【全13作品】『空の境界』を見る順番はコレ!映画&アニメを時系列順にまとめて

『空の境界(からのきょうかい)』を見る時はどんな順番で見るのがいいのか?
サブタイトルがややこしくて、どれから見ればいいのかわからない・・・!
そんな『空の境界』初心者のあなたに、おすすめの見る順番を紹介します。
『空の境界』を一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

⇒『空の境界』が全作見れる動画配信サービスはこちら
※無料で30日間使えます

『空の境界』を見る順番はコレだ!

『空の境界』は、全13作品あります。

  1. 『第一章 俯瞰風景』(2007年12月1日公開)
  2. 『第二章 殺人考察(前)』(2007年12月29日公開)
  3. 『第三章 痛覚残留』(2008年2月9日公開)
  4. 『第四章 伽藍の洞』(2008年5月24日公開)
  5. 『第五章 矛盾螺旋』(2008年8月16日公開)
  6. 『第六章 忘却録音』(2008年12月20日公開)
  7. 『Remix -Gate of seventh heaven-』(2009年3月14日公開)※1~6章総集編
  8. 『第七章 殺人考察(後)』(2009年8月8日公開)
  9. 『終章/空の境界』(2010年12月18日公開)
  10. TVアニメ『空の境界』全13話(2013年7月~9月放送)
  11. 『俯瞰風景3D』(2013年7月13日公開)※1章3D版
  12. 『未来福音』(2013年9月28日公開)
  13. 『未来福音 extra chorus』(2013年9月28日、『未来福音』と同時上映)

スポンサーリンク

ポイント
  • 『Remix -Gate of seventh heaven-』は第七章公開前に公開された、第1章から第6章までのリミックス総集編。
  • 『俯瞰風景3D』は第1章を3D化した映画。
  • TVアニメ『空の境界』は劇場版を時系列順に再構成したもの。第5章「矛盾螺旋」と第6章「忘却録音」は含まれていない。

ポイントを踏まえると、見るべきタイトルは
①~⑥、⑧、⑨、⑫、⑬
の10本になります。
TVアニメ版は無視してOKです。

この10タイトルを見る順番は、奈須きのこの原作小説通り、公開順に順番に見ていくのがおすすめです。

制作自体この順番でされているため、本編終了後に流れる次章予告で盛り上がった気分のまま、次の物語に入れます。

\ まずは30日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ『空の境界』を見る

スポンサーリンク

時系列順一覧

参考までに時系列順にもまとめておきます。

  1. 『第二章 殺人考察(前)』
  2. 『第四章 伽藍の洞』
  3. 『第三章 痛覚残留』
  4. 『第一章 俯瞰風景』
  5. 『第五章 矛盾螺旋』
  6. 『第六章 忘却録音』
  7. 『第七章 殺人考察(後)』
  8. 『終章/空の境界』
  9. 『未来福音』
  10. 『未来福音 extra chorus』

『未来福音』と『未来福音extra chorus』の時系列は3つの時代に渡っています。

  • 『未来福音』:1996年1月、1998年8月、2010年8月
  • 『未来福音extra chorus』:1998年8月、10月、12月

より正確な時系列で見るなら、各章の間に見るべきでしょうが、さすがにそれは厳しいので、最後にまとめて見ることをおすすめします。

スポンサーリンク

【比較】『空の境界』イッキ見におすすめの動画配信サービス

『空の境界』が見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 1,990円(税抜) 14万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 6万本
FOD 2週間 888円(税抜) 4万本
dアニメストア 31日間 400円(税抜) 2,800本
Netflix 30日間 800円(税抜) 非公開

※Amazonプライムは有料作品。
※dアニメストアは有料作品。

無料お試しするなら、コスパ最強の「Amazonプライム」がおすすめです。

⇒Amazonプライム無料体験はこちら
※無料で30日間使えます

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:500円(税込)
  • 年額料金:4,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々約410円
月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

⇒Amazonプライム無料体験はこちら
※無料で30日間使えます

ドラマもバラエティも楽しむなら「FOD」

  • 無料お試し期間:2週間
  • 月額料金:888円(税抜)
  • 作品数:約40,000作品(※2016年12月26日時点)
  • 強いジャンル:国内ドラマ、アニメ
  • 特典:1ヶ月で1200ポイントを無料でためられる
フジテレビ系の番組の見逃し配信がされているので、見逃した月9ドラマやバラエティの見逃し視聴ができます。

FODに加入したときのサービスのひとつに、約100誌の雑誌が読める「FODマガジン」があります。

さらに、「8のつく日にログインすると、電子書籍や動画の単品購入に使える400ポイントがもらえる」ボーナスがあり、毎月合計1,200円分のポイントがもらえるので、コスパは良好です。

デメリットとしては、洋画や海外ドラマの作品数が少ないこと。

フジテレビ系のドラマ・バラエティと一緒に、雑誌も楽しみたい方におすすめです。

⇒FODプレミアムの2週間無料体験はこちら
※無料で2週間使えます

アニメを見まくるなら「dアニメストア」

  • 無料お試し期間:31日間
  • 月額料金:400円(税抜)
  • 作品数:2,800作品以上
  • 強いジャンル:アニメ
NTTドコモが運営する動画配信サービスで、ドコモユーザー以外でも利用可能です。

「dアニメストア」の魅力は、何といっても価格の安さ
Amazonプライムの月額500円(税込)より安いので、アニメを見まくるコスパとしては最強です。

アニメ特化で、作品数はトップを誇ります。
現在放送中のアニメの見逃し配信も充実しており、地方に住んでいてもテレ東系のアニメをリアルタイムで追えます。

デメリットは、アニメ以外の作品がほぼ皆無なこと。
アニメの他に映画や海外ドラマも見たいという人には不向きです。

その分アニメ原作のミュージカルや舞台作品、声優さんのイベント映像まで網羅されており、アニメ好きなら入って損なしです。

⇒dアニメストアの31日間無料体験はこちら
※無料で31日間使えます