「高齢者向け給付金」3万円の申請方法は?申請期間はいつからいつまで?


高齢者向け給付金 トップ

平成28年度の所得の低い年金受給者を対象とした一人3万円の給付金=「高齢者向け給付金」の申請受付が、既に各市区町村で開始されています。
知らないと損をしてしまう「臨時給付金」。
今回の「高齢者向け給付金」は、意外と申請期間が短いので注意が必要です。
わかりにくい申請方法や申請期間、対象者など、情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

「高齢者向け給付金」とは?

平成28年度新たに決定した臨時給付金、
正式名称は「高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)」です。

賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない高齢者の支援を目的としています。

・高齢者世帯の所得全体の底上げ
・平成28年前半の個人消費の下支え

「前半」ってことは、後半もまた何かやるつもりなんでしょうか・・・?
もし何か情報がわかり次第、またお伝えしますね。

支給額はいくら?

対象者1人につき、3万円
※支給は1回限り。

支給要件

【支給対象者】
平成27年度臨時福祉給付金(6千円)の支給対象の人

②平成29年3月31日までに65歳以上になる人
(昭和27年(1952年)4月1日以前に生まれた人)

年金を受給しているか否かに関わらず、2つの支給要件を満たせば支給の対象。
※ただし、生活保護の受領者などは除く

①と②、両方の要件を満たす必要があります。

対象者かどうか知りたい

①昨年6千円の臨時福祉給付金をもらいましたか?
・もらっていない。→対象外です。
・もらっている。→対象です。②へ。

②今年何歳になりますか?
・64歳。→対象外です。
・65歳。→対象です

ちょっとややこしいですが、
昭和26年生まれの人、昭和27年1月1日~4月1日の間に生まれた人は、
今年度中に65歳になるので対象です。

早生まれの人はわかりにくいですね。
昭和27年(1952年)4月1日生まれの人は対象です。
ご注意を!

こんな場合は対象?

コメントをいただいたので補足です。

平成27年度臨時福祉給付金(6千円)については、
実際に受給しているかしていないかは関係ありません
「6千円は申請し忘れてもらってない」という人も、大丈夫です。

平成27年度臨時福祉給付金の支給要件に該当していれば、今回も対象です。

【平成27年度臨時福祉給付金支給要件】
平成27年度分の住民税が課税されない人

・課税されている人に生活の面倒を見てもらっている人
(住民税において、課税者の扶養となっている人
・生活保護受給者
対象外です。

なので、平成27年度に課税者の扶養となっている人は、今回も対象外になります。

※あくまで個人の見解です。念のため、担当窓口に確認してください。

なぜか?

個人的な見解ですが、
今回の「高齢者向け給付金」は平成27年度の補正予算事業だからです。

あくまで平成27年度が基準なので、
平成28年度の住民税の課税状況は関係ないと思われます。

スポンサーリンク

申請期間は?いつから?

既に申請受付を開始しているところもありまが、
申請期間が非常に短いです。
平均4か月、長くて5か月間しか受け付けていないので、早めの申請をオススメします。

既にスタートしているところだと、

東京:4月~7月の4か月
大阪:5月~8月または5月~9月の4(5)か月

市ごとに申請期間を勝手に決めているようで、一律ではありません

統一しとけよ、わかりにくい!と思いますが、
仕方ありません。

ちなみに、まだ準備中の市区町村も多いです。

各市町村の申請受付期間のチェックの仕方

住んでいる市区町村が既に申請受付を始めているか?
チェックしてみましょう。

①厚労省のHPに行きます。
各市町村の申請受付期間

②お住まいの都道府県をクリック。
※ここでは「東京都渋谷区に住んでいる場合」を例に説明します。

市町村情報|給付金
引用元:2kyufu.jp

③お住まいの市区町村をクリック。

01

④申請期間をチェック。
東京都渋谷区の場合は、5月9日~8月19日までですね。

02

 

申請方法

申請書はどうやって手に入れる?

対象者に、申請書が市区町村から送られてきます
灰色の封筒のようです。

なので、これから届く郵便物はこまめにチェックしておきましょう

対象と思われるのに申請書が届いていない場合は、
市区町村の問い合わせ窓口へ電話しましょう。

よく「申請書が届かなかった!」「知らなかった」などと言う人がいますが、
行政側は発送した時点で、「送達したもの」とみなすことができます
届いていないことの証明責任は、こちらにあります。
普通に考えて、「届いていない証明」なんてできません。

なので、申請期間が過ぎてしまってから、受付窓口に文句を言いに行ってもどうにもなりません。

行政は「申請主義」
権利の上にあぐらを書くものはほったらかしです。

こういった給付金が新しくできたことを、知らなくても損をしてしまいます。
せっかくの給付金ですので、期間内に忘れずに申請するようにしましょう!

提出書類

・申請書

・支給対象者全員分の本人確認書類のコピー1人1枚

・振込口座が確認できるもののコピー1枚(通帳見開き1ページ目など)

・市町村民税非課税証明書

ここに挙げたのはあくまで一例です。
市区町村によって異なりますので、必ず確認するようにしてください

本人確認書類とは?

・健康保険証
・運転免許証
・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書
・顔写真付きマイナンバーカード(個人番号カード) など

マイナンバー通知カード、住民票は本人確認書類にはなりません

顔写真付きマイナンバーカード(個人番号カード)は本人確認資料となります
ただし、マイナンバーが記載されている裏面のコピーはとらないようにしましょう。

顔写真付きマイナンバーカードについて詳しくは
「マイナンバー」カードへの申請期限はいつまで?

口座確認書類とは?

・金融機関名
・支店名
・口座種別
・口座番号
・口座名義人(カナ) がわかるもの

振込口座は申請者本人名義の口座に限られますので、注意しましょう。

支給日はいつ?

申請完了後、審査結果が文書で送られてきます
「支給しますよ~」とか、「ダメでしたよ~」というお知らせ文ですね。

支給決定の場合は、指定した口座に給付金が振込まれるのを待ちましょう。

大体審査に2か月程度かかると言われていますので、
申請日から2~3か月後くらいに、指定した口座に振込まれるのではないかと思います。
「臨時給付金」も忘れた頃に振り込まれていましたね・・・。
後は気長に待ちましょう。

あなたへのおすすめ

 

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ