【年賀状の挨拶文例集】退職した上司への一言添え書きにおすすめの文例

年賀状で退職した上司への一言添え書きにおすすめの挨拶文例をまとめてみました。
定年退職した場合や、転職した場合、寿退社した場合をケース別に。組み合わせ次第で、自分が退職した場合にも使えるフレーズを集めてみました。

【ケース別】退職した上司への一言添え書きにおすすめの文例集

定年退職した上司に

在職中はいろいろとお世話になり
心よりお礼申し上げます
お陰様で私も元気に仕事に励んでおります
◯◯様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

在職中はいろいろとお世話になり
ありがとうございました
本年もどうぞよろしくお願いいたします

昨年は親身にご指導いただき 深く感謝しております
まだまだ未熟者ですが
今後ともご指導ご鞭撻のほど賜れれば幸いでございます
ご家族の皆様には ご健康で幸多い一年でありますよう 祈念いたしております

◯◯さんにご指導いただいたことを忘れず
今後も精一杯頑張ってまいりたいと思います
また機会を見つけてご一緒させていただければ幸いです
◯◯さんとご家族の皆様にとって新しい年がよい年でありますよう心からお祈り申し上げます

在職中はご指導いただきありがとうございました

◯◯さんの元で仕事ができて本当に良かったと思っています
今後ともご指導ご鞭撻のほど賜れれば幸いでございます

スポンサーリンク

転職で退職した上司(先輩)に

ご無沙汰しております
お元気ですか
◯◯さんが会社を退職して早◯か月
いろいろありましたが何とか私も頑張っています
◯◯さんのご活躍とご発展を心よりお祈り申し上げます

スポンサーリンク

結婚して退職した上司(先輩)に

お久しぶりです
二人で迎える新たな年はいかがですか
また機会があればみんなで一緒にランチにでも行きたいですね
◯◯さんのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

かなり仲の良かった先輩なら、

今年こそは先輩のように素敵な旦那様を見つけたいと思います

など、ちょっとくだけた文を入れるのもいいですね。

スポンサーリンク

自分が退職した場合

自分が退職して、お世話になった前の職場の上司や先輩に年賀状を送る時は、新しい会社での近況を添えるといいでしょう。

◯◯さんにおかれましては
お変わりなくご壮健のこととお慶び申し上げます
私も新たな環境にて
精一杯業務にあたっております。
新しい年がすばらしい年でありますよう 心からお祈り申し上げます

お元気でいらっしゃいますか
◯◯さんのご指導を胸に
新天地で精進を重ねています
今後とも何卒よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。