【ドクターX2016情報まとめ】米倉涼子他キャスト&ネタバレ、主題歌、あらすじチェック


01

米倉涼子主演ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』のシーズン4が10月からついにスタート!
放送日時や視聴率、キャスト(出演者)、あらすじ、相関図、主題歌、ネタバレ&感想などをまとめてチェック!
これまでのドクターXシーズン1・2・3情報もまとめてみました。
ドクターX過去シーズンを一気見したい人のための無料視聴情報もアリ!

ドクターXを見逃した時は
ドクターXを見逃した時は?ケース別2分で分かる視聴方法

スポンサーリンク

ドクターXシーズン4放送日時

01

テレビ朝日系
毎週木曜 21:00~21:54
10月13日スタート

オススメ度:★★★★

  

『ドクターX』見逃し再放送は?

見逃したのが7日以内の、最新話だけの場合。
他の民放ドラマだと、無料でTVerで見ることができるのですが、
残念ながらドクターXはTVerで配信されていません

なので、1話だけ見逃した人も
2話以上見逃している人も、
ずばり「U-NEXT」か「dTV」で見ることになります。
詳しくは
ドクターXを見逃した時は?ケース別2分で分かる視聴方法

スポンサーリンク

ドクターXシーズン4

相関図

02
引用元:tv-asahi.co.jp

あらすじ

西田敏行が新院長として君臨する東帝大学病院に、
副院長の泉ピン子が米倉涼子を招きます。

06

西田敏行異動多いな!!(笑)

米倉涼子演じる大門未知子が、
生瀬勝久ら東帝大学病院メンバーとバトルしていく話。

05

キャスト

遠藤さんが出ないのが残念でならない今シーズン。
注目の新キャストですが、
もうラスボスに持ってくる俳優がいない感が強いドクターX・・・。

伊東四朗→西田敏行→北大路欣也→ビートたけしときて、
泉ピン子です!!

04

もうビジュアルからして怖い(笑)
米倉涼子との女の対決が見ものですね~。

そして今回神経質そうな人が多い印象のドクターX。
スペシャルから引き続き登場の生瀬勝久、長谷川朝晴に加え、
新たに投入されるのが滝藤賢一

03

『半沢直樹』以来、大活躍ですね~滝藤さん。

そして新たな西田敏行の腰ぎんちゃくに吉田鋼太郎
安定の小物感満載です。
やっぱり女好き。

07

でも西田敏行の腰ぎんちゃくは遠藤さんが良かった・・・!!
遠藤さん今超売れてますからね、
スケジュール合わなかったのかな~・・・。

視聴率は?

※判明次第追記していきます!

ドラマ『ドクターX』平均視聴率(ビデオリサーチ調べ 関東地区)は

初回(第1話): 20.4%
第2話: 19.7%
第3話: 24.3%
第4話: 21.3%
第5話: 20.4%
第6話: 21.5%
第7話: %
第8話: %
第9話: %

圧勝。
文句なしに、10月スタートドラマ第1位です。
『相棒』ですら、はるか彼方です。
瞬間最高は25.0%を記録。さすがですね。

『ドクターX』2016主題歌もSuperfly!

ドクターXの主題歌は、4シーズンとも、
全てSuperflyが担当しています。

original

主題歌は、どれも米倉涼子演じる大門未知子に相応しい、ロックナンバーです!

今回シーズン4の主題歌「99」については、

01Superfly「危機的状況から起死回生を図る大門未知子のギリギリ感を「99」という数字に込めて、これまでよりも明るくパワフルに歌いました」

とコメントしています。

シーズン1主題歌:「Force」

シーズン2主題歌:「Bi-Li-Li Emotion」


シーズン3主題歌:「愛をからだに吹き込んで」


シーズン4主題歌:「99」

U-NEXTで今すぐ視聴!

ドクターXこれまでのシーズンネタバレ&感想

外科医・大門未知子(だいもん みちこ)

米倉涼子演じる主人公“ドクターX”こと、
無敵の外科医・大門未知子(だいもん みちこ)。

10
引用元:tv-asahi.co.jp

  • 医局で暗黙の了解とされる、教授の下働きや付き合いは「いたしません」の一言ですべて拒否。
  • 勤務時間は絶対厳守。
  • 他人とは決してつるまない、一匹狼
  • 医師免許を持っていなくても出来る作業は、雑用はおろか握手まで断る!

最強のフリーランス外科医です。

趣味:手術。
特技:手術。

手術の報酬は桁違いに高いですが、
外科医としての腕は超一流で、
人間だけでなく競走馬の脚の手術までこなします。

03 米倉涼子「私、失敗しないので」

ドラマを見たことなくても、この決めゼリフをご存じの方も多いのではないでしょうか。

米倉涼子演じる外科医・大門 未知子の決めゼリフ。

外科医不足について取り扱った番組で、
「誰にあこがれて外科医を目指すのか?」というアナウンサーの問いに、
順天堂大の外科医・天野篤先生が

img_b18dcbd790d71c713d343788901b0c3126494天野先生「今だと医龍とか、『私失敗しないので』とかですね」

と答えていたほど。

今は大門未知子に憧れて外科医を目指す時代なのです・・・!!

おなじみキャスト

米倉涼子演じる大門未知子はフリーランスの外科医なので、
派遣先がシーズンごとに変わります。
帝都医科大学付属 第三病院→本院→国立高度医療センター。

が、基本『ドクターX』は一話完結型のストーリーで、
シーズンが変わっても舞台が変わるだけなので、
前シーズンを見ていなくても十分楽しめます!

どこからでも入れるとのが『ドクターX』の魅力ですね!
たまに一話くらい見忘れても大丈夫(笑)
主軸で大きなストーリーはあるんですが、
最終回近くにならないとあまり動き出さないので、問題なく楽しめます!

シーズン4も続けて登場が予想されるメンバーは、
米倉涼子が所属する「神原名医紹介所」のあきらさんこと、岸部一徳(神原晶)。

04

04岸部一徳「メロンです。請求書です」

もドクターXの名物ですね。

そして米倉涼子の同僚、
シングルマザーの麻酔科医・内田有紀(城之内博美)。

15

米倉涼子の右腕と言ってもいいでしょう。

この2人と後は西田敏行、遠藤憲一辺りも出て来そうな予感です・・・(笑)

シーズン1

19

放送は?

2012年10月18日~12月13日(全8話)

相関図

02

あらすじ

舞台は帝都医科大学付属 第三病院
米倉涼子VS病院長・伊東四朗(毒島隆之介)。

13

第三病院での医師達との対決が描かれます。
手術がド下手な段田安則(鳥井高)の小物感が最高でした。

24

シーズン2

20

放送は?

2013年10月17日~12月19日(全9話)

相関図

01

あらすじ

舞台は、前回シーズン1の帝都医科大学の本院
米倉涼子VS外科統括部長・西田敏行(蛭間重勝)。

22

「どこまでも姑息な男」こと、遠藤憲一(海老名敬)もシーズン2から登場。
これからのドクターXを支える、主要メンバーが出揃ったシーズンです。

27

主任教授を狙う野心家のはずが、
いつの間にかドクターXのお笑い担当に・・・(笑)

主要メンバーのはずの藤木直人(近藤忍)が遠藤さんの影に超霞んでましたね(笑)

26

まあ遠藤さんの方が圧倒的に演技上手いからな~・・・。

次期院長と囁かれる女帝・内科統括部長の三田佳子(馬淵一代)と米倉涼子の女の対決はド迫力そのものでした。

23

こんなピンヒール履いた医者は嫌だ・・・(笑)

シーズン3

21

放送は?

2014年10月9日~12月18日(全11話)

相関図

03

あらすじ

舞台は、日本最高峰の医療技術を誇る「国立高度医療センター」。
米倉涼子VS「国立高度医療センター」新総長・北大路欣也(天堂義人)。

14

「国立高度医療センター」は、
事務局長が渡辺いっけい(加藤峰司)、

28

遠藤憲一に対抗する西の「西京大学」派閥トップが伊武雅刀(談合坂昇)と

29

メンバーが超濃いです(笑)

おまけに女ボスは看護師長・高畑淳子(白木淳子)でこれまたド迫力。

25

90度お辞儀が超こわい!!

『ドクターX』平均視聴率は?

ドラマ『ドクターX』各シーズンの平均視聴率(ビデオリサーチ調べ 関東地区)は

第1期:19.1%
第2期:23.0%
第3期:22.9%

シーズン3の最終回は、自己最高となる27.4%を記録。
平均視聴率が20%を超え
の超人気ドラマです。
テレビ朝日では『相棒』並みですね~。

当然続編のシーズン4が期待されましたが、
米倉涼子がシーズン3の時に、

03米倉涼子「自分が出演するドラマであまりシーズンを重ねるのが苦手。”今回(第3シーズン)は未知子にとって最終決戦!第4シーズンはいたしません”というつもりで、全力を出し切って臨みます」

と語っていたことから、
続編はないと思われていました。

が!
ついにシーズン4の制作が決定!

03米倉涼子「続けていくことでまた、女優として新しいステップを踏めるかもしれない、と感じていますし、心機一転、新しい気持ちで取り組んでいきたい」

10月からの放送に向けて、7月3日にはスペシャルも放送されました。
ドクターX2016ネタバレ&感想!7月3日はビートたけしVS米倉涼子

ドクターXを一気見するには?

シーズン4にあわせて、
これまでの過去シーズンを一気見したい!という人にオススメなのが
「U-NEXT」す。

詳しくは
ドクターXを見逃した時は?ケース別2分で分かる視聴方法

あなたへのおすすめ

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ