【相棒18】第8・9話「檻の中」ネタバレと感想 皆藤教授が告発しようとした秘密


水谷豊&反町隆史のドラマ『相棒』シーズン18第8・9話「檻の中」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。ゲストに中村育二が登場。
研究費の横領容疑で逮捕された大学教授・皆藤の保釈金3000万円が奪われる事件が発生した。皆藤の周りでは不穏な事件が相次いでおり、皆藤が告発しようとしていたライフケアテクノロジーの秘密が原因と思われた。さらに、高瀬准教授が研究室の裏切り者だったことが判明し・・・。
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

参考⇒相棒シーズン17を見逃した人はまずこちらをチェック!

第8・9話「檻の中」ゲスト俳優キャスト

■ 皆藤武雄(中村育二)
研究費の横領容疑で逮捕された大学教授。

■ 高瀬佳奈恵(中村優子)
准教授。

■ 桝本修一(山崎樹範)
週刊誌『週刊真相』の記者。新聞社をやめて『週刊真相』に移った。冠城の地元の幼馴染。

スポンサーリンク

第8・9話「檻の中」ネタバレ・あらすじをラスト結末まで

起:保釈金強盗事件の裏で暗躍するライフケアテクノロジー

研究費の横領容疑で逮捕された東修大学教授・皆藤武雄の保釈金3000万円が奪われる事件が発生した。

弁護士事務所から車で運ぶ途中に襲撃された准教授の高瀬佳奈恵によると、犯人はテーザー銃、遠距離対応型スタンガンを使う3人組の男だったという。

右京は、捜査二課時代に皆藤と面識があった。

当時、東修大学学長の研究費の横領が発覚。それを告発したのが皆藤だった。

今でこそ皆藤の遠隔操作技術は手術支援ロボットや災害対策ドローンなど、多くの人の役に立っているが、当時はなかなか結果が出ず、学長によって研究を打ち切られようとしていた。

だからそうなる前に皆藤は告発したのだ。

「自分の研究が何よりも大事だ」という皆藤に、右京は凄まじい執念を感じていた。

だから、研究一筋のはずの皆藤が自らの研究費に手を付けたことに疑念を抱いていた。

今回の横領は、大学の事務局あてに匿名の告発分が送られてきて発覚した。

調べたところ、経理データが改ざんされていることがわかり、事務局が警察に通報した。

しかし、当初皆藤は容疑を否認していた。それが一転して起訴、保釈の運びとなった。一体何がきっかけで供述をひるがえしたのか。

スポンサーリンク

一方、冠城は、旧友で週刊誌記者の桝本から、皆藤の事件の情報がほしいと相談を受ける。

そして向かった病院で、右京と合流した。

右京と冠城が皆藤に面会すると、皆藤はかなり保釈を急いでいた。

過去にテーザー銃を使った強盗事件は、この5年で27件あった。伊丹たち捜査一課は、1件1件あたることに。

右京と冠城は、東修大学の皆藤の研究室を訪ねた。すると、ここ3か月、研究室が呪われているとしか思えない出来事が相次いでいるという。

雑誌に掲載されるはずだった皆藤のインタビュー記事が差し替えられ、企業からの支援金が急に打ち切られ、あの横領事件が起き、岡田が階段から落ちて骨折し、鈴木という研究員はストーカー被害にあって辞めてしまった。さらに保釈金強盗だ。

大学の防犯カメラをチェックしたところ、岡田が転落した現場と、ストーカー被害にあっていた鈴木と警官がいる現場に、同じ男がいた。

この3か月の災難は、意図的に仕組まれたものである可能性が高い。

青木に調べてもらったところ、身元はわからなかったが、ライフケアテクノロジーが入っているビルに出入りしていたことが判明した。

ライフケアテクノロジーは、皆藤への支援金を打ち切った医療機器メーカーだ。

スポンサーリンク

承:亡くなった桝本の妻と皆藤の関係は?

ライフケアテクノロジーの三島社長を訪ね、男について尋ねるが、知らないという。

だが、外にいた清掃員に写真の男について尋ねると、三島社長の客でよく出入りしているとのことだ。

災難の始まりは、3か月前のインタビュー記事だ。皆藤はそれが元で脅迫されることになった。

記事の内容はライフケアテクノロジーの何らかの告発だろう。

記事は圧力を掛けられ潰されたが、それでも皆藤は告発を諦めなかったため、研究も研究員も危険にさらされた。

横領が仕組まれたものだとすれば、保釈金強盗も皆藤が外に出るのを阻むためだろう。

強盗犯グループは保釈金を運ぶ車をピンポイントで待ち伏せしている。彼らはあの時間、あの道をあの車が通ることを知っていた。

つまり、皆藤に近い人物が、情報を与えていた可能性がある。

一方、桝本の妻・佐久間美佳は、昨年サルウィンのテロ事件で亡くなっていた。

NGOの活動に参加していて、難民キャンプの慰問に来ていた要人を狙った爆弾テロに巻き込まれたのだ。

スポンサーリンク

冠城は捜査本部に探りを入れ、強盗グループの中の井上輝夫という男が捕まり、東京拘置所に収容されていることが判明。

弁護士以外で面会に来ていたのは、谷口雅也という男だけだった。

そして、高瀬も同じ時間に東京拘置所に来ていた。高瀬と谷口には接点があった。

つまり、強盗事件は、高瀬が谷口と共謀した自作自演だったのだ。

伊丹たちが谷口の根城に踏み込むと、もぬけの殻だった。Nシステムで追跡したところ、東修大学に向かっているようだ。

一方、高瀬は3000千万をかばんに入れ、どこかに持ち去ろうとしていた。

そこへ谷口たちが現れ、高瀬を暴行。右京たちが駆け付け、谷口たちを逮捕するも、高瀬は意識不明の重体に。

スポンサーリンク

転:皆藤教授の恐るべきテロ計画

遠隔操作技術の第一人者である大学教授の皆藤(中村育二)は、横領の罪で逮捕されていたが、それは

研究の乗っ取りを目論む高瀬がでっち上げた冤罪であることが判明。

3000万円の保釈金も戻り、皆藤の保釈も決定的になった。

冠城は桝本が皆藤の保釈を受けて何か事を起こすのではないかと危惧していたが、本人を問い詰めても軽くかわされてしまう。

一方、右京は、高瀬が皆藤を陥れた巧妙な手口を解明したものの、なぜ彼女が危険な橋を渡ってまで皆藤を檻の中に閉じ込めようとしたのか、動機が掴めずにいた。

そして、いよいよ皆藤が保釈された。

右京と冠城が今回の事件の背景にまだ見えていない何かがあると感じ捜査を続ける中、ついに皆藤の恐るべき復讐計画が動き始めた。

 

 

 

スポンサーリンク

結:事件の真相と真犯人の正体

 

 

10話ネタバレは⇒

スポンサーリンク

第8・9話「檻の中」感想

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。