「ジュラシック・ワールド」あらすじとネタバレ結末 歯の数が足りないの意味は?

映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレあらすじと疑問、感想についてまとめています。
「ジュラシック・パーク」から22年後、「ジュラシック・ワールド」へと生まれ変わったパークを訪れたザックとグレイ兄弟。しかしインドミナス・レックスが逃亡、パーク内は大混乱に陥る。大パニックの中、オーウェンとクレアは2人の救出に向かうが・・・。
インドミナス・レックスVSTレックスの対決が実現した今作。ブルーたちラプトルが裏切った理由や、グレイが「歯の数が足りない」と言ったセリフの意味についても考察していきます。
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

参考⇒ジュラシック・パークをおさらいしたい人はまずこちらをチェック!

登場人物&キャスト(俳優)

2015年アメリカ映画
上映時間125分
監督:コリン・トレヴォロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル

■ オーウェン・グレイディ(クリス・プラット)
「ジュラシック・ワールド」の恐竜監視員。元軍人で、ヴェロキラプトルの行動を研究している。

■ クレア・ディアリング(ブライス・ダラス・ハワード)
「ジュラシック・ワールド」のパークの運用管理者。

■ グレイ・ミッチェル(タイ・シンプキンス)
クレアの姉の子供。好奇心いっぱいの元気な11歳。大の恐竜好き。

■ ザック・ミッチェル(ニック・ロビンソン)
グレイの兄。反抗期の16歳。弟と違ってパークに不満。

■ サイモン・マスラニ(イルファーン・カーン)
インジェン社からパークを受け継いだ、マスラニ・グローバル社のCFO。目立ちたがり屋の億万長者。

■ ヴィック・ホスキンス(ヴィンセント・ドノフリオ)
インジェン社のセキュリティ部門幹部。ラプトルを生体兵器として軍事利用を画策する野心家。

■ バリー(オマール・シー)
オーウェンのチームの主任調教師。恐竜行動学研究のパートーナー。

■ ヘンリー・ウー(B・D・ウォン)
「ジュラシック・パーク」の元遺伝子学者。シリーズ1作目に登場。

スポンサーリンク

ジュラシックワールドネタバレあらすじをラスト結末まで

起:新たなパークの目玉インドミナス・レックスが逃亡

恐竜の謎と優れた特性を体験し、至近距離でふれあうことができる至れり尽くせりの高級リゾート「ジュラシック・ワールド」。

このパークをマネジメントする仕事に意欲満々の野心家クレアの元に2人の甥っ子、ザックとグレイが突然訪ねてきた。離婚協議中の母親カレンが、パークで数日過ごすよう2人をクレアの元へ送り込んだのだった。

しかし、忙しいクレアは甥たちをアシスタントのザラに任せ、フリーパスを渡して乗り物に乗せ、自分たちでパーク内を見学させることにする。

グレイは、様々な種類の恐竜がルキ回る様子を見て感激しているが、ザックはスマホから目が離せない。

恐竜たちを蘇らせたのは、遺伝学者ヘンリー・ウー博士。パークの創設者であるハモンドの会社、インジェン社で働いていたが、現在は「ジュラシック・ワールド」の後継者で億万長者のマスラニの元で研究を続けていた。

パークをビジネスとして成功させるには、毎年新しい種を創り出さねばならない。プレッシャーを感じたウー博士は、倫理上の一線を越えて遺伝子操作を行ってしまう。

それは、史上初の遺伝子組み換え恐竜「インドミナス・レックス」の誕生だった。この大型恐竜は、唯一の兄弟を食い殺したため、隔離状態で飼育されていた。

スポンサーリンク

インドミナス・レックスのお披露目を急ぎたいマスラニは、インドミナス・レックスの防壁が適当かどうか、オーウェンに評価させるようクレアに命じる。

オーウェンは元軍人で、パークの研究施設に勤務する恐竜行動学のエキスパートだ。攻撃的なヴェロキラプトル、通称「ラプター」を長年調教しており、パークにいる4頭をそれぞれブルー、チャーリー、デルタ、エコーと名付け、信頼関係を築くことに成功していた。

そんなオーウェンにインジェン社の警備部門長・ホスキンスは、ラプトルを兵器として軍事利用する話を持ちかけるも、一蹴される。直後、飼育員の一人がラプトルの飼育エリアに落下してしまう。オーウェンは自ら飼育エリアに入ってラプトル達に「待て」と命令して止め、辛くも飼育員を救い出した。それを見ていたホスキンスは、改めてラプトルを人間の支配下に置けると確信する。

クレアはオーウェンのバンガローを訪れ、マスラニからの要請を伝えた。2人は以前にデートに出かけたことのある仲だったが、性格の不一致ですぐに別れていた。言い合いになるも、オーウェンはクレアと共にインドミナス・レックスの飼育エリアに向かうことを了承する。

だがそこにインドミナス・レックスの姿はなく、生体反応もない。そして内部の防壁には、真新しい爪痕が残されていた。インドミナス・レックスが逃亡したのだ。

スポンサーリンク

承:パーク崩壊、取り残されたグレイとザック兄弟

インドミナス・レックスは知性や攻撃性が未知数だ。クレアはすぐさまパークのコントロール・ルームに連絡。オーウェンは職員と飼育エリア内に入り、防壁の爪痕を調べ始めた。だがそれはインドミナス・レックスが仕掛けた罠だった。

実は、インドミナス・レックスは外へ逃げ出してはいなかった。自らの生体反応を隠し、待ち伏せしていたのだ。インドミナス・レックスは中に入って来たオーウェンたちを襲撃、職員二人を捕食して、本当に外へと脱走してしまう。

管理棟に戻ったクレアは、資産管理部隊ACUを出動させ、インドミナスの追跡・捕獲作戦を開始する。だが、インドミナス・レックスは背中に埋めこまれたGPSを引きちぎり、それをおとりとして使い、森の中に潜んでいた。罠と保護色によるカモフラージュで部隊は返り討ちにあい、捕獲作戦は失敗に終わる。

この事態に、マスラニはウー博士を問い詰めた。すると、ウー博士は様々な生物のDNAを組み込んだことで、インドミナス・レックスにはカモフラージュ能力があり、さらに体表からの赤外線放射を抑制し、赤外線カメラを欺く能力が備わっていることを白状した。

スポンサーリンク

クレアはパークの北半分を閉鎖し、来場客全員をパーク中央のメインエリアに避難させるよう、スタッフに命じた。

だがそのことを知らないザックとグレイは、ザラの監視の目を盗んで逃げ出し、360度周りが見渡せるジャイロスフィアというアトラクションに乗って、恐竜たちの間を回っていた。避難指示とクレアの電話も無視して散策を続けていた2人は、立ち入り禁止の森林エリアでインドミナス・レックスに遭遇してしまう。

間一髪、滝つぼに飛び込んで危機を逃れた2人は、かつてのジュラシック・パークのビジターセンターにたどり着く。そこに放置されていた古いジープを修理し、パークに帰ろうと試みるザック。

オーウェンと2人の救出に向かったクレアは、破壊されたジャイロスフィアを見て愕然とする。

一方、マスラニはインドミナス・レックスを抹殺すべく、自らヘリコプターを操縦して兵士と共に行方を追っていた。逃げるインドミナス・レックスは、翼竜園のドームへ突入。ガラス壁を突き破り、ドーム内部へと侵入していった。

すると、破られたガラス壁から、プテラノドンやディモルフォドンが次々とドームから逃亡。マスラニたちが乗ったヘリはプテラノドンに襲撃され、墜落してしまう。兵士たちは全滅、マスラニも命を落とした。さらにヘリがドームのガラス壁を破壊しながら墜落したことで、ドーム内の翼竜たちが一斉に脱走を始めた。

スポンサーリンク

転:オーウェンとクレアの追跡、敵はラプトル

脱走したプテラノドンの群れがパークのメインエリアに飛来。避難していた多くの来場者やスタッフを襲い始め、パークは大パニックに陥った。

ザラはパークに戻ってきたザック・グレイと合流するも、プテラノドンに捕らえられてモササウルスがいる湖に落とされ、モササウルスに丸飲みされてしまう。

そこへ兄弟を探しに向かったオーウェンとクレアが戻ってきた。無事再会した4人は、管理棟を目指すことに。

管理棟では、ホスキンスがパークの指揮権を握り、この混乱に乗じてインジェン社の兵士を呼び寄せていた。ホスキンスはオーウェンが飼育していたラプトルたちに、ジャングルに姿を消したインドミナス・レックスを追跡させる作戦を提案する。

スポンサーリンク

ラプトルの兵器利用を目論むホスキンスに、オーウェンは不本意ながらも作戦に協力することにした。ブルーたちの頭にカメラを付けて放ち、その後をバイクで追い、オーウェンはインドミナス・レックスを発見。だが次の瞬間、突如ブルーたちが攻撃の矛先をオーウェンに向けた。

ラプトルのDNAも持っているインドミナス・レックスが、ブルーたちと意思疎通し、追跡部隊を襲うよう仕向けたのだ。

兵士が次々と襲われ殺されていく中、チャーリーがロケットランチャーで爆殺される。インドミナス・レックスはジャングルの中へと逃げ去るが、ブルーはオーウェンを、デルタとエコーがクレアと兄弟を乗せて走るトラックを襲って来た。

追いかけてくるラプトルを何とか撃退したクレアと兄弟は、オーウェンと合流。パークのメインエリアに戻り、インジェン社の遺伝子研究所へ向かった。

スポンサーリンク

結:TレックスVSインドミナス・レックス、勝者は?

混乱の中、来場者たちは船で島を脱出を始めていた。

ホスキンスは、ウー博士に証拠隠滅を指示。恐竜を兵器として活用する軍需産業に研究結果を渡し、利益供与を受けていたホスキンスは、インドミナス・レックスの受精卵を島から持ち出そうとしていた。

そこへオーウェンたちがやって来た。恐竜の兵器利用を説く最中、突然侵入してきたデルタに襲われ、ホスキンスは殺されてしまう。オーウェンたちはその隙に研究所から逃げ出すも、外でブルーたち三頭のラプトルに囲まれてしまう。

オーウェンは戦うことをやめ、ブルーたちに語りかけた。3頭はオーウェンとの絆を思い出し、再びオーウェンの味方となった。

寝返ったブルーたちに怒るように、インドミナス・レックスが襲いかかって来た。オーウェンも銃を手に応戦するが、全く歯が立たない。圧倒的な強さでデルタとエコーは殺され、オーウェンと兄弟は追い詰められた。

スポンサーリンク

クレアはインドミナス・レックスに対する最後の策として、22年前にパークで暴れたティラノサウルス・レックスを飼育エリアから解放することを決断する。発煙筒でTレックスを誘導し、相まみえた2頭の壮絶な戦いが始まった。

だが、最強に思われたTレックスもインドミナス・レックスには敵わなかった。手負いのTレックスにインドミナス・レックスがとどめを刺そうとしたその時、意識を取り戻したブルーが飛びかかった。その隙にTレックスが反撃、形勢は逆転した。

Tレックスはブルーと共に猛攻を仕掛け、インドミナス・レックスを湖エリアの縁へと追い詰めた。重傷を負いながらも闘志を剝き出しにするインドミナス・レックス。だが騒ぎと血の匂いを嗅ぎつけて、湖から跳び出してきたモササウルスに喰らい付かれ、水中へと引きずり込まれていった。

Tレックスはブルーを一瞥するが、襲うことなくその場を後にする。ブルーもまた、オーウェンとの別れを惜しみながら去っていった。

オーウェンとクレア、グレイ、ザックの4人は無事コスタリカの避難所に到着した。ザックとグレイは両親と再会し、オーウェンとクレアの仲も戻る。そして朝を迎えたヌブラル島では、再び自由を取り戻したTレックスが、崩壊し無人となったパークを見下ろしながら咆哮をとどろかせていた。

ジュラシック・ワールド/炎の王国へ続く⇒ジュラシックワールド2ネタバレあらすじラスト結末

スポンサーリンク

ジュラシックワールド感想&考察

面白かったです!!
やっぱり久し振りに見たジェラシック・パークの世界観は最高に面白い・・・!

展開は毎度おなじみの恐竜たちの暴走&逃走で「またかよ!」なんですが、ワクワクしながら見ちゃうんですよね~~。
パーク制御できた試しねえや(笑)

『ジュラシックパーク』も今見ても何ら恐竜たちに違和感のない作品ですが、それでも最新CGとアニマトロニクスによる映像美は凄まじかったです・・・!

クリス・プラットが文句なしにカッコいい・・・!!
そしてブルーがかわいい。

クレアは最初『ロスト・ワールド』のサラを彷彿とさせて、イヤ~~~な予感がしたんですが、

ブライス・ダラス・ハワード「衣装を純白にすると決まった時には『周りが見えてない頑固者に泥を塗りたいってわけね』と燃えました」

とブライスがインタビューで語っているように、最初はハイヒールと白いワンピースでジャングルを走っていたクレアがボロボロになって、それでも甥たちを助けようと戦うのはこれぞヒロイン!でした。

しかしピンヒールでジャングル駆け回るのどうなの・・・。そしてそれに追いつけないTレックスなんなの・・・。
『ジュラシック・パーク』の時は余裕でマルコムに追いついてたのに!?
老化??

久々に檻から出れたと思ったら突然インドミナス・レックスと戦わされるTレックス・・・。

スポンサーリンク

「歯の数が足りない」ってどういうこと?

弟グレイが叫ぶこのセリフ。

「We need more teeth(歯の数が足りない)」

ってどういうこと!?と思った人もいいんじゃないでしょうか。

「もっと強いやつが必要だよ!」くらいの意味で、私も誤訳じゃないかと思ったんですが、たぶん合ってます。

というのも、このグレイのセリフを機に、クレアが

「歯の数ならもう一匹いるわ」

と、Tレックスをインドミナスにぶつけることを思いつくので、一瞬歯の数がTレックスの方が多いと勘違いしてしまうのです。

が、これはおそらく、歯の数がTレックスの方がインドミナスより多いという意味ではありません。
単純に同等のパワーを持つ、という意味です。

Tレックスをベースに作られた新種のインドミナスの方が歯が少ないのは変です。

答えはラスト、グレイのこのセリフ。

「It has 88 teeth!」

モササウルスは歯が88本あったんですね。
つまり、歯の数でインドミナス<モササウルスだったというわけです。

インドミナス<Tレックスと見せかけた、インドミナス<モササウルスというどんでん返し。

まあ一概に恐竜の戦闘力=歯の数というわけではないでしょうが、
インドミナスVSTレックス・ブルーの共闘→ラスト、モササウルスが持っていく展開は、まさに今回のジュラシック・ワールドのキャッチコピー

「bigger, louder and with more teeth」

だったのではないかと思います。

そもそもグレイはどうやって歯の数を数えたんだというツッコミもありますが・・・(笑)

スポンサーリンク

ブルーたちラプトルはなぜインドミナスを裏切った?

ブルーたちラプトルがインドミナス・レックスにつく→オーウェンの説得で寝返るシーン。

これはかなり謎です。というかご都合主義過ぎる。

インドミナスがラプトルの遺伝子も有していたため、コミュニケーションが取れて味方にできる、まではわかります。
が!なぜオーウェンに寝返ったのか?

『ジュラシック・パーク3』でグラント博士が

グラント博士「もし恐竜が滅んでなかったら、人間に代わってラプトルが世界を支配していたでしょう」

と言っていたように、ラプトルは頭が良く群れで生きる恐竜です。
オーウェンよりはるかに強いリーダーであるインドミナスに寝返っても、再度オーウェン側に来るのは・・・あり得ないですね。
オーウェンとの絆って・・・メンタル面の問題だったなら最初から裏切らないでしょうし。

そしてそんなすぐ説得できるなら、オーウェンも最初に襲われた時に説得しろよ、と。

スポンサーリンク

ジュラシック・ワールド過去作品を無料で見たい人はコチラ!

ジュラシックパークシリーズを1から最新ジュラシック・ワールドまで無料でみたい人には「U-NEXT」という動画配信サイトがおすすめです。

U-NEXTならジュラシックパーク全作品に加えて、
スピルバーグ監督作品の原点『ジョーズ』もあわせて見れます!

31日間の無料お試し期間もあるのでぜひ一度登録してみてください!

>>ジュラシックパークを31日間無料のU-NEXTで見る!<<

(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!

U-NEXT公式サイトはこちら

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。