ときわ藍wiki風プロフィール!「ちゃお」現役中学生漫画家の妹はSKE!?


20160222183932

「ちゃお」で、弱冠14歳の現役中学生作家・ときわ藍が誕生しました!
デビュー作は、アイドルグループのセンターを目指す物語『アイドル急行』。
ときわ藍のマンガ制作の秘密は、実は従姉妹(いとこ)がAKB48の木﨑ゆりあで、妹はSKE48!?
『ZIP!』で放送されたインタビューや、「ちゃお」4月号に掲載された漫画家・ときわ藍の情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

ときわ藍って?

現役中学生の漫画家です。
「ちゃお」4月号に掲載された、ときわ藍のインタビューを元に、情報をまとめてみました!

中学3生の漫画家が『ちゃお』でデビュー 執筆活動と学業を両立(オリコン) Yahoo ニュース

ときわ藍(らん)プロフィール

・本名:不明(名字は浅井??)

・2001年1月28日生まれ(15歳)。
デビュー(受賞)当時は14歳

・愛知県出身。

・中学3年生。(出身中学は不明)

・みずがめ座。

・O型。

・一言で言うとどんな性格?:雑です。

・ハマっている趣味は?:プラモデルを作ることで、お城や飛行機や船とか。あと、ミステリー系の番組を観ること。

・好きな色は?:黒・青・白

・好きな食べ物は?:たこ焼き、お好み焼き、ケーキ

・好きな飲み物は?:ジンジャーエール、梅こぶ茶

・特技は?:『ドラえもん』の映画の全タイトルを言えること。玉子焼きを作ること。

・自分を動物に例えると?:へび。へび年だから。あと、なぜかよく”へびっぽい”と言われるから。

・何をやってる時が一番幸せ?:お菓子を食べながら、まんがを読んでいるとき。

ときわ藍公式ブログ

梅こぶ茶が好きってシブい・・・(笑)
相当藤子・F・不二雄ファンですね~。

画像は?

自画像がこちら↓↓

20160302142839

画像は後ろ姿ですが・・・。

tokiwa

机の上は大好きな藤子・F・不二雄アイテムがいっぱい
「ちゃお」に掲載された写真は、ドラえもんのステーショナリーであふれていました(笑)

01

コミックスはやっぱり『バクマン。』が・・・!!

デビューまでの軌跡

小学3年生で初投稿
なんと初投稿先は「コロコロ」

最初は「まんが家セット」のような画材を買ってスタートしたそうです。

ときわ藍「必要な道具阿賀全部入ってるから。小学校の時は、少年まんがっぽいものばかりを描いていた」

その後、友達に借りた「ちゃお」の影響で

ときわ藍「小6~中学生ごろから、少女まんがを描き始めました」

そして14歳で、第77回「小学館新人コミック大賞」少女・女性部門で大賞受賞
少女コミック誌「ちゃお」でのデビューが決まります。

tnfigchao001

新人コミック大賞 発表
引用元:shincomi.shogakukan.co.jp

スクリーンショット_122515_094553_PM

3月3日発売の『ちゃお』(小学館)4月号に、受賞作の『アイドル急行』が掲載されます

次号のちゃお|ちゃおランド
引用元:ciao.shogakukan.co.jp

まさにリアルバクマン!!

poster2

サイコーとシュージンの上をいくかもですね~これは!
サイコーとシュージンでも初連載開始は高校2年生でしたから!
14歳でデビューって、リアル新妻エイジか!?

今も学校から帰ると、ご飯とお風呂の時間以外はずっとまんがを描くほど、打ち込んでいるそうです。

藤子・F・不二雄にあこがれて

ときわ藍「藤子・F・不二雄先生に憧れて、マンガを描き始めました。受賞の実感は湧きませんが、応援してくれた家族や友人、そして一番応援してくれた母にとても感謝しています。これから読者の方々や自分にとって、心に残る作品を作っていこうと思ます」

14歳でまだ藤子世代がいるのか~。
なんかすごい、感慨深いですね。

mig

71v6uNMu9iL
引用元:amazon.co.jp

ペンネームの由来

ときわ藍のペンネームの「ときわ」はトキワ荘から来ているそうです。

トキワ荘って?

かつて手塚治虫、藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄Ⓐ)、石森章太郎、赤塚不二夫ら漫画家が居住していた東京都豊島区南長崎三丁目の木造アパート。

imged4c8642zik0zj

『ZIP!』のインタビュー

3月3日放送の『ZIP!』でときわ藍が電話インタビューに応じています。

 aa27462726d3c8b063ecbc5c315328b1
引用元:ntv.co.jp

「ちゃお」の担当編集、内田沙希は

担当編集「トーンの貼り方が華やかですね。キラキラの光を入れたり、網トーンを削って光の描写を入れたりとか。すごく画面がキラキラして見える。プロの方でも難しいと思います。早くデビューさせて、たくさん描いてもらった方がいいっていう感じで、満場一致でデビュー決定でした」

と絶賛。

ときわ藍の素顔は、本人の希望により非公表でした。

『ZIP!』スタッフ「本屋さんに並んでるのとか見ました?」

ときわ藍「あ、見ました。全然自分が載っているという感覚がなくて、不思議な感覚なんですけど・・・。学校から帰ってきて、夜寝る12時ぐらいまでずっとやってるので、大体8時間くらいマンガを描いてる

8時間!?
すごい・・・!!
ていうか勉強は・・・?(笑)

ときわ藍「藤子先生みたいな、夢を与え続ける先生にいつかなりたいと思っています」

とことん藤子・F・不二雄ファンだな~。だから小学館なのかも・・・。

ときわ藍が描いた桝アナウンサーの似顔絵がこちら↓↓

20160305105211
引用元:tokiwa-ran.hatenablog.com

桝太一|出演者|ZIP |日本テレビ

ときわ藍「桝さんすごいカッコいい方なので、眉毛をキリッと、髪の毛をカッコよくなるように描きました」

桝太一|出演者|ZIP |日本テレビ桝アナウンサー「ものすごくカッコよく描いてくれてありがとうございます」

喜ぶ桝アナウンサー(笑)

スポンサーリンク

AKB木崎ゆりあのいとこ!?

デビュー作『アイドル急行』の内容は?

ときわ藍の『ちゃお』4月号(2016年3月3日発売)に掲載される、『アイドル急行』アイドルグループ4期生メンバーの主人公が、センターになるために奮闘するという物語。
ちゃお4月号ときわ藍『アイドル急行』ネタバレ&感想!連載化確実の面白さ!?

新人賞受賞作が即本誌掲載って、編集部も相当期待していますね~。
タイトルまんまいくのか・・・(笑)

おそらくモデルはAKB48とかのアイドルかな?
実はときわ藍、身近にマンガの非常に良いモデルとなる人達がいるんです!!

いとこはAKB!

アイドルグループ・AKB48の木崎ゆりあが12月26日、自身のTwitterで、ときわ藍がいとこだと明かしています。

img_6bb8836bddc3536f296615dab6db3d5b297870

9dacf21c3d02b74ff81a3db5920c029d_10153

2月11日にはバースデーイラストも送られてきたよう。
仲いいんですね~。

ときわ藍の進歩

木﨑ゆりあのツイッター見てると、ときわ藍の画力の向上が目に見えてわかります。

1年弱でこんな上手くなるの!?
一年前まだちょっと体ガクガクなのに・・・。
そりゃデビューするよ・・・!

SKEメンバーとも仲良し

ときわ藍のイラストはSKE48大矢真那のブログにも登場しています。
SKEメンバーとも仲良しみたいですね。

oya_masana-246x300

8feb09e2

今年もたくさんのプレゼントをいただきました。
みんなそれぞれで
わくわくしながら開封するの!
でね、浅井裕華たんのお姉さんから色紙をいただいたの。
木崎ゆりあちゃんのを見たことがあって
すごく可愛すぎて、いつか私も描いてほしいなあって思ってたから
きゃー(^v^)でした。

松井玲奈もツイッターで

3849_original

AKBメンバーとは従姉妹の木﨑ゆりあつながりで仲いいのだとしても、
SKEメンバーとまで仲がいいのは・・・?
実はときわ藍の妹さんがSKEだからなんです!

妹はSKE!?

なんとときわ藍の妹もアイドルです!!
妹の浅井裕華(あさい ゆうか)は、SKE48第7期生オーディションに合格し、現在SKE48の研究生です。

asai_yuka

2015年7月6日、SKE48研究生「PARTYが始まるよ」初日公演で劇場デビューしています。

浅井裕華(あさい ゆうか)プロフィール

ダウンロード

・ニックネーム:ゆうかたん

・2003年11月10日生まれ(12歳)

・愛知県出身。

・O型。

・身長147cm

・合格期:7期生

・選抜回数:0回

2014年SKE487期生三次審査プロフィール_浅井裕華

2015年SKE48プロフィール_浅井裕華

SKE48の妹のブログ

妹・浅井裕華は、SKE48研究生ブログに、ときわ藍のイラストを載せています。

981da2cc

松井玲奈に贈ったものですね。

まとめ

現役中学生作家の誕生ということで、
漫画界はどんどん若手が活躍していますね~。

漫画家は相当ハードな仕事です。
「バクマン。」でもサイコーが学校との両立で体壊してたので、ときわ藍さんも体に気をつけて連載に向けてがんばってほしいと思います・・・!

【関連記事】
ちゃお4月号ときわ藍『アイドル急行』ネタバレ&感想!連載化確実の面白さ!?

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ