東口宜隆はカズレーザーに狙われていた!?コンビ解散原因はカズのバイ疑惑?


カズレーザーの元相方で現在はコンビ「さらば青春の光」として活動中の東口宜隆。
同志社大学時代に、バイ疑惑のあったカズレーザーに狙われていたと週刊文春に激白!?
コンビ「フルハウス」の解散原因はカズレーザーのバイ疑惑だった!?

スポンサーリンク

カズレーザー後輩芸人を狙う!?

4月4日から初の冠番組『絶対!カズレーザー』がスタートするも、


引用元:tv-asahi.co.jp

カズレーザー「あんなのすぐに終わる。今バブルが来ているだけ。どうせ始まったものは終わるんだから」

と自然体のカズレーザー。

カズレーザーはバイセクシャルを公言しており、
カズレーザーのバイ疑惑でネコって何?受けって?

カズレーザー「後輩のイケメン芸人を強引に誘うけど、最近は警戒されているためか、誰も寄り付かなくなってしまった」

と、面白おかしく語っていました。

バイ疑惑はウソで、ただのネタ?本当は女性が好き?
などとウワサされていますが、
4月27日発売の週刊文春のインタビューで、
カズレーザーの元相方・東口宜隆が貞操の危機を感じていたと証言し・・・!?

スポンサーリンク

カズレーザーの元相方・東口宜隆って?

カズレーザーの「フルハウス」時代の元相方・東口宜隆。
現在は「さらば青春の光」として活動中のお笑い芸人です。


引用元:sarabaseisyunnohikari.com

東口 宜隆(ひがしぐち よしたか)wiki風プロフィール

・1985年10月6日生まれ(31歳)

・大阪府出身。

・O型。

・身長166cm、体重55kg。

・趣味・特技:ゴルフ、フィギュア収集

・出身大学:同志社大学文学部。

2008年に森田哲矢とコンビ「さらば青春の光」を結成。

カズレーザーとの出会いは?

カズレーザーとは、同志社大学の1年後輩

東口宜隆「大学の喜劇研究会の新人勧誘ブースに金髪で上下エナメルの赤い服を来たヤンキーみたいな人がいた。それがレッドさんとの出会いでした」

全身赤色の服を愛用しているカズレーザー。
漫画『コブラ』のの影響からで、
左腕をサイコガンに改造したいらしい(笑)

トレードマークの赤い服は、高校の時から来ているそうで、
カズレーザーが通っていた埼玉県立熊谷高等学校は自由な校風で、制服がなかったため、高校1年生の時に“赤い服デビュー”。
高校生の時のあだ名は「レッド」

大学でも、東口ら後輩には

カズレーザー「金子と呼ぶな。レッドさんと呼べ」

と命じていたとか。
※カズレーザーの本名は金子 和令(かねこ かずのり)。

大学時代、夏も服も赤い服で、身長180cmのカズレーザーはとにかく目立っていて、

東口宜隆「”今レッドさんのとなりにいてる”って待ち合わせ場所に使われるほどでした(笑)」

やがて、カズレーザーと「フルハウス」というコンビを結成します。

スポンサーリンク

東口はカズレーザーに狙われていた!?

当時からカズレーザーにはバイセクシャル疑惑があり、彼女の影もなかったそうで、

カズレーザー「東口、カワイイなぁ」

と言われ、

東口宜隆「ヤバい、狙われてんのかも」

と、焦っていた東口。

コンビを結成して約1年が過ぎた頃、

カズレーザー「俺のアパートでネタ合わせをやろう」

と言われ、初めてカズレーザーのアパートに行きます。
四畳半の部屋には何も物がなく、真ん中に赤いサンドバッグがぶら下がっているだけ。
それをネタの合間になぜか

カズレーザー「フンッ!!」

と思いっきりどつくカズレーザー。

東口宜隆「正直、この体で襲われたら抵抗でけへん、って貞操の危機を感じましたよ(笑)」

カズレーザーのバイ疑惑が原因で解散?

結構ガチで貞操の危機を感じていたらしい東口。
それ以降、

東口宜隆「ネタ合わせは会議室でやりましょう」

とカズレーザーと二人になることを避けたそうです。

でもこれは・・・ちょっと信頼関係にヒビ入りますね~~~。
カズレーザーの真意もわからないのに・・・。

結局「フルハウス」はカズレーザーが3年生になり、研究会を卒業すると同時に自然に解散になりました。

東口がカズレーザーとのネタ合わせがいやで、解散になったというウワサも・・・。

「フルハウス」→「119」→「ヤンバルクイナ」→「さらば青春の光」と、コンビ結成・解散を繰り返している東口。
カズレーザーの性的指向より、東口の性格に問題があったんじゃあ・・・?

スポンサーリンク

現在は?

「フルハウス」の漫才を、

カズレーザー「ベタベタな漫才。大学にいるじゃないですか、ただ明るいやつら」

と振り返るカズレーザー。

一方、東口も、芸人としてのカズレーザーについては、

東口宜隆「ネタの構成に関しては非常に緻密。例えば3分間の尺であれば何回ボケを入れて突っ込めるか、すべて計算ずくで、何が客受けするかを当時からわかっていた。いずれは世に出る人だと思っていました」

と語っています。

2015年のM-1グランプリで決勝進出し、一躍有名になったメイプル超合金。
2015年はさらば青春の光も準決勝進出を果たしており、
カズレーザーから

カズレーザー「上がってこいよ、待ってるから」

とメールが来たそうです。

東口「ホンマにうれしかったですね。優しい先輩なんです」

今でもいい先輩・後輩関係のようです。

東口「この取材も含めて今はカズレーザー人気にあやかってます(笑)」

元相方だというだけで週刊文春から取材依頼も来るし、カズレーザーさまさまですね・・・。

あなたへのおすすめ

スポンサーリンク


今、あなたにオススメ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ