【ポケモンGO】マスターリーグで対戦におすすめのポケモン7選!勝つためのコツ4つ

ポケモンGOの対戦で、マスターリーグでおすすめのポケモンを7体厳選!
実際にいろいろ試してみた中で、使いやすかったポケモンと逆に使いにくかったポケモンをあわせて紹介していきます。
個体値が高くてもMAX強化で大事に育ててきたポケモンでも、相性次第で勝てないのがマスターリーグ。勝つにはある4つのコツを押さえる必要があります。

【マスターリーグ】おすすめのポケモン7選

カビゴン

カビゴンデータ
・タイプ:ノーマル
・天候ブースト:時々曇り
・おすすめ技:「したでなめる」&「のしかかり」
・弱点:かくとう

カイリキーが来ない限りは無敵。

カイリキーが来たら即入れ替えましょう。

相手のゲージ技は、2ゲージ技なら大体1~2回は耐えられます。
1ゲージでも即死はないのがイイ。

カビゴン出されると「うわあ」ってなりますからね。
カイリキー連れてきてなかったらめちゃくちゃ面倒くさいです。

ちなみにカビゴンVSカビゴンだと運次第になります。
個体値の高さでゲージ技の出の速さは決まらないので。

スポンサーリンク

グラードン

グラードンデータ
・タイプ:じめん
・天候ブースト:晴れ
・おすすめ技:「マッドショット」&「じしん」
・弱点:くさ、みず、こおり

攻撃力も防御力も高くて技の出も1ゲージなのに速いって万能か!

晴れでブーストもかかりやすいので、とにかくおすすめです。

弱点を突かれても、フシギバナとかナッシーなら耐えます。
シャワーズがちょっと嫌ですね。

スポンサーリンク

カイリキー

カイリキーデータ
・タイプ:かくとう
・天候ブースト:曇り
・おすすめ技:「カウンター」&「ばくれつパンチ」
・弱点:ひこう、エスパー、フェアリー

カビゴンキラー。
相手がカビゴン持ってなくてもそこそこ善戦してくれます。

HPが低いのがややネックですが、攻撃力が高く技の出が速いので、相手のHPはかなり削れます。

ただなぜかカイリキーVSカイリキーでやると、
「ばくパン」1発で死にます・・・。
かくとう弱点じゃないのに!?なぜ・・・!?

スポンサーリンク

サーナイト

サーナイトデータ
・タイプ:エスパー / フェアリー
・天候ブースト:強風 / 曇り
・おすすめ技:「ねんりき」&「マジカルシャイン」
・弱点:どく、ゴースト、はがね

カイリキーキラーとして最強です。
カイリューにも強いです。

「マジカルシャイン」が出が速いし威力も抜群だし。

ただし唯一メタグロスが鬼門・・・!
メタグロス使ってくるトレーナーも多いんですよね~~~。

スポンサーリンク

メタグロス

メタグロスデータ
・タイプ:はがね / エスパー
・天候ブースト:雪 / 強風
・おすすめ技:「バレットパンチ」&「コメットパンチ」
・弱点:ほのお、じめん、ゴースト、あく

サーナイトキラー。
相手がサーナイト持ってない限りは入れなくてもいいかなという感じなんですが。

HPが低いのがややネック。

グラードンが来ると弱いです。

技2はコミュニティデイ限定技「コメットパンチ」でないと話にならないので注意です。

スポンサーリンク

ナッシー

ナッシーデータ
・タイプ:くさ / エスパー
・天候ブースト:晴れ / 強風
・おすすめ技:「タネマシンガン」&「ソーラービーム」
・弱点:ほのお、こおり、どく、ひこう、ゴースト、あく

弱点は多いんですが、ほのおタイプ以外はそこまで警戒すべきポケモンがいないので、くさタイプ枠で入れるのはアリかと。
耐久もそこそこ。

スポンサーリンク

シャワーズ

シャワーズデータ
・タイプ:みず
・天候ブースト:雨
・おすすめ技:「みずでっぽう」&「とっておき」
・弱点:くさ、でんき

HPが高いのでやはり安定感があります。

技2は「ハイドロポンプ」は重すぎて完全にアウト。
かといって「アクアテール」じゃ軽すぎる。
そこで「とっておき」シャワーズの出番です。

ノーマルタイプ技なので、どのポケモンにもそこそこの威力で刺さります。
カビゴンにも結構効きます。
地味に削られていくのが辛いですね・・・。

今のところ対抗ではサンダースしかないのが辛い。

スポンサーリンク

弱くもないけど使うには難ありポケモン

カイリュー

カイリューデータ
・タイプ:ドラゴン / ひこう
・天候ブースト:強風
・おすすめ技:「りゅうのいぶき」&「りゅうのはどう」
・弱点:いわ、ドラゴン、フェアリー

サーナイトが相性最悪です。
で、サーナイト使ってくるトレーナーが結構多いのでちょっとメンバーに入れるのは避けたいですね。
「りゅうせいぐん」なんて撃つ暇もなくやられます。
技1が重いんだよなあ・・・。

スーパーリーグだとサーナイト出てこないので使えるんですけどね。

スポンサーリンク

ゴローニャ

ゴローニャデータ
・タイプ:いわ / じめん
・天候ブースト:時々曇り / 晴れ
・おすすめ技:「いわおとし」&「ロックブラスト」
・弱点:こおり、かくとう、じめん、はがね

あれだけ伝説レイドで万能だったゴローニャですが、対戦になるとかなり微妙です。
弱くはないけど強くもないです。

弱点のかくとうタイプでカイリキー、
じめんタイプでグラードン、
はがねタイプでメタグロスと
どれかが入ってくる可能性がかーなーり高いです。

なので相性が悪いんですよね~~~。

スポンサーリンク

使えなかったポケモン5選

ケッキング

ケッキングデータ
・タイプ:ノーマル
・天候ブースト:時々曇り
・おすすめ技:「あくび」&「じゃれつく」
・弱点:かくとう

もう二度と使わねえ・・・。

ジム戦以上に使えなさが増しますね・・・。
何もできずにカイリキーにブチのめされました・・・。

せめて技1が攻撃力1でもあればなあ・・・・・・。
0って・・・。0って・・・!

スポンサーリンク

バンギラス

  

バンギラスデータ
・タイプ:いわ / あく
・天候ブースト:時々曇り / 霧
・おすすめ技:「かみつく」&「かみくだく」
・弱点:かくとう(2.56倍)、くさ、みず、じめん、むし、はがね、フェアリー

もうほんと、お前はいつ活躍してくれるんだよ・・・。

カイリキーでなくともビックリするぐらい弱いです。
調整でCP爆上がりしたのになあ。

スポンサーリンク

サンダー

サンダーデータ
・タイプ:でんき / ひこう
・天候ブースト:雨 / 強風
・おすすめ技:「でんきショック」&「10万ボルト」
・弱点:こおり、いわ

チームインスティンクトとしては・・・チームインスティンクトしては・・・負けられない戦いだったんです、が。

駄目だもうコイツは・・・!!(涙)

どうあがいても、どう技変しても無理です。
サンダーで勝つのは夢だったんだけどなあ・・・。
でんきポケモン枠でサンダースの方がマシってどういうことだよ・・・。

スポンサーリンク

ゲンガー

ゲンガーデータ
・タイプ:ゴースト / どく
・天候ブースト:霧 / 曇り
・おすすめ技:「したでなめる」&「シャドーボール」
・弱点:じめん、エスパー、ゴースト、あく

めちゃくちゃ期待してた分、ガッカリ度が半端なかった・・・。

いかんせんHPが低すぎて、どうにもこうにもならないですね・・・。
レイドは必殺技放ってダメージ取れば倒れてもOKだったんですけど、対戦バトルは倒れないことが絶対条件なので、HP低いポケモンはやはり向きません。

スポンサーリンク

ハピナス

ケッキングデータ
・タイプ:ノーマル
・天候ブースト:時々曇り
・おすすめ技:「はたく」&「マジカルシャイン」
・弱点:かくとう

HP高くても使えない典型例。
攻撃力が低すぎてやられます。
壁としても使えません。

ジム防衛はアリかなと思うんですが、
レイドでもハピナス出す戦略は好きではないので・・・。
ハピナス使ってくるトレーナーと戦いたくもないし。

スポンサーリンク

マスターリーグで勝つためのコツ

せっせと個体値を選別してMAX強化して育ててきたポケモンでも相性次第で簡単に負けてしまう。
それがマスターリーグです。

お互いのポケモンの読み合い・・・!
マスターズリーグで勝利するために、
押さえておきたいポイントは4つ。

勝つための4つのコツ
  1. 1体目の読み合いを制す。
  2. 弱点を意識しすぎない。
  3. シールドを相手より先に使わない。
  4. 天候ブーストを意識し過ぎない。

順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

1体目の読み合いを制す

勝負は1体目の読み合いです。
ほぼ1体目で決まると言っていいでしょう。
ここで読み間違うと、なし崩し的にやられてしまいます。

1体目を見て、ポケモンを入れ替えさせられたり、先にシールドを使わされるとほぼ負けます。

相手の弱点を突けるポケモンを持っている場合は、入れ替えても挽回できる可能性ありです。

スポンサーリンク

弱点を意識しすぎない

カビゴン→カイリキー→サーナイト→メタグロス・・・
みたいな感じで、
自分の弱点をカバーできるような編成を考え始めるとキリがありません。

そして結局相手がカイリキーもサーナイトも持ってなくて、なんだかよくわからないうちに負けてしまった・・・なんてことも。

あんまり相手のポケモンを意識しすぎず、
自分のベストメンバーを編成することを最優先しましょう。

スポンサーリンク

シールドを相手よりも先に使わない

シールドを相手より先に使ってしまうと、ここぞという時に技の貫通を許してしまうので負ける場合が多いです。
なので、まずは我慢。
必殺技を食らっても耐えられるポケモンを1体目に出すのも大事になります。

ちなみに同じポケモン同士で戦った場合どうなるかというと、
これはいかに速く技2を発動させられるかが勝負です。

例えばカビゴンVSカビゴンで、
技2のゲージのたまる速さは、特に個体値など関係なく、単純にタイミングでした。

で、シールドを使うと、次の技2は撃ち負けます。
シールドを使うとゲージのたまりが遅れるんですよね。
なので、先にためることができた場合は、シールドを使わず、そのまま押し切る戦略が有効です。

逆に、タッチの差で競り負けた場合は、シールドを使ってしのぐ方がベターです。

スポンサーリンク

天候ブーストを意識し過ぎない

対戦では、天候ブーストがかなり影響してきます。
技の上昇補正がかかると、弱点のタイプでもやられてしまうことがあるからです。

・・・が!
これ、弱点と同じく考え過ぎるとドツボにはまります。
頭爆発します。最終的にワケワカランポケモン選んでしまいます。

スーパーリーグに比べると影響力は低いので、
天候ブーストより耐久重視のパーティの方がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。