【3年A組ネタバレ】最終回結末 生徒は犯人以外全員共犯?影山澪奈が自殺した理由

菅田将暉主演ドラマ『3年A組』ネタバレあらすじと感想についてまとめています。
半年前に自殺した景山澪奈の自殺した理由を明らかにするため、3年A組の生徒29人を人質に教室に立てこもった美術教師・柊一颯。答えられなければ生徒たちは一人ずつ殺されてゆく。まず中尾蓮が殺された。果たして景山澪奈を死に追いやった犯人は一体誰なのか?
生徒と柊は共犯なのか、最終回結末を徹底予想!
ラストまでネタバレしていきますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

※3年A組を見逃した時は
1話~最新話まで「Hulu」で視聴することができます。
今なら初回登録後2週間無料お試し期間あり
⇒Hulu

登場人物&俳優キャスト

■ 柊 一颯(菅田将暉)
27歳美術教師。2年前に咲宮高校から転任。昨年10月から3年A組の担任を受け持つ。昔アクション俳優を目指していた。

3年A組の生徒たち

■ 茅野さくら(永野芽郁)
学級委員。景山澪奈の友達で、死ぬ前に手紙をもらっていた。
  
■ 景山澪奈(上白石萌歌)
自殺した。水泳の全国大会で優勝経験がある。遺書もなく、自殺の原因は不明。
  
■ 中尾 蓮(三船海斗)
1日目に柊にナイフで殺された。
  
■ 甲斐隼人(片寄涼太)
傷害事件で警察沙汰になったことがある。
  
■ 里見海斗(鈴木仁)
サッカー部エース。
  
■ 逢沢博己(萩原利久)
成績優秀、頭脳明晰。景山澪奈のドキュメンタリー映画を撮っていた。
  
■ 宇佐美香帆(川栄李奈)
ダンス部所属。景山澪奈とは友達だった?
  
■ 熊沢花恋(堀田真由)
水泳部キャプテン。

スポンサーリンク

■ 武智大和(田辺誠一)
3年B組の担任。数学教師。”平成最後のカリスマ熱血教師”としてテレビにも出演している。

■ 相楽文香(土村芳)
元咲宮高校教師。

■ 相楽孝彦(矢島健一)
元咲宮高校教師。

警察
■ 郡司真人(椎名桔平)
瀬ヶ山署生活安全課刑事。
  
■ 宮城遼一(細田善彦)
瀬ヶ山署生活安全課刑事。
  
■ 五十嵐徹(大友康平)
警視庁捜査一課理事官。

スポンサーリンク

『3年A組』ネタバレとあらすじをラスト結末まで

1話:教師の立て篭もり、人質は生徒29人

3月10日。

果たしてこれで良かったのか。いや、正解なんてない。俺はこの十日間、全力で生き抜いた。

柊「この瞬間を持って、俺の授業は完結する」

そう言って柊一颯は屋上から飛び降りた。

スポンサーリンク

3月1日。
魁皇高校の卒業式まで、残り10日。あとは卒業を待つのみとなった生徒たち。冬から春へ季節を変え始めたこの時、高校生活という一つの舞台は平穏に幕を閉じていく。

・・・はずだった。

3年A組の扉が開く。担任の柊は、教卓の前に立ち、いつもと変わらぬ表情で、29人の生徒に衝撃的な一言を言い放った。

柊「今から皆さんには、人質になってもらいます」

「俺の目的が達成するまで、この教室にいてもらう」と告げる。

一瞬ポカンとする生徒たち。だがそれはやがて嘲笑へと変わる。早くも 甲斐隼人が帰ろうとするが、教室の扉が開かない。実は扉には柊によって特殊な鍵が取り付けられていた。キレた甲斐が柊に掴みかかるが、たやすく取り押さえられてしまう。

さらに男子二人を蹴り飛ばす柊。雑魚キャラだと思っていた「ブッキー」こと柊の変貌に、生徒たちは騒然となる。

そんな生徒たちに現状を理解させるため、柊は時計を操作し、廊下に仕掛けた爆弾を爆発させた。

スポンサーリンク

教室の扉のロックは解除されるも、爆発によって3年A組は孤立し、完全に閉じ込められてしまう。第一校舎3階に閉じ込められ、隣の美術室、トイレ以外は行けなくなった。

さらに、柊は学校の至るところに爆弾を仕掛けているという。生徒たちはスマホで助けを求めようとするが、柊はスマホとカバンを没収する。

柊「これから、俺の授業を始める」

なぜこのクラスが人質になったのか。柊は一つだけ空席となった机に着席する。他のクラスと違うこと。それは、景山澪奈が自殺したことだ。「俺たちは関係ない」という生徒たちに、柊は

柊「この中の誰かが影山の自殺に関与している、かもしれない」

と告げる。なぜ景山澪奈が死んでしまったのが、その理由を夜の8時までに導き出せたら、全員を解放する。ただし回答は一度だけ。不正解の場合、誰か一人に死んでもらうと。

柊は回答者に学級委員の茅野さくらを指名する。

窓を割って脱出しようと試みるも、窓は強化ガラスになっており割ることもできない。この半年、この日のためだけに過ごしてきたという柊は、景山澪奈の自殺の原因がもしこのクラスの誰かだった場合は、それなりの裁きは受けてもらうと宣言する。

スポンサーリンク

柊が教室から出ていった後、里見海斗は非常用はしごを使って、今のうちに窓から逃げることを提案。だがやはり窓は開かない。しかも、窓ガラスは外から中の様子が見えないようになっていた。

教室には監視カメラが仕掛けられており、茅野は美術準備室で教室の様子を監視していた。さらにはトイレにまで監視カメラが仕掛けられていた。

武智からの連絡に、「彼らを人質に取って立て篭もっている」と答える。

他の生徒を全員帰宅させた後、通報するかどうかでもめる校長たち。

そこへ瀬ヶ山署の郡司宮城らが現れた。

なぜか柊は自ら警察を呼んでいた。郡司たちに、次の指示があるまで待機していろと命じる柊。もし何か動きがあった場合は、生徒たちの命は保証しないと、校庭の倉庫を爆破して警告するのだった。

スポンサーリンク

一方、3年A組では誰が景山澪奈と仲が良かったかという話になり、教室は微妙な空気に包まれる。

茅野は景山澪奈をストーキングするように写真を撮っていた。「景山澪奈は最高にエモい」と本人に直接伝える茅野。そんな茅野に、景山澪奈は「友達にならない?」と言う。

一緒にショッピングに行ったり、ハンカチをプレゼントしてもらったり、一緒に帰ったり、それは親友とも呼べる関係だった。

しかしその様子を宇佐美香帆は嫉妬に満ちた眼差しで見つめていた。

景山澪奈がドーピングしていたのではという話題になり、水泳がらみが自殺の原因だと言い出す甲斐。これに対し、水泳部キャプテンの熊沢花恋は敏感に反応。「余計なこと言わないでよ」と茅野に釘を指す。

言われた茅野はトイレに駆け込み、景山澪奈からの手紙を取り出して見つめる。

私とさくらは違う。プロレスネタとか全然わからないし、ずっと合わないと思ってた。だからもう二度と話しかけないで。さくらとは友達になれない」

最後の「なれない」の文字は、景山澪奈の涙でにじんでいた。

スポンサーリンク

学校には保護者と武智が呼んだテレビ局が駆け付け、さらに捜査一課の五十嵐も現れた。五十嵐は早期解決をはかるため、機動隊を校内に突入させる。

柊が再び教室に戻って来た。答えられなければ教室ごと木っ端微塵だと告げる。茅野は他の生徒に促されるまま、「今年の全国大会でドーピングしたことがバレて自殺した」と答えた。だが柊は、「本当にそれでいいんだな?」と尋ねる。

柊「自分自身で考えて答えを出すんだ」

ある日、景山澪奈の机に「死ね」「偽りのヒロイン」「バカ」「消えろゴミ!!」「ドーピング野郎」と書かれていた。ネット上では景山澪奈のドーピングが拡散されていた。それからクラスの全員が景山澪奈を避けるようになり、空気みたいに無視するようになった。

そして景山澪奈から手紙をもらった茅野も、「認めるまであいつとしゃべんなよ」「このままだと澪奈とおんなじ目にあうってこと」と言われ、景山澪奈を避けるようになる。

次々と景山澪奈の悪口を口汚く罵り始めるクラスメイトたち。「あんな奴死んで当然だったんだ」とまで言う甲斐に、茅野は飛び蹴りを食らわせた。

茅野「なんで死んでまで澪奈が悪口言われなきゃいけないの。許せない。絶対許せない。けど、一番許せないのは私だ」

そして、景山澪奈をカメラの被写体としてしか見ていなかった自分を責める。手紙を書いた意味は、「違う」と伝えたかったから。「本当はずっと友達だよ」と伝えたかったから。

茅野「澪奈が自殺したのは、私のせい。私のせいで、澪奈は命を断った」

スポンサーリンク

だが、柊は「残念ながら今の答えは不正解だ」と告げる。「お前のせいじゃない」と言い切る柊は、実は景山澪奈本人から、何に苦しんでいたかを聞いていた。

間違えたペナルティを実行しようとする柊に、男子が集団で襲いかかるも、柊が天井の爆弾を爆発させた。

石倉光多(佐久本宝)が「答えを外した茅野から殺せよ」と叫ぶ。反論はなしだ。全員茅野が死ねばいいと思っていた。そんな生徒たちを柊は罵倒する。

その時突入を命じ、機動隊が突入してきた。柊は校内に仕掛けた装置で警察の侵入を知り、

柊「そちらがその気なら、最初の犠牲者はお前だ」

甲斐から没収したナイフで、柊は中尾蓮を殺した。これにより、警察は撤退せざるを得なくなる。

柊は今日の授業の終了を宣言し、中尾蓮の遺体を教室から運び出した。

そして、人質28人を返してほしければ、SNS「マインドボイス」の登録ユーザーに1人100円ずつ送金させるよう警察に要求する。「マインドボイス」の登録ユーザー数は約5000万人、総額は50億。

柊「戦いの始まりだ」

※3年A組を見逃した時は
1話~最新話まで「Hulu」で視聴することができます。
今なら初回登録後2週間無料お試し期間あり
⇒Hulu

スポンサーリンク

2話:景山澪奈の死の真相、また一人消える生徒

柊が3年A組の生徒たちを人質にとって立てこもってから一夜が明けた。

瀬ヶ山署の郡司は、柊の身辺を調べ始める。一颯が以前勤めていた咲宮学校を訪ねた郡司は、彼の意外な「正体」を聞かされる。

一方、3年A組の生徒たちは、ある生徒の自殺の理由について一颯に“正解”を答えられないまま、一颯の命令に従うしかなかった。

この日も一颯は生徒たちに、最後の授業として第二の問題を投げかける。

景山澪奈が自殺する直前、そのきっかけとなったともいえるある動画がSNS上に投稿されていた。しかし、その動画は一部分を故意に加工されたフェイク映像だという。そして、この3年A組の生徒の中に「投稿者」が存在すると柊は断言する。

そして、またも「夜8時までに名乗り出なければ、この中の誰かが死ぬ」と言い渡す。

緊迫した空気。クラスの中に確実に存在する犯人。謎は疑惑を呼び、生徒たちはそれぞれの思いを抱え、動き始めた。2日目の3年A組に暴かれる「真実」とは・・・。

スポンサーリンク

3話:

 

4話:

5話:

6話:

 

7話:

 

スポンサーリンク

8話:

9話:

最終話

 

スポンサーリンク

『3年A組』最終回結末予想!景山澪奈の自殺の真相とは

ここからは最終回結末を予想していきます。

生徒と柊は共犯説

事件の経過
  • 1日目:中尾蓮(三船海斗)がナイフで刺され死亡。
  • 2日目:

 

中尾蓮は死んでないのでは説。

これ結構有力だと思うんですよね~~~。
刺された時の血がいかにもウソっぽかった。色が鮮血にしては変な気がしたんですよね。

で、このゲームの特徴として、死者はかなり自由に動けます。
景山澪奈を好きだった誰かが、あぶり出すために柊に協力してても不思議じゃないんだよな~~~。

スポンサーリンク

要注意人物

一番気になるのは西崎颯真ですね~~。
理由はシンプルにキャストが今井悠貴だからなんですが。
だって平成維新軍だぜ。超怪しい。

あと逢沢博己(萩原利久)
景山澪奈のドキュメンタリー映画撮ってたってのと、柊が最初にビデオカメラも没収したのが気になります。

熊沢花恋(堀田真由)も気になるっちゃ気になるんですが、
単に景山澪奈が水泳選手としてポテンシャルが高かったことへの嫉妬だけなのか・・・。

川栄李奈はほっといていいでしょう。どーせカマセです。演技もポンコツだし。
片寄涼太も同じく。

スポンサーリンク

『3年A組』感想

1話

朝の体操・・・!!
菅田将暉のダンスのキレはさすがですが、
前で何気に頑張ってたベンガルとバッファロー吾郎Aに拍手。

「菅田将暉美しー」と思いながら見るドラマですね。
刑事と教師陣はガッツリ演技はで固めてくれてるのに、生徒たちがポンコツ過ぎてオイオイオイと。
日曜10時のこの枠って中高生ターゲットなんでしょうか。

しかし何だって自殺したパーフェクト美少女役が上白石萌音なんだよ・・・。他にいなかったのか・・・。
死ぬほど萎えるわ・・・。

内容はバトロワ思い出しました。懐かし。
『悪の教典』と『バトル・ロワイアル』を足して3で割って狂気を差っ引いた感じ。
菅田将暉の狂気がな~~~微妙に弱いんですよね~~~。
叫ぶ演技とか要らないんですよ。ホント。
淡々と生徒殺していってほしい。

でもこれどうせ、ラスト「誰も殺してませんでしたー」的な落ちになりそうでやだなあ。
せっかくセンセーショナルな仕立てにしてるのにもったいない。

10年前なら絶対に柊を演じていたであろう椎名桔平が刑事側なので、キリキリ柊を追い詰めてほしいと思います。
でも本庁からきてるのが大友康平だからなー。本店がポンコツ過ぎて柊にしてやられそうで怖い。

しかし立てこもり事件なのになんで生活安全課??刑事部じゃないのか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。