【決定版】死霊館シリーズ&アナベルの見る順番はコレ!時系列VS公開順に終止符

死霊館&アナベルシリーズを見る時、どれからどんな順番で見るのがいいのか?公開予定も含めると全部で10作品もあるので、迷いますよね~~。時系列順?それとも公開順?
どれを見ればいいのかわからない、死霊館&アナベルシリーズ初心者のあなたに、おすすめの順番を紹介します。
ざっくりしたあらすじと主要キャラもあわせてチェック!
スピンオフ作品の『死霊館のシスター』や『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』も含めて、シリーズを一覧表にまとめてみたので、ぜひ活用してください。

死霊館&アナベルシリーズ全10作品を見る順番は?時系列順VS公開順

公開順がおすすめの理由

死霊館&アナベルシリーズは、公開待機作も含めると全部で10作品あります。

おすすめの見る順番は、ズバリ!
公開順です。

  1. 『死霊館』(2013年)
  2. 『アナベル 死霊館の人形』(2014年)
  3. 『死霊館 エンフィールド事件』(2016年)
  4. 『アナベル 死霊人形の誕生』(2017年)
  5. 『死霊館のシスター』(2018年)
  6. 『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』(2019年)
  7. 『アナベル 死霊博物館』(2019年)
  8. 『The Conjuring 3(死霊館3)』(2020年)
  9. 『The Crooked Man(へそ曲がり男)』(公開未定)
  10. 『The Nun 2(死霊館のシスター2)』(公開未定)

なぜか?

理由2つ。

まず、公開順に見ていった方が、内容がわかりやすいです。

シリーズは作品が進むにつれ、
「あ、これがこうなってたのか」と、どんどん内容が繋がってきます。
それがシンプルに楽しい。

時系列順に見ると、
先に公開した作品のキャラがいきなり出てきたり、伏線が回収されたりするので、
「えっ、今のシーンってどういうこと?」と、わかりづらいです。
特に、アナベルの設定は非常に混乱します。

そして、
公開順がおすすめのもう一つの理由は、
ジェームズ・ワンが撮った『死霊館』の方が圧倒的に面白いからす。

ジェームズ・ワンは『ソウ』シリーズでも有名な監督ですが、
彼がメガホンを撮るのと撮らないので180度変わってきます。

『アナベル』シリーズも一応製作に入ってるんですが、やはりジェームズ・ワンのコントロールが及び切っていない感があり、ぶっちゃけそこまで面白くないんですよね・・・。
いや、その辺のホラーに比べれば全然面白いですけど、
ジェームズ・ワンが撮ると次元が違う。

『アナベル』シリーズはテンポがちょっとグダッとしてるので、やはり飽きずにラストまで突っ走れる『死霊館』から見ていくのがオススメです。

時系列順に見ると『死霊館のシスター』が先頭なので、『死霊館のシスター』から見始めると絶対イヤになります。

残念ながらそのくらい面白くないんです・・・。
面白いのはラスト、『死霊館』につながるシーンくらい。
しかもゴシックホラーでちょっとファンタジーじみてるので、合わない人は合わないです。
でもだからといって『死霊館』を見ないのはもったいない・・・!

ということで、
まずは『死霊館』を見てください。

今すぐ無料で『死霊館』を見る方はこちら

【比較】死霊館&アナベルシリーズを一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

『死霊館』&『アナベル』シリーズが見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 吹き替え 無料お試し期間 月額料金
Amazonプライム 30日間 500円(税込)
U-NEXT 31日間 1,990円(税抜)
hulu
『死霊館』のみ

『死霊館』のみ
2週間 933円(税抜)
FOD 1ヶ月間 888円(税抜)

Amazonプライムは、1作品ずつレンタルする必要があり、プライム会員でも追加料金がかかってしまいます。

なので、おすすめは無料登録で600ポイントもらえる「U-NEXT」です。

U-NEXTのおすすめポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!

U-NEXT公式サイトはこちら
▲31日間無料&600ポイント付き▲

(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

死霊館シリーズとアナベルシリーズ、スピンオフ作品の関係

でもそうは言っても10作品とか多いよ!

・・・と思ったそこのアナタ。

大丈夫、おすすめの見方があります。

それは、

シリーズごとに公開順に見る

という見方です。

10作品は、大きく分けて

  • 『死霊館』本シリーズ
  • アナベルシリーズ
  • スピンオフ作品

の3つのシリーズに分けられます。

死霊館の本筋は、死霊館シリーズの3作品です。

『死霊館』シリーズ
  1. 『死霊館』
  2. 『死霊館 エンフィールド事件』
  3. 『死霊館3』※2020年公開予定。

『死霊館』シリーズがダントツで面白いので、まずはここから見ましょう。

『死霊館』『死霊館 エンフィールド事件』と見て、合わないな~と思ったらここで離脱するのもOK。

「アナベル」というのは、『死霊館』冒頭で登場する呪われた人形の名前です。
このアナベルがなぜ呪われた人形になったのか?
ルーツを辿っていくのがアナベルシリーズ3作品です。

そして、『死霊館』に登場したキャラクターの個別エピソードを描いていくのが、スピンオフ4作品

スピンオフ作品
  1. 『死霊館のシスター』
  2. 『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』
  3. 『The Crooked Man(へそ曲がり男)』※公開未定
  4. 『The Nun 2(死霊館のシスター2)』※公開未定

スピンオフは、本筋にはほぼほぼ関係ありません。

最後にちょろっとだけ本筋とつながるので、『死霊館』シリーズをコンプリートしたい人は見ておくといいでしょう。

スポンサーリンク

死霊館&アナベルシリーズ基礎知識!ざっくりとした簡単なあらすじ

まとめて⇒【死霊館&アナベルシリーズ全ネタバレ】ラスト結末までの謎を徹底解説!

死霊館シリーズ

主役はカトリック教会が唯一公認した悪魔研究家のウォーレン夫妻

2人は、これまで数々の超常現象を調査・解明してきました。

『死霊館』は、
2人が調査したものの中で「最も邪悪で恐ろしい事例」としてこれまで封印してきた、1971年に体験した衝撃の実話をもとに描かれます。

『死霊館 エンフィールド事件』では、
2人はイギリス・ロンドンで”史上最長期間続いたポルターガイスト現象”として心霊史に残る悪名高き事件に対峙することとなります。

アナベルシリーズ

アナベルシリーズでは、
『死霊館』で登場した、呪われた「アナベル人形」のルーツを辿ります。

なぜアナベル人形に悪魔が取り憑くことになったのか?

『アナベル 死霊館の人形』ではウォーレン夫妻に人形が持ち込まれる前の持ち主ミアの物語を、
『アナベル 死霊人形の誕生』では人形職人のサミュエルが人形を創り、そしてその人形に悪魔が取り憑くまでの物語が描かれます。

ウォーレン夫妻は基本登場しない、別の物語です。

タイトルがめちゃくちゃややこしいですが、「誕生」が後です。
時系列が後のエピソードは『死霊館』で先に公開してしまっているため、変えられない縛りが幾つもあります。
なので、過去にさかのぼらざるを得なかったのでしょうね。

スピンオフ作品

『死霊館のシスター』では、
『死霊館 エンフィールド事件』でエドの命を狙っていた悪魔の尼僧「ヴァラク」がどうやってこの世に召喚されたのか?
そのルーツを描く物語です。

聖カルタ修道院を調べるため、バチカンに派遣された見習いシスターのアイリーンバーク神父
2人は、悪魔・ヴァラクとの激しい戦いに巻き込まれていきます。

スポンサーリンク

究極の見方

最後に、究極の見方を紹介しましょう。

とりあえず『死霊館』だけ見る見方です。

まず『死霊館』を見て「死霊館面白いじゃん!」と思ったら、
シリーズを公開順に
『死霊館』シリーズ
→『アナベル』シリーズ
→スピンオフ
と見ていきましょう。

『アナベル』シリーズと『死霊館のシスター』は最悪省略できます。

『死霊館』シリーズだけ見て、
『アナベル』シリーズが合わないな~と思ったらそこでストップするのもアリ。

監督がジェームズ・ワンということで、
『ソウ』シリーズのような謎解きを期待して見ると失敗します。
『死霊館』シリーズはホラーなので、超常現象に謎解きは基本ありません。そういうものです。
ラストのどんでん返しも特にありません。

ただ、『死霊館』と『死霊館 エンフィールド事件』は随所にジェームズ・ワン節が効いていて、生々しい恐怖体験ができる作りです。
自分が映像の中に入り込んで、まさにそこにいるような感じ。
解決できなさすぎる恐怖がすごい。

個人的には『インシディアス』シリーズより『死霊館』シリーズの方がオススメです。
極限の恐怖体験をしたいならぜひ見てみてください。

スポンサーリンク

【まとめ】公開順&時系列順一覧表

公開順一覧

シリーズ10作品を、公開年とあわせて、一覧表にまとめておきます。

公開年 タイトル
2013年 死霊館
2014年 アナベル 死霊館の人形
2016年 死霊館 エンフィールド事件
2017年 アナベル 死霊人形の誕生
2018年 死霊館のシスター
2019年 ラ・ヨローナ〜泣く女〜
アナベル 死霊博物館
2020年 The Conjuring 3(死霊館3)
公開未定 The Crooked Man(へそ曲がり男)
公開未定 The Nun 2(死霊館のシスター2)

『死霊館』と『アナベル』が交互に来ます。

公開待機作が3作予定中です。

時系列順一覧

シリーズ作中の時系列順に一覧表にまとめると、

作中の年 タイトル
1952年 死霊館のシスター
1945年~1957年 アナベル 死霊人形の誕生
1970年 アナベル 死霊館の人形
1971年 死霊館
アナベル 死霊博物館
1973年 ラ・ヨローナ〜泣く女〜
1977年 死霊館 エンフィールド事件

アナベル事件は『死霊館』では1968年とされていましたが、
後に『アナベル』シリーズを製作した都合上、
1971年に変更されています。

スポンサーリンク

『死霊館のシスター』はニセモノ『死霊のシスター』に注意!!

『死霊館のシスター』とよく似たタイトルで、『死霊のシスター』という映画があります。

『死霊のシスター』は『死霊館』シリーズとは何の関係もない別作品です。

よくあるタイトルを似せて間違って見させようというC級映画です。
ご注意を・・・!

レンタルこれ絶対間違えるよレベルのジャケットの似せ具合です。
これはひどい・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。