【2017春から新大学生になる人へ】一人暮らしの費用はいくらかかる?神戸(兵庫)編


4a950daddce6ea0169cc3caad8b18a5a_s

4月から大学生になり、一人暮らしを考えている人も多いのではないでしょうか。
初めての一人暮らし、神戸(兵庫)だと一体1か月いくらくらいかかるのか!?気になりますよね。
詳しく見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

部屋を借りる

家賃の相場

大学生の借りるアパートだと、50,000円~60,000円くらいです。

55,000円前後が一番多いですかね。
高い物件はいくらでもあります(笑)
あくまで大学生の借りるアパートの相場ということです。

初期費用

敷金:家賃の1~2か月分
礼金:家賃の1~2か月分

が相場です。

初期費用をおさえたい場合は
「敷金・礼金なし(0円)」という物件も中にはあるので探してみてください。

最初にいくら支払う?

敷金・礼金とあわせて、

・3月分の日割り家賃
・4月分の家賃
・保険料
・仲介手数料
仲介手数料は消費税がかかります

を支払う必要があります。

例)

・家賃:5万円(共益費込)
・敷金・礼金:各2か月分
・保険料:15,000円
・仲介手数料:家賃の一か月分
・3/20から入居

50,000×2+50,000×2+18,333+50,000+50,000×1.08+15,000
337,333円

あくまで目安です。
日割り家賃の計算方法は物件によって異なります。

スポンサーリンク

2016兵庫県の住みたい街ランキング

1位 西宮北口 5.86万円
2位 神戸三宮 6.35万円
3位 岡本 5.63万円
4位 夙川 5.40万円
5位 御影 5.08万円

阪急神戸線沿線が人気ですね。

神戸は都市部に買い物に出やすいのに、山や海といった自然も近くて、非常に良い環境だと思います。

一か月に必要な生活費は?

水道代 3,600円※2か月分
電気代 3,500円
ガス代 2,500円
ネット代 5,000円
携帯代 6,000円
食費 30,000円
交通費 2,000円
52,600円

+ 家賃

家賃が5万円だと、大体1か月で10万円~くらいですね。

スポンサーリンク

生活費をおさえる4つのコツ

1 食費

基本自炊しましょう!!

一か月の食費30,000円はかなり高めです。
一日1,000円×30=30,000円計算ですからね。
これは外食含めてです。
たぶん自炊してると20,000円くらいにはおさえられます

コンビニで買うより、大学の生協学食の方がかなり安いです。

意外とかさむのがペットボトルの飲料代
水筒を持ち歩くのもオススメです。

Amazon.co.jp: 象印 水筒 直飲み ステンレスマグ 480ml シナモンゴールド SM JD48 NL ホーム&キッチン

自炊するにあたって、家事の手間をいかに減らすか!?
ご紹介しましょう。

ご飯

一人暮らし用だと3合炊きが多いです。
MAX3合炊いて、ラップに包んで冷凍しておきましょう。
コツは、炊けたらすぐラップに包んで冷凍庫に入れること!

パン

100000001002784678_10204_001

オススメ家電のオーブンレンジ
オーブンとレンジを別々に買うより場所を取らないだけじゃないんです。

食パンでこいつは真価を発揮します(笑)
食パンも冷凍→オーブンレンジで解凍するのです!
オーブンレンジだと「解凍→焼く」が一気にできるので便利なんですね~。

冷凍する時は、買ってきた食パンを袋のまま、冷凍庫に入れてOKです。

肉類

「一人だとパックで買っても余る!」
でもパックの方が絶対お肉はお得ですよね?
そこでやはり冷凍です。

買ってきたお肉を、1回に使う分ずつラップに小分けにし、冷凍します。

朝大学に行く前に冷凍庫から冷蔵庫へうつしておけば、
夜には解凍できています。

スーパーの特売情報ゲット!

「新聞とってないからチラシがない・・・」なんてあきらめないで!
今やネットでスーパーのチラシも見れる時代ですよ・・・(笑)

冷凍作戦で結構食材は買いだめできるので、
スーパーの特売情報はチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

2 教科書代

4月は教科書代でかなり飛びます。
大学は教科書がとにかく高いです。
専門書だと5,000円以上します。

3万円は最低余分に確保しておきましょう。

前期・後期で分かれている大学は、後期授業開始時にも教科書代が必要です。

医学部や法学部の人はかなりキツいですね。

教養科目など、単位だけ必要な科目でそんなに教科書は使わない場合、

・古本屋で買う
・先輩にもらう
・Amazon(アマゾン)で買う

大学の近くには必ず古本屋が何件かあるはずです。
多少版が古くても問題なければ、ぜひ古本屋で買いましょう。
ただし、4月には他の生徒も殺到します。
早い者勝ちなので、早めに回ってみることをすすめます。

また、サークルや部活の先輩に譲ってもらうのも良いです。

Amazon(アマゾン)の古本にも結構出回っていたりするので、チェックしてみてください。

3 交通費

できるだけ自転車を使う。

あたりまえとか言わないでください(笑)
意外と自転車持ってない大学生って多いんですよ。

自転車は買い物に行く時など重宝します。
アパートに自転車置き場がない人は、
折りたたみ自転車をベランダにおいておくと良いでしょう。

将来的に、就活シーズンになると交通費がかなり必要になります。

4 光熱費

夏場のクーラー(冷房)冬場の暖房を使う時期は、
電気代は倍に跳ね上がるので覚悟しておきましょう。

今は夏場は酷暑なので、節約で冷房をつけない・・・とか言ってられないですからね。
命に関わります。

なので、

・こまめにコンセントを抜く
・冷蔵庫の開け閉めを減らす

これだけでも全然違いますよ。
小さいことの積み重ねです。

「テレビや電気をつけっぱなしで寝る」のはやめましょう(笑)
大学生意外とやります。

まとめ

ここであげた生活費はあくまで目安です。

食費は今月外食いっぱいしちゃったから、来月ちょっとおさえようかな・・・
など、項目ごとに臨機応変に調節してください。

せっかく大学生になったのに、
コンパも買い物もしない・・・なんてつまらないと思います。

ただ、遊興費はできるだけ自分でアルバイトしたお金でまかないましょう

なかなか理系だとアルバイトは難しいと思いますが、
自宅でできる添削のアルバイトなんかもあります。

何でもかんでも親御さんにおんぶにだっこではなくて、
自分に必要なお金は自分で稼ぐ、くらいの気概で。
海外の学生だと自分で学費も生活費も稼いで大学に勉強に行くのですから・・・。

お酒も飲めるようになりますが、ハメをはずしすぎないように!楽しんでください。
有意義な4年間にしてくださいね!!

あなたへのおすすめ

※一人暮らしに必要なもの・防犯対策をまとめてチェック!!
【2017新大学生・新社会人へ】一人暮らしの費用・必要なもの・防犯対策まとめ

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ