舛添要一週刊文春第2弾会議した出版社社長は誰か?ホテル三日月へ家族旅行の真相


9
5月12日発売の「週刊文春5月19日号」でスクープされた、舛添要一都知事の「龍宮城スパホテル三日月」への正月家族旅行。
6月6日の調査報告会見で、舛添要一が挙げた「元新聞記者の出版社社長」とは一体誰なのか?
辞任する気は一切なく、ウソの上塗りを重ねていく舛添要一都知事。
週刊文春スクープ第2弾内容、全文レポートです。

スポンサーリンク

元新聞記者の出版社社長って誰?

舛添要一が2013年と2014年の正月に、
家族旅行で「龍宮城スパホテル三日月」に宿泊しながら、
会議費用として政治資金で支払っていた疑惑。

ホテル三日月で会っていたという、「元新聞記者の出版社社長」とは一体誰なのでしょうか?
家族以外に正月にホテルに同行した人間が本当に存在するのか・・・。

※続報!元新聞記者の出版社社長は芹澤邦雄?
舛添要一元新聞記者の出版社社長は芹澤邦雄か?公私混同で故人を利用する悪どいウソ

03

龍宮城スパホテル三日月の宿泊代は会議費?

龍宮城スパホテル三日月って?

千葉県木更津市にある、一大レジャー施設です。

f_zenkei

9NufIN

1億5千万円するという金無垢風呂などの温泉施設をはじめ、
屋内外のプール、エステ、岩盤浴などを完備した、敷地面積5万坪の一大レジャー施設。

2013年1月3日、当時参議院議員だった舛添要一は、
「会議費用」として237,755円、約24万円を支払っています。

さらに翌年の2014年1月2日にも、同様に
「会議費用」として133,345円、約13万円を支払っています。

合計37万円の支出です。

龍宮城スパホテル三日月のHPによると、
会議費用は一人あたり500円。

24万円かかったとすれば、単純計算で48人集まったことになります。

ホテル関係者「2回とも会議は一切、開かれていません

そりゃそうです。
正月に48人も集まるような会議なんかするはずがありません。

スポンサーリンク

実態はただの家族旅行?

ホテル関係者から、「家族旅行」だったという証言も出ています。

ホテル関係者「舛添さんはお子さんを連れて、慰安旅行でご利用されていました。2013年はご家族で2泊された記録が残っています。2014年は1泊だと思いますが、温水プールでお子さんと遊んでいました。いずれの年も、グレードの高い部屋に泊まったと思います」

バイキング会場で、奥さんと2人の子供と一緒の舛添要一に会ったという宿泊客の証言も。

宿泊客「浴衣姿でリラックスした様子だったので声をかけると、握手を求められました。お酒も入っており、とても緊急の会議が開かれた雰囲気ではありませんでした」

写真撮影は、

Yōichi_Masuzoe,_Governor_of_Tokyo_(cropped)舛添要一「プライベートなので勘弁してください」

と断られたとのこと。

思いっきりプライベートって言ってますが・・・。
【舛添要一調査結果全文まとめリスト】辞任せず、宿泊費と飲食代は一部返金で対応

5月13日釈明会見

舛添要一は、家族とともに宿泊したことは認めながらも、

e88ff4e620e60f3914058c6564f5f4da_663舛添要一「事務所関係者等と会議し、政治活動だと思った

と苦しい弁明。
会議の参加者名はおろか、人数についてさえ明らかにしませんでした

舛添要一「非常に機微に関わることで、相手方のプライバシーもあるのでお答えを差し控えさせていただきたい」

全国紙社会部記者「そもそも妻の雅美さんが舛添氏の個人事務所の代表です。この理屈なら、温泉で舛添氏が妻に『都知事選どうしよう』と聞いただけで『事務所関係者と会議した』ことになりかねない。だから人数まで隠すのでは、と都庁職員の間でささやかれています」

そもそも部屋での会議禁止

そもそも、龍宮城スパホテル三日月で部屋での会議は認められていません

龍宮城担当者「宿泊客以外の方には、部屋への入室は認められておらず、ご遠慮していただいております。もし宿泊客以外の人を交えた会議をお開きになる場合はレストランやロビーでお願いしております」

さあメッキが剥がれてきました。
舛添要一はどこまで「会議」だと言い張り続けるのか・・・。

元新聞記者の出版社社長が誰か判明?

舛添知事が過去に著作を出した出版社の編集者が、

編集者「もしかするとウチの社長がアリバイに加担するのかもしれない」

と話していることがわかりました。

編集者「元記者の社長ということで、ウチの社長がまさにそれなので、もしやと思ったんですが」

この出版社では、
7~8年ぐらい社長のスケジュールを管理してきた秘書が、5月下旬になって急に編集部に移されたといいます。
しかも、唐突に今までなかった役職が付けられ、立場的には昇格。
元秘書は編集経験ゼロで、
出版の仕事そのものには素人のはずが、いきなり現場の役員という待遇に、違和感を覚えたという編集者。

編集者「もし社長が舛添知事に加担して、過去のスケジュールを書き換えたとすれば、マスコミが直撃した際に表に立つ秘書は危なっかしいですから、今のうちに異動させたんじゃないかと」

出版社社長と口裏合わせ?

この元新聞記者の出版社社長が、
実際に舛添知事とホテルで会談していた可能性もあるにはありますが、

編集者「社長は毎年正月は千葉の季美の森でゴルフをするのが通例で、そこに別荘もあるんです。同じ千葉にいたとなれば、口裏を合わせやすい感じがする」

おそらく口裏を合わせてくるでしょうね・・・。

週刊文春スクープ一覧

続々と続く週刊文春のスクープ。
もはや舛添要一の辞任がいつか、可能性は文春砲次第か・・・!?

第1弾
舛添要一家族と公用車で湯河原別荘通い!?2億300坪の別荘の場所(住所)は?

第2弾←今ココ
舛添要一週刊文春第2弾会議した出版社社長は誰か?ホテル三日月へ家族旅行の真相

第3弾
舛添要一週刊文春第3弾日光温泉旅館へ家族旅行も政治資金で支払い!?

第4弾
舛添要一の正体!週刊文春第4弾まんじゅうも銭ゲバで八幡高校同級生ら激怒!?

第5弾

第6弾
舛添要一辞任の鍵は週刊文春?第6弾家族と公用車で巨人戦観戦&コンサートの公私混同

第7弾
舛添要一週刊文春第7弾女性社長が出版社社長の正体を激白!会議はやはり嘘?

あなたへのおすすめ

※舛添要一都知事これまでの疑惑の全経緯は
舛添要一政治資金私的流用疑惑まとめ

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ