モンテクリスト伯出口と未蘭の母親を毒殺した犯人はえりな!?暖が出した手紙の内容

ディーン・フジオカ主演ドラマ『モンテ・クリスト伯』5話で、未蘭の婚約者の出口文矢を殺した犯人は義母・瑛理奈(えりな)だった!?さらにえりなは未蘭の母親、公平の前妻も毒殺して後妻になっていたことが判明。暖がえりなに送った手紙の内容とは?原作小説のネタバレを踏まえながら、今後の展開を考察・予想していきます。
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

※モンテ・クリスト伯を見逃した時は
1話~最新話まで「FOD(フジテレビオンデマンド)」で視聴することができます。
今なら登録後最大1か月無料お試し期間あり
⇒FODプレミアム

出口文矢を殺した犯人は瑛理奈(えりな)!?

5話で貞吉を殺しに行き、逆に殺されていた未蘭の婚約者・出口文矢。
入間公平の息のかかった病院で、心不全で処理されましたが、明らかに殺人です。

では出口文矢を殺した犯人の正体は一体誰か?

公平は貞吉を疑っていますが、出口文矢を殺したのは全身麻痺で動けない貞吉ではありません。

義母・瑛理奈が真海の別荘に出かける前、

瑛理奈「炭酸水も~。出口さんは濃い目のハイボールがお好みですものね」

と用意していった炭酸水。
毒が盛られていたのは、この炭酸水です。

大して飲んでもいない出口の顔色が異常なまでに赤く、手が震えていたのは酒の影響ではなく、炭酸水に入れられていた毒の影響だと考えられます。
瑛理奈が台所で、

瑛理奈「だいぶ減っちゃった・・・」

と見ていた赤い瓶が、毒の入ったびんですね。
かなり減っているのは、今回出口に使ったのと、さらには未蘭の母親をも毒殺したからです。

スポンサーリンク

13年前に未蘭の母親を毒殺したのもえりな?

城南中央病院の医師・尾崎実は、出口文矢の死について

尾崎実「奥様が亡くなった時と症状が似ています。事件性の疑いも考えて、病理医に回した方が」

と告げます。
しかし、刑事部長である自分の家で殺人が起こったとなれば、前代未聞のスキャンダルになる。それを怖れた公平は、解剖を拒否します。

一方、暖は外務省職員の出口文矢を別荘に呼んだ際、貞吉は過去に人を殺しており、公平の前妻が毒殺された可能性があることを明かしています。

13年前、未蘭の母親が急死。
未蘭の母親は毒殺された可能性が高く、元々結婚に強く反対していた貞吉がやったのでは?と出口に吹き込みますが、実際に手を下したのは当時家庭教師だった瑛理奈です。

瑛理奈は公平の後妻として入間家に入り込むために、未蘭の母親を毒殺したのです。

しかし、そんな瑛理奈を未蘭はいい母親だと信じ切っており、微塵も疑っていません。もちろん公平もでしょう。警察のくせに自分の家庭には恐ろしく盲目ですね、公平も。

スポンサーリンク

暖が出した手紙の内容は?

暖が愛梨に

暖「これを出しといてくれ」

と渡した手紙。

暖「感謝の気持ちだよ。手紙には人の人生を壊すほどの力があると、教えてくれた人がいてね。その人へのお返しだ」

と語っていたことから、手紙は入間公平あてか?と思われましたが、暖が出した手紙は瑛理奈あてでした。
内容は、

13年前、前の奥様を毒殺したように
入間貞吉を殺してください。
遺産を戴ければ、他言は致しません。

出口文矢

そもそもなぜ瑛理奈は出口文矢を殺したのか?

暖が出したこの手紙によって、出口文矢が自分を脅迫してきたと感じたからです。だからこそ、瑛理奈は、出口文矢を返り討ちにし、先手を打って毒殺しました。
全ては暖の目論見通りに。

暖「私はあの呪われた家に住む悪魔を目覚めさせただけだ」

スポンサーリンク

未蘭も瑛理奈に殺される?

原作通りであれば、瑛理奈はこの後、未蘭も殺そうとします。
息子の瑛人を溺愛している瑛理奈は、貞吉の遺産30億を全て瑛人に継がせるため、未蘭をも手に掛けようとします。

そしてそれこそが暖の目論見です。
妻が義理の娘を手に掛けたという醜聞により、入間家は崩れ去ります。

ラスト結末ネタバレは⇒モンテクリスト伯ネタバレ最終回結末 ドラマと原作ラストの違いは?

※モンテ・クリスト伯を見逃した時は
1話~最新話まで「FOD(フジテレビオンデマンド)」で視聴することができます。
今なら登録後最大1か月無料お試し期間あり
⇒FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。