月9『シャーロック』1話ネタバレ&ラスト結末 若宮の過去の秘密と赤羽の転落死の真相

ディーン・フジオカ&岩田剛典の月9ドラマ『シャーロック』のネタバレ・あらすじと感想についてまとめています。
犯罪専門コンサルタントの獅子雄と若宮のコンビ。実は若宮には不正をして医者になった過去があった・・・!?
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

※『シャーロック』を見逃した時は
1話~最新話まで「FOD」で視聴することができます。
今なら初回登録後一ヶ月間無料お試し期間あり
⇒FODプレミアム

登場人物&俳優キャスト

■ 誉獅子雄(ディーン・フジオカ)
犯罪捜査専門のコンサルタント。若い頃から不可解な事件や事象の謎を解いてきた“天才”である一方、一歩間違えば自身も犯罪者になりかねないという犯罪衝動を抱えた危険な男。

■ 若宮潤一(岩田剛典)
精神科医。不正をして国試を突破し、医師になった。

■ レオ(ゆうたろう)
獅子雄の協力者であり、諜報係。

■ 江藤礼二(佐々木蔵之介)
警部。順調に出世してきたが、常にサボり癖があり、自身に推理力は備わってはいない。原作のレストレード警部役。
  
■ 小暮クミコ(山田真歩)
巡査部長。冷静沈着で優秀。

スポンサーリンク

『シャーロック』ネタバレ・あらすじをラスト結末まで

1話:医師の謎の転落死、若宮の7年前の過去に隠された秘密

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は頭脳明晰で容姿端麗な、犯罪捜査専門のコンサルタント。

難事件の捜査を、警視庁捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)から特別に依頼され、請け負っている。

罪と悪に興味があり、謎解きは彼の生きがいでもある。だが、その性格は難ありで、一般の人が対等に渡り歩けることは、まずない。

都内の十益中央病院で、ある一人の勤務医が屋上から謎の転落死を遂げた。

死亡したのは、消化器内科医の赤羽栄光(中尾明慶)

第一発見者の看護師・水野麻里(松井玲奈)が、赤羽の助けを求める声を聞いていたことで、何者かに突き落とされたことが疑われる。

江藤たち捜査一課は病院関係者を集めて事情聴取を始めた。

通報者で警備員の石井太(木下ほうか)が、やはり赤羽の声を聞いて現場に駆けつけたと話すと、突然、白衣を着た獅子雄が「嘘つけ!」と遮る。

水野と石井の発言の矛盾点を次々と指摘し、論破していく獅子雄に、周囲は唖然となる。

水野によれば、昨夜、赤羽は誰かと揉めている様子だったという。

そして獅子雄は、遠巻きに様子を伺っていた精神科医の若宮潤一(岩田剛典)についても見逃さなかった。

若宮は赤羽と同期で、大学時代は同じサークルに入っていた親友だ。2週間前、様子がおかしかった赤羽に精神安定剤と睡眠導入剤を処方していた。

しかも、若宮は転職を考えていたり、どこか様子がおかしい。

スポンサーリンク

獅子雄は江藤たちとともに、赤羽家を訪れ、妻の汀子(松本まりか)や赤羽の両親から話を聞いた。

赤羽の父親は慶應大医学部の元教授で、警視総監とも懇意にしている。一刻も早い犯人逮捕を江藤に望んだ。

大学を出ておらず、コンパニオンをしていた汀子に、赤羽の両親の当たりは強かった。

その後、獅子雄は若宮の母校・榎原医科大学を訪ね、今井茂樹(平泉成)教授からも話を聞くことに。

赤羽は成績は下の方で、国家試験もギリギリに見えたが、民間の病院に移ってから活躍していた。

一方の若宮は苦学生で、父親を早くに亡くし、奨学金で大学に通い、バイト三昧の日々だったという。

赤羽は臨床研究サークル未来医学研究会というサークルの部長だった。

優秀なサークルだったが、1人だけ医者になっていない男がいた。

ジャーナリストの郡司貴生(淵上泰史)だ。

郡司は2週間前の9月16日に、ブログに「学生時代の思い出」という記事を上げていた。赤羽が薬を処方され始めた時期と一致する。

水野に確認したところ、郡司は外来で赤羽の元を訪れていた。

赤羽家から悲鳴が聞こえ、外で張り込みをしていた江藤たちが駆け付けると、汀子が若宮に襲われそうになったという。

赤羽は死ぬ前に、アルバムの若宮の写った写真を破っていた。

汀子によれば、結婚前、若宮に告白されたことがあるというのだ。

スポンサーリンク

若宮は水野に呼び出され、カフェへと向かった。

実は、赤羽と言い争っていた相手は若宮だった。

水野はそのことを目撃していたが、若宮のファンだから警察には話さないと若宮を脅す。

若宮は「君になんか助けられたくない」と、水野の申し出を突っぱねた。

水野の密告を受け、江藤たち警察は若宮の取り調べを行うことに。

一方、獅子雄は波止場で、9月23日にクレオパトラ号に汀子と郡司の3人で乗船した記録を見つける。

真犯人の正体がわかった獅子雄は、若宮は犯人ではないと釈放させる。そして、若宮に汀子を呼び出すよう告げた。

汀子は場所をクレオパトラ号に指定した。

翌日、若宮は汀子に、自分たちが犯した7年前の罪を打ち明ける。

若宮と赤羽は、研究会と称し、医師国家試験の問題を出題者から手に入れていた。

郡司の親の知り合いで、1人200万。コピーを取ることは許されず、携帯のつながらない海の上が選ばれた。

こうして不正をして医者になった若宮と赤羽だったが、ずっと罪の意識にさいなまれてきた。

5年前の国試問題漏洩事件で、他の大学で3人の医師が医師免許をはく奪された。

若宮はその時、医師免許を返上しようとしたが、できなかった。

スポンサーリンク

研究会に参加していながら1人だけ合格できなかった郡司は、医者として成功した赤羽を脅していた。

不正をして医者になったことを打ち明けられていた汀子は、一緒にクルーザーで郡司に会った。

そして、金を受け取りなおも強請ってくる郡司に沸かしていた湯をかけ、赤羽に消化器で殴り殺すよう指示した。

汀子「一生たかられていいの!?やって!やれって言ってんのよ!」

汀子に言われるまま、赤羽は郡司を消化器で殴り殺した。そして、遺体はそのまま海に遺棄した。

ならば赤羽は誰が殺したのか。

汀子は飲み物に睡眠薬を盛り、若宮の意識を失わせた。そして、海に遺棄しようとした時、漁船で追って来ていた獅子雄が乗り込んできた。

実は、赤羽は他殺ではなく、自殺だった。

赤羽には防御創がなかった。妻と娘に保険金を残すための、赤羽の一人芝居だったのだ。

だが保険金に目がくらんだ汀子は、写真を破り、口説かれてるとウソをつき、若宮を赤羽殺しの犯人に仕立て上げようとしていた。

手掛かりは胃の中に残っていたバターとパセリだ。

赤羽は死ぬ前、ファミレスで家族と最後の食事をしていた。父親としての最後の仕事として、娘が残したパセリをバターを付けて食べたのだ。

そして、誰かに襲われているかのように装って、屋上から飛び降りた。

スポンサーリンク

汀子は沸騰した鍋の湯をかけ、獅子尾と若宮を殺そうとした。獅子雄は華麗に避け、熱湯がかかった若宮は飛び起きた。

若宮は睡眠導入剤を飲んだふりをしていただけだった。

なぜ赤羽の自殺を止めなかったのか、若宮は汀子を責めた。

郡司を殺し、自首するという赤羽に、汀子は「死んで?」と告げた。

汀子「わかる?医者やめて、ただの犯罪者になったあなたに何の価値もないのよ。死んで?」

妻の言葉に絶望した赤羽は、屋上から飛び降りたのだ。

だが汀子を警察に突き出せば、カンニングして医者になったことがバレる。

警察に行くか、医者を続けるか。獅子尾は若宮に判断を任せた。

喪服のタグから、獅子雄は汀子が赤羽が死ぬことを知っていたことを見抜いていた。

そして、写真の破り口。写真を破った人間は左利きだった。赤羽は右利きだ。

キッチンの調理道具は全て左利き用で揃えられていたのに、娘には厳しく右手で食べるよう躾けていたのは、自分は左利きだったからだ。

若宮は病院を辞めた。

引っ越そうと考えていた若宮のところへ、自宅が水没した獅子雄が乗り込んできた。

獅子雄「若宮ちゃん、一緒に暮らそう」

※『シャーロック』を見逃した時は
1話~最新話まで「FOD」で視聴することができます。
今なら初回登録後一ヶ月間無料お試し期間あり
⇒FODプレミアム

スポンサーリンク

2話:成り代わり遺体の謎、弁護士・青木藍子(菅野美穂)登場

事務所兼住居が上の階からの水漏れにより宿無しになった獅子雄は、医者をやめて職無しとなった若宮のマンションに勝手に移り住んだ。

翌朝、若宮が大きな音で目覚めると、獅子雄が怪しげな実験をしていた。早速同居を始めたことを後悔する若宮。

そこへ、捜査一課の江藤から連絡が入った。

新宿駅で列車に轢かれて亡くなった女性の話をし始める江藤に、興味を持てない獅子雄。だが、江藤は、”魅力的なホトケ”だと獅子雄を誘い出す。

獅子雄は、遺体安置室で女性の遺体と対面した。

江藤に獅子雄と一緒にコンビを組むのか問われた若宮は、即座に否定する。

獅子雄は小暮にとがめられながらも、勝手に遺体を調べ始めた。遺体の手首には”0314″と番号が貼られている。

遺体は、所持品から高橋博美という女性とみられると江藤から説明があるも、獅子雄は身元が推測されながらも、身元不明遺体を示す番号が付けられている矛盾点に気づく。

そして、それが江藤の言わんとする”魅力的なホトケ”であると指摘。高橋博美として死んだ女性は、全くの別人なのだ。

果たして、死んだ女は一体誰なのか?そして、本物の高橋博美とは?

こうして成り代わり遺体の謎を追うこととなった獅子雄は若宮を助手扱いして、博美の身辺捜査を始めた。

婚約者の佐々木守(内村遥)や、過去のある一件で博美の弁護を担当した弁護士・青木藍子(菅野美穂)たちに話を聞きに行く。

青木の事務所で、獅子雄は、アルバイトの河本美沙(岸井ゆきの)の様子を見て彼女をマークし、若宮を絡めたある計画を始動させる。

スポンサーリンク

3話:

 

4話:

5話:

6話:

 

7話:

スポンサーリンク

8話:

9話:

最終話:

 

スポンサーリンク

『シャーロック』感想

第1話

佐々木蔵之介がポンコツ刑事系かあ~~~~。

予告見た段階ではキレキレ系かと思ってたんですが・・・くー。残念・・・。

『モンテ・クリスト伯』スタッフはクルーザーとにかく好きな。

おディーン様をクルーザーに乗せたがり過ぎな。

1回見たら飽きるっつーの・・・。

1話から『SUITS』で見た経歴詐称に近い不正国試突破問題。

ワトソンが医学博士号を持ち軍医としての従軍経験もあるれっきとしたドクターだったから。
断じてまがい物ではなく、しかも精神科医て・・・!
どこで役に立つねーん。

ワトソンを侮辱してるんですか?というくらいこの意味不明な設定は何なんでしょうか・・・。
普通の医者じゃ駄目だったのか・・・?

医者にしてはジーパンクソおしゃれ。
岩ちゃんだからって衣装派手すぎよ・・・。医者っぽくない・・・!

松本まりかのワンパターン演技ももういいです・・・。
『ブラックスキャンダル』で完全に飽きた。
なんていうか・・・必死なのはわかるんですけど、なんでこんなリアリティないの・・・?
アニメ見過ぎじゃない?
中二病キャラが過ぎる・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。