年始の仕事始めの挨拶はどうすればいい?上司には?部下や後輩には?

いよいよ仕事始め。年が明け、はじめて顔を合わせる職場で、どのようなあいさつをすれば良いのでしょうか?
これだけ言えればOK!というフレーズをご紹介します。

上司への挨拶

あけましておめでとうございます。今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

この一言が言えればOKです。

仕事始めは、年末年始休暇が終わり新年初出社の日。
新しい年を迎え新たな気持ちで仕事に向かう第一日目です。

「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」と言われますが、
ビジネスシーンにおいても同様です。

今後の職場の人間関係を円滑にするためにも、
気持ちの良い挨拶でスタートしましょう。

この一言があるかどうかで、随分あなたの印象が変わりますよ。

スポンサーリンク

部下(後輩)への挨拶

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。一緒に頑張りましょう。

上司は、部下に仕事を命じ、その進行を管理する立場にあります。
監督や指導をする中で、時にはきつい言葉も言うこともあるでしょう。

しかし、仕事を離れればお互い一人の人間です。

部下、あるいは後輩といえど、誠意と敬意を持って接するべきです。

年始のあいさつはきちんと答礼し、
これからまた「一緒に」仕事を頑張っていってほしいという、思いを伝えましょう。

管理職から部下への挨拶

  • 新年あけましておめでとうございます。
  • 皆さん、正月休みで心も体もリフレッシュされたことと思います。
  • お正月休みで、皆さんじっくり充電されたことと思います。
  • 皆さん、それぞれ胸に期するものがあることでしょう。
  • 充実した1年になるよう、全員で頑張ってまいりましょう。
  • 今年も皆さんと元気よく歩んでいきたいと思います。
  • よろしくお願いします。

管理職の仕事始めの挨拶では、
今年一年、社員一丸となって仕事をしていくという抱負を述べます。

うさぎ年=ジャンプの年、飛躍の年など、
干支に掛け合わせてうまく言える年もありますが、
無理に盛り込む必要はありません。

仕事始めのあいさつでは、
今年一年の仕事に意欲がわく挨拶にしましょう。

同僚への挨拶

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

毎日顔をあわせている会社の同僚。
いくら親しくなっても、学生時代の友人と同じように接するのは禁物です。

「親しき仲にも礼儀あり」。
けじめをつける意味でも、仕事始めの挨拶をして、お互い気持よく一年をスタートしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

そんなに難しい言葉ではないのですが、いざとなるととっさの一言がなかなか出てこないものです。

一言で良いので、節目の挨拶ができると、今後の人間関係が円滑になっていきます。
そういう職場でありたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。