【スパイダーマン】見る順番と時系列!最新「ノー・ウェイ・ホーム」まで歴代9作の見方を解説

映画『スパイダーマン』を見る時はどんな順番で見るのがいいのか?
シリーズが多すぎて、どれから見ればいいのかわからない・・・!
そんな初心者のあなたに、おすすめの見る順番を紹介します。
スパイダーマンを一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

スパイダーマンの公開順一覧【歴代9作品一覧】

スパイダーマンの公開順一覧

\ まずは31日間の無料体験 /
スパイダーマンを一気見したい方はこちら

スパイダーマンを見る順番はコレだ!

スパイダーマンを見る順番
  1. スパイダーマン
  2. スパイダーマン2
  3. スパイダーマン3
  4. アメイジング
  5. アメイジング2
  6. ホームカミング
  7. フロム・ホーム
  8. ノー・ウェイ・ホーム

スポンサーリンク

スパイダーマンを見る順番は、1(無印)→2→3→アメイジング→2→ホームカミング→ファー・フロム・ホーム→ノー・ウェイ・ホーム

各シリーズは、公開順に順番に見ていくのがおすすめです。

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐスパイダーマンを見る

スパイダーマンの時系列一覧

ここからはシリーズごとに簡単に解説していきます。

スパイダーマンは過去に何度も映画化されており、版権や制作会社の問題でややこしくなっていますが、大きく分けると3つのシリーズに分かれます。

  1. 『スパイダーマン』シリーズ3作
  2. 『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ2作
  3. 『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズ3作

この3つのシリーズに特につながりはないので、どのシリーズから見てもOKです。
ただし、各シリーズは時系列順になっているので、1作目から順番に見るようにしてください。

スポンサーリンク

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)

マーベル版スパイダーマンの時系列順一覧
  1. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
  2. 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)
  3. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)
  4. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年)
  5. 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年)
  6. 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021年)

ホームカミング→ファー・フロム・ホーム→ノー・ウェイ・ホームの順番で、時系列順になっています。

マーベル映画にスパイダーマンが初登場するのは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。
以降、5作品に登場しています。

スパイダーマンの単体タイトルは太字の3作品です。

単体でも楽しめますが、
アイアンマンとの関係も深く、アベンジャーズの時系列と完全に繋がっているので、関係性を知って見た方がより楽しめること間違いなし!です。

『ノー・ウェイ・ホーム』では、ドクター・ストレンジも登場します。

参考⇒【ドクター・ストレンジ】見る順番はコレ!最新「マルチバース・オブ・マッドネス」まで2作の見方を解説

スポンサーリンク

初代スパイダーマン

初代スパイダーマンの時系列順一覧
  1. 『スパイダーマン』(2002年)
  2. 『スパイダーマン2』(2004年)
  3. 『スパイダーマン3』(2007年)

1→2→3の順番で、時系列順になっています。

スポンサーリンク

アメイジング・スパイダーマン

アメイジングシリーズ
  1. 『アメイジング・スパイダーマン』(2012年)
  2. 『アメイジング・スパイダーマン2』(2014年)

無印→2の順番で、時系列順になっています。

初代スパイダーマンシリーズのリブート作品です。

北米での興行収入が振るわなかったため、3以降の製作は打ち切りに。

その後ソニー・ピクチャーズとマーベルスタジオの間にパートナーシップが締結され、スパイダーマンはMCU入りしました。
が、ディズニーと出資・収益の分配で揉め、スパイダーマンがMCU離脱する・しないで未だに揉めています・・・。

スポンサーリンク

【比較】スパイダーマンのイッキ見におすすめの動画配信サービス

『スパイダーマン』が見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

スパイダーマンの動画配信サービス比較

無料お試しするなら、作品数がダントツで多い「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTで今すぐ視聴する
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

作品数重視なら「U-NEXT」

  • 無料お試し期間:31日間
  • 月額料金:2,189円(税込)
  • 作品数:210,000本以上(※2021年2月時点)
  • 強いジャンル:映画国内ドラマ韓流ドラマ、海外ドラマ、アニメ
  • 特典:無料登録で600ポイントもらえる
まず欠点としては、
見放題作品とポイントを使って見る有料作品が入り交じるため、初心者にはやや使いづらいのが難点。

他と比較して料金もやや高めです。

ただしその分、動画やマンガの単品購入に使えるポイント1,200円分が毎月ボーナスとしてもらえるので、コスパは悪くありません。

「U-NEXT」のメリットとしては、動画見放題は国内トップクラスの充実度を誇ります。
27,000本以上の映画・ドラマ・アニメ・バラエティ番組・アダルトなどの動画見放題は大きな強みです。

映画やドラマ、アニメなど、トータルで楽しみたい場合はU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTで今すぐ視聴する
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

※本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:600円(税込)
  • 年額料金:5,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々492円
月額プランでも月々600円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

Amazonプライム無料お試しはこちら
※30日間以内に解約すればタダで視聴できます!