【ポケモンGO】スーパーリーグの対戦におすすめのポケモン7選!勝つためのコツ4つ

ポケモンGOの対戦で、スーパーリーグでおすすめのポケモンを7体厳選!
実際にいろいろ試してみた中で、使いやすかったポケモンと逆に使いにくかったポケモンをあわせて紹介していきます。
レベルが低くても勝てる可能性が十分あるスーパーリーグ。勝つにはある4つのコツを押さえる必要があります。

スーパーリーグでおすすめのポケモン7選

エンテイ

エンテイデータ
・タイプ:ほのお
・天候ブースト:晴れ
・おすすめ技:「ほのおのうず」&「オーバーヒート」
・弱点:みず、じめん、いわ

抜群の安定感を誇ります。
エンテイ1体入れとくだけでダイブ安心です。
天候ブースト掛かってる時はカメックスすら撃退できます。エグい。

そしてなぜか1ゲージ技の出が驚くほど速い。

私が使ってるのはフィールドリサーチでゲットしたエンテイです。
個体値は84でそんなに良くはないんですが、CPが強化したら1500ドンピシャになった奇跡。
CP1500以下で警戒すべきじめん、いわタイプはいないので、シャワーズが来ない限りは大丈夫です。

スポンサーリンク

ラプラス

ラプラスデータ
・タイプ:みず / こおり
・天候ブースト:雨 / 雪
・おすすめ技:「みずでっぽう」&「ふぶき」
・弱点:くさ、でんき、かくとう、いわ

ラプラスも耐久力抜群です。
弱点のくさタイプ、例えばフシギバナ相手でもこっちも弱点を突けるので、そこそこ持ちます。

技1を「みずでっぽう」にしておくと、エンテイ潰しでかなり有効です。

スポンサーリンク

カビゴン

カビゴンデータ
・タイプ:ノーマル
・天候ブースト:時々曇り
・おすすめ技:「したでなめる」&「のしかかり」
・弱点:かくとう

フィールドリサーチの技2が「のしかかり」カビゴン限定です。

スーパーリーグもやっぱりカビゴン。

HPが高く攻撃力も高いので安定感がハンパないです。
弱点がかくとうオンリー。
しかもスーパーリーグだとカイリキーが来る確率がマスターより断然下がります。
レイド捕れたてでも1500超えるので。

出してこられると面倒くさいことこの上ないです。
対抗策としてはカイリキー以外だとキノガッサくらい。
「カウンター」&「ばくれつパンチ」のキノガッサで対抗してみましたが、カイリキーに比べると鈍いです。
つーかカビゴンが耐えます。

スポンサーリンク

カイリュー

カイリューデータ
・タイプ:ドラゴン / ひこう
・天候ブースト:強風
・おすすめ技:「りゅうのいぶき」&「りゅうのはどう」
・弱点:いわ、ドラゴン、フェアリー

今はなき「いぶはど」カイリュー限定ですが、強い・・・!

対抗策としては、
カイリューはカイリューで潰すしかありません。

でも「いぶはど」カイリュー持ってる人って今やそうはいないですからね。
「何これ強っ」ってどよめきます。

スポンサーリンク

フシギバナ

フシギバナデータ
・タイプ:くさ / どく
・天候ブースト:晴れ / 曇り
・おすすめ技:「つるのムチ」&「ハードプラント」
・弱点:ほのお、こおり、ひこう、エスパー

みずポケモン対策ですね。

コミュニティデイ限定で覚えた技2「ハードプラント」がこんなに小回りがきくとは・・・!

スポンサーリンク

シャワーズ

シャワーズデータ
・タイプ:みず
・天候ブースト:雨
・おすすめ技:「みずでっぽう」&「とっておき」
・弱点:くさ、でんき

HPが高いのでやはり安定感があります。

技2は「ハイドロポンプ」は重すぎて完全にアウト。
かといって「アクアテール」じゃ軽すぎる。
そこで「とっておき」シャワーズの出番です。

ノーマルタイプ技なので、どのポケモンにもそこそこの威力で刺さります。
カビゴンにも結構効きます。

スポンサーリンク

ニョロトノ

ニョロトノデータ
・タイプ:みず
・天候ブースト:雨
・おすすめ技:「マッドショット」&「なみのり」
・弱点:くさ、でんき

3ゲージ技の「なみのり」がめちゃくちゃ厄介です。
今のところ対抗策はサンダースしかないんですが、それでもやられるんだよなあ・・・。
なんでこんな強いんだ、ニョロトノ。

スポンサーリンク

弱くもないけど使うには難ありポケモン

カメックス

カメックスデータ
・タイプ:みず
・天候ブースト:雨
・おすすめ技:「みずでっぽう」&「ハイドロカノン」
・弱点:くさ、でんき

弱点突いてるのにエンテイにやられるってお前・・・!!

ブーストされてなかったらギリギリ、なんとか踏ん張りました・・・。

しかしみずポケモンのHPの低さに涙が出ます。
個体値100でこのレベル・・・。
「ハイドロカノン」は悪くはないんだけどなあ・・・。

スポンサーリンク

ライコウ

ライコウデータ
・タイプ:でんき
・天候ブースト:雨
・おすすめ技:「でんきショック」&「10まんボルト」
・弱点:じめん

もうでんきタイプほんと何なんだよ!?という使えなさ。
弱点「じめん」オンリーなのに、なんでエンテイに押し負ける!?
ネックはHPの低さですね・・・。

スポンサーリンク

使えなかったポケモン5選

サンダー

サンダーデータ
・タイプ:でんき / ひこう
・天候ブースト:雨 / 強風
・おすすめ技:「でんきショック」&「10万ボルト」
・弱点:こおり、いわ

弱点も少ないのにこの使えなさ・・・。
等倍のエンテイに互角どころか完全に押し負けます。
技1の「チャージビーム」が重すぎて、でんきポケモン枠ではまだ「でんきショック」のサンダースの方がマシなレベルです。
ひこうタイプが入るととにかく弱い。

スポンサーリンク

ガルーラ

ガルーラデータ
・タイプ:ノーマル
・天候ブースト:時々曇り
・おすすめ技:「けたぐり」&「かみくだく」
・弱点:かくとう

ノーマルタイプで技1がかくとう技と、カビゴンに次いで期待値が高かったんですが・・・。
何が悪いのかと言うと、HPが高いのに、攻撃力と防御力が低いんです。
せっかくの3ゲージ技「かみくだく」で全然相手のHPが削れません。
1ゲージ技に至っては言わずもがな。出す意味があんまりない。

スポンサーリンク

トドゼルガ

トドゼルガデータ
・タイプ:こおり / みず
・天候ブースト:雪 / 雨
・おすすめ技:「こおりのいぶき」&「ふぶき」
・弱点:くさ、でんき、かくとう、いわ

ラプラスに代わるこおりタイプを模索して使ってみたんですが、よ、弱い・・・。
HPはそこそこ高いのに?と思ったら攻撃力が低いんですね。
技1も「みずでっぽう」に比べると「こおりのいぶき」が重いんですよね~~。

スポンサーリンク

ルージュラ

ルージュラデータ
・タイプ:こおり / エスパー
・天候ブースト:雪 / 強風
・おすすめ技:「こおりのいぶき」&「ゆきなだれ」
・弱点:ほのお、むし、いわ、ゴースト、あく、はがね

ラプラスに代わるこおりタイプ探しその②
ルージュラはHPと防御力がいかんせん低いです。
そして弱点が多すぎます。
エンテイ来たら瞬殺されます。

スポンサーリンク

ニドキング

ニドキングデータ
・タイプ:どく / じめん
・天候ブースト:曇り / 晴れ
・おすすめ技:「どくづき」&「じしん」
・弱点:みず、こおり、じめん、エスパー

技1がクソ重い・・・!!

モタモタしてる間に技2は一発も出せずにやられます。
なんだコイツ。

弱点も「みず」と「こおり」はラプラスやらシャワーズやら来る可能性が高いので不利なんですよね。
じめんタイプ入ってるくせにじめん技が1.6倍で刺さるのも痛い。
せめて技2に2ゲージ技があればなあ・・・。

スポンサーリンク

スーパーリーグで勝つためのコツ4つ

レベルが高い人ほど手薄になるスーパーリーグ。
ポケモンの選び方次第では、レベルに関係なく勝利できる可能性が十分あります。
押さえておきたいポイントは4つ。

勝つための4つのコツ
  1. 1体目の読み合いを制す。
  2. 技2は2ゲージか3ゲージ技にする。
  3. シールドを相手より先に使わない。
  4. 天候ブーストを意識する。

順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

1体目の読み合いを制す

勝負は1体目の読み合いです。
ほぼ1体目で決まると言っていいでしょう。

HPが低い分、マスターよりさらに1体目に何を出すかが重要になります。
ここで読み間違うと、なし崩し的にやられてしまいます。

1体目を見て、ポケモンを入れ替えさせられたり、先にシールドを使わされるとほぼ負けます。

相手の弱点を突けるポケモンを持っている場合は、入れ替えても挽回できる可能性ありです。

スポンサーリンク

技2は2ゲージか3ゲージ技にする

伝説レイドだと1ゲージ技の方がいいですが、
対戦ではスピード勝負になるので、技2は2ゲージもしくは3ゲージ技にしましょう。

特にスーパーリーグで技2が1ゲージ技は論外です。
いくら威力が強くても、たまりが遅すぎて、1発も放てずに死ぬこと請け合いです。
技のたまりが遅いと1ゲージ技だと相手も予想が付きますし、すると当然シールドを使われます。
「ソーラービーム」なんか通る訳がない。

技1もできるだけ出が速い方がいいです。

スポンサーリンク

シールドを相手よりも先に使わない

シールドを相手より先に使ってしまうと、ここぞという時に技の貫通を許してしまうので負ける場合が多いです。
なので、まずは我慢。
必殺技を食らっても耐えられるポケモンを1体目に出すのも大事になります。

ちなみに同じポケモン同士で戦った場合どうなるかというと、
これはいかに速く技2を発動させられるかが勝負です。

例えばカビゴンVSカビゴンで、
技2のゲージのたまる速さは、特に個体値など関係なく、単純にタイミングでした。

で、シールドを使うと、次の技2は撃ち負けます。
シールドを使うとゲージのたまりが遅れるんですよね。
なので、先にためることができた場合は、シールドを使わず、そのまま押し切る戦略が有効です。

逆に、タッチの差で競り負けた場合は、シールドを使ってしのぐ方がいいでしょう。

スポンサーリンク

天候ブーストを意識する

対戦では、天候ブーストがかなり影響してきます。
技の上昇補正がかかると、弱点のタイプでもやられてしまうことがあるからです。

これホント、カメックスがエンテイにやられたのショックで、原因考えたら天候ブーストだと。
晴れの日のエンテイはヤバいです。

いくら天候ブーストを受けているからといって、
くさ・ほのおタイプだけで構成する、なんてわけにもいかないのですが、
1体入れておくと結構いい感じに作用するよということです。

ただ、離れた地域にいるフレンドの地域の天候まではわからないですからね~~。
とりあえず自分のパーティ編成で意識していきましょう。

あんまり考えすぎても頭爆発します(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。