「ジュラシック・パーク」あらすじからネタバレ結末まで

 

映画『ジュラシック・パーク』ネタバレあらすじと感想についてまとめています。
ハモンドがヌブラル島に建設した、ジュラシック・パークの視察に訪れたアランとエリー、マルコムの前に、現代に蘇った恐竜たちが現れる。しかしネドリーの陰謀により、安全に思われたパークの制御システムは崩壊、恐竜たちは暴走を始める。Tレックスに襲われたレックスとティムの運命は・・・。
ジュラシック・ワールドに続く、第1作。
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

登場人物&俳優キャスト

1993年アメリカ映画
上映時間127分
監督:スティーヴン・スピルバーグ

■ アラン・グラント(サム・ニール)
古生物学者。多数の恐竜の卵の化石を発見し、恐竜に母性本能があった可能性を主張している。

■ エリー・サトラー(ローラ・ダーン)
古植物学者。アランの恋人。

■ イアン・マルコム(ジェフ・ゴールドブラム)
数学者。カオス理論の専門家。自然界への敬意に欠け、神の真似事をしようとするパークの複雑なシステムは必ず破綻すると、視察前から警告している。

■ ジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー)
インジェン社、ハモンド財団創始者。

■ レックス(アリアナ・リチャーズ)
ハモンドの孫。ティムの姉。

■ ティム(ジョゼフ・マゼロ)
ハモンドの孫。

ジュラシック・パークのスタッフ
■ ヘンリー・ウー(B・D・ウォン)
遺伝子学者。
  
■ デニス・ネドリー(ウェイン・ナイト)
パークのシステムエンジニア。一連の事件を起こした張本人。金目的で恐竜の胚を盗み、バイオシン・コーポレーションに渡す取引を企む。
  
■ レイ・アーノルド(サミュエル・L・ジャクソン)
パークのチーフエンジニア。
  
■ ハーディング(ジェラルド・R・モーレン)
獣医。
  
■ ロバート・マルドゥーン(ボブ・ペック)
恐竜監視員。
  
■ ドナルド・ジェナーロ(マーティン・フェレロ)
インジェン社の顧問弁護士。

■ ルイス・ドジスン(キャメロン・ソア)
インジェン社のライバル会社バイオシン・コーポレーションの遺伝学者。

スポンサーリンク

ジュラシック・パークネタバレあらすじをラスト結末まで

起:現代に蘇った恐竜たち

コスタリカの西方に浮かぶイスラ・ヌブラル島。
この島にインジェン社社長のハモンドは、最新クローン技術によってジュラ紀から白亜紀に生息していた恐竜たちを現代に甦らせた。そして、生きた恐竜が闊歩するテーマパーク「ジュラシック・パーク」を建造。その安全性を調査検証するため、さまざまな分野の専門家を島に招くことにする。

アメリカ、アリゾナの砂漠地帯で、恐竜の化石の発掘調査をしていた古生物学者のアランとエリーの元へ、ハモンドが訪ねてきた。ハモンドの突然の来訪に驚くアランとエリー。ハモンドは長年2人の研究のスポンサーだったが、直接の面識はなかったからだ。

ハモンドは来年オープン予定のジュラシック・パークの視察に来てほしいと2人に頼んだ。急な申し出に渋るアランだが、莫大な研究費が提示され、視察を了承する。

アランとエリーがヘリコプターに乗り込むと、そこには数学者のイアンも招かれていた。ハモンドの顧問弁護士ドナルドと共に、ヌブラル島を目指す4人。

島に到着した彼らの目の前に現れたのは、群れをなす本物の恐竜たちだった。

スポンサーリンク

承:ネドリーの企みと嵐の到来

ブラキオサウルスが群れをなして移動しているさまに、感慨しきりのアラン。

ジュラシック・パークには、ハモンドが巨費を投じて研究者を集め、生み出した恐竜が多く生息していた。太古の琥珀に閉じ込められた恐竜の血を吸った蚊から恐竜のDNAを抽出し、遺伝子工学の最新技術で恐竜のクローン化に成功したのだ。欠損しているDNAに関しては、カエルのDNAを使用したという。

ハモンドは、島は完全なる孤島で、恐竜たちがいるエリアは高電圧流の柵に囲まれ、コンピューターによる制御が行われているため安全だと主張する。だがアランたちは、このプロジェクトの未来に不安を感じていた。

ヘンリー・ウー博士は、恐竜はメスばかりなので繁殖はせず、クローンで生産されるため数も管理できていると説明。しかしマルコムは、「100%の確率を保つのは難しい」と主張。アランも同感だ。

そこへハモンドの2人の孫、レックスとティムが到着した。一行はコンピュータ制御された2台の車に分乗して、園内ツアーに出かけた。恐竜好きのレックスは、アランにいろいろと質問する。だが子供が苦手なアランは、レックスやティムと少し距離を取っていた。

途中、一行は病気のトリケラトプスに出会う。獣医のハーディングが診察しているところに、古植物学者のエリーも残ることにした。

スポンサーリンク

その頃、島の西側120kmに暴風雨が発生し、島に近づいていた。チーフエンジニアのアーノルドはハモンドに嵐到来の危険を報告するも、ハモンドはまだ時間に余裕があると判断する。

一方、パークの安全制御を担当するシステムエンジニアのネドリーは、インジェン社での待遇に不満を抱き、ライバル会社であるバイオシン・コーポレーションに恐竜の胚の入ったカプセルを売り渡す陰謀を企てていた。

ネドリーはロックを解除してカプセルを盗み出し、嵐の中、港がある東ドックへ向かった。だが嵐のために予定が早まり、焦ったネドリーは道に迷ってしまう。さらに東ドックへの近道をするのに、恐竜を囲うフェンスの電気系統を切ってしまった。そのため、防御システムから解放された恐竜たちが暴走を始める。

悪路でジープが横転し、脱出しようとしたところにディロフォサウルスが現れた。ディロフォサウルスをばかにしていたネドリーだが、ディロフォサウルスは首周りのエリを立てて威嚇し、毒液を噴射してきた。

顔に毒液がかかり、倒れたネドリーに複数のディロフォサウルスが襲いかかった。ネドリーはそのまま死亡し、盗んだ胚も車から落下、泥に飲み込まれた。

スポンサーリンク

転:Tレックス襲来!絶体絶命のティムとレックス

嵐の到来に備え、ツアーは明日に延期することになった。ビジターセンターに戻ろうとするも、ネドリーが電源を落としたことで、アランたちの乗った車は停車。パーク内に取り残されてしまう。さらに無線も切れ、本部と連絡が取れない。

そこへ巨大なティラノサウルスが現れた。動転したドナルドは、子供たちを残して車の外へ逃げ出し、トイレに隠れた。怯えたレックスが車のライトをつけたことで、ティラノサウルスが車に勘付き、襲いかかってきた。

子供たちを助けようと、アランとマルコムが発煙筒を焚いて、ティラノサウルスを誘導。マルコムを追いかけて行ったティラノサウルスは、ドナルドが隠れたトイレを破壊し、ドナルドを丸飲みにしてしまう。そのすきに、アランが子供たちを救出した。

アランたちを捜しに出たエリーは、負傷したマルコムを助け、ティラノサウルスに追われながらも、何とかビジターセンターへ帰還する。

孫たちと連絡がつかず、ハモンドは心配でたまらない。自然界の生命力を侮っていたことを反省する。

スポンサーリンク

アランとティム、レックスは樹上で一夜を明かした。ブラキオサウルスがいるが、草食獣エリアのためとりあえずは安全だ。

翌朝、嵐が去り視界は良好になっていた。3人はビジターセンターに戻るため、移動を開始した。

その道中、アランは孵化した卵を見つけて驚く。メスしかいないはずのパーク内に、オスが出現したのだ。実は、パーク内にはオスに性転換した個体がいた。欠損したDNAを補うため、カエルのDNAを使ったことが原因だ。西アフリカのカエルの中には、メスだけ隔離するとオスに性転換する個体がいた。そのため、恐竜たちは勝手に繁殖してしまっていた。

一方、ビジターセンターではネドリーがロックしたシステムを解除するため、エリーはシステムの電源をリセットすることを提案する。島から脱出さえしてしまえば、恐竜たちは人工的にアミノ酸のリジンを投与しており、自力では作ることができないため、自然に絶滅すると考えられた。

スポンサーリンク

結:パークの崩壊と島からの脱出

アーノルドが本部の外のブレーカーまで行き、システムをリセットするためブレーカーを落とした。だがその後、一向に電源が復旧する様子はない。

エリーがマルドゥーンと様子を見に行くと、凶暴で知能の高い小型恐竜ヴェロキラプトルのフェンスが破れられていた。マルドゥーンはエリーをかばい、ラプトルの餌食となってしまう。

エリーが電力を復旧させようとしていたまさにその頃、アランはレックスとティムを連れて高圧電流の柵を越えようとしていた。

アランとレックスがフェンスを越え、あとはティムだけとなった時、電流が入る合図が響いた。アランは「手を離せ」と叫ぶも、ティムは怖がって動けず、感電して吹き飛ばされてしまう。

蘇生によりティムは無事生き返り、3人は何とか本部にたどり着いた。食事中にラプトルに襲われるも、1頭を冷凍室に、もう1頭を機械室に閉じ込め、何とか撃退する。

スポンサーリンク

コントロール・センターで、アランはエリーと再会を果たした。コンピューターに詳しいレックスがパソコンを操作し、電話と警備システムを復旧させた。地下室に隠れていたハモンドに連絡を取り、救助ヘリの要請を依頼。

天井の通風口から脱出し、入口に近い展示室フロアに出た4人だったが、そこには2頭のラプトルが待ち構えていた。ラプトルに追い詰められ、絶体絶命かと思われたその時、建物を破壊してティラノサウルスが乱入してきた。ティラノサウルスとラプトルの壮絶な戦いが始まった。

恐竜たちが戦っているすきに、アランたちはハモンド、マルコムと合流し、救助ヘリに乗り込んだ。「パークの承認は断る」というアランに、同意するハモンド。

島を離れるヘリの中で、レックスとティムに囲まれるアランを見守るエリー。ジュラシック・パークで共に過ごしたことにより、アランは以前ほど子供が苦手ではなくなっていた。

崩壊したジュラシック・パークでは、ティラノサウルスが雄たけびを上げていた。

ロスト・ワールドへ続く⇒ジュラシックパーク2あらすじネタバレ結末

スポンサーリンク

ジュラシック・ワールド過去作品を無料で見たい人はコチラ!

ジュラシックパークシリーズを1から最新ジュラシック・ワールドまで無料でみたい人には「U-NEXT」という動画配信サイトがおすすめです。

U-NEXTならジュラシックパーク全作品に加えて、
スピルバーグ監督作品の原点『ジョーズ』もあわせて見れます!

31日間の無料お試し期間もあるのでぜひ一度登録してみてください!

>>ジュラシックパークを31日間無料のU-NEXTで見る!<<

(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!

U-NEXT公式サイトはこちら

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。