【フルーツバスケット】見る順番と時系列!新旧アニメの違いや映画を見るタイミングをわかりやすく解説

アニメ『フルーツバスケット』(フルバ)を見る時はどんな順番で見るのがいいのか?
サブタイトルがややこしくて、どれから見ればいいのかわからない・・・!
そんな初心者のあなたに、おすすめの見る順番を紹介します。
『フルーツバスケット』を一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

アニメ『フルーツバスケット』(フルバ)を見る順番はコレだ!

フルーツバスケットを見る順番
  1. 『フルーツバスケット』全26話(2001年)
  2. 『フルーツバスケット 1st season』全25話(2019年)
  3. 『フルーツバスケット 2nd season』全25話(2020年)
  4. 『フルーツバスケット The Final』全13話(2021年)
  5. 映画『フルーツバスケット -prelude-』(2022年2月18日)※総集編

スポンサーリンク

フルーツバスケットを見る順番は、1st season→2nd season→The Final→映画『prelude』

公開順=時系列順になっているので、公開順に順番に見ていくのがおすすめです。

2019年の再アニメ化はスタッフ・キャストが一新されており、2011年版とは全く関係ありません。
なので、2019年版から見始めてOKです。

映画『フルーツバスケット -prelude-』はTVアニメの総集編に加えて、後日譚が新作映像として描かれています。

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ『フルーツバスケット』を見る
U-NEXTの詳細はこちら
いつでも無料で解約OK

新作と旧作の違い

新旧の一番の違いは、原作マンガに沿っているかどうかです。

旧作は、2001年当時、原作がまだ完結していなかったため、途中からアニメオリジナルストーリーになっています。
なので、ラストはアニメ独自の結末になります。
ただ、ギャグパートが秀逸で、音楽も魅力的だったため、「アニメはアニメで良かった」という旧作ファンも多いです。

一方、新作は、原作の最終回までアニメ化されています。
原作者の高屋奈月の要望で、スタッフ・声優キャストが旧作から一新。
さらに、「絵も自分の絵に寄せないようにしてほしい」ということで、原作の絵柄とは異なったキャラクターデザインになっています。

ちなみに、『The Final』で一部エピソードカットがありますが、その分テンポは良くなっています。

スポンサーリンク

『フルーツバスケット』の時系列一覧

フルーツバスケットの時系列一覧
  1. 『フルーツバスケット 1st season』全25話(2019年)
  2. 『フルーツバスケット 2nd season』全25話(2020年)
  3. 『フルーツバスケット The Final』全13話(2021年)
  4. 映画『フルーツバスケット -prelude-』(2022年2月18日)

2019年の新シリーズは公開順=時系列順になっています。

スポンサーリンク

【タイプ別】『フルーツバスケット』を一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

『フルーツバスケット』が見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 2,189円(税込) 22万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 10万本
FOD 2週間 976円(税込) 非公開
dアニメストア 31日間 440円(税込) 2,800本

※Huluは2011年版の配信なし。
※FODは2011年版の配信なし。

無料お試しするなら、作品数がダントツで多い「U-NEXT」がおすすめです。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

作品数重視なら「U-NEXT」

  • 無料お試し期間:31日間
  • 月額料金:2,189円(税込)
  • 作品数:210,000本以上(※2021年2月時点)
  • 強いジャンル:映画国内ドラマ韓流ドラマ、海外ドラマ、アニメ
  • 特典:無料登録で600ポイントもらえる
まず欠点としては、
見放題作品とポイントを使って見る有料作品が入り交じるため、初心者にはやや使いづらいのが難点。

他と比較して料金もやや高めです。

ただしその分、動画やマンガの単品購入に使えるポイント1,200円分が毎月ボーナスとしてもらえるので、コスパは悪くありません。

「U-NEXT」のメリットとしては、動画見放題は国内トップクラスの充実度を誇ります。
27,000本以上の映画・ドラマ・アニメ・バラエティ番組・アダルトなどの動画見放題は大きな強みです。

映画やドラマ、アニメなど、トータルで楽しみたい場合はU-NEXTがおすすめです。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

※本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:500円(税込)
  • 年額料金:4,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々約410円
月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

⇒Amazonプライム無料お試しはこちら
※30日間以内に解約すればタダで視聴できます!