【リバース最終回ネタバレ結末】犯人は藤原竜也!?原作と違う結末


藤原竜也主演ドラマ『リバース』最終回ネタバレ&感想です。
徹平を殺した犯人は本当に藤原竜也なのか!?原作とは違う結末とは・・・!?
今後の展開予想、最終回ラストの結末ネタバレをチェック!ドラマの伏線や謎も考察していきます。

スポンサーリンク

リバース最終回内容ネタバレ

どうやら湊かなえの原作ラストとは違う結末が待っているとウワサのリバース。
どうやら原作の結末にはないシーンが描かれるようなのです。

タイトル「リバース」の意味って?

タイトルの「リバース」は、スペル違いの2つの英単語を意味しています。

  • rebirth:再生
  • reverse:反転

最終結末が「リバース」=逆転劇になることを示唆しています。

徹平を殺した犯人は誰?原作とドラマの違い

藤原竜也ら、大学のゼミ仲間たちがひた隠しにしている、小池徹平の死に関する秘密

事件概要

大学のゼミ仲間で行った、長野へのスノーボード旅行。

【参加者】
・藤原竜也
・小池徹平(死亡)
・玉森裕太
・三浦貴大
・市原隼人
・門脇麦

遅れて合流した三浦貴大を、
「将来を棒に振りたくない」と、
一人だけ就職が決まっていなかった小池徹平に迎えに行かせます。

飲酒運転だったにもかかわらず・・・。

小池徹平の運転する車は、途中でガードレールを突き破って、崖下に転落。

車内から遺体は見つからず、
車から放り出されたのだろうということで、行方不明扱いに・・・。

半年後、白骨化した状態で発見されます。

小池徹平の死は事故か、それとも仕組まれた殺人事件か・・・?
事件だとするならば、小池徹平を殺した犯人が、5人のメンバーの中にいる・・・!?

スポンサーリンク

事故が起きるまでの5人の動き

前日に事故って、事故処理が片付いたら合流することになっていた三浦貴大と、妹の門脇麦。
藤原竜也、小池徹平、玉森裕太、市原隼人の4人は、三浦貴大の親の車で、先に別荘に向かいます。

運転は、玉森裕太と、
免許取りたて初心者マークの小池徹平が交代で担当。

途中の雪道でタイヤが雪で動かなくなり、3人で押すも動かず。
結局荷物だけ持って、別荘に向かうことにした4人。

よく別荘にいく途中で事故らなかったな・・・というほどの雪道です。
初心者じゃなくても、飲酒運転じゃなくても、
こんな雪道めちゃくちゃ危ないぞ。

別荘に着いてすぐ、
市原隼人はビールで乾杯しようとしますが、

藤原竜也「ごめん、俺、酒ダメなんだ」

酒が飲めない藤原竜也に合わせて、
小池徹平も酒は飲めないと断ります。

しかし、門脇麦に惚れている市原隼人は、門脇麦と仲のいい徹平に因縁をつけてきます。
楽しいはずの旅行が険悪なムードになりかけたため、

小池徹平「やっぱ俺飲むよ」

とビールを口にする徹平。

小池徹平「俺は単に飲むとすぐ寝ちゃうだけだから。せっかくみんなで来たのに、寝たらもったいないと思ってさ」

三浦貴大の親が持たせてくれた上等な肉で焼肉をし、すっかりできあがった頃に、三浦貴大から駅まで迎えに来いと連絡が・・・。

三浦貴大「早く迎えに来いよ!お前ら一体誰の別荘にいて誰の車でそこまで行ったと思ってんだよ!肉まで用意してやったのに俺を放置か!今すぐ迎えに来い!」

門脇麦も一緒とわかり、
運転できない状態なのに迎えに行くと勝手に約束する市原隼人。

免許を持っているのは、玉森裕太と小池徹平の2人。
しかし、2人共酒を飲んでます。

玉森裕太「俺無理だから。ワイン飲んじゃったし」

市原隼人「この天気であの道じゃ広沢にはキツイっしょ。あんなの飲んだうちには入んないから」

飲酒運転をそそのかす市原隼人に、断固拒否する玉森裕太。

玉森裕太「呼気検査受けたら一発でアウトだよ。俺は絶対行かない。俺は何があっても教師になりたい。こんなことで将来棒に振りたくない。広沢、行ってくれる?

市原隼人「内定もらってないの広沢だけだしな」

徹平も三浦貴大を迎えに行こうとした時には、
ビールを2缶飲んでいる状態でした。

別荘から15分ほどの距離にある西斑丘高原駅に向かった小池徹平。

・・・が。

駅に着いていないことがわかり、玉森裕太と市原隼人が探しに出かけます。
別荘に一人残った藤原竜也。

途中のカーブで、ガードレールが壊れ、
車が突っ込んだような痕が・・・。

さらに、崖の下で何かが燃えているのを見つけます。

4人が目撃した爆発は車の爆発なのか・・・?

スポンサーリンク

4人の罪

4人(門脇麦を含めると5人)が小池徹平に関して、知っていたのに警察に隠したことは3つ。

  • 飲酒運転だった。
  • 運転初心者だった。
  • 雪道が危険だった。

藤原竜也は誰からともなく怖くて隠したと言っていますが、果たして・・・?

4人が抱える闇と秘密

藤原竜也

戸田恵梨香「それは事故って言わないんじゃないかな」

小池徹平がビールを飲んでいた=飲酒運転だったことを、警察に隠した4人。

戸田恵梨香「どうして?友達がお酒を飲んでたことも、運転に慣れてないことも、雪道だったってことも、わかって、送り出したんだよね?」

藤原竜也「だけど!人殺し呼ばわりされることじゃない」

戸田恵梨香の言う通り、
小池徹平を一人で行かせたことに疑問が残ります。
なぜ藤原竜也は小池徹平と一緒に行かなかったのか?

助手席に乗って、ナビすることもできたはず。
なのに、藤原竜也は別荘に残ることを選びました。

本当に藤原竜也と小池徹平は親友だったのか?

スポンサーリンク

玉森裕太

サッカー部のメンバーが学校内で飲酒しているのを、偶然藤原竜也が目撃。

飲酒した生徒らの責任を追及するが、
キャプテンの相良了平はノンアルコールビールだったと主張。
PTAや学校と対立している。

自身は、小池徹平の事件以来、飲酒をやめている。

三浦貴大

総務大臣の娘と結婚しているが、
立派な豪邸は、ゴミ屋敷と化し、
コンビニ弁当を食べながら、
妻にゴミを投げつけられ、罵倒される生活を送っている。

趣里「私、あなたが国会議員になるって言うから結婚したのよ!?なる気あるの!?あなた一生地方議員の秘書!?」

完全に家庭が崩壊している三浦貴大。

さらに、女性議員と不倫する現場を、武田鉄矢に写真に撮られている。

秘書を務めている神奈川県議会議長の父親も、不正融資疑惑がかけられている。

市原隼人

会社で上司のパワハラを受け、
工場勤務に飛ばされているが、そのことを妻に隠している。

玉森裕太にも、「ドイツに出張なんだけどさ」などと嘘をついている。

スポンサーリンク

伏線と謎

徹平の不審な行動

スノボ旅行当日の徹平の動きには謎が多いです。

昼食の時、一人だけ別行動をとって好物のカレーを食べに行ったこと。
行政法人の試験に落ちていた結果を、親友だったはずの藤原竜也には話さず、他のメンバーには話していたこと。
道中、お土産店から送っていた荷物は、両親あて・・・?

そして、別荘へ向かう途中、雪に埋まって動かなかった車を、一体どうやって動かしたのか?
男3人がかりで押しても動かせなかったのに?

戸田恵梨香を襲った黒いフードの男の正体は?

2話で、戸田恵梨香が黒いフードの男に襲われます。

藤原竜也が自分のアパートの前から立ち去るのを目撃した、怪しい男と同日人物か?
戸田恵梨香は幸い軽い怪我ですみましたが・・・

戸田恵梨香「最近ね、お店に変な男の人が来てたの。パン買わないのに、ずっとお店にいたり・・・」

黒いフードの男は、戸田恵梨香のストーカなのでしょうか・・・?
真の狙いは、藤原竜也の方じゃあ・・・?

4人を脅迫しているのは誰?

藤原竜也、玉森裕太、三浦貴大、市原隼人の4人に届いた、

「人殺し」

と書かれた告発文。

脅迫しているのが武田鉄矢でないとすると、可能性が高いのは徹平の母親・片平なぎさですね。

問題は黒いフードの男と、脅迫者が同一人物なのかということ。
同一人物だとすると、怪しいのは父親の志賀廣太郎ですが・・・。

スポンサーリンク

小池徹平の死は事故か、事件か

武田鉄矢「あの一件で人生が変わったのは、広沢君や広沢君のご両親だけじゃない。俺も運命を変えられた者の一人なんですよ」

署内で事件だと言っていたら、
運転免許センターに左遷されてしまった武田鉄矢。
その後、警察を退職し、フリージャーナリストに転身します。

ある県議会議員の不正融資を追いかけていたら、三浦貴大にたどり着いたという武田鉄矢。

武田鉄矢「あの一件を事故に見せることで、一番得をしたのは一体誰か、それが知りたい。そのためだったら俺は何でもする」

状況は不自然。
なのに、捜査は途中で打ち切りとなった。

武田鉄矢「どうしてもあれを事故で片付けたいと思ったやつがいるということだ」

おそらく警察に圧力がかかったということでしょうが、
こんなことができるのは県会議員の父親を持つ三浦貴大しかいません。

でもなあ~~~たかが県会議員が、県をまたいで長野県警に圧力をかけられるとは思えないんですよね~~。
国会議員ならいざしらず・・・。

気になるのが、
三浦貴大がスノボ旅行の前日に起こしていたという事故

藤原竜也「本当に村井は事故ったのか・・・?」

その事故が小池徹平の事件と、何か関係があるのか・・・?

スポンサーリンク

湊かなえ原作結末ネタバレ

犯人は深瀬和久

結論からいきます。
広沢を殺した犯人は、藤原竜也演じる深瀬和久です。

原作ラストは、

広沢を殺したのは・・・・・・。
俺だったのか。

で終わります。

探偵役が犯人だったパターンです。

ただし、故意ではなく、全くそうとは知らずに、深瀬が広沢の死の原因を作ってしまっていた・・・という結末です。

原作では大学4年の夏、
ゼミ仲間と高原の別荘を訪れた夜。
広沢由樹は、一人遅れて到着した村井隆明を車で迎えに、大雨の中出掛けます。
その道中、広沢は崖下に車ごと転落。
命を落とします。

飲酒していた広沢に、ハンドルを握らせたことが公になると将来に響くと考えた彼らは、誰から言い出すでもなく、その事実を口につぐんできました。

4人で共有していた広沢の死に関する秘密

広沢が飲酒をしていたこと。
運転に慣れていないこと。
天気が悪いこと。
走りにくい山道だということ。

すべてわかった上で、村井を迎えに行かせたこと。

はじめは、広沢の死により重大な責任があるのは自分以外の3人だと見ていた深瀬。

しかし、広沢が運転をあやまり、事故を起こしてしまった原因は、
飲酒ではなく、深瀬が渡したコーヒーにありました。

広沢は蕎麦アレルギーだったのです。

だから昼も、一人だけカレーを食べに行ったのでした。

深瀬が斑丘高原の道の駅で買った蜂蜜は、蕎麦の蜂蜜でした。
深瀬は広沢の蕎麦アレルギーを知らずに、
蕎麦の蜂蜜をたっぷり入れたコーヒーを広澤に手渡した――――。

おそらく、そのコーヒーを飲んで広沢は蕎麦アレルギーを発症し、運転をあやまったのでしょう。

親友だったはずなのに、
広沢の嫌いな食べ物や、蕎麦アレルギーを知らなかった深瀬・・・。

スポンサーリンク

告発者は越智美穂子

深瀬、浅見、村井、谷原に

「人殺し」

と書かれた告発文を送ってきた人物。
そして、谷原を駅のホームから突き落とした人物の正体は一体誰だったのか。

深瀬ら4人は、広沢の両親では?と考えていましたが、
正体は広沢の恋人だった越智美穂子でした。

高校2年生の時から、付き合っていた広沢と美穂子。

美穂子は、まず浅見に接触。
村井、谷原、深瀬の勤務先や趣味を聞き出し、接触する準備を進めます。

美穂子「許せなかったから。何にもなかったように振舞っているのが許せなかった。だから、思い出せてやろうと思った」

でも、美穂子の本当の目的は、
復讐ではなく、大学時代の広沢のことを知りたかったから。

谷原をホームに突き飛ばしたのは、
広沢への心ない言葉と、さらに谷原に抱きつかれそうになったからでした。

 

※「リバース」を見逃した時は、1話~最新話までU-NEXT」で視聴することができます。
今なら登録後最大31日間無料なので、タダで見られます!

⇒U-NEXT

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ