コナン映画から紅の恋歌ネタバレあらすじラスト結末 犯人の正体と5年前の事件の真相

コナン映画2017『名探偵コナン から紅(くれない)の恋歌(ラブレター)』ネタバレあらすじと感想についてまとめています。
大阪、京都を舞台に連続爆破事件が発生。日売テレビを狙った爆破事件、そして皐月会のメンバー矢島と関根を殺害した連続殺人事件の犯人の正体は?5年前、名頃を殺した犯人は誰だったのか?トリックと謎を解説&考察していきます。和葉VS紅葉、平次をめぐる恋の行方、平次が紅葉に「嫁に取る」と言った真相とは?
ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

登場人物&声優キャスト

■ 江戸川コナン(声:高山みなみ)
本作の主人公。黒ずくめの組織のジンにAPTX4869を飲まされ、小学生になってしまった工藤新一の仮の姿。現在は毛利探偵事務所に居候中。

■ 毛利蘭(声:山崎和佳奈)
新一の幼馴染で、帝丹高校2年生。空手部の女主将。

■ 毛利小五郎(声:小山力也)
蘭の父親。冴えない探偵。

■ 服部 平次(声:堀川りょう)
通称・西の高校生探偵。新一の親友で、新一の正体を知る一人。

■ 遠山 和葉(声:宮村優子)
平次の幼馴染。

■ 服部 静華(声:勝生真沙子)
平次の母。競技かるたの元クイーンで、平次に頼まれて和葉を指導する。

■ 灰原哀(声:林原めぐみ)
黒の組織の元メンバー「シェリー」。本名は宮野志保。「APTX4869」を開発した科学者で、姉の宮野明美が組織に殺されたことで組織と対立、自身もAPTX4869を飲んで小さなって逃亡した。現在は阿笠博士のところに居候中。

■ 吉田歩美(声:岩居由希子)
少年探偵団メンバー。コナンが好き。

■ 小嶋元太(声:高木渉)
少年探偵団メンバー。歩が好き。

■ 円谷光彦(声:大谷育江)
少年探偵団メンバー。歩が好き。

スポンサーリンク

大阪府警
■ 服部 平蔵(声:山路和弘)
平次の父。大阪府警本部長。
  
■ 遠山 銀司郎(声:てらそままさき)
和葉の父。大阪府警刑事部長。
  
■ 大滝 悟郎(声:若本規夫)
警部。

京都府警
■ 綾小路 文麿(声:置鮎龍太郎)
警部。『異次元の狙撃手』以来、ペットのシマリスも登場。

スポンサーリンク

映画オリジナルゲストキャスト

皐月会メンバー
■ 大岡紅葉(声:ゆきのさつき)
京都泉心高校の2年生。皐月会に所属する百人一首の高校生チャンピオンで、「未来のクイーン」と言われている。
  
■ 関根 康史(声:宮川大輔)
皐月会所属のカメラマン。
  
■ 枚本 未来子(声:吉岡里帆)
改方学園の2年生。かるた部の主将。
  
■ 阿知波 研介(声 :阪脩)
皐月会会長。不動産会社「阿知波不動産」の社長で、「浪速の不動産王」と呼ばれている。
  
■ 阿知波 皐月(声:吉田美保)
研介の妻。20年前に皐月会を創設した初代会長。3年前に病死した。
  
■ 海江田 藤伍(声:石井康嗣)
阿知波研介の元秘書。
  
■ 矢島 俊弥(声:石川英郎)
皐月杯に2年連続で優勝している。

名頃会

■ 名頃 鹿雄(一条和矢)
京都を拠点にする少数精鋭の競技かるた団体「名頃会」の代表。紅葉の師匠。得意札は「紅葉」が歌われた札。

スポンサーリンク

主題歌

「渡月橋 ~君 想ふ~」倉木麻衣


  

スポンサーリンク

から紅の恋歌ネタバレあらすじをラスト結末まで

起:京都の殺人事件、

京都の東山にある屋敷で、皐月会メンバーの矢島俊弥は、昨年の皐月杯の映像を見ながらかるた札を並べていた。
何かに気付いてほくそ笑む矢島。

しかし屋敷に侵入してきた何者かによって、矢島は日本刀で撲殺されてしまう。
部屋に散らばったかるた札の中から、犯人は矢島の手にある一枚の札を握らせる。

コナンと蘭、そして少年探偵団の一行は、皐月会会長の阿知波研介と対談を行う小五郎に同行し、大阪の日売テレビを訪れていた。
日売テレビでは、皐月会が主催する競技かるたの大会「高校生皐月杯」の番組収録のリハーサルが行われていた。

対戦していたのは、平次や和葉と同じ改方学園の枚本未来子と、競技かるたの高校生チャンピオン大岡紅葉。
この後、矢島と紅葉によるデモンストレーションが行われるはずだった。

しかし矢島と連絡が取れず収録が遅れることになり、移動途中、平次は廊下で紅葉とぶつかる。
紅葉は平次を見て涙を浮かべ、

「運命やわ。会えるんやないかと思てました。ウチの未来の旦那さんに・・・」

と言う。

驚く平次に、和葉はどこかで紅葉に会ったことがあるのではないかと詰め寄るが、平次は紅葉に見覚えはなかった。

一方、大阪府警に「日売テレビを爆破する」と爆破予告のメールが届く。
メールにはかるた札の画像が添付されており、悪質なイタズラではないかとも考えられたが、「イタズラやなかったら大事やぞ」と危惧する平蔵は、日売テレビに避難要請を出す。

要請を受けた日売テレビは、爆破予告の件を伏せつつ、ビル内にいる全員に避難を呼び掛ける。
突然の避難指示に戸惑いながらも、コナンたちは外へ避難する。

しかし、未来子がスタジオに残されていたかるた札を取りに戻り、平次と和葉も未来子を追ってビル内に引き返していた。

突如、ビルの上階で大規模な爆発が起こる。

平次と和葉を見失った未来子は、警備員とともに無事外に避難するが、直後に2回目の大爆発が起こり、平次と和葉は崩壊するビル内に取り残されてしまう。

それに気付いたコナンは、平次のスマホのGPSをたどってスケートボードで2人の元へ助けに向かった。
コナンと平次は息の合ったコンビネーションで、何とか川へ飛び込み、脱出に成功した。

スポンサーリンク

未来子は腕を骨折してしまい、皐月杯出場を断念せざるを得なくなる。
皐月杯にかるた部の存続がかかっていた未来子は、和葉に自分の代わりに皐月杯に出場してくれるよう頼む。

それを聞いていた紅葉は、皐月杯で勝った方が平次に告白する権利を得るのはどうかと宣戦布告。和葉は、紅葉の挑戦を受けて立った。

その夜から和葉はかるたの猛特訓を開始。
平次は元クイーンの母親・静華に和葉の特訓を依頼。徹底的にかるたの腕を磨いていく。

矢島俊弥殺害の知らせを聞いたコナンは、平次と共にバイクで京都の現場へ向かう。
京都府警の綾小路警部の案内で、遺体発見現場の検証を始めたコナンと平次は、矢島の手の血痕から、犯人が矢島の手からかるた札を抜き取ったのではないかと推理する。

コナンは灰原に現場の写真を送り、散らばった大量の札の中で矢島がどの札を持っていたのか、解析を依頼する。

さらにテレビのリモコンに付着した血痕から、矢島が殺される直前にテレビで何かを見ていたことに気付く。
テレビの電源を入れると、紅葉の姿が映し出される。矢島が見ていたのは、過去の皐月杯の映像だった。

皐月会の主要メンバーが狙われていると推理した二人は、手分けして阿知波会長と紅葉を見張ることにする。
そこへ、遅れて皐月会メンバーの関根康史が到着する。
関根と阿知波会長らの会話を聞いていたコナンと平次は、ある違和感に気付く。

翌日、コナンと平次は、関根を矢島殺害犯ではないかと問い詰める。
しかし関根は犯行を否定。
皐月杯のリハーサルのため、阿知波会長や紅葉と共に3人それぞれ別々の車で阿知波会館に向かった。
車が発進した直後、関根の乗った車が爆破され、関根は意識不明の状態となってしまう。

 

スポンサーリンク

大阪府警では阿知波会長に対する聴取が行われ、皐月会に恨みを持つ人物として京都の百人一首の団体「名頃会」のリーダー、名頃鹿雄が浮上する。

5年前、名頃は当時皐月会の会長だった阿知波の妻・皐月に試合を申し込んだ。負けたら会をたたむことを条件にして。
名頃はマスコミに情報をリークし、皐月は名頃の挑戦を受けざるを得ない状況に追い込まれる。
しかし、名頃は当日になって試合を放棄。「かるた界の面汚し」と言われて姿を消し、以後消息不明となっていた。

その後名頃会は解散。当時、名頃会の解散を強行に主張していたのが殺された矢島だった。

現在皐月会のメンバーの紅葉と関根は、かつて名頃会のメンバーだったのだ。
紅葉は名頃の一番弟子であり、得意札も全く同じ。

そんな関根と紅葉の元にも、犯行予告として名頃の得意札のかるた札の写真画像が届いていたことが判明。
捜査本部は、一連の事件は名頃による皐月会の復讐とみて捜査を進める。

スポンサーリンク

皐月杯当日。和葉は順調に勝ち上がり、紅葉との決勝へ駒を進めていた。

関根が意識を取り戻し、矢島殺害現場を偽装したのは関根だったことがわかる。
ここ最近、矢島は名頃のことを探り回っていた。それに気付いた関根は、元師匠の消息が掴めるのではないかと、矢島を見張っていたのだった。

大会会場の西側の森の物置小屋で、爆破が起きる。
現場に残っていた指輪から、死んだのは阿知波会長の元秘書の海江田で、海江田自身が爆弾を持ち込んでいたことが判明する。

名頃が得意とした紅葉が歌われた札は全部で6枚。
犯人は残る1枚の札を誰に送るつもりなのか?

コナンは、その1枚を送る相手が決まっていなかったことに気付く。
決勝に誰が進むかわからなかったから、つまり残る1枚の札が送られていたのは和葉だったのだ。

綾小路警部は決勝戦の中止を命じるが、和葉は既に決勝戦の会場である皐月堂に紅葉、阿知波と共にいた。

スポンサーリンク

連続爆破事件の犯人は阿知波研介会長だった。
既に皐月会を去っていた海江田をスタッフとして再登録し、爆弾を渡していた。
阿知波会長はこのまま和葉と紅葉を道連れに、自らも死ぬ気でいた。

それを阻止すべく、平次とコナンはバイクで滝の上の皐月堂へ向かう。

試合は一進一退、互角の勝負が続いていた。
残るは和葉の得意札、

しのぶれど 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで

和葉の平次への恋を歌った歌だ。
紅葉も当然それを承知しており、守りきろうと全力を注ぐ。

平次の言葉に、集中力を取り戻した和葉は、得意札を見事奪取。
試合は残りの札が1枚ずつの運命戦にまでもつれ込む。

スポンサーリンク

一連の事件は全て名頃による皐月会への復讐だと思わせるのが、阿知波会長のシナリオだった。

5年前、阿知波会長の妻皐月と試合を行う予定だった名頃は、なぜか試合の前日に現れ、前哨戦が行われた。
結果、皐月は敗北。

事の発端は1年前の皐月杯決勝戦。
紅葉が獲った札の重ねが、師匠の名頃がある試合で獲った札の重ねと偶然一致していたことから、その映像を見ていた矢島はあることに気付いた。

皐月会のかるたの側面についた黒ずみが、殺害された名頃の血だということに。

皐月会の名誉を守るため、名頃の口を封じた証拠がかるた札に残っていた。
名頃の血がついたかるたをうっかりわしづかみにしていたため、かるたに指紋が残ってしまっていた。

だから矢島殺害とテレビ局爆破は同時に行われたのだ。

決勝戦が行われている皐月堂に名頃の遺体があるとコナンは推理。
始めから全て計画された犯行だったのだ。

コナンと平次はバイクで皐月堂に突っ込んだ。
コナンはサッカーボールを巨大化させ、滝の流れを変えて爆破の炎を消し、阿知波会長を問い詰める。

実は、全ての発端となった名頃殺しの犯人は、阿知波会長ではなく、妻の皐月だった。
圧倒的有利な状況にもかかわらず、名頃に敗北し絶望した皐月は、名頃を殴り殺してしまったのだ。

自白した阿知波会長は最後の爆破スイッチを押そうとするが、紅葉がそれを止める。

紅葉の口から名頃が前日に現れた真相が語られる。
目を患い、あと1年しかかるたができないと医者に宣告されていた名頃は、強引な勝負に出た。初恋の相手である皐月に認められたい一心で。
そして面倒を見られなくなってしまう紅葉たち弟子を、皐月会に託すために。

阿知波会長が泣き崩れた次の瞬間、皐月堂の崩壊が始まる。
コナンと紅葉、阿知波会長はエレベーターで脱出。
皐月堂に取り残されてしまった平次と和葉だったが、危機一髪、バイクで脱出に成功した。

スポンサーリンク

から紅の恋歌トリック解説&考察

犯人の阿知波会長は名頃の得意札だった紅葉の情景を歌った6枚の歌を、それぞれ犯行予告として送りつけることで、一連の事件を名頃の仕業に見せかけようとします。

  • 5 奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき /猿丸大夫→日売テレビ
  • 32 山がはに 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり /春道列樹→矢島
  • 24 此の度は 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに /菅家→関根
  • 69 嵐ふく 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり /能因法師→紅葉
  • 26 小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ /貞信公→阿知波会長
  • 17 ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 から紅に 水くくるとは /在原業平朝臣→和葉

阿知波会長は名頃の遺体を隠していた皐月杯決勝戦の舞台である皐月堂もろとも爆破し、死ぬ気でいました。

紅葉が勝ち上がるのは予想できましたが、対戦相手は誰かわからなかったため、歌が1枚残っていたのです。
そしてそれが勝ち上がった和葉に送られてきたわけです。

スポンサーリンク

和葉と紅葉、平次をめぐる恋のバトル!

蘭がパスケースを届けた際、紅葉の平次への恋心を表すべくよんだ歌が、

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ /崇徳院

現代語訳:川瀬の流れが速いので、岩にせき止められる急流が、一度は別れても再び合流するように、愛しいあの人と今は障害があって別れていても、行く末は必ず添い遂げようと思う。

一方、和葉が得意札に選んだのは、

しのぶれど 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで /平兼盛
現代語訳:他人には気付かれないように耐え忍んできたけれど、顔色に出てしまっているのだ。私の恋は。「恋の物思いをしているのですか」と他人が問うほどまで。

歌の意味もありますが、ポイントは詠んだ人でした。
百人一首の中で平次の「平」の字で始まるのは平兼盛だけ。
和葉は「もう平次の札にしか見えへんかったわ」そう。

スポンサーリンク

平次の「嫁に取る」発言の真相

紅葉がパスケースに入れて大事に持っていた写真の約束。
小学生の時、飛び入りで参加したかるた大会で優勝した平次は、負けて大泣きしていた紅葉に、「今度会ったら嫁に取る」と指切りをして約束します。

「嫁に取る」発言の真相は、

「今度会うたら嫁に取るさかい、待っとけや」
⇒正解:「今度会うたらもっとよめ(強め)に取るさかい、腕磨いて待っとけや」

・・・とガッツリラブコメ落ちでした(笑)

平次は相手が女の子なので、けがをさせてはいけないと思い、力を抜いてやさしく取っていたのでした。

紅葉の盛大な勘違いだったわけですね(笑)

スポンサーリンク

からくれ感想

今回もコナンがジェームズ・ボンドやイーサン・ハントも真っ青のアクションで見せてくれます。
もうスケボーやばい・・・!

そしてかなりラブコメ色が全面に押し出された今回の「からくれ」。

平次&和葉のやり取りはもはや夫婦漫才のよう。
でも特訓中の和葉に帰るよう言われた時の平次はちょっとさみしそうな感じでしたね~。

衝撃だったのが平次の「うわあ・・・この姉ちゃん乳でか」発言。
平次の声優の堀川さんがインタビューで、

堀川りょう「あれは僕も驚いた。あんな男の本能そのままみたいな発言をするんだって」

と語っているように、あれは・・・ビビりました。
新一は絶対思っても言わないよな・・・なセリフ(笑)
和葉もスタイル悪くないのにね・・・?

そしてラストの平次&和葉のバイクシーン。
平次の「しっかり捕まっとけよ和葉!!その手ェ離したら・・・殺すで」には

堀川りょう「ハグやキスをするでもなく、『愛してる』とか『好きだよ』と言うわけではないけど、僕は平次の『殺すで』は真摯な『アイラブユー』だと感じています。あのひと言に『世界で一番お前のことが大事で一生大事にしていく』という和葉への思いが詰まっていると思う」

という深い意味があったらしい・・・!!
深いなあ~~。

ちなみにラスト「なんて言うたん!?」って詰め寄る和葉に、実は

「かるたやってるときはかわいいと思った」

と言っていたらしいです。使われなくて残念・・・!

若本規夫さん演じる大滝警部、そして平次&和葉の父ちゃんコンビが大好きなので、大阪編は楽しかったです・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。