舛添要一家族と公用車で湯河原別荘通い!?2億300坪の別荘の場所(住所)は?


AS20160513004341_comm
4月27日発売の「週刊文春5月5日・12日合併号」でスクープされた、舛添要一東京都知事の毎週末公用車で湯河原の別荘通い。
推定2億、300坪の大豪邸という舛添要一の別荘の場所(住所)はどこなのでしょうか?
高額な豪華すぎる海外出張への批判が強まっている中、温泉地で毎週妻や子供と一緒に、家族でレジャーを楽しんでいた舛添要一。
週刊文春スクープ第1弾内容、全文レポートです。

スポンサーリンク

公用車で毎週湯河原の別荘へ

都庁関係者によって、週刊文春にもたらされた内部告発。

都庁関係者「就任当初から舛添都知事は週末に東京を離れることが多いのです。幹部職員の間では湯河原の別荘を訪れているとささやかれており、もし本当ならば危機管理の観点から大問題です。さらに問題なのは公用車を使っていることです」

2016年4月22日金曜日、午後2時30分過ぎ。
都庁から舛添要一都知事を乗せた公用車は、
都心から約100キロ離れた神奈川県湯河原町にある、「湯河原温泉郷」に向かいます。

約3時間半後の午後6時、
着いたのは豪勢な屋敷の前。

262d7600

住宅地図には「MIPE 湯河原別荘 舛添」と記されているこの別荘。
「MIPE」とは、舛添要一の妻・雅美さんが代表取締役を務め、
自身も役員を務めるファミリー企業「舛添政治経済研究所」の英字略称。
舛添要一の嫁雅美逆ギレ画像!実家は名家で聖心女子大出身のお嬢様!年齢は?

舛添要一は、毎週末公用車で湯河原の別荘通いをしていたのです。

毎週末公用車で湯河原の別荘通い

舛添要一の公用車の運転手が移動経路を記録した「庁有車運転日誌」によると、
2015年5月1日~2016年4月22日の間に、
湯河原の別荘を訪れた回数はなんと49回

一年52週なので、まさに毎週末と言えます。
2016年に入って公用車で湯河原に行っていないのは、
元旦と3月18日のみ。

公用車は都庁を出発し、舛添要一の自宅がある世田谷を経由し、湯河原の別荘へ。
舛添要一を下ろした後、空の公用車が都庁に戻って来ています。

公用車のルートは、

・出先から湯河原に直行。
・前日、湯河原に送り届けた舛添要一を湯河原に迎えに行く。

完全にこれ私用ですよね・・・?
しかも途中で自宅に寄ってるって、
まさか家族も一緒に公用車で湯河原別荘に行ってたんじゃ・・・?

スポンサーリンク

湯河原別荘の場所(住所)は?

舛添要一の湯河原の別荘の場所(住所)はこちら↓↓

MIPE 湯河原別荘 舛添
〒259-0314
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上

所有者は「舛添政治経済研究所」
舛添要一の妻・雅美さんが代表を務める政治団体です。
舛添要一の嫁雅美逆ギレ画像!実家は名家で聖心女子大出身のお嬢様!年齢は?

地元不動産業者「このあたりは風光明媚でかつては大企業の保養地が立ち並んだ人気エリア。舛添さんの別荘は土地だけで9千万は下りません。建物を合わせると2億近くかかっていると思います」

敷地面積950㎡、約300坪。
舛添要一は平成11年に、この2億近い別荘を、借り入れすることなく購入しています。

家族で遊びに

湯河原の別荘では公務に従事している形跡はなく、
家族で遊びに来ているという舛添要一。

近隣住民「10年以上前から、2人のお子さんを連れて年に何回もいらっしゃってました。奥様のご実家がこの近くにあるようで、奥様のご両親もよく来られていました。最近もホームセンターなどで一人で買い物しているのを見かけました」

奥さんの雅美さんは湯河原出身ですからね・・・。
舛添要一の嫁雅美逆ギレ画像!実家は名家で聖心女子大出身のお嬢様!年齢は?
子供も連れて、完全にレジャーですね。

近隣の商店主は、厚生労働大臣を務めていた2007年頃から、毎週のように目撃していたそうです。

近隣の商店主「舛添さんは鍼灸院やクリーニング店にも通っていました。クリーニング代を支払う際、どんなに少額でも領収書をきちんともらうケチな人でした」

これらのプライベートな支出を政治資金から支払っていたことでも問題になっています。
【舛添要一調査結果全文まとめリスト】辞任せず、宿泊費と飲食代は一部返金で対応

公用車で別荘通いにかかる税金

運転日誌で最も多い、
都庁~世田谷(自宅)~湯河原~都庁ルート。
走行距離は200キロ超、6時間。

都内のハイヤー会社によると、
都庁と湯河原町の往復で、約8万円かかるとのことなので、
1年49回の別荘通いにかかった費用は
8×49=392万、約400万円

また、運転手は平均4時間を越える時間外労働を課されています。
その累計は224時間。
これは、25日分の勤務時間に匹敵します。
全部残業代が出ているのでしょうか?

都庁に勤務する運転手の初任給は142,000円。
少なくともこの金額以上の経費が使われているのは間違いなさそうです。

別荘で公務?

公用車での毎週末の温泉地別荘通いについて、

知事秘書室「知事の職責は都政全般にわたる広範なものであり、時間や場所を問わない。週末にはその週の職務のまとめと翌週の公務のための準備を世田谷や湯河原の事務所で行っている

公用車の使用については、

知事秘書室「湯河原にあるのは舛添政治経済研究所の事務所であり、都庁等の公務場所から当該事務所に送っているもので、何ら問題はない

公用車を使って湯河原で「公務」に従事しているので問題はないという回答です。
問題だらけだろ。
確かに、公用車の使用に関して、都の条例などでは明確な規定はありませんが・・・。

神戸学院大・上脇博之教授「明文化されなくとも公用車を私的に利用してはならないというのは当然です。公務のためにと言いますが、なぜ東京都知事が湯河原で公務をする必要があるのでしょうか。その説明責任を果たす必要があります」

週刊文春続報!

続々と続く週刊文春のスクープ。
もはや舛添要一の辞任がいつか、可能性は文春砲次第か・・・!?

第1弾←今ココ
舛添要一家族と公用車で湯河原別荘通い!?2億300坪の別荘の場所(住所)は?

第2弾
舛添要一週刊文春第2弾会議した出版社社長は誰か?ホテル三日月へ家族旅行の真相

第3弾
舛添要一週刊文春第3弾日光温泉旅館へ家族旅行も政治資金で支払い!?

第4弾
舛添要一の正体!週刊文春第4弾まんじゅうも銭ゲバで八幡高校同級生ら激怒!?

第5弾

第6弾
舛添要一辞任の鍵は週刊文春?第6弾家族と公用車で巨人戦観戦&コンサートの公私混同

第7弾
舛添要一週刊文春第7弾女性社長が出版社社長の正体を激白!会議はやはり嘘?

あなたへのおすすめ

※舛添要一都知事これまでの疑惑の全経緯は
舛添要一政治資金私的流用疑惑まとめ

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ