【ストロベリーナイト】ソウルケイジのネタバレとラスト結末 タイトルは高岡を意味?

ドラマ『ストロベリーナイト』「ソウルケイジ」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。
ビニール袋に大量の血液と共に入れられた左手首が見つかり、遺体なき殺人事件に臨むこととなった姫川玲子ら姫川班と日下班。
被害者の高岡賢一を調べるうち、浮かび上がってきた保険金詐欺疑惑。そして高岡賢一の戸籍乗っ取り。
一方、高岡賢一が息子同然に可愛がって育ててきた三島耕介と、その恋人の中川美智子は、何かを恐れ、ひた隠しにしていた。
発見された左手首と胴体に隠された謎、犯人の正体、そして明らかになった驚くべき真実とは・・・。
『ソウルケイジ』は高岡のことを意味していた?『ソウルケイジ』原作情報もあわせてチェック。
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

※ストロベリーナイト・サーガを見逃した時は
1話~最新話まで「FOD(フジテレビオンデマンド)」で視聴することができます。
今なら登録後最大1か月無料お試し期間あり
⇒FODプレミアム

登場人物&俳優キャスト

姫川班

■ 姫川 玲子
ノンキャリアながら、27歳で警部補に異例のスピード昇進し、捜査一課へ。高校生の時、連続婦女暴行事件の被害者になった過去がある。
  
■ 菊田 和雄
巡査部長。32歳。玲子よりちょっと年上の実直な部下。
  
■ 石倉 保
巡査部長。47歳。
  
■ 葉山 則之
巡査長。28歳。
  
■ 湯田 康平
巡査。26歳。

■ 日下 守
10係主任警部補。玲子の天敵。

■ 井岡 博満
巡査長。異動の多い所轄刑事。インチキ臭い関西弁が特徴。玲子のことを「玲子ちゃん」と呼び、好意を寄せている。

■ 勝俣 健作
5係主任警部補。通称”ガンテツ”。元公安。玲子を目の敵にしている。

■ 今泉 春男
10係長。警部。玲子の良き上司。玲子を捜査一課に引っ張った。

■ 橋爪 俊介
管理官。勘による捜査を行う玲子を快く思わず、「お嬢ちゃん」と呼び、邪険に扱う。

■ 國奥 定之助
監察医。玲子を「姫」と呼び、可愛がっている。

『ソウルケイジ』の登場人物

■ 高岡 賢一
高岡工務店の大工。三島耕介を実の息子同然に育ててきた。

■ 三島 耕介
高岡工務店の大工。13年前、父親が事故死している。

■ 中川 美智子
三島耕介の彼女。美容師を目指して専門学校に通っている。

■ 三島 忠治
三島耕介の父親。木下興業の鳶職人だった。13年前に建設現場で転落死した。

スポンサーリンク

『ソウルケイジ』ネタバレ・あらすじをラスト結末まで

起:見つかった左手首、遺体なき殺人事件

三島忠治は、高岡賢一に息子・耕介の話をした直後、建設作業中のビルから飛び降りた。

その後、建設現場で耕介の姿を見つけた高岡は、一緒に飯を食わないかと誘う。

そこへ、香典を持ったある男が現れた。

***

早朝、大田区に放置駐車されていた軽自動車の下から、レジ袋に入れられた成人男性の左手首が見つかった。

左手首は、高岡賢一(45歳)のものと判明。

今朝6時、賃貸ガレージに大量の血痕があると三島耕介(22歳)が通報してきた。

ガレージの賃借人は高岡だ。高岡は高岡工務店を名乗り、大工工事の請け負いをしていた。三島耕介は高岡工務店の従業員で、アリバイは恋人の中川美智子が証言している。

左手首の切断に利用したと思われる電動ノコギリは、ガレージで発見されている。

ガレージの血痕、放置車両の血痕、左手首から採取された血液はいずれもA型であり、DNAも一致した。切断現状に残された出血量は明らかに致死量を超えており、高岡は既に死亡していると思われる。

スポンサーリンク

この遺体なき殺人事件に、蒲田南署に帳場が立ち、日下・姫川両班体制で臨むことに。

早速、玲子は「予断をゆるさない」日下の捜査方針と対立する。

姫川班はそれぞれに分かれて地取りを開始した。巡査部長への昇進に伴い、蒲田南署に移動してきていた井岡とまたしても組むことになり、玲子は少々うんざりしていた。

井岡と共に現場近くの河原にブルーシートで張られたホームレスのテントにも聞き込みに行くも、大した情報は得られなかった。

その夜の捜査会議で、玲子は三島耕介の聴取に立候補するが、日下が割って入り、中川美智子の聴取を押し付けられてしまう。

翌日、朝一番で玲子は中川美智子の自宅アパートへと向かった。

中川美智子によると、三島耕介はバイト先のファミレスから、いつも送ってくれるという。

話を聞いている最中、アパートの外で何か割れるような音がした。言い争う住人の声に、激しく怯える中川美智子に、玲子はある違和感を覚える。

暴行事件の直後、ちょっとした物音にも怯えていた自分が重なった。

スポンサーリンク

一方、日下は三島耕介の事情聴取を進めていた。

左手首がなぜ高岡のものとわかったのか尋ねると、高岡は仕事中に電気ノコギリで左手を傷付けてしまったことがあり、その傷があったため高岡の左手首だとわかったと、三島耕介は供述する。

三島耕介の話では、父親の事故当時、高岡は中林建設におり、三島忠治はその下請け会社である木下興業で鳶職人をやっていた。

一方、中川美智子の父親も木下興業で働いており、2か月前に転落死していた。

仕事帰りの帰宅途中に、中川美智子のアルバイト先のファミレスで出会ったという三島耕介に、日下は違和感を覚える。

中川美智子について深く尋ねると「彼女は関係ないだろ」と三島耕介は突然激昂する。

三島耕介がいた児童養護施設を訪れた日下は、当時借金があった三島忠治の死は、事故ではなく自殺ではないかという疑いがあったことを知る。

高岡が児童養護施設を度々たずね、三島耕介の父親代わりとして、色々気に掛けてくれていたという。

スポンサーリンク

高岡の過去を洗い始めた玲子は、不動産屋に聴き込みに行く。

高岡の実家にはマンションが建設されていたが、そのマンションを中林建設が建て、その時の地上げを同じグループの中林ハウジングが担当した。

高岡の母親は最後まで抵抗したが、ひどい嫌がらせを受け、自殺してしまう。中林建設に殺されたようなものだ。

その高岡が、中林建設で働いている?

***

中学生になった三島耕介に、高岡は「大工になる気はないか」と声を掛けた。

「やりたい」と答えた三島耕介を、高岡は自分のアパートに迎え入れ、20歳になるまでに自立できるよう、大工の基本を叩き込んでやると告げる。

大人に混じって必死に働く三島耕介を、高岡は厳しくもあたたかい目で眺めていた。

***

スポンサーリンク

承:浮かび上がった保険金詐欺疑惑、高岡賢一は2人いる?

菊田や石倉らが行った聞き込みで、関係者たちは高岡は血の繋がらない三島耕介のことをとても可愛がっていたと口を揃える。

だがそんな2人が、2か月ほど前、言い争いをしていたのが目撃されていた。翌日にはいつもの様子に戻っていたというが・・・。

捜査会議で、日下は事件の裏に隠れた保険金詐欺疑惑をあぶり出す。

中林建設は大和会系指定暴力団「田嶋組」のフロント企業だ。田嶋組は保険金詐欺に深く関わっており、三島忠治はおそらくその犠牲者と考えられる。

木下興業の鳶職人で、転落事故死した人間は全員田嶋組の息の掛かった町金に借金をしており、いずれも死亡後に保険金で相殺されている。

13年前、高岡は中林建設に勤めており、三島忠治が転落した時、最後に一緒にいた人物だ。

高岡は中林建設で保険金詐欺に関わっていて、三島忠治を殺したとすれば、三島耕介には高岡殺害の動機があることになる。

スポンサーリンク

翌日。井岡が、高岡が実家の土地を売るまでよく会っていたという高岡の幼馴染・沢井雄司を探し出すことに成功し、玲子は沢井に会いに行った。

高岡の写真を見た沢井は、「誰です?この人」と尋ねる。

この人物は高岡賢一ではないというのだ。

高岡賢一の戸籍を奪った男は一体誰なのか。

姫川班は、13年前より以前の高岡賢一について捜査を始めた。

玲子が中川美智子に確認したところ、父親の生前の借金は、保険金で相殺されていた。やはり、保険金詐欺の線は堅い。

だがそれ以外に玲子たちが目ぼしい情報を得られない中、日下は着実に捜査を推し進めていた。

スポンサーリンク

木下興業の社員の保険業務を担当しているのは、中林建設から出向している戸部真樹夫という男だった。

母親の姓を名乗っているが、父親は田嶋組初代組長。戸部が保険金詐欺の中心人物と見て間違いない。

そして戸部は、高岡が殺害された翌日から姿を消していた。

さらに戸部は、13年前、高岡賢一の実家周辺の土地の地上げにも大きく関わっていた。その後、戸部は中林建設に移っている。

戸部は2人の高岡賢一と面識があったのだ。

本物の高岡は土地を売る直前、自殺をほのめかしていた。高岡が死んで相続する人間がいなければ、土地は国に接収されて競売にかけられ、中林建設は土地を手に入れることができなくなる。

高岡賢一に死なれては困る中林建設の関係者が自殺した遺体を発見し、秘密裏に始末し、身代わりを立て、書類にサインさせて土地を手に入れたのではないか。

そう玲子は推理するが、橋爪は「お得意の妄想はそこまでだ」と切り捨てた。

日下の調べで、高岡賢一は自分に保険をかけていたことが判明。

受け取り人は三島耕介。額は一千万。さらにもう一人、内藤君江。額は五千万。

帳場はすっかり日下班のペースとなり、内藤君江の広確が新たに決定した。

戸部が最後に泣きついてくるのは田嶋組だろうと、日下は網を張っていたが、依然戸部は姿を現さなかった。愛人である小林実夏子宅も同様だ。

一方、三島耕介の広確を担当していた菊田と石倉は、恋人同士だという三島耕介と中川美智子の関係に疑問を持ち始めていた。三島耕介は何かを見張っている可能性がある。

スポンサーリンク

転:姿を消した戸部真樹夫、真犯人は戸部ではなく高岡?

そんな中、内藤君江が、甥の内藤雄太を見舞うため、病院を訪れた。

内藤雄太は13年前、7歳の時の交通事故が原因で、全身麻痺となった。母親はその事故で亡くなり、父親も亡くなっている。

今の病院に転院してきたのは4年前。このところ入院費の支払いが遅れることが多く、金に困っているようだ。 高岡の保険金があれば、その心配はなくなる。

玲子は井岡と13年前の事故について調べ始める。車を運転していたのは父親の内藤和敏。妻の麻子が死亡、息子の雄太が重体となったという記事を図書館で見つけた。

殺された高岡は、内藤君枝の弟だったのだ。

内藤和敏は、胸に大怪我を追って入院するも、その2か月後に退院。しかしその翌月、中林建設が建設中のビル工事現場で、首を吊って自殺している。

そして、内藤和敏の死亡保険金三千万円が姉の君江に支払われていた。内藤君枝は甥の治療費に当てたのだろう。

***

三島耕介の二十歳の祝いに、高岡は大工道具一式を贈った。

そして、三島耕介は高岡の誕生日に、マフラーをプレゼントした。高岡は「ありがとな、耕介」と、嬉しそうにマフラーを首に巻くのだった。

***

菊田の調べで、戸部の保険金詐欺を裏付ける証言が出た。戸部は、保険の女性外交員たちと関係を持っては脅迫まがいのことをして書類を改ざんさせていた。

また、高岡が中林建設を退社するまでの間、中林建設と木下興業による保険金詐欺が疑われる現場には、常に高岡がシフトされていた。

つまり、高岡は戸部による保険金詐欺の内実を知っていた、もしくは自らも深く関わっていた可能性がある。

そして、ついに胴体が発見された。

血液型とDNAが左手首の物と一致。高岡のものと見て間違いない。

しかし玲子は、高岡こそがこの事件の犯人だと言い出した。

胴体は高岡賢一ではない。

内藤和敏の胸部には、13年前の交通事故の傷痕が多数残っている。

だがこの胴体には、胆のうの手術痕があるだけだ。

内藤君枝に残そうとした五千万円の保険金のことを考えれば、内藤和敏と高岡賢一が入れ替わったのは間違いない。

とすれば、この胴体は戸部真樹夫のもので、高岡が戸部を殺したのだ。

だが、玲子の大胆過ぎる推理を覆すように、三島耕介は遺体確認で胴体は高岡だと認めた。

三島耕介「間違える訳ありません。俺らは、親子同然なんですから」

「親子同然」。2人の関係者の証言には数多く出ていた言葉だが、三島耕介の口から初めて聞いたその言葉は、重かった。

スポンサーリンク

***

「覚悟はできてますから」という三島忠治を、高岡は止める。

だがそれを振り切って、三島忠治は飛び降りた。

事故に見せかけて殺して、保険金を取る。

そのカラクリを松本が高岡に話していたところを、三島耕介は聞いてしまった。

「あんたもあっちとグルだったのかよ」と高岡に詰め寄る三島耕介を、松本は「本当の親でもできないようなことをやって来た高岡をそんな風に言うな」と責めた。

高岡は三島耕介に父親の真実を告げ、「止めてやれなくて、本当に済まなかった」と頭を下げた。

だが三島耕介は、「親父が弱かっただけだ」と割り切る。

父親も悩んで悩んで決めたはずだという高岡。しかし、三島耕介は、「自分のことなんか考えず、一番楽な道を選んだだけだ」と吐き捨てた。

***

スポンサーリンク

結:左手首と胴体に隠された謎、高岡と三島耕介の絆

玲子は監察医の國奥の元を訪ね、なぜ別人のはずの左手首と胴体のDNAが一致したのか、助言を求めた。

左手首は約900mlの大量の血液に浸されており、別な血液に長時間浸けておくと、切断面から多少浸透する。

しかし、それは「ずさんな計画だ」と國奥は評する。指先から採った血液で検査をすれば、一発でアウトだ。

しかも國奥によれば、遺体は感電死しているという。確かに高岡のガレージなら工具はいくらでもある。

一方、日下は戸部の愛人である小林実夏子に、戸部の手術歴を確認していた。戸部は、3年位前に胆のうを取ったという。

日下は即座に戸部の手術を執刀した医師の元へ裏取りに向かった。

スポンサーリンク

玲子は再び中川美智子のアパートを訪れた。

三島耕介が戸部の様子を見に木下興業に行ったのは、中川美智子のためだ。三島耕介の強さと優しさは、高岡譲りだ。

そんな三島耕介をそばでずっと見ていたかっただろうに、高岡は一体どこに消えたのか。

話すことなどないという中川美智子に、玲子は自分の過去を語り始めた。

佐田刑事のことを話し、

玲子「真っ直ぐ前を向いて生きていくためにあなたにも戦ってほしい」

と語り掛ける。

そんな玲子に、中川美智子は泣きながら真実を打ち明けた。「あなたは悪くない」と玲子は中川美智子を抱き締めた。

父親の死後、借金を盾に戸部は関係を迫ってきた。

このままでは子供の頃からずっと夢だった美容師の夢も、何もかも諦めることになる。

激しく暴行され、借金をチャラにすると言われ、中川美智子は服を脱ぐしかなかった。

そして1か月前、三島耕介が現れ、父親の死の真相を教えてくれた。そして、三島耕介に戸部のことを話した。

中川美智子の様子から、玲子は高岡の事件の会ったあの日、2人は戸部に会っているのではないかと疑念を抱く。

スポンサーリンク

科捜研の鑑定結果が出た。玲子の見込み通り、やはり胴体と左手首のDNA型は一致しなかった。

鑑定書を持って捜査本部に戻った玲子に、橋爪は激昂。國奥に勝手に捜査資料を渡し、度重なる服務規程違反を犯し勝手な捜査をした責任を取り、帳場から外れるよう言い渡す。

しかし今泉は、玲子の処分は処分として、事実は事実として考えてくれるよう頭を下げた。

玲子の推理はこうだ。

内藤和敏は実の息子、雄太のために「内藤和敏」としての人生を捨ててまで保険金を残した。

そして今再び、今度は高岡賢一としての人生を、被害者を装うことで捨てた。

それも保険金のためであると同時に、高岡のその父性を悪行に利用し続けてきた戸部から、愛する者たちを守るために。

そのために高岡は戸部を殺害したのだ。

だが証拠は何もない。そこへ、裏取りを終えた日下が戻って来た。

戸部の内縁の妻・小林実夏子及び戸部の主治医が、この胴体は戸部のものだと証言した。自宅した採取した戸部の毛髪とのDNA鑑定の許可を橋爪に頼む。

三島耕介は取り調べで嘘をついたことになるが、日下は三島耕介の動揺を見抜けなかったと、橋爪に頭を下げるのだった。

スポンサーリンク

実は、高岡の事件があった夜、三島耕介は中川美智子のアパートの前で戸部と会っていたのだ。

三島耕介は戸部に二度と彼女に近づかないよう忠告し、自分の正体を明かす。

三島耕介「てめえに親父殺された、あん時のガキだよ」

三島耕介は父親が死んだ当時、戸部から香典をもらっていた。

三島耕介「ガキだった俺に、あの10万は嬉しかったよ。まさか裏にこんなカラクリがあるなんて知らなかったしな」

下劣な戸部に、三島耕介は殴り掛かった。中川美智子が「これ以上やったら三島くんが駄目になっちゃう」と止めに入る。

戸部はその後高岡工務店のガレージに向かった。

三島耕介のおかげで生きる希望を持てた高岡にとって、再び人生の絶望を突き付けられるような何かがあった。

戸部を殺害した後、その遺体を解体し、高岡にはさらにやるべきことがあった。

自分の左手首の切断だ。

スポンサーリンク

自分が被害者でなければ三島耕介と実の息子の内藤雄太に保険金を残せない。愛する者たちを守れない。

その一心で、戸部の遺体を遺棄した後、自分の左手首を戸部の血液に浸け込んだ状態で、警察に発見させるために車の下に置いた。

間違った父性ではあるが、高岡にとっては精一杯の父としての行動だったのだ。

戸部が死に、高岡が生きている可能性がある以上、高岡を追うしかない。

橋爪は三島耕介の再度の聴取を日下に命じたが、日下は玲子にも同席を求めた。

戸部を自分が殺したと嘘をつく三島耕介を、日下がとがめた。

日下「あなたを真っ直ぐに育てた、高岡が可愛そうだ」

そして、高岡の本当の名前、内藤和敏の過去について話し始めた。

スポンサーリンク

ガレージにやって来た戸部は、高岡が使っているのが自分が始末した三島忠治の息子だと知り、激怒。

高岡を激しく暴行し、三島耕介に中川美智子から手を引くよう言えと命じた。さらに、高岡自身は三島耕介からも手を引けと。

内藤和敏の自殺を細工し、姉の内藤君江を説得し、息子のために保険金を受け取らせたのは戸部だった。そして高岡賢一の戸籍を与え、中林建設で雇った。

三島耕介をどう料理してやろうかと嬉々として語る戸部に、ついに高岡が反撃に出た。

電気コードで戸部を感電させ、戸部を殺害した。

三島耕介「左手自分で切って、俺に金遺してやろうなんて、戸部から守ってやろうなんて、こんなことされても、俺なんにも嬉しくないのに」

これでは父親と同じだという三島耕介。

そう、しょせんは高岡の自己満足だ。周りの人間のことを本当に考えてるなら、もっと別の生き方があったはずだ。でも、人間はそんなに利口ではない。

日下「無条件で、ただただ守ってあげたい。ただただ愛してる。そう思ってる時の父親ほど、不器用な生き物いなくてな」

スポンサーリンク

日下は、高岡の行き先、隠れている場所の心当たりを尋ねる。三島耕介はそんな場所があるなら自分が知りたいと答える。

左手首を切断した後に、戸部の遺体を運ぶという激しい動きをしたとなると、高岡が既に死んでいる可能性もある。高岡が病院に立ち寄った形跡もない。

玲子はふと、思い出した。

三島耕介の手を引いて走り出す。

全てが一つに繋がり始めていた。

高岡は相当な返り血を浴びているから人目を避けるのは難しい。残りの遺体は、遺棄したのではなく自分の家に隠し持っている。自分を売ったと言って他のホームレスに大金をバラまいていたホームレス。生きて、支えてやりたい。三島耕介をそばでずっと見ていたかった高岡が消えた先。

そう、玲子は高岡に会っていたのだ。

捜査初日のブルーテントのホームレス。あれは、高岡賢一だった。

玲子たちが駆け付けた時、テントの中で、高岡は三島耕介にもらったマフラーを握り締め、既に息絶えていた。

高岡を呼ぶ三島耕介の悲痛な叫びがこだました。

次回『右では殴らない』⇒『右では殴らない』ネタバレとラスト結末 ゼブラを配った犯人シドの正体

※ストロベリーナイト・サーガを見逃した時は
1話~最新話まで「FOD(フジテレビオンデマンド)」で視聴することができます。
今なら登録後最大1か月無料お試し期間あり
⇒FODプレミアム

スポンサーリンク

タイトル『ソウルケイジ』の意味は?

今回のタイトル『ソウルケイジ』には、2つの意味があるといわれています。

  • 魂の檻(soul cage)
  • 刑事魂

父親としての魂の檻に囚われ、二度も人生を捨てた高岡賢一こと内藤和敏のことを表しているのではないでしょうか。

『ソウルケイジ』原作

ドラマ『ストロベリーナイト』ソウルケイジの原作は、誉田哲也の小説です。

姫川玲子が主役のシリーズは『ソウルケイジ』以外に、

の全8冊発売されています。

『ストロベリーナイト』では、勝俣が玲子を目の敵にする理由や、単独行動を取る理由など、勝俣の胸の内も深掘りして描かれています。
ガンテツ好きはぜひ!

※ストロベリーナイト・サーガを見逃した時は
1話~最新話まで「FOD(フジテレビオンデマンド)」で視聴することができます。
今なら登録後最大1か月無料お試し期間あり
⇒FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。