【喪中ハガキが間に合わない場合】寒中見舞いで対応、出す時期や書き方の文例集まとめ

年末に急遽喪中になった場合など、喪中はがきの準備が間に合わないことがあります。そういった場合は、「寒中見舞い」で対応します。
寒中見舞いは出すべき時期が決まっているので、注意が必要です。いつからいつまでに出せばいいのか、寒中見舞いの書き方と使うべきハガキ・切手の種類、文例集もあわせて見ていきます。

喪中はがきが間に合わない場合はどうすればいい?

「喪中はがき」は遅くとも12月初旬までに送る必要があります。

先方が年賀状の用意を始める前に手元に届くよう、11月中か遅くとも12月初旬頃までには届くように出すのがマナーだからです。

しかし、年末に身内の不幸があり、急遽喪中になった場合は「喪中はがき」の準備が間に合いませんよね。

そんな場合は、「寒中見舞い」で対応すれば大丈夫です。

「寒中見舞い」とは?

寒さが厳しい時期に、相手の安否を気遣って出す季節の挨拶状。

事情があって年賀状を準備できなかったり、
急遽喪中になった場合に、
年が明けてからの挨拶として使うことができます。

スポンサーリンク

寒中見舞いのマナー

寒中見舞いを出す時期はいつからいつまで?

松の内(1月7日)以降から立春(2月4日)までの間

立春前、つまり2/3の節分までに届くのがよいとされます。
投函のタイミングは1月末までを目安としましょう。

立春をすぎてしまうと、「余寒見舞い」となります。
注意しましょう。

スポンサーリンク

使うはがきと切手

喪中見舞いのはがきには、
切手部分が「胡蝶蘭」デザインのはがきを使いましょう。

切手の場合は、62円の普通切手(ソメイヨシノ)を使います。

弔事用切手「花文様」は、寒中見舞いの場合にはマナー違反とされます。
※弔事用切手「花文様」は喪中はがきに用います。

喪中に関わる寒中見舞いは、
通常(官製)はがきは弔事用でも使えるものが好ましいですが、
私製はがきに貼る切手は弔事用を使うのはマナー違反です。
ややこしいので注意してください。

スポンサーリンク

書き方

  • 句読点は入れない。
  • 行頭の一字下げはしない。
  • 数字は漢数字で表記。
  • 「拝啓」などの頭語、「敬具」などの結語は付けない。
  • 本文の後には差出日付(平成◯◯年◯月)と、差出人住所、差出人氏名も裏面に記す。

喪中はがきのマナーと基本的には同じです。

縦書きが一般的で、表面と裏面は縦横そろえるのが基本なので、宛名も縦書きとしましょう。
裏面に記載する場合、表面(宛名面)への住所氏名は不要です。

 

マナー違反となる言葉
  • 謹賀新年
  • 謹んで新年のお慶びを申し上げます
  • 賀春
  • おめでとうございます など、新年の挨拶にあたる「賀詞」

スポンサーリンク

寒中見舞いの文例集

寒中お見舞い申し上げます
年頭のご挨拶を頂きありがとうございました
父◯◯は昨年◯月に他界いたしました
旧年中にお知らせ申し上げるべきものを
年を越してしまいましたご無礼の段 どうかお許し願います
故人が生前に賜りましたご厚情に深謝申し上げますとともに
厳寒の折柄 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

寒中お見舞い申し上げます
昨年十二月に 父 ◯◯が◯歳にて永眠いたしましたので
年頭のご挨拶を差し控えさせていただきました
生前のご厚情に深く感謝いたしますとともに
本年も変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます
なお 時節柄ご自愛のほどお祈り申し上げます
平成◯◯年一月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。