ。
ジョンはゴードン医師の傷を治療し、義足を与えていた。

以後、ゴードン医師はジョンの協力者として、ゲーム被験者に様々な手術を施してきた。
ジョンの脳腫瘍手術にリンを推薦したのもゴードン医師だった。

ジルがジョンの遺品として受け取った木箱に入っていた、大きな茶色い封筒。
ジルはそれをゴードン医師のポストに投げ入れていた。

中身はゴードン医師あてのビデオメッセージで、

「ジルの身に何かあったら動いてほしい」

という内容だった。

目覚めるとホフマンはバスルームにいた。
かつてアダムとゴードン医師がゲームを繰り広げた、あの始まりのバスルームだ。

足枷をはめられ、ミイラに取り囲まれている。
慌ててノコギリに手を伸ばすが、ゴードン医師が取り上げ、扉の外へ投げてしまう。

叫ぶホフマンに、ゴードン医師は「ゲームオーバー」を告げた。

ソウ8(ジグソウ:ソウ・レガシー)へ続く⇒ジグソウソウレガシー(ソウ8)ネタバレあらすじ結末

スポンサーリンク

ジグソウのゲームトリック徹底解説&考察

豚のマスクをかぶった人物の正体は誰?

ラスト、ホフマンを拉致したのは、
ゴードンら三人組。

ゴードン以外の2人については、正体が明かされないまま終わります。
2人の正体は一体誰なのか?

DVD・Blu-ray特典の脚本家コメンタリーで明かされた2人の正体は、
ブラッドとライアンだそうです。

予想として一番可能性が高かったのは生還者の会のメンバーなので、妥当なところですね。

右足を失ったゴードン医師がゲームを実行するには、手足となる者が必要となります。
これはかつて末期の脳腫瘍がんだったジョンも然り。

そこで手足として選ばれたのが、冒頭の公衆トラップから生還したブラッドとライアンというわけです。
ホフマンはジョンの遺言ゲームとして公衆トラップを実行したのでしょうが、ジョンは「ゴードン医師の手足を確保する」というところまで計算していたのかもしれません。

ゴードン医師が2人にボビー主催の生還者の会で接触したのか、それともさらに前に接点があったのか定かではないですが・・・。

スポンサーリンク

ジルが受け取った遺品の中身は?

『ソウ5』で、法律事務所でジルが受け取ったジョンの遺品。

木箱の中身は、

  • ホフマンあてのNo.1~No.5の封筒(おそらくゲームの計画書)
  • ジルがホフマンに隠した、No.6のジルあての封筒
  • アマンダが生還した逆トラバサミ
  • 大きな茶色い封筒

今回大きな茶色い封筒の中身が判明します。
中身はビデオテープ。メッセージはゴードン医師あてで、

「ジルの身に何かあったら動いてほしい」

というものでした。

スポンサーリンク

ソウシリーズをイッキ見したい時は

最新作『ジグソウ:ソウ・レガシー』を観る前に、
ソウを1から7までイッキ見したいけど
DVDを買うほどじゃないな~
レンタルするのもめんどくさいな~
というあなたにオススメなのが動画配信サイトです。

いつでもどこでもスマホから見れる手軽さがあり、
ソウ~ファイナルの全7作品がまとめて見れます!

公式サイト⇒今すぐU-NEXTでソウを見る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。