『魔女の宅急便』その後ジジが話せない理由とは!?ジジの声優は?


 

03

今週1月22日の金曜ロードSHOW!は『魔女の宅急便』です!
もう何度となく見てるのですが、やっぱり見ちゃうと思います(笑)
『魔女の宅急便』で気になるのが、最後キキが再び飛べるようになっても、猫のジジはしゃべらないままですよね。
ジジが話せない理由とは・・・!?ジジの声優さんとあわせて、調べてみました!

スポンサーリンク

 

キキの相棒ジジ

31mhDxLyZZL
ジジはちょっぴり生意気な性格の、キキの相棒の黒猫です。

しゃべれる猫というわけではなく、キキが魔法の力でジジと会話をしています。

原作によると、魔女の家に女の子が生まれると同じ月日に生まれた猫を探し、大切なパートナーとして共に育てるという風習があるそうです。

後半、キキの魔法の力が弱まって会話ができなくなります
※ちなみに原作では最後まで可能です。

終盤、鳴き声で話すジジにキキが微笑みで返す描写がされていますが、
明確に会話ができるようになったのかどうかはわかりません。

これはキキの魔法の力が弱まったからなのでしょうか・・・?

スポンサーリンク

ジジが話せない理由は?

再び飛ぶことができるようになったキキですが、ジジはしゃべらないままです。
実はそれはキキの魔女の力が弱くなってしまったからではなく、
キキが新たな一歩を踏み出したからこそ、ジジが「ただの猫」に戻ったということなんですね。

20130902_kmiyazakihayao_42鈴木敏夫プロデューサー
「ジジはただのペットじゃなくて、もうひとりの自分なんですね。だからジジとの会話っていうのは、自分との 対話なんです。ラストでジジとしゃべれなくなるというのは、分身がもういらなくなった、コリコの町でちゃんとやっていけるようになりました、という意味を持っているわけです」

ふ、深い・・・!!
「自分との対話」か~!!
確かに女の子なら、誰もが通る道のような気がします。

キキは、ジジという存在に頼らなくても、きちんとひとりでやっていける、立派な魔女へと成長していったということですね。
ジジが普通の猫に戻ってしまったのは、少し寂しいですが・・・。

ジジの声優は?

佐久間レイさんが担当しています。

default_c053de4d91bf9388f25469ec3216fc82

プロフィール

・1965年1月5日(51歳)

・東京都出身。

・B型。

1985年『夢の星のボタンノーズ』ピアス役で声優デビュー。
1989年『魔女の宅急便』公開当時は24歳でした。

代表作

・『それいけ!アンパンマン』バタコさん

・『とっとこハム太郎』マフラーちゃん、春名ヒロミ

・『おねがいマイメロディ』マイメロディ

幼女役から、色気を湛えた美女役・母親役、落ち着いた役柄から、高飛車な役柄・意地の悪い役柄まで、年齢面・性格面を問わず幅広いキャラクターを演じています。

【関連記事】
『魔女の宅急便』の声優はキキとウルスラが同じ!?キキのモデルは?
「バルス祭り」2016結果は1分間で34万ツイート超え!?秒間最大は約55000!!
ラピュタバルス祭り2016でタニタが一日バルスに!滅びの呪文「タニタ」!?

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ