ハンター十ヶ条(ハンターハンター)とは?使い道と解釈考察

HUNTERXHUNTER(ハンターハンター)で登場する「ハンター十ヶ条」とは?
キルアがイルミを狩る際に使った「十ヶ条其乃四」、ジン、パリストン、チードルそれぞれの思惑とは?ハンター十ヶ条の使い道と解釈について考察していきます。

ハンター十ヶ条とは?

其乃一

ハンターたる者 何かを狩らねばならない

其乃二

ハンターたる者 最低限の武の心得は必要である
最低限とは念の修得である

其乃三

一度ハンターの証(ライセンス)を得た者は如何なる事情があろうとも
それを取り消されることはない
但し証の再発行も如何なる事情があろうとも行われない

其乃四

ハンターたる者 同胞のハンターを標的にしてはいけない
但し甚だ悪質な犯罪行為に及んだ者に於いては
その限りではない

其乃五

特定の分野に於いて華々しい業績を残したハンターには
星が一つ与えられる

其乃六

五条を満たし且つ上官職に就き 育成に携わった後輩のハンターが
星を取得した時 その先輩ハンターには星が二つ与えられる

其乃七

六条を満たし且つ複数の分野に於いて華々しい業績を残した
ハンターには星が三つ与えられる

其乃八

ハンターの最高責任者たる者 最低限の信任がなければ
その資格を有することは出来ない
最低限とは全同胞の過半数である
会長の座が空席となった時 即ちに次期会長の選出を行い
決定するまでの会長代行権は副たる者に与えられる

其乃九

新たに加入する同胞を選抜する方法の決定権は会長にある
但し従来の方法を大幅に変更する場合は全同胞の
過半数以上の信任が必要である

其乃十

此処に無い事柄の一切は会長とその副たる者
参謀諸氏とでの閣議で決定する
副たる者と参謀諸氏を選出する権利は会長が持つ

スポンサーリンク

ハンター十ヶ条の使い道と解釈考察

選挙編でジンが、

ジン「ハンター十ヶ条の解釈次第で少し状況が変わる」

と言っていた意味はどういうことなのか?
考察してみます。

パリストンの目的

会長選挙の最終投票前、
パリストンは緊急動議を発令します。

ハンター十ヶ条の第八条・九条に則り、信任投票を行うことに。

テーマはハンター十カ条とハンター試験の見直し
現行のハンター試験制度の撤廃を提案します。

第八条を強く振りかざせば閣議の決定を無視して強制動議は可能ですが、
パリストンはあえて緊急動議を発令。

テラデインやブシドラが主張していた、
十ヶ条の三や四、現行の試験による弊害は深刻だと言わざるを得ない、というのがパリストンの主張です。

「ハンター試験と十カ条の改正はお早めに・・・チードルさん・・・貴方の協会が退屈なものだったら・・・次は本気でおちょくりますから」

結局、暗黒大陸渡航に際し、
チードルのとった戦略は「準協会員」の選出。
パリストンにとって最も中庸で退屈な判断でした。

キルアが利用した十ヶ条其乃四

アルカをゴンのもとに連れて行く際、
それを阻むイルミを、
キルアは「十ヶ条の其乃四」を使い、脱会長派に”売り”ます。

脱会長派
テラデイン、ルーペ、ブシドラの3名。

「十ヶ条の四」は根本的に間違っていたと主張。
試験をもっと厳正にすべき。
イルミのような人間を排除するために、
入れる時点で正しくふるいにかけるべきと主張していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。