【相棒17】第17話「倫敦からの刺客」ネタバレと感想 伊武雅刀の目的は杉下右京暗殺!?

水谷豊&反町隆史のドラマ『相棒』シーズン17第17話「倫敦からの刺客」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。ゲストに伊武雅刀が再登場。
ロンドンで再び不穏な動きを見せる右京の元相棒・南井。そんな中、都内で殺人事件が発生した。さらに、右京にダークウェブから電話が掛かってきた。右京暗殺に動き始めた南井との危険な知恵比べが始まる。
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

参考⇒相棒シーズン16を見逃した人はまずこちらをチェック!

第17話「倫敦からの刺客」ゲスト俳優キャスト

■ 南井 十(伊武雅刀)
元スコットランドヤード警部。右京のロンドン研修時代の相棒。

■ 立入 章(池内万作)
ツアーコンシェルジュ。富裕層向けの専属ガイドをしている。

■ ジャック・モラン(ニコラス・ペタス)
ロンドンから来た外国人観光客。

シーズン16放送の1年前の事件は⇒【相棒16】第7話「倫敦からの客人」ネタバレ 伊武雅刀がロンドンで迷宮入りした事件の真犯人?

第17話「倫敦からの刺客」ネタバレ・あらすじをラスト結末まで

起:ロンドンで暗躍する南井、ダークウェブからの偽装発信

元スコットランドヤードの警部で右京のイギリス時代の相棒・南井

右京は、南井が歪んだ正義感から、更正不能と見なした犯罪者を死に追いやっているとの疑いを持つが、決定的な証拠をあげられず、1年前の来日時にはイギリスへの帰国を許したのだった。

その南井が、ロンドンで再び不穏な動きを見せていた。

南井は、ある男の殺害を依頼する。

南井「僕の兄弟、というべきでしょうか」

スポンサーリンク

空港でツアーガイドの立入が、ロンドンから来た外国人観光客・ジャック・モランを出迎えた。

果たしてジャックは南井が差し向けた暗殺者なのか・・・。

数日後、都内で同じ犯人によるものとみられる連続殺人事件が発生した。

2件目の犯行は警視庁のすぐ近くだ。しかも、小さなナイフで一突きで仕留める相当手慣れた殺しで、犯人は現場に凶器を捨てていくプロだ。

捜査一課は無差別殺人とみていたが、右京は一人目の被害者には傷害致死などの前科があったことが気に掛かっていた。

そして、すべての殺人に共通して、死の直前不審な電話が掛かっていたこと、さらには小指の爪をはぎ取られていたことから、被害者に何か共通点があるのではないかと推理し、捜査を開始する。

その結果、一人目の被害者・佐野大輔は5年前まで働いていた建設会社で、仲間たちとひどい新入りいじめをし、殺してしまったにもかかわらず、逮捕されずに罪を免れていたことがわかった。

加えて、被害者に掛かってきた電話は、「ダークウェブ」を経由した偽装発信だったことが判明した。

一方、南井はポーの『黒猫』という小説を例に、暗殺者の慢心をたしなめていた。

スポンサーリンク

承:3件の連続殺人の被害者は全員犯罪者

ジャックはホテルで何やら不穏な動きを見せていた。

そんな中、「花の里」で右京はジャックと偶然知り合う。

ジャックは出された「煮こごり」という料理を気に入り、右京にSNSで買える店を教えてもらう。

直後、電話が入り、ジャックは席を外した。

同時刻、「花の里」の近くで3件目の殺人事件が発生してしまう。被害者は定年退職し、非常勤講師をしている窪田宗。

久保田宅を訪ねた右京は、古びたスフ毛布を見つける。妻の話では、窪田が子供の時使っていたもので、とりあげると泣くので母親は仕方なく持たせていたという。

自宅の電話にはやはり「ダークウェブ」を経由した偽装発信の記録が残っていた。

スポンサーリンク

窪田の父親・窪田欣二は、1964年の横浜市北黄金町の強盗殺人事件の犯人として逮捕されていた。

風俗店の女性を殺害し、自首した事件だが、大学教授で真面目な人だったという人物像に、右京は違和感を覚える。

当時採用されなかった証言に、「現場付近で若い男を見かけた」というものがあった。

右京と冠城は、老人ホームにいる窪田の母親の元を訪ねた。家族の写真を見せてもらうも、窪田の4歳より前の写真がなかった。

さらに、窪田の母親の血液型から、窪田は実子ではなかったことが判明する。

窪田が4歳の時、1952年に発覚した鏡見産院もらい子殺人事件。

鏡見産院を経営する夫婦が、育児を続けられなくなった親たちから赤ん坊を引き取っていた。

目的は親から養育費として受け取る数千円と、国からの補助金だ。肝心の子供たちには食べ物を与えず、100人以上の子供が命を奪われた。

鏡見産院に残されていた子供たちは、それぞれ篤志家の里親たちに引き取られていった。

窪田は鏡見産院の出身だったのだ。

スポンサーリンク

転:連続殺人犯の次の標的は杉下右京!?

息子の将来を慮った養父母が、過去を隠すように言い聞かせていた。しかし、窪田はスフ毛布をずっと持っていた。

本人からすればいかに悲惨であっても自分の過去だ。養父母の配慮にむしろ、強く反発していたのかもしれない。

横浜の強盗事件があった1964年、窪田が16歳の多感な時期だ。自暴自棄になって問題を起こしたとしても不思議ではない。

強盗殺人を犯したのは、父親ではなく、窪田自身だったのだ。

事件の後、父親が身代わりとなったことで、窪田は生き方を悔い改め、教師となった。

スポンサーリンク

一連の事件の被害者は、全員犯罪者だった。

さらに、右京の携帯にも「ダークウェブ」を経由した不審な電話が掛かってくる。連続殺人犯の次のターゲットは杉下右京だと知り、驚く冠城。

右京は、「ダークウェブ」を駆使する狡猾な人物として真っ先に南井の関与を疑う。

立入にジャックの日本での予定を聞いたところ、ジャックは2件の殺人事件が起きた時刻に、アリバイがなかった。

ジャックが「花の里」を抜け出したのは15分。現場は「花の里」から徒歩5分の場所のため、犯行は可能だ。やはり犯人はジャックなのか。

そんな中、ジャックが宿泊しているホテルで、青酸化合物により急性中毒死した。

犯罪を犯させ、最後は自殺させる。前回と全く同じだ。

スポンサーリンク

結:事件の真相と真犯人の正体

ジャックは「アイリッシュ・コークミュール」だった。

アイルランド産のコカインを体内に詰めて密輸する、運び屋だったのだ。

ジャックが到着当日、ホテルの排水が詰まった原因は、コカインの運搬に使った大量のゴム袋を流したことだった。

そしてそれらをアタッシュケースに詰め替え、2つの暴力団に届けた。

ツアー日程というアリバイを作るために、ジャックはツアーという形で来日したが、それを逆に立入に利用されたのだ。

3件の連続殺人、さらにジャックまで殺した犯人は立入だ。

立入はこれまでに何人も殺人を繰り返してきたという。その立入も、遅効性の青酸化合物で自殺してしまう。

スポンサーリンク

右京はロンドンの南井に電話を掛け、連続殺人事件の真相を告げる。

「今日は何故かとても気持ちが沈む」という南井に、右京は「兄弟を失ったからではないか」と言う。

窪田宗の元の名前は、鏡宗。産院で一緒に育った中に、鏡悟という人物がいた。

鏡悟こそ、南井だ。

窪田宗は、南井の弟だったのだ。

今回、南井は自らの過去を消すため、この連続殺人を仕組んだのだった。

スポンサーリンク

第17話「倫敦からの刺客」感想

右京さん2度目の敗北・・・・・・。

まさか2回目の対決でも決着がつかないとは。

亡くなった津川雅彦さんの代わりに伊武雅刀さんを定期で登場させる計画なのだろうか・・・。

これもう絶対南井の犯行を立証するのは不可能だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。