「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」あらすじ・ネタバレ結末【シリーズ第5作】

トム・クルーズ主演映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(MI5)』シリーズ5作目のネタバレあらすじと感想についてまとめています。
シンジケートにはめられ、国際指名手配犯にされてしまったイーサン。シンジケートの実態を暴くべく、水中のデジタル金庫への侵入を試みる。シンジケートに潜入捜査中のMI6の女スパイ・イルサは果たして敵か、見方か。そして明かされたシンジケートのボスの正体は?
次作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(MI6)へ続く伏線や謎についても考察&解説していきます。
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

登場人物&俳優キャスト

2015年アメリカ映画
上映時間131分
監督: クリストファー・マッカリー

■ イーサン・ハント(トム・クルーズ)
IMFのベテランエージェント。前作MI3で結婚した妻のジュリアとは死別している。

■ ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)
元IMF分析官。IMF解体後、CIA職員に。

■ ベンジー・ダン(サイモン・ペグ)
IMF職員で元ガジェット開発担当のエージェント。IMF解体後、CIA職員に。

■ ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)
イーサンの相棒的存在。IMF解体後はフリーで活動している天才ハッカー。

■ 委員長(ナイジェル・バーバー)
政府の特別委員会の長。アランの提案を受け入れて、IMFの解体を認める。

スポンサーリンク

CIA
■ アラン・ハンリー( アレック・ボールドウィン)
CIA長官 。シンジケートの存在を信じておらず、IMFの解体を提案する。
  
■ ローレン(チャン・チンチュー)
CIA職員でアランの部下。
国際犯罪組織シンジケート
■ ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)
シンジケートのボス。
  
■ イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)
シンジケート構成員。その正体はMI6の諜報員。
  
■ ヤニク・ヴィンター(イェンス・フルテン)
シンジケート構成員。別名「ボーン・ドクター」。表向きは3年前に死亡したことになっている。
MI6
■ アトリー(サイモン・マクバーニー)
MI6の局長。イルサにシンジケートへの潜入調査を命令した。

スポンサーリンク

ローグネイションのネタバレあらすじをラスト結末まで

起:シンジケートにはめられたイーサン

ベラルーシから輸送機で、ある兵器が運び出されようとしていた。

ブラントとベンジーは輸送機の離陸を阻止すべく、飛行場に潜伏。ベンジーから協力を依頼されたルーサーがロシアの通信衛星をハッキングするも、燃料、電気系統、油圧系、全てがロックされており、離陸を止めることができない。

そこへイーサン・ハントが現れ、飛び立とうとしていた輸送機に飛び乗った。
ベンジーが輸送機のドアを開け、中へ乗り込んだイーサンは、積まれていた兵器の押収に成功する。

スポンサーリンク

イギリスのロンドン。
イーサンは、レコード店に扮したIMFのロンドン拠点を訪れる。押収した兵器は、VX神経ガスだったことが判明。

VX神経ガスは大都市の破壊が可能で、運ぼうとしていた者たちの裏には、西側に有効的な国々でテロを起こし、革命を画策する”影の組織”が存在した。
その組織こそ、イーサンが去年から追っている「シンジケート」

しかし指令は「我々がそのシンジケートなのだ。我々の標的は君たちだ」と告げる。次の瞬間、ガスが噴射され、部屋の外にいた連絡員はメガネの男に射殺された。部屋に閉じ込められたイーサンは、そのまま気を失ってしまう。

一方、アメリカのワシントンDCでは、委員会でIMFの暴走が追及されていた。
CIA長官のアランは『ゴースト・プロトコル』でクレムリンが爆破されたこと、ロシアの核弾頭ミサイルがサンフランシスコのビルをかすめたことを例に挙げ、IMFを解体し、CIAの一部に組み込むべきだと進言する。

スポンサーリンク

目が覚めるとイーサンは拷問部屋に拘束されていた。
拷問器具を並べるイルサ。そこには3年前に死んだはずのヴィンターもいた。
イーサンを拷問しようとするヴィンターに、イルサは手錠の鍵を渡し、イーサンの逃亡の手助けをしてくれる。だがイルサは組織に残るという。

脱出したイーサンは、ブラントに連絡を取った。シンジケートは実在し、IMFの動きを把握し、さらにはIMFの追跡をまいてきた。理由は、構成員が元諜報員だからだ。

「死亡」か「推定死亡」になっている者たちを調べるよう依頼するが、ブラントはIMFが解体されてしまったことをイーサンに告げる。

単独でもその男を追うつもりのイーサンに、ブラントは「これが我々の最後の任務だ。やり遂げろ」と伝え、電話を切る。

アランはCIAの総力を挙げてもシンジケートの存在が掴めないことから、シンジケートは実在せず、イーサンがIMFを存続させるため自作自演しているのではないかと疑っていた。
イーサンを捕らえ、責任を取らせると息巻くアラン。

スポンサーリンク

承:MI6の女スパイ・イルサとの再会、オペラ座での首相暗殺

半年後。
アランに国際指名手配されてしまったイーサンは、キューバのハバナへ来ていた。

アランはイーサンが潜伏していると思われる場所へ追手を差し向けるも、イーサンは常に一歩を行き、捕らえることが出来ない。

CIAに配属されたベンジーのもとに、ウィーンのオペラへの招待状が届く。
地下鉄を降りたところで、男に封筒を渡されたベンジー。中に入っていたメガネをかけると、イーサンと通信がつながった。

今夜オペラ座に現れるメガネの男を見つけるため、ベンジーに捜索を手伝ってほしいという。
オペラ座にはオーストリアの首相夫妻も来ていた。

舞台裏へ回ったイーサンは、イルサの姿を目撃する。
楽器に見せかけ狙撃銃を持ち込んだ男とイーサンが格闘しているすきに、イルサは着々と狙撃の準備を進めていた。

さらに警備員に扮し、照明ブースからオーストリア首相を狙う男が出現。

撃つべきはイルサか、男か。イーサンは迷った末、首相を狙撃。イルサはイーサンを狙っていた男を撃った。

建物が封鎖され、警察が取り囲む中、イーサンはイルサとロープで脱出をはかる。無事脱出した直後、首相の乗った車が爆弾で爆破されてしまう。

車で迎えに来たベンジーと合流したイーサンは、イルサがイギリスの諜報員で、シンジケートに潜入捜査していることを見抜く。

ロンドンでイーサンを逃し、立場が悪くなったイルサは、首相暗殺の役目を受けてオペラ座に潜入。イーサンと同じく、首相に軽傷を負わせ、病院で守らせるつもりだったのだ。

残りの2人は、イルサの見張り役だった。イルサが失敗すれば、1人が首相を、1人がイルサを殺すために。
シンジケートを潰したいなら、自分を車から突き落とせというイルサ。

オーストリア首相が暗殺された非常事態に、アランは特殊部隊を投入し、イーサンの捜索を開始する。

スポンサーリンク

イルサと別れ、船の隠し部屋にやって来たイーサン。

オペラ座にいたシンジケートメンバーの正体が判明する。ドイツの元諜報員と元モサドだ。

状況を聞かせてくれというベンジーに、イーサンがこれまで掴んだ情報を説明する。

イーサンが男を追ってボスポラス海峡へ行った際、マラウイの大統領が事故死した。そして大統領の死で内戦が勃発。

ジャカルタでは民間航空機606便が太平洋に消えた。飛行機には世界銀行の総裁が乗っていた。

フィリピンでは化学工場の火災で村人2000人が犠牲になった。兵器製造企業は火災で倒産。

どれも事故ではなく、シンジケートが全て背後で糸を引いていたのだ。
兵士を訓練し、洗脳するならず者の組織。手段を選ばず体制を破壊する連中だ。

IMFの解体でシンジケートはエスカレート。今夜の首相暗殺はシンジケートの新たなる宣戦布告だった。出身も資金源も不明だが、男が全ての鍵だ。

手伝わせてくれというベンジーに、帰れと言うイーサン。しかしベンジーは友達として残ると譲らない。
ベンジーの協力を了承したイーサンは、イルサが残した口紅の解析を始める。口紅はUSBメモリになっていた。
中身はモロッコにあるハッキング不可能なコンピュータ施設の図面だった。外部から侵入不可能な「デジタル金庫」。

二度もイーサンを逃したイルサは、ボスから忠誠を疑われていた。男はイルサにイーサンを捜すよう命じる。

一方、ブランとはルーサーを呼び、アランよりイーサンを見つけるのを手伝ってほしいと頼む。アランに寝返ったブラントを信用できないルーサーだが、友達のイーサンを助けるため、協力を承諾した。

スポンサーリンク

転:デジタル金庫へ盗みに入る不可能ミッション、バイクでの追走劇

モロッコのカサブランカでイルサと合流したイーサンとベンジーは、イルサから男の正体を教えてもらう。

イーサンがずっと追っていたメガネの男の名前は、ソロモン・レーン。
シンジケートのボスで、元イギリスの諜報員だった。

身内の恥を知られたくなかったイギリス情報局は、レーンの存在をCIAに隠していたのだ。シンジケートに潜入し、レーンの信頼を得て、組織のメンバーを暴くのがイルサの任務だった。

イルサは2年かけて、やっと組織を暴く物証を掴んだ。メンバー名やテロ活動の協力者、組織の全貌を示す極秘ファイルだ。

部下の1人がそれを盗み、レーンを脅迫しようとデジタル金庫に隠した。しかし、その部下はレーンの拷問でもパスワードを言わずに死んだ。レーンを倒す鍵がデジタル金庫に眠っているというわけだ。

スポンサーリンク

レーンはイルサを送り込んで盗ませようとしていたが、盗むのは不可能だった。デジタル金庫は軍が警備する発電所の地下にある。金庫のある部屋へ行けるのは中央通路のみ。しかもメインゲートの警備をかいくぐり、指紋認証のエレベーターをクリアし、3つのダイヤル式ロックを開けなければならない。

ベンジーはマスクでの変装を提案するが、マスクで全てのセキュリティを突破しても、最後に顔認証より高度な動作認証が待ち受けている。

通気口、地下、ダクト、全て侵入は不可能だ。
あらかじめ警備システムに認証データを入力しておく必要がある。認証データの保管場所は、液体冷却庫の中だ。

つまり、ファイルを手に入れる前に、1人が水中の液体冷却庫に入り、認証データをすり替える必要がある。その後もう1人がファイルを入手。

金属探知すると自動的に停止するシステムのため、酸素ボンベなしで放水口からハッチまで泳ぎ、さらにデータを交換するのに3分も息を止め続けなければならない。
この不可能ミッションに、イーサンが挑むことになる。

一方、ルーサーはイーサンの似顔絵から、顔認証でカサブランカ空港の監視カメラに写ったイルサを見つける。しかし、イルサは既にMI6を除籍されていた。

スポンサーリンク

イーサンたちはデジタル金庫への侵入ミッションを開始。ベンジーが金庫に潜入し、イーサンが通気口から液体冷却庫へ侵入した。侵入は順調に見えたが、液体冷却庫内を巡回するシステムに妨害され、すり替えるデータを飛ばされてしまうイーサン。

ベンジーが動作認証のゲートにたどり着く直前、間一髪、認証データのすり替えに成功するも、激しい水流の中、既に体力を失っていたイーサンはハッチを開ける前に気を失ってしまう。

そこへイーサンの救助にイルサが現れた。イルサはイーサンを抱えてハッチを開け、なんとか脱出に成功する。

無事データの入手に成功したベンジーと合流するが、突如イルサは電気ショックで後ろからベンジーを襲い、データを奪って逃走した。

表で待っていたシンジケートの仲間をなぎ倒し、単身バイクで逃走するイルサ。イーサンとベンジーはそれを車で追跡。途中、イーサンを追ってモロッコへやって来たブラントとルーサーの乗った車とすれ違う。

追ってくるシンジケートメンバーと激しい銃撃戦を繰り広げながら、バイクに乗り換えたイーサンはイルサを猛追。あと少しで追いつくというところで、イルサは道路の真ん中に立ちはだかった。イルサを避けるため、イーサンは大転倒。イルサに逃げられてしまう。

スポンサーリンク

結:レッド・ボックスをめぐる戦い、レーンの最期

ロンドンでイルサはMI6の局長アトリーに接触。ファイルを渡し、任務を解きイギリスに戻らせてくれるよう訴える。
しかしアトリーは、ファイルを持ってレーンの元へ戻るようイルサに命令した。そして今祖国を持たないイーサンを殺せという。

CIAに組織の殺し屋として認識され、さらにアトリーが口をつぐんでしまえば、イルサがMI6の人間であると証明するものは何もない。アトリーは仕方なくレーンの元へ戻る。

ベンジーがコピーを取ってくれていたデータを開こうとするが、ルーサーにファイルは開けなかった。
中身は英国政府の機密情報が入ったレッド・ボックス。
アクセスするには指紋、網膜スキャン、イギリス首相の声が読む文章と3段階の認証が必要だ。

レーンの狙いはイギリス首相をさらうことだ。ブラントはMI6に警告しようと提案するが、イーサンはそれこそがレーンの思う壺だと、レーンが首相をさらう前に捕まえようと考える。

スポンサーリンク

イルサはレーンにファイルを届けた。しかし、USBメモリにデータはなく、中身は空だった。

イルサがアトリーに渡すため、メモリを一瞬新聞の上に置いた際、アトリーがスマホで中身を消していたのだ。

イーサンはイルサが上司にメモリを渡すことを見抜いていたが、イルサが任務から解放され、保護されることを願ってあえて泳がせていた。
だがイルサは2年もの潜入捜査の末、上司に見捨てられ、祖国にも裏切られた。イルサは自分と共に消えないかとイーサンに提案する。

イーサンは自分にレーンの伝言を伝えるよう促した。と、その一瞬のすきを突いて、ベンジーがヴィンターに拉致されてしまう。レーンはロックを解除したメモリを持ってくることを要求。レーンの罠にわざと乗ろうとするイーサンに、ブラントはアランに連絡。アランはイギリスへ急行した。

スポンサーリンク

オークション会場にイギリス首相夫妻がやってきた。ブラントの情報を元にイーサンを拘束すべく、アランはアトリーに首相が狙われていることを伝える。

アトリーは直ぐさま首相に知らせ、ブラントがシンジケートについて説明する。首相は、アトリーが訓練目的だと言ったはずのシンジケートが実在していたことに驚く。首相はソロモン・レーンのことも知っていた。

シンジケートは、アトリーの計画だったのだ。
他国の元諜報員をスカウトして新しいIDを与え、彼らを使ってイギリスの敵を排除する。活動資金は海外の口座に隠し、そのデータはレッド・ボックスに保管する。その金を操作できる人間は首相のみ。

だが首相はその提案を即座に却下し、実行してはならないとアトリーに約束させたはずだった。

突如、アトリーが首相を銃で撃った。
実はアトリーはイーサンの変装だったのだ。
首相に撃ったのは自白剤入の麻酔銃だ。マスクを外したイーサンは、首相を使ってファイルのロック解除を進める。

そこへ本物のアトリーがやって来る。アトリーがシンジケートを作り、しかしレーンが裏切った。それを隠蔽するため、アトリーはイルサが手に入れたメモリを空にしたのだ。アトリーはイルサを陥れたことも自白した。
首相に真実がバレて、アトリーが首相を撃ち、アランが首相を救ったという筋書きだ。

スポンサーリンク

ファイルを手に入れたイーサンは、レーンに連絡を取る。

指定された場所に向かうと、広場に爆弾を身体に付けられたベンジーとイルサがいた。広場はヴィンターらシンジケートの構成員に取り囲まれており、データを受け取ればイルサがイーサンを殺す手はずだ。イーサンが死ななければ広場は爆破される。

イーサンは5000万ドルでベンジーを解放するよう要求する。だがレーンはメモリを渡すよう強行に主張。

イーサンは24億ポンドの全口座番号を記憶した自分自身がメモリだと告げる。ファイルの中身を確認したイーサンは、ドライバーでUSBを破壊していた。
確かめるにはベンジーを解放するしかない。レーンは起爆装置を止めた。

1対1でケリを付けようというイーサンに、レーンはヴィンターにイルサを殺すよう命じる。イーサンとイルサはすきを突いて逃亡。二手に別れた後、イルサはヴィンターとの直接対決を制した。

そこへついに、イーサンを追ってレーン自ら現れる。工事中の建物に逃げ込むイーサン。床に開いた穴へ隠れたイーサンを追って、レーンも飛び込む。

しかしこれはイーサンが仕掛けた罠だった。建物に誘い込まれたレーンは、ブラントとルーサーが準備したガラスケースの中に閉じ込められる。かつてのイーサンと全く同じ状況に追い込まれたレーン。下からガスが噴射され、レーンは意識を失った。

レーンをガラスケースに入れたまま、イーサンたちは警察に扮し運び出す。
自由の身となったイルサは、どこへともなく姿を消した。

後日、委員会でアランは極秘捜査のため、ハントを反逆者の立場にしておくことが必要だったと証言。
IMFの解体はシンジケートを潰すための策略だとし、IMFの復活を願い出る。
アランがIMFの長官となって。

ミッション:インポッシブル6へ続く⇒フォールアウトネタバレあらすじ

スポンサーリンク

ミッション:インポッシブル6フォールアウトへの伏線と謎考察

イーサンの奥さんジュリアはどうなった?

前作『ゴースト・プロトコル』ラストで生存が判明したイーサンの妻・ジュリア(ミシェル・モナハン)は、今回出演がありませんでしたが、次作『フォールアウト』には出演予定です。

『フォールアウト』ではイーサンの過去の出来事が原因で、いくつもの「フォールアウト(予期せぬ余波)」が起こるようです。
ジュリアも巻き込まれるかもしれません・・・。

スポンサーリンク

タイトル「ローグ・ネイション」の意味

ローグ・ネイションとは?
無法国家、ならず者国家。

今回イーサンが追う国際犯罪組織「シンジケート」を指しています。

シンジケートは、イギリスの情報機関MI6の長官アトリーが考案した組織でした。
他国の元諜報員をスカウトして新しいIDを与え、彼らを使ってイギリスの敵を排除。活動資金は海外の口座に隠し、そのデータはレッド・ボックスに保管する、という計画でした。

しかし首相が反対したことによって、計画は頓挫します。

一方、任務に疑問を抱いたレーンは、社会のシステムに復讐しようとしました。人手と莫大な金が必要になったレーンは、アトリーの理論上の計画に過ぎなったシンジケートを実際に創設。手段を選ばず、世界の体制を破壊しようとしました。

MI6は、映画では007シリーズのジェームズ・ボンドが所属する機関で有名ですね。

スポンサーリンク

ローグネイション感想

最高に面白いのはやはりイーサンとイルサのカーチェイスシーン。

さっきまで死にかけていたイーサンの無謀な運転に、

ベンジー「階段だぞ!?階段だ!階段!!」

と叫ばずにはいられないベンジー。

途中、ブラント・ルーサーの乗った四駆とすれ違う場面はふきました(笑)

相変わらずムチャクチャやってんな~という顔のルーサー。
ビックリがとめどないブラント。

イーサンたちを追いかけようにも狭い路地で方向転換が上手く出来ず、

ブラント「なんで4WDなんだ!?」

とわめくブラント。

4人のコンビネーションが最高でした!

スポンサーリンク

ミッション:インポッシブル過去作品を無料で見たい人はコチラ!

ミッション:インポッシブルを1から最新5『ローグ・ネイション』まで無料でみたい人には「U-NEXT」という動画配信サイトがおすすめです。

U-NEXTならミッション:インポッシブル全作品に加えて、
トム・クルーズ主演最作品『バリー・シール/アメリカをはめた男』もあわせて見れます!

今なら31日間の無料期間もあるのでぜひ一度登録してみてください!

>>ミッション:インポッシブルを31日間無料のU-NEXTで見る!<<

(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

U-NEXTの人気ポイント
  • 無料登録で600ポイントもらえる!だから1作品はタダで視聴できる!
  • 31日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 見放題作品の映画やコミックも見れる!

U-NEXT公式サイトはこちら

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。