【喪中はがきのマナー】続柄はどこまで?書き方を故人との関係別に

喪中ハガキのマナーについて、喪中はがきを出す親族の範囲はどこまでなのでしょうか。自分の両親や妻、夫の場合はわかりますが、遠方の場合や、同居していない祖父母の場合はどうすれば良いのか?必要な範囲についてまとめ、故人との関係別に続柄の書き方もあわせて見ていきます。

喪中ハガキを出すべき続柄はどこまで?

喪に服する範囲は、一般的には故人を中心とした二親等までとされています。

  • 一親等:両親、配偶者、子
  • 二親等:兄弟姉妹、祖父母、孫


引用元:https://mochu.fumiiro.jp/

ただ、最近では同居してるか別居してるかで、考えを変える人もいます。
例えば、昔はおじいさんが亡くなったら、家全体で喪に服していましたが、最近では、同居か否かで変えている人もみられます。

同居のおじいさんが亡くなったら喪に服しますが、別居の場合は喪中としない人も多くなっています。

親戚や地方のしきたりによっても違うので、それぞれの慣習に従いましょう。

スポンサーリンク

プライベートとビジネスをわけるのもあり

プライベートとビジネスを分けるという考え方もあります。

友人や知人など、プライベートのお付き合いの人には喪中はがきを送り、
ビジネス上(仕事や会社関係)のお付き合いの人には、通常どおり年賀状を送る、といった方法です。

スポンサーリンク

続柄の書き方、故人との関係

本人(あなた)からみた故人との続柄の書き方について、解説していきます。

故人との関係 書き方
父、実父、亡父
母、実母、亡母
妻、家内
夫、主人
息子 息子、長男、次男、末子
娘、長女、次女、末子
妻(夫)の父 義父、岳父、父
妻(夫)の母 義母、岳母、母
兄弟 兄、弟、長兄、次兄、義兄、義弟
姉妹 姉、妹、長姉、次姉、義姉、義妹
祖父 祖父、亡祖父
祖母 祖母、亡祖母
息子の嫁
娘の婿 婿、女婿

スポンサーリンク

夫婦連名の場合

夫婦連名の場合には、
夫を主体にして、あくまでも続柄は夫から見た関係性を書くのが一般的です。

妻の親が亡くなったときは、「義父」「義母」とするか、フルネームで記載することをおすすめします。

名前、年齢、続柄などのうち、どうしても知らせたくない項目については、記載しない場合もあります。

スポンサーリンク

書き方でやってはいけないこと

・「義父」「義母」は「岳父」「岳母」と同義語で、自分の父や母には使用しません

・「尊父」「厳父」等は「本日、御尊父様の訃報に際し・・・」というように、他人が自分に対して使用する言葉です。自分の喪中はがきには使用しません。

情報引用元:郵便局公式HP、https://mochu.fumiiro.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。