スターウォーズ前作見てないけど大丈夫?前作見てから映画行くべき?


スターウォーズ最新作『最後のジェダイ(エピソード8)』、前作を見ていない人も映画館に見に行きたいですよね。
スターウォーズ前作(エピソード1~7)を見ていない人のために、相関図やキャラクターなど、ざっくりとスターウォーズの世界について紹介していきます!
これさえ知ってれば最新作を見に行ける!

スポンサーリンク

スター・ウォーズとは

予告をみるだけでワクワクしますね!!
観に行きたいけど、スターウォーズ初めて・・・というあなたのために、まずは基本情報からみていきましょう。

『スターウォーズ』は、
1977年に第1作が公開され、
世界的なSFブームを巻き起こした大ヒット映画です。
第1作が『エピソード4/新たなる希望』。

あれ?第1作は『エピソード1』じゃないの??

シリーズ化するためには、まず第1作を成功させる必要があります。
人気のない映画の続編なんて撮れないですからね。
なので、まず一番人気が取れそうな『エピソード4』から制作したというわけです。
当時の映像技術と予算では、『エピソード1~3』の大規模な戦争描写が厳しかったのもありました。

結果、『エピソード4』が大ヒットし、
その後5→6→1→2→3と制作されていったのです。

スターウォーズって全部で何作あるの?

『スターウォーズ』は3つの3部作からなる「全9部作」です。

  • アナキン3部作:エピソード1・2・3
  • ルーク3部作:エピソード4・5・6
  • レイ3部作:『フォースの覚醒(エピソード7)』『最後のジェダイ(エピソード8)』『エピソード9』

今回公開の『最後のジェダイ』はエピソード8にあたります。

エピソード8ってことは、
1~7全部見てないと話がわからないんじゃ・・・??
前作予習してからじゃないと見に行けない・・・!?

大丈夫です!

最新作から見れるよう、
スターウォーズの世界や登場人物達について、ざっくり説明していきます!
これさえ押さえておけば大丈夫!

スポンサーリンク

スターウォーズの世界

『スターウォーズ』は全編120分を超える大長編。
この壮大な物語のすべてを一気に知るのはやはり無理があります。

なので、「これだけは抑えておきたい」ポイントを解説していきたいと思います。

『スターウォーズ』初心者のために、あくまでざっくりです。
ものすご~くざっくりです(笑)

武器

ライトセーバー

スターウォーズと言えばこれ!
この光る武器ですね。
『スターウォーズ』を知らなくてもこの武器は知ってる、という人もいるんじゃないでしょうか。
そのくらい有名です。

16

おもちゃも出ていて、子供ならほしい!大人でもほしい!!一品です。
オバマ前大統領でさえほしい?・・・かどうかはわかりませんが

President Barack Obama with First Lady Michelle and Chicago Mayor Richard M. Daly at the US Olympian Youth Sporting event on the South Lawn of the White House in Washington, Wednesday, Sept. 16, 2009. (Official White House Photo by Chuck Kennedy)

この光る武器、「ライトセーバー」といいます。
ジェダイの騎士やシスの暗黒卿が用いる、選ばれし者だけが使える武器です。

柄のみで、起動するとヴーン!と光の刃が出ます。

色が人物によって異なり、
ジェダイは青や緑シスは真紅の刃を使用する傾向にあります。

  • 正義=青か緑
  • 悪=赤

ぐらいの認識で大丈夫です。

フォース

  • ジェダイやシスが用いる超常的な能力の源
  • 生まれつきフォースに敏感な者は、目には見えないこのフォースの「流れ」を感じ取り、制御して自由に操作することが可能。

ざーっくりというと、いわゆる「超能力」です。

どんな能力があるかというと、

  • 予知
  • 直接触れることなく対象を動かす(テレキネシス)
  • 身体能力の強化
  • 他者の心を読み取る
  • 他者の心を操る
  • 自身の考えを相手に送る(テレパシー)
  • 癒し
  • 霊体化

他にも様々な能力があり、
相手の心臓を止める力なんかもあります。

フォースを使える=めっちゃ強いです。

世界観

人類をはじめ多くの異星人種が共存する世界を舞台に、

「ジェダイ」VS「シス」の戦い

を描いています。

  • ジェダイ:自由と正義の守護者
  • シス:悪と恐怖の信奉者

『スターウォーズ』の世界には「フォース」という強大な力があります。
その強大な力を、平和のために使う者もいれば、自分の欲望のために使おうとする者もいます。

簡単に言うと正義と悪の戦いですね。

『スターウォーズ』が世界中で子供から大人まで愛される理由の一つが、このわかりやすい対立構造ではないかと思います。
善悪がはっきりしていると子供でもわかりやすいですからね。

「いい者」と「悪者」がいて、「悪者」が攻めてくる。
国を、愛する人を守るために、「いい者」が立ち上がるわけです。

スポンサーリンク

登場人物キャラクター相関図

まずは全体像。

001
引用元:thecinema.jp

多いよ!と思うでしょう(笑)
なんていったってエピソード1~7までありますからね。必然的にキャラクターも多くなります。

とりあえず四角で囲ったキャラだけおさえておけばOKです。

アナキン

01 02

エピソード1~3の主人公。
最強のジェダイでしたが、ダークサイドに落ち、
ダース・ベイダーになってしまいます。

ルーク

03

エピソード4~6の主人公。
アナキンの息子です。

レイア姫

19

18

ルークの双子の妹です。

ハン・ソロ

11

14

ハリソン・フォード演じる凄腕の操縦士。
ルーク達と共に戦い、レイアと愛し合う仲に。

チューバッカ

17

15

ハン・ソロの相棒で、副操縦士。

R2-D2&C-3PO

05

13 12

スターウォーズシリーズ全作品に登場する名コンビ。

こんなところでしょうか。
あくまで超ざっくりと、ですが。

敵は出てくれば一発で「あ、敵だ」とすぐわかるビジュアルなので大丈夫でしょう(笑)

スポンサーリンク

フォースの覚醒(エピソード7)から登場する新キャラクター

レイ

08
引用元:disney.co.jp

シリーズ初の女性主人公です。
レイは誰の子供?親はルークかレイアか考察

フィン

07

レイの相棒。

BB-8

10

ボール型のドロイド。

カイロ・レン

09

ダース・ベイダーを受け継ぐ存在。
カイロレンが弱い理由と師匠スノークの正体を考察

スポンサーリンク

おまけ

製作者側の気持ちを考えてみると、
シリーズのファンはもちろん、
新規のお客さんのハートだってがっつり掴みたいはず!

となれば、前作の知識がなくても、単体でも楽しめるように作られているはずなのです。

私は結構シリーズ物も途中から見たりするので、
『エクスペンダブルズ』や『ボーンシリーズ』は2から、
『ミッション・インポッシブル』はいきなり3から見に行きました(笑)

「誰だこの人?」って思っても、物語が進んでいけばちゃんとわかります。
スターウォーズは特に敵味方がわかりやすいです。

逆に、何の予備知識もなく観に行って、さっぱりわからない映画は駄作だと思います。
ドラマだってどこからでも入れるドラマが視聴率が高いし、面白いんです。
『24』だってあんなにシリーズ長いですが、
「シーズン1から順番に見なきゃ話がわからない!」
なんてことはないですから・・・。

ただ、前作を見ていると、より深いところまで楽しめます。
登場するキャラクターや世界観について、知っている人だけがわかる発見があります!
ファンのためのお楽しみもちゃんと用意してくれているのです。

過去作品を見れば、
もっとスターウォーズの世界にハマるはず・・・!

スポンサーリンク

スターウォーズをイッキ見する方法

『最後のジェダイ(エピソード8)』を観る前に、
スターウォーズをイッキ見する方法を紹介します。

エピソード1~6までまとまったBOXが発売されています。

正規品⇒スターウォーズBlu-rayBOXの在庫を今すぐチェック!

エピソード7は単体でのみの販売です。

正規品⇒フォースの覚醒【初回限定版】

DVDを買うほどじゃないな~
レンタルするのもめんどくさいな~
という人には動画配信サイトがオススメです。

いつでもどこでもスマホから見れる手軽さがあり、
エピソード1~7に加えて
スピンオフの『ローグワン』もあわせて見れます!

公式サイト⇒今すぐU-NEXTでスターウォーズを見る! 

あなたへのおすすめ

  1. スターウォーズ前作見てないけど大丈夫?前作見てから映画行くべき?今ココ
  2. 【初心者向け】スターウォーズを見る順番のおすすめは?時系列VS公開順

スポンサーリンク


今、あなたにオススメ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ