【相棒18】第6話「右京の目」ネタバレと感想 右京が失明!?古アパートに仕掛けられた罠


水谷豊&反町隆史のドラマ『相棒』シーズン18第6話「右京の目」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。ゲストに佐藤江梨子が登場。
空室のはずなのに不審な物音がする古いアパートの一室を調べに訪れた右京は、目に大怪我を負ってしまう。
そんな中、あるマンションの建設予定地で男性の遺体が発見された。不可解な罠と殺人事件が繋がっていく。
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

参考⇒相棒シーズン17を見逃した人はまずこちらをチェック!

第6話「右京の目」ゲスト俳優キャスト

■ 真山(山崎一)
和江の上司。

■ 友里(佐藤寛子)
区役所のケースワーカー。

■ 和江(山本道子)
清掃員。

第6話「右京の目」ネタバレ・あらすじをラスト結末まで

起:右京が失明!?古アパートに仕掛けられた罠

右京は、清掃員として働く顔馴染みの和江に頼まれ、冠城と共に古いアパートの一室を訪れる。

空室のはずなのに不審な物音がするので、中を調べてほしいという。

すると、部屋には訪問者を陥れる罠が仕掛けられており、和江をかばった右京は、目に大怪我を負ってしまう。

その場に居合わせた区役所のケースワーカー・友里の助けを借り、右京は病院に運び込まれた。

視力が戻るまで時間を要するとの診断を受けるが、翌日には特命係に姿を見せる。

そんな中、あるマンションの建設予定地で男性の遺体が発見された。

被害者は、不動産会社の営業。

右京は、罠が仕掛けられていた古アパートも、遺体発見現場も同社が関連していることに気づき、疑惑を抱く。

一方、右京の怪我に責任を感じた和江は、勤め先の上司・真山をともない改めて右京に謝罪する。

その際、逃げ去る人物の妙な足音を聞いたという新証言をもたらす。

スポンサーリンク

承:

 

スポンサーリンク

転:

 

スポンサーリンク

結:事件の真相と真犯人の正体

 

 

7話ネタバレは⇒

スポンサーリンク

第6話「右京の目」感想

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。