【渡部篤郎女遍歴まとめ】中谷美紀とは略奪愛の末に破局!?再婚相手はどんな人?


01

ドラマや映画に引っ張りだこの渡部篤郎。
RIKACOと離婚し、不倫関係にあった中谷美紀と結婚秒読みかと言われていましたが、実は30代元ホステスと夏にも再婚予定だとか・・・!?
中谷美紀とはいつ別れたのでしょうか?
再婚相手の女性とは!?
渡部篤郎の結婚と離婚、不倫など、これまでの女遍歴をまとめてみました!

スポンサーリンク

渡部篤郎プロフィール

288729_615

gnj0911140506016-p3

・本名:渡部 篤(わたべ あつし)

・1968年5月5日生まれ(47歳)

・東京都新宿区出身。

・身長180cm、体重68kg。

・A型。

1987年『独眼竜政宗』でデビュー。

現在ドラマ『お義父さんと呼ばせて』に出演中。

16

渡部篤郎の髪型2016ツーブロック&ロマンスグレーでダンディズムを演出!
新川優愛はドラマ『お義父さんと呼ばせて』でどんな役?

ノリに乗ってます。

RIKACO

1994年~2005年まで結婚していたのが、モデル・タレントのRIKACOです。

RIKACOプロフィール

1245f516d2254c469702183ba2f1e49c

・本名:吉川 莉加子

・1966年3月30日生まれ(49歳)

・神奈川県横浜市出身。

・A型。

・身長169cm、体重48kg。

・スリーサイズ 82 – 58 – 86 cm

13歳でモデルとして芸能界デビュー。

付き合うキッカケは?

1993年に結婚
RIKACOはライフスタイルを貫く姿勢からカリスマ主婦として名をはせます。

1993年の「湘南女子寮物語」がキッカケで出会い、打ち上げで意気投合した2人。

511AUZTtbYL._SX344_BO1,204,203,200_

渡部篤郎がお持ち帰りされて、スピード婚になりました。
RIKACOは肉食女子の先駆けですね(笑)

子供は?

1993年に長男1998年に次男と、2人の息子を出産しています。

今年1番の嬉しかったことの画像 RIKACO オフィシャルブログ powered by Ameba
引用元:ameblo.jp/rikaco-official

離婚の原因は?

2005年12月25日に離婚

話を切り出したのは渡部篤郎からだったそうです。
RIKACOはすぐには応じなかったようですが・・・。

20090223194808RIKACO「私が描いていた家庭像と彼が求めていた家庭像や父親像が違ったというのが一番大きかった」

RIKACOは子育てに関して、「男も家事をするべき」と発言しており、
子供にも家事を手伝わせているようです。

また、しつけに関しても

20090223194808RIKACO「ある程度の子育てには叩く事も必要。時にはお尻叩いて気づかせる事も必要」

もしかしたら、この辺りで渡部篤郎と価値観のズレがあったのかもしれませんね・・・。

元夫への毒舌!?

RIKACOは2015年3月9日のブログで、

子供に悲しい思いをさせる大人は許せない!
大人は身勝手!
子供の気持ちを考えていない!
なんて子供に思わせる奴は最悪だよ!

人生には必ずつけが回ってくる!必ずね!
自分勝手な欲望で子供の気持ちを無視する大人には幸せは最後にはやってこないよ、、

私は子供達の気持ちを優先した母親でいたい
たとえ自分を犠牲にしても子供達を守り悲しい思いは絶対にさせたくない!

渡部篤郎が中谷美紀とフライデーされたのに対し、
元夫に向けたイヤミでは?とネット上では言われていました。

言いたくなる気持ちはわからなくもないですが・・・。

スポンサーリンク

中谷美紀

RIKACOと結婚中の1999年頃から不倫関係と報道されたのが中谷美紀でした。

中谷美紀プロフィール

Miki Nakatani 中谷美紀オフィシャルサイト
引用元:mikinakatani.com

・1976年1月12日生まれ(40歳)

・東京都出身。

・身長163cm、体重48kg(推定)

・A型

1991年 「桜っ子クラブさくら組」の一員として歌手デビュー。
1993年 『ひとつ屋根の下』で女優デビュー。

不倫関係からスタート

渡部篤郎と中谷美紀は18年前にCMで共演して出会い、

1999年の『ケイゾク』
4506346c

2000年の『永遠の仔』
img_0

ドラマでの共演が続いたことから親密になったそうです。

1999年って・・・まだ渡部篤郎はRIKACOと夫婦でしたよね?

はい、不倫です。

子供は、次男が1歳になったばかりで、3億円といわれる大豪邸の完成も間近でした。
しかも中谷美紀とRIKACOはたまに食事もする友人

これはRIKACOキツいなあ・・・。

女性セブンにスクープ

2003年に「女性セブン」がフランス・パリでの2人の密会をスクープ。

2009年10月に初ツーショットをキャッチしました。

ただこの時は画像が出なかったんですかね?
かなり調べたんですが見つかりませんでした;;
すみません・・・!

2015年にフライデー

2015年2月発売のフライデーで、西麻布の路上でのデートが報じられた2人。

20150320_rikaco_04
引用元:itsumo.boo.jp

2005年末に渡部篤郎が離婚した後も交際は続いていたようですが、
2人の2ショットが公開されたのはフライデーが初めてです。

2015年2月上旬、2人は人目をはばかることなく都内の路上で腕を組んで歩いていたのが目撃されています。

渡部篤郎とROKACOの長男が2014年に20歳になり、次男は16歳になりました。
渡部の再婚を理解できる歳になったことで、近々入籍することになりそうだと報じられています。

いや・・・再婚を理解できる年齢って、
それは親の勝手な判断だよ・・・。
理解なんか一生できないよ・・・。

ネットの反応は?

中谷美紀がRIKACOから略奪愛の形になったわけですが、
1999年の不倫報道から15年も続いていたことが明らかになり、

最初は不倫略奪でも、15年も続いたなら本物では?

不倫略奪愛は正当化させたくないからなんともかんともだけど、リカコより全然お似合いだ

不倫略奪だけど、RIKAKO苦手だからな・・・

と、意外と中谷美紀に好意的な意見も多かったようです。

破局と復縁の”ケイゾク愛”

実は2人は2004年に一度破局しています。
渡部篤郎の離婚が成立する前ですね。

その後、2007年に再会して、都内の飲食店などで頻繁に会うようになり、復縁
それ以来事実婚状態が続いていました。
今では同じ事務所に所属し、同棲しているとか?

15年の交際の長さを揶揄して、“ケイゾク愛”なんて言い方もされています。

30代元ホステス

2015年に急浮上したのがこのホステスの存在です。
渡部篤郎との交際をスポーツ紙が報じました。

アレ?中谷美紀とはいつ別れたんだ!?
結婚秒読みとか言ってなかった!?

中谷美紀といつ破局?

知人「昨年夏頃には破局していたそうです」

15年待ってアッサリ捨てられた中谷美紀・・・。

ネットの反応は?

あんなに待たせてアッサリ次の人と結婚って・・・がっかりだなぁ。

中谷美紀は、結局何だったのだろう。可哀想。

渡部さんは誠実って感じがしない。

中谷も可哀想だけど 結果的にこんな男と一緒にならなくて良かったんじゃないかな
不幸が目に見えてたから

よくホステスなんかと結婚する気になるね。

これはかなり渡部篤郎、イメージダウンです。
もうね・・・見たまんまチャラい47はちょっとやだよ、そりゃ。

いつから付き合ってる?

東京・銀座の高級クラブに勤めていた30代の元ホステス

6、7年前からグループで食事などを楽しむ友人関係だったのが、2015年秋頃に交際に発展したそうです。
めちゃ最近ですね。

都内の繁華街やレストランなどで仲睦まじくデートする姿が度々目撃されています。

松下奈緒似の美人だとか?
main1

顔立ちがはっきりしてる人が好きなんですね~渡部篤郎。

友人「モデル風のルックスが目をひくスレンダーな美女。おおらかでサッパリとした性格の人です」

まあそりゃ渡部篤郎の彼女なら美人なんだろうけど・・・!

友人「渡部さんは仕事が多忙な中、スケジュールの合間を縫って彼女と会っています。とても気が合うみたいで、かつては“俺は結婚に向いてない”と話していたのですが、彼女とはゴールインを意識してお付き合いしているようですよ」

夏に再婚!?

早ければ夏頃に婚姻届を提出する可能性があるそうです。

うえええ?
ホントなんでしょうか?

イマイチ信ぴょう性が疑わしい気もするんですが・・・??

『お義父さんと呼ばせて』で、外面は完璧だけど中身はゲスな父親演じてますが、
渡部篤郎の髪型2016ツーブロック&ロマンスグレーでダンディズムを演出!

実際にゲスだったらちょっといやだな~~~。

【関連記事】
山崎育三郎の母方の実家は岡山の金持ち!?セレブ家庭で育った4兄弟!
渡部篤郎の現在の彼女はワンギャルで清原の元カノ!?元ホステスで薬疑惑アリ!?
渡部篤郎の髪型2016ツーブロック&ロマンスグレーでダンディズムを演出!
山崎育三郎ドラマ『お義父さんと呼ばせて』で遠藤憲一の恋のライバル役!?
新川優愛はドラマ『お義父さんと呼ばせて』でどんな役?
『沈まぬ太陽』上川隆也&渡部篤郎で初ドラマ化!山崎豊子の原作でモデルになった人物とは?

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ