東京タラレバ娘wiki風登場人物一覧・ネタバレ考察


東京タラレバ娘登場人物のネタバレ・考察です。
各キャラの設定や過去、謎、考察をwiki風一覧にまとめました。
どういう伏線があったのか思い返すのに活用して下さい。
また、回収された伏線や明らかになった情報、私なりの考察を随時更新していきます。

公式⇒東京タラレバ娘原作コミック

スポンサーリンク

鎌田 倫子(かまた りんこ)

主人公。
脚本家。33歳。

  • 脚本家を目指してテレビ制作会社に就職。
  • 27の時、初めて10分のネットドラマの脚本を書く。
  • 30で独立。表参道に事務所を借りる。
    1964年、東京オリンピックの時に建てられた「ヴィラ・オリンピア」築50年。
  • 売りはFカップ。
  • 日本酒飲むと悪酔いする。
  • 実家は埼玉の川越。

10年前にフッた早坂はアシスタントのマミちゃんに告白して付き合い始め、
22歳のグラビアアイドルあがり・沢田の枕営業にネットドラマの仕事をとられ、
仕事も恋愛もまさに崖っぷちのアラサー女子。

仕事も恋も中途半端。
だけど憎めない、さすがの主役。

スポンサーリンク

香(かおり)

ネイリスト。
倫子の高校時代からの親友。

  • 美人でスタイルもいいのになぜか独身。
    なぜかここ数年彼氏もなし。
  • 5年付き合って自分の浮気が原因で別れた昔の男、バンドマン・涼のセカンドと化す。
    正確には何番目かもわからない。
  • 表参道でネイルサロンを経営しているが、父親にお金を出してもらってオープンしたサロンで毎月赤字寸前

倫子に負けず劣らずの崖っぷちアラサー女子。

小雪(こゆき)

倫子の高校時代からの親友。
原宿にある居酒屋「呑んべえ」の娘。

・別れた父親の居酒屋を手伝っている。

料理上手で家庭的。

しっかりしてそうに見えて、
嫁と子供のいる男に引っかかり、ズブズブの不倫沼を突き進む。

倫子に負けず劣らずの崖っぷちアラサー女子。
というか正直3人の中で小雪が一番ヤバイ。
現実を一番見てそうで、全然見てない夢見る夢子ちゃん。

スポンサーリンク

KEY(キー)

本名:鍵谷(かぎたに)。
25歳。人気モデル。
既婚。妻は亡くなっている。
身長186cm。

  • 金髪の美青年。
  • 人気バンド「BUMKEY’S(バンキーズ)」とは友達で、PVに出演する中。
  • 「タラレバ女」の名付け親。
  • 渋谷区生まれの港区育ち。小・中と青山の学校に通ってた。
  • 6年前、19の時に妻を亡くす。

倫子の脚本にダメ出しし、ドラマから降ろしたにもかかわらず、倫子と関係を持つ。
倫子をたたきのめしたり、仕事を振ったり、わけのわからん男。
相変わらず東村アキコの男キャラはどうにも好感が持てない・・・。

KEYの嫁って?

  • 33歳で亡くなった。
  • KEYは教え子。先生だった。
  • 青山墓地で眠っている。
  • 倫子によく似た性格だった?

スポンサーリンク

芝田マミ(しばた まみ)

 倫子のアシスタント(弟子)。
19歳。
元ヤンの原宿ギャル。

  • 高校生の彼氏がいるが、告られれば早坂とも付き合う。
  • 早坂に言われて髪の毛をピンクから黒に変えるほどの柔軟性
  • スポンサーからのNGにも柔軟に対応。
    素早くて機転が利く、骨のあるタフな子と撮影現場でも評判。
    たとえの上手さと取材力はKEYが認めるほど。

若くてタフで、柔軟でがめつい。
脚本家としての若き才能。
倫子にないものを全部持ってる、まさに倫子の対極キャラとして描かれる。

腹は立つけどとってもいい子。
その若きとパワーがうらやましい。

早坂(はやさか)

制作会社のディレクター。
35歳。

  • 10年前AD時代に、倫子にフラれる。
  • 現在はマミちゃんと交際中。

10年前倫子に突き返されたクソセンスの悪い指輪をブルガリに持っていき、若い子仕様にしてもらうなかなかの根性の持ち主。

最近マミちゃんマミちゃんうるせえ。

沢田(さわだ)

22歳。
元グラビアアイドル。

  • プロデューサーと寝て仕事をとる女。
  • でも脚本家としての才能はある。

若いっていいよね・・・。
それだけで武器だもん・・・。

スポンサーリンク

鮫島涼(さめじま りょう)

香の元カレ。
人気バンド「BUMKEY’S(バンキーズ)」のギタリスト。
モデルの彼女がいる。

  • バンドマンも給料制。
  • 香以外にも女が何人もいる。
  • 子供はほしい。
  • 「BUMKEY’S(バンキーズ)」は板金ズ
    板金屋さんが作ったバンド・・・?

タラレバのクズ男ナンバー2。
無邪気に香をセカンド扱いし、
コロコロをプレゼントする、まさにゲスの極み。

丸井(まるい)

小雪の不倫相手。
35歳。
嫁と2人の子供がいる。

  • 2人目出産のために実家に帰省中の嫁を「別居中」といい、小雪と関係を持つ。

タラ「これのこと別居ゆーてるんやったらおまえコイツ小学校からもっかい国語やり直したほうがええで」

文句なしにタラレバのクズ男ナンバー1。
こいつが一番キライです。

丸井の嫁

  • 2人目出産のために実家に里帰り中。
  • 実家は福岡。
  • 料理が全くできない。
  • 家事も嫌い。
  • 一人目を産んだ時、産後クライシスに。

スポンサーリンク

奥田(おくだ)

サッペロビールの元営業。
シネマバー「サンセット」を経営。

初対面で倫子をナンパ。
倫子の容量をFREEZEさせた程のイケメンマッチョ。

身長180cmのマッチョイケメンなのに彼女なし、
結婚できないのは極度の映画マニアが原因

結婚したら部屋にホームシアターを作って、毎晩1本2人で映画を観るのが夢という猛者。

倫子とは3巻で出会って4巻で別れた超短命キャラ。

真樹葉子(まき ようこ)

『偽装結婚』の主演女優。

モデルはおそらく真木よう子。

社長


KEYが所属するH&Rモデルエージェンシーの社長。
KEYの嫁の姉。

公式⇒東京タラレバ娘原作コミック

スポンサーリンク


今、あなたにオススメ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ