【決定版】DC映画の見る順番はコレ!時系列と公開予定の新作一覧

バットマンやスーパーマン、ワンダーウーマンなどDC映画を見たいけど、見る時はどんな順番で見るのがいいのか?全部で13作品もあるので、迷いますよね~~。時系列順?それとも公開順?
どれから見ればいいのかわからない!そんなDC映画初心者のあなたに、おすすめの見る順番を紹介します。

DC映画を見る順番はコレ!時系列と公開予定の新作をまとめてチェック

時系列順がおすすめの理由

DC映画は、「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」と言って、2013年の『マン・オブ・スティール』から一つの線で話がつながっています。
同じ世界観の中で起こる1つ1つの事件が、それぞれのDC映画なのです。

現在公開が決定しているものも含めると、全13作品あります。

それらのおすすめの見る順番は、ズバリ!
時系列順です。

  1. 『ワンダーウーマン』(2017年)
  2. 『マン・オブ・スティール』(2013年)
  3. 『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)
  4. 『スーサイド・スクワッド』(2016年)
  5. 『ジャスティス・リーグ』(2017年)
  6. 『アクアマン』(2018年)
  7. 『シャザム』(2019年)
  8. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020年3月20日公開)
  9. 『ワンダーウーマン1984(ワンダーウーマン2)』(2020年6月5日全米公開)
  10. 『バットマン』(2021年6月25日全米公開)
  11. 『スーサイド・スクワッド』(2021年8月6日全米公開)
  12. 『サイボーグ』(公開未定)
  13. 『グリーン・ランタン・コープス』(公開未定)

なぜか?

理由は、
時系列順に見ると『ワンダーウーマン』が先頭に来ます。

この『ワンダーウーマン』がムチャクチャ面白いからです。

スーパーマンはどうしてもあのピタピタスーツが苦手・・・なんて人もいるでしょう。
そういう人は、間をすっ飛ばして
『ワンダーウーマン』→『アクアマン』→『シャザム』
と見ましょう。

単体タイトルはどこから見ても楽しめます!

DCは単体タイトルが最強です。

バットマンはクリスチャン・ベール版のバットマンシリーズが秀逸なのでそちらがおすすめです。
ベン・アフレック版のバットマンはしょぼすぎる・・・。

そしてマーベル映画のアベンジャーズに対抗して作った『ジャスティス・リーグ』はびっくりするぐらい面白くない・・・!
案の定興行収入も爆死。
予定していた『ジャスティス・リーグ2』が頓挫したほどです。

なので、とりあえず『ジャスティス・リーグ』は飛ばしてOKです。
直後の『アクアマン』もうっすらつながってはいますが、うっすーらなので問題ナシ。

というわけで、DC映画は時系列順に見るのがおすすめです!

今すぐ無料でDC映画を見るならこちら

【比較】DC映画を一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

DC映画が見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 吹き替え 無料お試し期間 月額料金
Amazonプライム 30日間 500円(税込)
U-NEXT 31日間 1,990円(税抜)
hulu 2週間 933円(税抜)
Netflix 30日間 800円(税抜)~

Amazonプライムは全て有料作品なので、プライム会員でも追加料金がかかってしまいます。

なので、おすすめは無料登録で600ポイントもらえる「U-NEXT」です。

U-NEXTのおすすめポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!

U-NEXT公式サイトはこちら
▲31日間無料&600ポイント付き▲

(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

整理とまとめ

公開順一覧

参考までに公開順に一覧表にまとめておきます。

公開日 タイトル
2013年 マン・オブ・スティール
2016年 バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生
スーサイド・スクワッド
2017年 ワンダーウーマン
ジャスティス・リーグ
2018年 アクアマン
2019年 シャザム
2020年 バード・オブ・プレイ
ワンダーウーマン1984
2021年 バットマン
スーサイド・スクワッド
公開未定 サイボーグ
グリーン・ランタン・コープス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。