五大災厄(ハンターハンター)とは?クラピカ達十二支んの目的


HUNTERXHUNTER(ハンターハンター)用語解説!暗黒大陸編で登場する「五大災厄」とはどういうリスクなのか?これまでに出て来た情報を、リターン(希望)とともにまとめてみました。

スポンサーリンク

五大災厄とは?

V5が過去に国家規模で暗黒大陸に挑戦し、結果全て失敗した際に、失敗の大きな原因となった病や危険生物の総称

  1. 兵器ブリオン
  2. ガス生命体アイ
  3. 双尾の蛇ヘルベル
  4. 人飼いの獣パプ
  5. 不死の病ゾバエ病

の5つを指します。

5つとも、キメラアント(蟻)を超える、最高(A)か準最高(B+)レベルの危険度。
ちなみに、キメラアントは危険度Bです。

V5がそれぞれ別ルートから暗黒大陸へ行き、持ち帰ってきたものです。
ジンいわく、
正確には「案内人」が戒めのため持ち帰らせたとのこと。
まだ人類が滅亡していないのはたまたまなんだとか。

持ち帰った五大災厄は、すべて国際環境許可庁の地下に非公認で保管されています。

スポンサーリンク

兵器ブリオン

  • 植物兵器。
  • 謎の古代遺跡を守る正体不明の球体。
  • 無人都市を守っている。
  • サヘルタ合衆国の特殊部隊を壊滅させ、帰還者はたったの2名。

人類のメリットは?

ゴン達の世界から湖をほぼ真北に進み、大陸へ着くと樹海がある。
そこを400km程入ると、古代の迷宮都市が現れる。
ここには万病に効く香草がある。

ガス生命体アイ

  • 霧状生物。
  • 欲望の共依存。
  • こっちの世界でも見つかっている。
  • ミンボ共和国がハンター協会の力を借りて三原水の入手に挑んだが、結果は何も持たない帰還者が3名。
  • アイを巡って何らかの諍いがあったらしいが、帰還者は正気を失っていた。

人類のメリットは?

あらゆる液体の元となりうる三原水

双尾の蛇ヘルベル

  • 殺意を伝染させる魔物。
  • オチマ連邦がメビウス湖の南東に向かう。
  • ニトロ米自生する沼地へたどり着く前に、99%がヘルベルの餌食となり、帰還者は11名。

人類のメリットは?

  • 究極の長寿食ニトロ米

人飼いの獣パプ

  • 快楽と命の等価交換。
  • こっちの世界でも見つかっている。
  • メビウス湖北東部沿岸の山脈一帯を縄張りにしている。
  • ベゲロセ連合国がルート確保に1000人規模の調査団を送り込んだが、帰還したのは7名。

人類のメリットは?

  • 水に沈めると発電する鉱石。通称”無尽石“。
  • ビーズ1粒程度で、1日約2万kw出力する。
  • 暗黒大陸メビウス湖北東部沿岸の険しい山脈で採れる。

不死の病ゾバエ病

  • 不死の病。
  • 希望を騙る底無しの絶望。
  • クカンユ王国はメタリオンの持ち帰りに成功したが、でルートを外れたことで最悪の病に捕まった。
  • ゾバエに罹ったハンターを含めても、帰還者はわずか6名。
  • ビヨンドが同行。

人類のメリットは?

  • メタリオンという錬金植物。
  • 持ち帰ることには成功したが、植物は枯れてしまった。

スポンサーリンク

V5はどうやって目的を決めた?

当時はほとんど未知の大陸のはずなのに、
V5があらかじめ場所と目的を決めていたのはなぜか?

V5は、ドンフリークスが記した「新大陸紀行」という本を参考に、目的地を決めていたと思われます。

クラピカ達十二支んの目的とは?

五大災厄のうちのいずれかを攻略し、希望となる人類財産を持ち帰ることが、クラピカを含めた十二支んの今回のV5からのミッションです。

スポンサーリンク


今、あなたにオススメ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ