カズレーザーのバイ疑惑でネコって何?受けって?


独特のキャラで大人気のメイプル超合金・カズレーザー。初冠番組『絶対!カズレーザー』もスタートし、乗りに乗っています。
バイセクシャルを公言しているカズレーザーですが、彼が言う「ネコ」って何なんでしょうか?「受け」とは?一体どういう意味なのか?調べてみました。

スポンサーリンク

カズレーザーのバイ疑惑はウソ?本当?

カズレーザーはバイセクシャルを公言しています。

カズレーザー「歪んでいる人もいますが、僕は普通のバイセクシャル。真っすぐに2車線あるのみ」

となぜか誇らしげ。

カズレーザーいわく、

カズレーザー「夏は女性、冬は男性がいい」

・・・女性の方が体温低いから・・・?

カズレーザーのバイ疑惑については、ただのネタでは?ウソなんじゃ?など、いろいろウワサされていますが、
本人が公言してるので本当なのでしょう。

かつて「フルハウス」というコンビを組んでいた元相方の東口宜隆も、
同志社大学時代に

東口宜隆「貞操の危機を感じた」

と証言しています。
東口宜隆はカズレーザーに狙われていた!?コンビ解散原因はカズのバイ疑惑?

スポンサーリンク

バイ疑惑におけるネコって何?

そもそもバイセクシャルの意味とは?

バイセクシャルって?
両性愛者のこと。

簡単に言うと、
同性も異性も好きな指向がある人のことです。

カズレーザーの場合は、
男性(同性)も女性(異性)もどっちも好きだよ~ということですね。

そして、カズレーザーが使う「ネコ」という単語は、
どうやらゲイ用語のようです。

ゲイの人は、「タチ」と「ネコ」に分かれます。

「タチ」=男性役
「ネコ」=女性役
と考えればわかりやすいでしょうか。

「タチ」「ネコ」という用語の語源については諸説あるようですが、
・「タチ」は「歌舞伎の男役である立役(たちやく)」から
・「ネコ」は女◯器を意味するスラングから
という説があります。

歌舞伎から来てるなら、
歌舞伎では女性役は女形・女方(おやま・おんながた)というので、
う~~~ん、微妙ですね・・・。

攻めの「タチ」対し、
「ネコ」を「ウケ(受け)」と言ったりもするそうです。

で、カズレーザーは「ネコ」らしい。

・・・ということは女性役???

身長180cm、筋肉ムキムキマッチョのカズレーザーが「ウケ」らしいです。
よくわからん・・・。

まあ性的指向は人それぞれですし、
そういうところもあっさりオープンにできちゃうのが受けてるのかもしれませんね~。
自由すぎてうらやましい。

あなたへのおすすめ

スポンサーリンク


今、あなたにオススメ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ