『エイジ・オブ・ウルトロン』を徹底解説&考察!ロキの杖はいつヒドラに渡った?

マーベル映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(アベンジャーズ2)から続編『インフィニティ・ウォー』へつながる伏線を徹底解説&考察していきます。
ロキの杖はいつヒドラのストラッカーに渡ったのか?ハルクはラストクインジェットでどこへ旅立った?クロウの焼き印の「ワカンダ」とは?ナターシャとハルクの関係は?などなど、疑問や謎を解説し、続編『インフィニティ・ウォー』で地球に襲来するサノスについても簡単におさらいしていきます。
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

【解説&考察】『インフィニティ・ウォー』への伏線

ロキの杖はいつヒドラに渡った?

順番に、かつエンドロール後まで丁寧に見ていかないとワケワカランとなるアベンジャーズシリーズですが、ロキの杖がいつヒドラに渡ったのかについては、どこにも描かれていません。

ロキの杖は『アベンジャーズ』ラストでフューリーらシールドが保管することとなり、その後『ウィンター・ソルジャー』で既にヒドラが持っていますが、この間の出来事は映画やドラマでは一切描かれていないのです。

ただ、映画の設定で描かれたコミックス「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン:プレリュード」でそこまでの顛末が描かれています。

ロキの杖はシールドの研究施設で調査、研究が進められていました。
研究員の中に、現場のエージェントになりたかったのに研究職に回され、不満に思っていた者がおり、ヒドラが彼に近づいてスカウトします。
その研究員が杖をシールドから持ち出し、ヒドラに渡ったようです。

『ウィンター・ソルジャー』のエンドロール後、ストラッカーはソコヴィアでロキの杖による実験を開始しており、その唯一の生存者となったのがワンダとピエトロの双子です。

ストラッカー「今にアベンジャーズと・・スパイとヒーローの時代は終わった。奇跡の時代だよ。この世で最強の恐怖は、奇跡だ」

ピエトロは部屋の中を超高速で動き回り、ワンダはテレキネシスで積み木を浮かせています。

ここから、『エイジ・オブ・ウルトロン』へと話がつながるわけです。

スポンサーリンク

「ヴェロニカ」はハルクバスターを意味

アイアンマンがハルクを止めるために、パワードスーツの上から着用した巨大装甲アーマがアイアンマンMK44、通称「ハルクバスター」。

トニーとバナーが「ヴェロニカ」と呼んでいたのはこのハルクバスターのことです。

ハルクが暴走した時に備え、バナーが設計を手伝い、トニーと共同開発したものです。

ちなみに『インフィニティ・ウォー』ではハルクバスター2.0にバージョンアップ。


引用元:reddit.com

サノス軍団に立ち向かうために必要なパワーを備え、
さらに全身のフォルムもより洗練されて、かなりカッコよくなっています!

スポンサーリンク

ラスト、ハルクはクインジェットでどこへ飛んでいった?

ハルクはナターシャの通信を切ると、そのままステルスモードのクインジェットで宇宙へ飛び去ります。
自分が地球にいるとまた今回のような暴走が起きてしまうかもしれないと考えたのでしょう・・・。

そんなハルクがどこへ行ったのか?

続く『バトルロイヤル』で明かされます。
惑星サカールにたどり着き、『バトルロイヤル』グランドマスターが主催するバトルロイヤルのチャンピオンとしてソーの前に現れます。

スポンサーリンク

ナターシャとハルクはいつ恋人になった?

全くわかりません。

本編で一切そんな描写はありませんでした・・・。

『アベンジャーズ』でロキが

ロキ「愛してるのか?」

ナターシャ「彼に借りがあるだけよ」

と尋ねている通り、『アベンジャーズ』時点ではクリントに家族がいることは全くわからなかったので、ナターシャはクリントとそういう関係なのかと思っていましたが、
なぜか『エイジ・オブ・ウルトロン』冒頭ではブルースといい感じになっています。

ハルクがバナーに戻るのにもナターシャが手を貸しているし、いよいよワケワカラン状態です・・・。

原作にそういう描写があるのかなあ・・・。

ハルクのキャスト変更でなかったことになっていますが、
『インクレディブル・ハルク』でブルースにはベティというれっきとした恋人がいます。
自分の身を犠牲にあれだけ尽くしてくれたベティをブルースが忘れるはずもなく、
う~~~ん、コレ一方的なナターシャの片思いじゃないか?と思いながらも、
ブルースの態度も微妙なのがよくわかりませんね・・・。

スポンサーリンク

エンドロール後サノスが動き出す!サノスについておさらい

テレビ放送では放送されないエンドロールですが、
実際のエンドロール後は、ついにサノスが動き出します。

自ら6つのインフィニティ・ストーンを集めるべく、ガントレットを手にしたサノスは

サノス「よかろう。私の出番だ」

と口にします。

そもそもサノスって誰よ???

と思った人のために、サノスについておさらいしておきます。

まず『アベンジャーズ』でロキを地球へと送り込み、
杖を渡してチタウリ軍を使わせる代わりに、四次元キューブをシールドから奪うよう、チタウリの背後で手を引いていたのがサノスです。
四次元キューブは、サノスが狙う6つのインフィニティ・ストーンの1つでした。

そして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で、サノスの義理の娘・ガモーラが登場。

度々インフィニティ・ストーンの入手に失敗してきたサノスが、自ら立ち上がり、石を集めに掛かるのが『インフィニティ・ウォー』です。

ムチャクチャ面白いので、ぜひ。

スポンサーリンク

ロキの杖に埋め込まれていたのはマインド・ストーン

ウルトロンがロキの杖から取り出し、再生クレードルの体に埋めた石こそ、インフィニティ・ストーンの1つ「マインド・ストーン」です。

『エイジ・オブ・ウルトロン』時点ではインフィニティ・ストーンについては詳しい説明がありませんが、実はこの時点で既に4つのインフィニティ・ストーンが登場しています。

インフィニティ・ストーンのありか
  • スペース・ストーン(四次元キューブ):2012年時点、シールドが保管していたのをロキが奪う。(『アベンジャーズ』
  • マインド・ストーン:2012年、ロキがサノスからもらった杖に入っていた。(『アベンジャーズ』
  • リアリティ・ストーン(エーテル):2013年、ジェーンが偶然発見。アスガルドでジェーンを保護。(『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』)
  • パワー・ストーン(オーブ):2014年、クイルが惑星モラグから盗み出す。(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)

この後、『ドクター・ストレンジ』で「タイム・ストーン」が、
『インフィニティ・ウォー』で最後の石「ソウル・ストーン」が登場。

そして、ヴィジョンの額に埋め込まれたマインド・ストーンを狙って、サノスが地球に襲来します。

インフィニティ・ストーンの詳細は⇒インフィニティ・ストーンの種類・色・能力まとめ

ソーがアスガルドに持ち帰った四次元キューブはどうなった?

『アベンジャーズ』ラストでソーがロキを拘束し、アスガルドへと持ち帰ったインフィニティ・ストーンの1つ「四次元キューブ」は、『バトルロイヤル』で再びロキが持ち出します。

その後『インフィニティ・ウォー』でサノスに奪われます。

スポンサーリンク

クロウの焼き印「ワカンダ」って?

ワカンダはアフリカに位置する小国で、ブラックパンサーことティ・チャラの母国です。

『ブラックパンサー』で詳細が描かれます。

ワカンダにしか産出しない希少な鉱石「ヴィブラニウム」。
ヴィブラニウムの盗難や悪用を防ぐため、ワカンダは大昔から国自体の存在を隠し通してきました。

このヴィブラニウムの存在を知り、盗み出したのがユリシーズ・クロウ。
武器商人のクロウは、ワカンダに侵入してヴィブラニウムを盗み出して逃走。
この時多くの犠牲者を出したため、ワカンダの追手に狙われ続けるも、匠に逃れ続け、ヴィブラニウムをさばいて荒稼ぎしてきました。

このヴィブラニウムに目をつけたのがウルトロンです。
ウルトロンは新しい体をヴィブラニウムで作るため、クロウに接触。

その際、クロウにトニーが作った人工知能であることを見抜かれ、
怒ってクロウの左手を切り落としてしまいます。

『ブラックパンサー』では、クロウの失った左手は義手となり、強烈な衝撃波を発するソニック・ブラスターを仕込んでいます。

スポンサーリンク

この後アベンジャーズ映画はどの順番で見るべき?

この後アベンジャーズシリーズの映画は、最新作『エンドゲーム』まで、全部で11作品続きます。

公開年 タイトル
2015年 アントマン
2016年 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
ドクター・ストレンジ
2017年 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス
スパイダーマン:ホームカミング
マイティ・ソー バトルロイヤル
2018年 ブラックパンサー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アントマン&ワスプ
2019年 キャプテン・マーベル
アベンジャーズ/エンドゲーム←今ココ

多いっ!!!

こんなに見てられない・・・!という人は、

『シビル・ウォー』→『インフィニティ・ウォー』→『エンドゲーム』

の順で見てください。
これが本気の最低ラインです。

『シビル・ウォー』は見ておかないと、『インフィニティ・ウォー』がいよいよワケワカラン状態になります。
アベンジャーズが分裂した理由がわからないので、『インフィニティ・ウォー』にまるでついていけません。

そんでもって、できれば『エンドゲーム』前に見ておきたいのが

できれば見ておきたい5作品
  • 『アントマン』:スコットと量子世界についてわかる。
  • 『シビル・ウォー』:『エイジ・オブ・ウルトロン』から直結。
  • 『ドクター・ストレンジ』:ストレンジとタイム・ストーンについてわかる。
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』:ソーが右目を失った理由がわかる。
  • 『インフィニティ・ウォー』:『エンドゲーム』へ直結。

ガーディアンズとスパイダーマンは飛ばしても全然OKです。
見ておけばより楽しいことは間違いなしですが、
見てなくても話はわかります。
「誰やねんコイツ」というキャラは数名出てきますが・・・(苦笑)

スポンサーリンク

アベンジャーズ過去作品を無料で見たい人はコチラ!

アベンジャーズの過去作品を無料でみたい人には「U-NEXT」という動画配信サイトがおすすめです。

U-NEXTならアベンジャーズヒーロー全作品に加えて、
アベンジャーズ最新作『エンドゲーム』もあわせて見れます!

今なら31日間の無料期間もあるのでぜひ一度登録してみてください!

>>アベンジャーズを31日間無料のU-NEXTで見る!<<

(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!

U-NEXT公式サイトはこちら

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。