ドラマ『M 愛すべき人がいて』見逃し配信を1話〜最終回まで見る方法!全話まとめて

浜崎あゆみと松浦勝人の恋愛を描いた小説をドラマ化した『M 愛すべき人がいて』の動画を無料で視聴する方法を解説します。

  • 放送を見逃してしまった・・・
  • 時間があるので一気に見たい・・・

という方はぜひ最後までお読みください。

⇒【無料体験】今すぐ『M 愛すべき人がいて』の動画を見るならこちら
※無料で1ヶ月使えます

ドラマ『M 愛すべき人がいて』の見逃し配信を視聴する方法

まず、今週の『M 愛すべき人がいて』を見逃した!

というとき。

一週分なら、「ABEMA」というサイトで完全無料で見ることができます。

⇒ABEMA公式サイトはこちら

ちなみに、『M 愛すべき人がいて』は「TVer」では配信されていないのでご注意を・・・!

「ABEMA」では、毎週土曜よる24時5分頃に、最新話の見逃し配信がされます。

本放送がよる11:15~からなので、放送直後に見逃し配信が見れます。

そして、先週も今週も見逃した・・・!
あるいは、
『M 愛すべき人がいて』を1話から全話見たいなー

そんなときは、有料プランの「ABEMAプレミアム」がおすすめです。

有料プランですが、「ABEMAプレミアム」には1ヶ月の無料トライアルがあるので、1ヶ月は完全無料で『M 愛すべき人がいて』が視聴できます。

しかも、無料期間内に解約すれば一切お金はかからないので、安心して動画を楽しめます。

「ABEMAプレミアム」なら、
『僕だけが17歳の世界で』や『奪い愛、夏』など、ABEMAオリジナルドラマも全話見れます。
アニメは話題作『鬼滅の刃』が全話まとめて配信されています。

外出できないこの時期の、家で過ごす強~い見方になるハズ・・・!

ぜひ「ABEMAプレミアム」の無料お試しを活用してみてください。

⇒ABEMAプレミアム無料トライアルはこちら
※無料で1ヶ月使えます

【比較】『M 愛すべき人がいて』イッキ見におすすめの動画配信サービス

『M 愛すべき人がいて』が見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 1,990円(税抜) 14万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 6万本
FOD 2週間 888円(税抜) 4万本
dTV 31日間 500円(税抜) 12万本
ABEMA 1ヶ月 960円(税込) 全27チャンネル

『M 愛すべき人がいて』が見れるのは、「ABEMAプレミアム」だけです。

ABEMAプレミアム無料体験のメリット
  1. 月額960円(税込)のサービスが無料でお試しできる
  2. ドラマ『M 愛すべき人がいて』全話の動画が高画質&広告なしで楽しめる
  3. 『奪い合い、夏』のようなオリジナルドラマやアニメが見放題
  4. サービスがイマイチだったら無料期間中に解約すれば料金が一切かからない

『M 愛すべき人がいて』1話~2話までのあらすじ・ネタバレ&感想

1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉かれん)

東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。

そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から、六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞く。

アユは、理沙と一緒にベルファインに行ってみることに。

一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。

一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛ける。

その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。

フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。

その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。

緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。

翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサから、アユに電話が掛かってきた。

>ABEMAプレミアムで無料で見る

もうツッコミどころ満載すぎてどこから突っ込んでいいのやら・・・(はあはあ)

・・・なんだけども!

1話超絶面白え~~~ドラマでした。ぶっちゃけ今クール一番面白いんじゃあ・・・。

まず、

安斉かれんの圧倒的棒・・・!!!!!

もう棒。

とにかく棒。

何もかもが棒。

笑えるくらい棒。棒過ぎて逆に笑う。

そして
眼帯ッ!!圧倒的眼帯ッ!!!

しかもオレンジて。

田中みな実は最終回に右目からビームでも出してくるんすかああああ・・・。

あともうね、これ、ただただ三浦翔平のカッコよさを愛でるドラマですね、マジで。

『リーガルV』や『教場』のときにカッコよさに気付かんですまんかったレベル。

少女漫画の白馬の王子様やん・・・。

三浦翔平「俺んとこで歌手になれ。お前は虹を渡りたいんだろ。だったらその虹俺が作ってやる。俺の作った虹を渡れ!

少女漫画かーーーー!!!!(鼻血)

んでもってそれに対する答えが、

安斉かれん「渡る。アユその虹渡る」

幼稚園児か・・・!!!!

自分「アユ」呼びがとにかくうぜえ~~~~~(笑)

何回「アユ」言うねん・・・!!

いや、もうこれあゆ本人がうぜえなので 安斉かれんに罪はない、なんですが。

あ、ちなみに実際の松浦勝人さんの画像ググってみたら「ブフォア!」となったので、イメージ壊れるのが嫌な人は検索しない方がいいと思います。

そんでもって、脇が激烈に豪華。

社長が高嶋政伸とか神キャスト過ぎる・・・!!
そんでもって中谷プロ高橋さんでしょ、
講師はABEMA御用達・水野美紀。

最強すぎる布陣・・・!!

とりあえず2話に鬼期待。

>ABEMAプレミアムで無料で見る

レコード会社A VICTORYの社長・大浜は、プロデューサー・マサが、中谷プロに所属しているアユと会い続けていることを、ここぞとばかりに問題視していた。

大浜は、六本木のディスコ・ベルファインのVIPルームで中谷(高橋克典)と会い、アユを引き抜こうとするかのようなマサの振る舞いを謝罪する。

するとそこへマサが現れ、中谷に「アユを譲ってください」と許しを請う。

アユというダイヤの原石を自分の手で磨くため、土下座までするマサに心を動かされた中谷は、ついにアユの移籍を認める。

マサは、晴れてA VICTORYから歌手デビューを目指すことになったアユに、3カ月間ニューヨークでレッスンを受けてくるよう指示を出す。

急な展開に驚きつつも、ニューヨークに渡ったアユを待ち受けていたのは、鬼のように厳しい講師・天馬まゆみ(水野美紀)だった。

次から次へとハードなレッスンを進める天馬。

まったくついていけないアユは、自分の実力を目の当たりにして落ち込む。

その頃日本では、マサが部下の流川に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。

張り切ってメンバー探しを始めた流川は、以前から気に入っていたアユの友人・理沙に声を掛ける。

一方、マサの秘書・姫野は、マサがアユに肩入れし過ぎることに不満を感じていた。

そして3カ月後。

ついに帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加することになる。

しかし、マサに特別扱いされているアユへの風当たりは強かった。

>ABEMAプレミアムで無料で見る

今週の名言→「アユはダイヤ。アユはダイヤになる!

「海賊王になりたい」と現実に言うよりはるかに茶番。

相変わらず棒が気になリ過ぎる件・・・。
なんでこの子採用したの・・・。
歌うシーンはそれこそ浜崎の口パクでいいじゃん・・・。

そして肩脱臼どうした。

水って約1g/mlなんですよね。

すると、アユが持ってるリュックって、2Lペットボトル10本なんで、
2kg×10=20kgのリュック。

それを脱臼した肩で10km持って走る。

茶番劇にもほどが・・・。

『M 愛すべき人がいて』はみんな全力で吉本新喜劇やってるのかっていうくらい、お約束のオンパレードですね。
バカバカしさもここまで全力でやってくれるともう笑えて楽しい。

しかし風船飛ばして取るとか。昭和か。

『M 愛すべき人がいて』の世界は、なんでこんな昭和感エグいんでしょうね~~。
一応平成の歌姫なのに・・・。
バブリー感が半端ねえ・・・。

車wwww

公道走るなwww

靴にガビョウって昭和過ぎる・・・。
つーかあれアユめちゃくちゃ靴傾けてたのに普通に気づけ・・・!

風呂のタイルに石鹸塗りたくって滑らせるってもう犯罪やからな!?!?
下手したら頭打って脳震盪で死ぬから・・・!!

眼帯の奥は早くも開眼されました。(チーン)

気になる第3話は・・・

アユとマサを襲う理不尽の嵐

お前らが理不尽だよ・・・!!!

このドラマの良心は中谷社長だった気がする・・・(遠い目)

>ABEMAプレミアムで無料で見る

社長の大浜は、流川がプロデュースする4人組ガールズグループにアユを追加して5人組でデビューさせると、マサに告げる。

反論するマサだが、決定事項だと一蹴されてしまう。

会社の決定になすすべもないマサは、アユにガールズグループのセンターとして4月8日にデビューすることが決まったと報告する。

ソロでのデビューを夢見ていたアユは、複雑な気持ちを押し殺して、無理に喜んだふりをする。

翌日、マサは会議にアユを連れて行き、役員たちの前でソロデビューさせると告げる。

しかし、大浜やほかの役員たちは、アユを見て口々にこき下ろし始める。

何を言われても笑顔で耐えるアユの姿を見たマサは、アユが売れなかったら会社を辞めると宣言する。

一方、マサの秘書・礼香は、「あなたは泥棒の手をしている。私の大切なものを奪わないでね?」とアユに宣戦布告。

ある時、ふとアユが語る言葉の数々を思い出したマサは、アユに歌詞を書いてみるよう指示。

彼女の紡ぐ言葉が人々の心に響くと考えたマサは、アユをアーティストとして売り出そうと考えたのだ。

「作詞なんて無理」と弱気になるアユだが、祖母・幸子の励ましを胸に、自分の思いを歌詞に込める作業に没頭する。

初めての作詞に四苦八苦する中、心の支えでもある幸子が倒れてしまう。

>ABEMAプレミアムで無料で見る

今週の名言→「俺が打ちたいのはヒットじゃない。ホームランだ。

マサ「お前は歌手でもない。アイドルでもない。アーティストになるんだ!」

アーティストの定義。

そしてMDを聞きまくるマサ。
懐かしいなMD。
テープよりマシとはいえ、結構場所取る割に容量超少ないのね・・・。
今から思うと考えられん・・・。

社長、ネジが100本ぐらい緩いのは田中みな実だよーう。

なんなの?『奪い愛』の水野美紀目指してんの?

パクリん演技はウザいからやめろー。

歌詞書けない・曲書けないでソロでデビューしたいってなんだこいつ????
とにかく他力本願で売れたいってことかーい。

あれだけマサ(=会社の人)に気にかけてもらってんだから多少耐えろや、と思ってしまう・・・。
新人としてはほんと破格の待遇だぞ?
進捗の電話もらえるとか意味ワカラン。
そりゃ他の子怒るって。

覚悟はしてたものの、
いよいよ知りたくなかったことがどんどん暴露されてきますね・・・。
ばーちゃんの死を踏み台にできた曲って考えると、なんだかなあ。
ばーちゃんに涙・合掌。

身内が死にそうなときに頭が色恋沙汰でお花畑なアユマジですげえわ・・・。
人じゃねえ・・・。

というか、え?つまるところ、歌詞って1日で書けるものなんですね・・・?

知らんかった・・・。

そーろそろこの理不尽な二人に微塵も感情移入できなくなってきたぞー。
大丈夫かあ・・・。

>ABEMAプレミアムで無料で見る

3話登場のアユのデビュー曲↓↓


⇒Poker Face – 浜崎あゆみ


⇒A Song for ×× – 浜崎あゆみ

大浜社長は、アユのデビュー日に、流川がプロデュースするガールズグループAxelsのデビューをぶつけることに。

マサはアユのプロモーションに命を懸け、マネージャーの野島美香(河北麻友子)をはじめ、「チーム・アユ」全員に鬼のように立ち向かっていく。

なんとかしてマサを叩き潰したい大浜社長は、全国のクラブ回りという地道なプロモーションでAxelsを売ろうと考えていた流川を呼び出し、アユに勝つためならAxelsに大量のプロモーション費を投入してやると告げる。

そんなマサの期待に応えたいと焦るアユだが、その思いは空回りするばかり。

レコーディングでも上手く歌えず、スタッフたちからあきれられてしまう。

なかなか音楽番組への出演が決まらずイラ立つマサと、理沙(久保田紗友)らAxelsのメンバーからアユに勝ちたいと詰め寄られている流川を呼び出した大浜社長は、大物プロデューサー・黒川誠に認められたら、音楽番組にプッシュしてもらえるチャンスがあるとほのめかす。

さらにその後、流川にある悪魔の提案をする。

一方、秘書の姫野礼香は、「会ってほしい人がいるの」と、離婚したマサを強引に呼び出した。

ついに礼香の愛が、常軌を逸した暴走を始める。

>ABEMAプレミアムで無料で見る

注意

4話の放送日は未定です。
来週5月16日は、第2話&3話リミックスバージョンになります。

スポンサーリンク

ドラマ『M 愛すべき人がいて』基本情報

原作小説

『M 愛すべき人がいて』小松成美

浜崎あゆみが1990年代後半から2000年代にかけスターダムに駆け上がるまでのデビュー秘話と、デビューのきっかけをもたらしたエイベックス株式会社代表取締役会長CEO・松浦勝人(当時専務)との出会い、大恋愛から別れまでを、2人へのインタビュー取材を元に、浜崎の視点による一人称形式で描かれています。

スポンサーリンク

主題歌

浜崎あゆみ「M」


⇒M – 浜崎あゆみ