ジュラシックパーク2ロストワールドあらすじネタバレ結末 サラは最悪ヒロイン!?

映画『ジュラシック・パーク』の続編『ロスト・ワールド』(ジュラシック・パーク2)ネタバレあらすじと感想についてまとめています。
ハモンドから恐竜の調査を依頼されたマルコムは、先発隊として乗り込んでいったサラを助けるべく、恐竜たちのいるソルナ島へ向かう。だがそこへパークの再建を目論むルドローが雇ったハンターたちも現れ、マルコムたちはTレックスやラプトルと、次々と恐竜たちに襲われることに・・・。
ジュラシック・パーク史上最悪ヒロインとなったサラの名言の数々とは?
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

登場人物&キャスト(俳優)

1997年アメリカ映画
上映時間129分
監督:スティーヴン・スピルバーグ

恐竜調査隊

■ イアン・マルコム(ジェフ・ゴールドブラム)
数学者。4年前、ジュラシック・パークから奇跡的に脱出した。
  
■ サラ・ハーディング(ジュリアン・ムーア)
イアンの恋人で古生物学者。イアン達より先に、一人でサイトBを訪れていた。
  
■ ニック・ヴァン・オーエン(ヴィンス・ヴォーン)
ビデオドキュメンタリー作家。実はハモンドに恐竜の捕獲を妨害する目的で雇われていた。
  
■ エディ・カー(リチャード・シフ)
野外用装備のエキスパート。

■ ケリー・カーティス(ヴァネッサ・リー・チェスター)
イアンの娘。体操部に所属しており、鉄棒が得意。イアンに止められたが、こっそり隠れてサイトBについて来た。

■ ジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー)
かつてジュラシック・パークを建設した実業家。インジェン社の社長職をルドローらに解任された。

恐竜ハンター団

■ ピーター・ルドロー(アーリス・ハワード)
ハモンドの甥。ハモンドに代わってインジェン社の社長になった。会社を立て直すため、アメリカのサンディエゴにジュラシック・パークの再建を計画しており、腕利きのハンター達を雇ってサイトBを訪れる。
  
■ ローランド・テンボ(ピート・ポスルスウェイト)
ルドローに雇われた恐竜ハンター団の隊長。ティラノサウルスのオスを狩ることに執念を燃やしている。
  
■ アジャイ・シドゥ(ハーヴェイ・ジェイソン)
ローランドの相棒。
  
■ ディーター・スターク(ピーター・ストーメア)
副隊長。
  
■ ロバート・バーク(トーマス・F・ダフィ)
古生物学者。
  
■ カーター(トーマス・ロサレスJr.)
ディーターとコンビを組んでいた。

スポンサーリンク

ロストワールドネタバレあらすじをラスト結末まで

起:恐竜たちの島「サイトB」へ向かったマルコム

ジュラシック・パーク事件から4年後。
コスタリカ沖、ヌブラル島の南西140kmにあるソルナ島に、クルージングをしていたイギリスの家族が偶然上陸した。そこで幼い娘キャシーが、大きいトカゲのような恐竜コンプソグナトゥス・トリアシクスに襲われてしまう。

マルコムはハモンドから呼び出され、邸宅でハモンドの孫・ティムとレックスと再会する。そこには甥のルドローも来ていた。インジェン社は重役会で社長に任命されたルドローのものとなり、ルドローは3人が死んだ事件を都合のいい作り話で世間の目をごまかそうとしていた。そのせいでマルコムは嘘つきのレッテルを張られ、大学をクビになっていた。

マルコムはハモンドから「サイトB」の存在を聞かされる。「サイトA」、つまりジュラシック・パークがあるヌブラル島は観光客用のショールームに過ぎず、実はソルナ島の「サイトB」こそ、孵化工場そのものだった。そこで恐竜を孵化させ、数か月間飼育してから、パークに持ち込んでいたのだ。

4年前の事故の後、「サイトB」はハリケーンの直撃で壊滅状態となり、ハモンドたちは島を引き払って恐竜たちを自然に返した。その後ソルナ島は完璧な環境システムを持ち、境界線もテクノロジー管理もなく、多くの種族がグループに分かれて自由に生きていた。

スポンサーリンク

マルコムは恐竜たちが生き残っていたことを知り、驚く。アミノ酸を制限して与えていたため、酵素を補充しないと2週間で死んで当然だったからだ。

だが現実は繁殖し続けていた。ハモンドはその謎を調査隊に解明してほしいという。生態を記録するための調査隊を組織し、現地へ赴くと言うのだ。マルコムは大反対するが、ハモンドは金に物をいわせて既に調査隊のメンバーを決定していた。

例の事件以来インジェン社は苦境に追い込まれていた。再建のためサイトBを利用する計画が持ち上がっているが、ハモンドはキャシーが襲われた件で重役会から会社の経営権を取り上げられてしまった。

このままでは「ロスト・ワールド」が世の中に知れ渡るのは時間の問題だ。生きた恐竜の自然のままの生態をとらえた完全な映像が必要だとハモンドは説得するが、マルコムは断る。

しかし、古生物学者で恋人のサラが既に自分から志願し、島にいることを知らされる。サラは先発隊として、たった一人で島に乗り込んでいったというのだ。

マルコム「もう調査隊ではなくこれは救助隊だ。すぐに助けに行きます」

マルコムは残りのメンバーであるニックとエディーと共に、サラを助けるためソルナ島へ向かった。

スポンサーリンク

承:ハンターたちとの攻防、Tレックス襲来

船で島へ到着したマルコムは、サラの衛星電話に電話をかけるが、つながらない。島の内部でサラのボロボロのリュックを発見。マルコムはサラが恐竜に襲われたのではと焦るが、サラは大興奮でステゴサウルスの写真を撮っていた。

マルコムの心配をよそに、危険をかえりみずうかつにも恐竜に触るサラ。さらに間近で写真を撮り、恐竜たちを怒らせてしまう。何とか難を逃れたが、そもそも調査は自然を変えてしまうとサラを説得するが、サラは聞く耳を持たない。

アミノ酸なしで生き残ったのは、繁殖している草食類のエサを調べてみると、アミノ酸のリジンが豊富な豆類を好んで食べていた。
肉食類はその草食類を食べるから、生き長らえていたのだ。

石や骨から6500万年前に死滅した恐竜の子育ての習性を考えるのに飽きていたサラは、「こっちの話の方がよっぽど面白いじゃない」と100年の定説をくつがえし、ティラノサウルスが愛情を持って子供を育てると証明してやるとやる気満々だ。

ニックとエディも恐竜たちに大興奮だったが、ベースキャンプから火の手が上がった。慌ててトレーラーに戻ると、マルコムの娘のケリーが料理をしようとしていた。ケリーはこっそりトレーラーに忍び込み、島へついて来ていたのだ。

驚いたマルコムはケリーを連れて帰ろうとするが、そこへインジェン社のヘリ部隊が飛来。ルドローが恐竜ハンターのローランドに依頼し、恐竜を捕獲しようと島へ現れたのだ。次々と恐竜たちを追い込み、捕獲していくハンターたち。

さらにティラノサウルスの足跡を発見。ティラノサウルスの捕獲に執念を燃やすローランドは、ティラノサウルスの巣を見つけ、生後2週間ほどの子供を連れ出し、親をおびき出そうと罠を仕掛けた。

スポンサーリンク

ルドローは4年前の事件に懲りないばかりか、事業拡張のための出資者を募るため恐竜を島から持ち出し、アメリカに運ぼうとしていた。サンディエゴにジュラシック・パークを再建しようというのだ。

この事態を予測していたハモンドから指示を受けていたニックは、マルコムたちと恐竜たちが閉じ込められている檻の鍵を破り、恐竜たちを逃していった。逃げ出した恐竜たちが暴れ出し、キャンプはパニックになり、戻ったローランドは激怒する。

ニックは足を骨折したティラノサウルスの子供を手当しようと、トレーラーに連れ帰る。マルコムは「気は確かなのか」と怒るが、サラとニックは手当を続行する。怯えたケリーとマルコム、エディは高所に避難するが、そこへティラノサウルスの咆哮が響き渡る。トレーラーと連絡が取れず、マルコムはトレーラーへ戻った。

するとそこへ、ティラノサウルスがやって来た。子供を取り返しに来たのだ。マルコムたちは子供を外へ逃がすが、直後ティラノサウルスがトレーラーを襲って来た。トレーラーを崖下へ突き落とそうとするティラノサウルス。

ドアが変形して開かず、外へ逃げることができずに車内に取り残されたマルコムたちは宙吊り状態になる。車で駆けつけたエディがロープを投げ込み、さらにワイヤーでトレーラーを崖から引き上げようとするも、ティラノサウルスの餌食となってしまう。

トレーラーはそのまま谷底に転落。間一髪、マルコムたちはロープにしがみつく。そのまま崖をよじ登ったマルコムたちは、ローランドらに引き上げられて助かった。

スポンサーリンク

転:ジュラシック・パーク跡地でVSラプトル

ローランドたちの通信装置は恐竜たちに壊され、マルコムたちの無線と衛星電話もトレーラーに積んであったため、外へ連絡する手段を失ってしまった。

ルドローは古い本部ビルの隣りにある通信センターを目指すことを提案。通信センターの電源は地熱を利用しており、今も使えるはずだ。そうすればヘリに連絡ができる。

通信センターは歩いてほぼ一日の距離だが、途中ヴェロキラプトルの棲み家がある危険区域を通らなければならない。しかしここにいては、縄張り意識の変わったティラノサウルスが再び襲ってくるかもしれない。一か八か行くしかない。ローランドが先頭で指揮をとり、一行は通信センターを目指すことにした。

途中、休憩でディーターはカーターに荷物を預け、用を足そうと一行を離れた。だがヘッドホンで音楽を聞いていたカーターに聞こえていなかった。道に迷ったディーターは、山道からすべり落ち、さらにコンプソグナトゥスの集団に襲われてしまう。

いなくなったことに気付いたローランドが探しに向かうが、既にディーターはコンプソグナトゥスに食い千切られていた。さらに一行が夜営をしていたところへ、ティラノサウルスが現れた。サラのベストについた子供の血を追ってやって来たのだ。

スポンサーリンク

一行は散り散りになって逃げ出した。ローランドはティラノサウルスをライフルで仕留めようとするが、なぜか弾が抜き取られていた。仕方なく強力麻酔薬を使い、ティラノサウルスに撃ち込む。

一方、ニックとサラ、ケリーは洞窟に逃げ込んだ。しかし一緒に逃げ込んだロバートが、服の中に入った蛇に驚いて洞窟を飛び出し、ティラノサウルスに捕食されてしまう。

草原を抜けようとしたメンバーは、次々とヴェロキラプトルの群れに襲われいった。ニックたちはマルコムと合流し、何とか草原を抜けるが、川から転落してマルコムが足を負傷してしまう。

ニックが一足先に通信センターを目指した。建物に入ると、そこにはジュラシック・パークと書かれていた。ここは本部ビルだ。隣の通信センターにたどり着いたニックは、施設の電源を入れ、ハーベスト基地に救助隊を要請した。

遅れてマルコムとサラ、ケリーも本部ビルに到着した。だがビルに向かおうとしたところを、ラプトルが襲って来た。

サラとケリーは納屋に逃げ込み、反対側の扉から土を掘って脱出しようと試みるが、そこにもラプトルが現れ、周囲を囲まれてしまう。建物の上方へ逃げるも、ラプトルに猛追され、絶体絶命だ。マルコムが襲われそうになったところを、間一髪、ケリーが得意の鉄棒を生かして、ラプトルを攻撃。外へ蹴り飛ばした。

スポンサーリンク

結:Tレックスがアメリカに!マルコムとサラの作戦

次々と襲いかかって来るラプトルを何とかかわし、3人は救助ヘリに乗り込んだ。先に乗っていたニックと共に、島を離れるマルコムたち。ヘリの中で、ローランドの銃から弾を抜いたのはニックだったことが判明する。

一方、ローランドはティラノサウルスのオスの生け捕りに成功していた。ルドローは子供も捕獲し、アメリカに連れ帰ろうと意気揚々だが、ローランドは長年の相棒だったアジャイが死んだことにショックを受け、これ以上仲間を失いたくないと去っていった。

アメリカに帰国したルドローは、「ジュラシック・パーク・サンディエゴ」の建設に向け、記者会見を開いていた。ちょうどその時、ティラノサウルスを積んだベンチャー号が到着した。ルドローは出資者たちにお披露目しようとするが、船は応答がなく、様子がおかしい。

船は減速することなく、そのまま港の防波堤に激突。中を確認すると、船の乗組員は全滅させられていた。そこへ檻を破ってティラノサウルスが現れ、サンディエゴの街へ逃亡していった。

ローランドが撃ち込んだ麻酔薬で眠っていたはずのティラノサウルスに、今度はその効果を減らす薬を打ったが、適量を見誤ったために暴走してしまったのだ。しかも、ルドローは子供を先に飛行機でパーク予定地へ運び込んでいた。子供を探して、親は出ていったのだ。

スポンサーリンク

サラは脱水状態のティラノサウルスはまず水を飲み、それからエサを食べると推測。ティラノサウルスをドックに呼び戻し、捕獲して島へ船で送り返すため、子供をおとりに使おうと考える。

サラの予想通り、ティラノサウルスはある住宅でプールを見つけるとその水を飲み、飼い犬を捕食。そのまま街へ出て大暴れし始めた。突如現れたティラノサウルスに、サンディエゴの街は大パニックとなった。

マルコムとサラは「ジュラシック・パーク・サンディエゴ」から子供を連れ出し、車に乗せてティラノサウルスをおびき寄せた。港まで誘導することに成功し、親子を船に乗せた後、海へ飛び降りた。

だがルドローがしつこく「子供を返せ!」と追って来た。ルドローは船内で子供を見つけるが、後ろから親に襲われ、そのまま子供に捕食されてしまった。

マルコムは貨物室の蓋をしめ、サラがティラノサウルスに麻酔を撃ち込んで眠らせ、何とか事なきを得た。そのまま船は海軍の大規模な護衛作戦のもと、ソルナ島へ向かっていった。ハモンドは、コスタリカ政府の生物保護局と協力して島を横暴な人間から隔離して、保護することを提唱。

ソルナ島では人間の干渉のない自然の中で恐竜たちが生き続けていた。

ジュラシック・パーク3へ続く⇒ジュラシックパーク3あらすじネタバレ結末

スポンサーリンク

ロストワールド感想!サラが最悪ヒロイン過ぎた

サラ・・・・・・。

ロストワールドの評価が低い最大の原因はサラでしょう。
開始5分で「早くコイツ食われればいいのに・・・」と思い始めるヒロインってどうなの・・・。

ジュラシックパーク史上最強最悪のクソヒロインと言っても過言ではないでしょう。
子供の頃に見てこれが原因でジュリアン・ムーア苦手になったんですよね・・・。いやジュリアン・ムーアに罪はないんですが。でもジュリアン・ムーアこういう空気読まない役多いな・・・。

専門家ぶった暴言と愚行の数々で仲間を危険にさらしまくり、それでもルドローみたいに恐竜に食われれば幾分観客の溜飲も下がったものの、最後まで生き延びるというラスト結末もイラッとします。

ヒロインポジだから「私は何があっても生き残るのよ!」と言わんばかりのクソみたいな行動の数々・・・。その分仲間が次々死んでいくのがやるせない・・・。

今回マルコムがソルナ島を訪れる理由が巻き込まれ型過ぎて、かなり無理矢理です。
女性1人で恐竜の島に行ったサラを助けに行くわけですが、もうこんなやつほっとけや!と言わんばかりのクズなので、全然感情移入できません・・・。
そんなヒロインを身体を張って助けるせいで、マルコムもヒーローとして微妙に・・・。

女性メンバーが多いグリーンピースに女漁り目的でいたニック、
足手まとい要因の娘ケリー(鉄棒の能力のみで採用されたとしか思えない)と、
調査隊という名のトラブルメーカー共を抱えて、身内が引き起こすトラブルに最初から最後まで巻き込まれまくりのマルコムがもうかわいそう・・・。

唯一良かったのはローランドですね。プロとして仲間を守り、最後は潔く身を引いていった・・・。

スポンサーリンク

サラの最悪名言(迷言)ベスト7

「これはお守り代わりの幸運のリュック

恐竜に襲われたとのではと心配してわざわざ来てくれたマルコムに対し、人を煽るような笑い声で挑発しまくり。のっけから観客を辟易させてくれる。

この後トレーラーが谷底に転落仕掛けた際、幸運のリュックで間一髪マルコムに助けてもらうも、足をバタつかせて暴れるという愚行に出る。いっそリュックのヒモ千切れてしまえ・・・!他人にとっては不幸極まりないリュック。

「20歳の時から猛獣を相手に暮らしてきたのよ?」

観光客気分で写真をバシャバシャ撮って恐竜を怒らせたにもかかわらず、ドヤアといきり立った経歴をかますサラ。恐竜をライオン扱い。
マルコム博士の忠告を全く聞かない。

「石や骨をつっついて6500万年前に死滅した動物の子育ての習性を考えるのはもうたくさん。正直言って飽きちゃった。こっちの話の方がよっぽど面白いじゃない」

研究者なんてやめてしまえ・・・!

「早く!落ちちゃうわ!急いで!」

必死で助けに来てくれたエディにこの暴言。お前のせいでこうなってんだよ!
しかもエディが投げ入れてくれたロープから手を滑らせて、下にいたマルコムとニックにケツアタックをかます。

スポンサーリンク

「ティラノサウルスは化石動物の中では2番目に鋭い嗅覚を持ってるというから匂いに敏感なはずよ」

と偉そうに説教をたれながら、素人目にも危険なティラノサウルスの子供の血がべっとりついた上着で、ティラノサウルス召喚。
仲間を危険にさらしてるのはお前なんだよ・・・!自覚しろ・・・!

「ティラノサウルスの子供をキャンプに連れてきたから彼らの縄張り意識が変わったのよ。ここにいると危険だわ!」

連れてきたのお前な。

「適量も知らないでそんなことをするから、錯乱状態に追い込んだのよ!」

常に専門家ぶる。ティラノサウルスの習性を知ったかで仲間を危険にさらしたことは記憶の彼方に葬り去った模様・・・。

ついでにおまけ。

ケリー「こんなとこ来なきゃ良かったわ」

お前が勝手についてきたんや・・・・・・!

スポンサーリンク

ジュラシック・ワールド過去作品を無料で見たい人はコチラ!

ジュラシックパークシリーズを1から最新ジュラシック・ワールドまで無料でみたい人には「U-NEXT」という動画配信サイトがおすすめです。

U-NEXTならジュラシックパーク全作品に加えて、
スピルバーグ監督作品の原点『ジョーズ』もあわせて見れます!

今なら31日間の無料期間もあるのでぜひ一度登録してみてください!

>>ジュラシックパークを31日間無料のU-NEXTで見る!<<

(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!

U-NEXT公式サイトはこちら

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。