【小さな巨人最終回ネタバレ結末】長谷川博己VS香川照之!真の敵の正体は誰?


長谷川博己&岡田将生の刑事ドラマ『小さな巨人』最終回ネタバレ&感想です。
長谷川博己VS香川照之、所轄と捜査一課長、戦いの最終回の結末はどうなるのか・・・!?
真の敵の正体は誰なのか!?
今後の展開予想、最終回ラストの結末ネタバレをチェック!
岡田将生がノンキャリを選んだ理由など、ドラマの伏線や謎も考察していきます。

※5/21 豊洲編スタートネタバレ追記!

※小さな巨人を見逃した時は
1話~最新話までU-NEXT」で視聴することができます。
今なら登録後最大31日間無料なので、タダで見られます!

⇒U-NEXT

スポンサーリンク

芝署編(第1・2・3・4・5話)ネタバレ&感想

ゴーンバンク事件まとめ

芝署管内で、日本有数のIT企業・ゴーンバンク社社長(桂三枝)誘拐事件が発生。

表向きは5億円の身代金目当ての誘拐。

しかし本当の目的は、
一ヶ月前に自殺として処理された、風見京子の死の真相を突き止めることでした。

誘拐犯は、
京子の父親である風見エレック社長の風見康夫。

風見京子は、恋人だった中田社長の息子・中田隆一にフラれたことを苦に、ビルから飛び降り自殺したと思われていましたが、娘の自殺に納得ができず、誘拐事件を起こしたのでした。

香坂ら所轄が再捜査を約束した矢先、
捜査一課が突入を図り、
結果中田社長は無事保護されるも、
風見康夫は服毒自殺を図り、意識不明の重体に。

事件の真相

風見京子が飛び降りたビルは、
中田社長の息子・中田隆一(加藤晴彦)が経営するナカタエレクトロニクスのビルであり、ゴーンバンク社が新たに開発した防犯カメラが使用されていました。

ビルの出退勤記録は改ざんされ、
監視カメラの映像には加工がされていたことが発覚。

ビルの防犯管理担当である
池沢菜穂(吉田羊)が、
事件当日、風見京子と一緒に屋上に行っていたことが判明します。

池沢菜穂は風見エレックの元社員で、
インサイダー取引で心臓移植が必要な息子を海外で手術するための1億円を得ていました。

風見京子を突き落とした真犯人が別にいるにもかかわらず、
息子の治療費の代わりに、
風見京子殺害の罪を被り、「全て一人でやった」と供述をひるがえした池沢菜穂。

スポンサーリンク

真犯人は誰?

風見京子を殺した真犯人は、
中田隆一(加藤晴彦)です。

風見エレックのシステムの権利がどうしてもほしかった中田隆一。
開発の中枢にいた風見京子に近づき恋人にまでなるも、ガートが固くて特許のデータが手に入らない。

そこで目をつけたのが、池沢菜穂でした。
池沢菜穂は息子の多額の治療費と引き換えに、
特許データを中田隆一に渡していました。

しかし、バーのオーナーである山本アリサ(佐々木希)が中田隆一のアリバイを証言します。

元ロンドン・リバー証券トレーダーだった山本アリサ。
優秀な社員でしたが、
アメリカの防犯システムに投資し、大きな損失を出して解雇されています。

そして拾われたのが、中田隆一。

風見京子殺人事件のアリバイ証言だけでなく、
インサイダー取引に関しても、
中田隆一の顧客との仲介役になっていたのでは・・・?

防犯カメラを徹底的に調査したところ、
証言者だったボーイは、その日発売の人気ゲームソフトを買うために列に並んでおり、バーにはいなかったことが発覚。
山本アリサを引っ張ろうとした矢先、今度は山本アリサに逃げられます。

捜査情報が漏洩していることに気付いた香坂。

インサイダー取引で利益を得た個人投資家に、一課長の嫁・小野田ゆかりの口座が・・・。

一課長が情報を漏らし、ゴーンバンクから賄賂を受け取っていたのでは?

毎朝新聞に警察の内部情報をリークし、一課長と中田社長の会合の現場を押さえようとするも、失敗。

しかし、最終的に懲戒免職をかけた捨て身の「逆インサイダー取引」が功を奏し、山本アリサを自首させた香坂。
山本アリサは殺人事件とは知らず、中田隆一のアリバイを証言していただけでした。

さらにはゴーンバンクとの内通者=三笠署長もあぶり出します。

しかし、山本アリサの身柄は捜査一課に奪われてしまい・・・。

スポンサーリンク

真の敵=内通者の正体は昇太さん!?

「敵は味方のふりをする」

なにかと出てくるこのセリフですが、
ゴーンバンク社社長と通じている一課長以外にも、どうやら警察内部に裏切り者がいるようです。

まあ一番怪しいのは昇太さんですよね。

※4話で判明!
情報漏えいしていた犯人は、やっぱり昇太さんでした。
案の定だよ・・・。

そもそも香坂が所轄に飛ばされた原因は、
中田隆一に職質をした際車に傷をつけ、
そのことがゴーンバンク社のニュースサイトにあげられたからでした。
リークしたのも、一課長じゃなくて昇太さん演じる三笠署長だったんですね。

ゴーンバンクから賄賂を貰い、警察内部の情報を漏洩していたのでしょう・・・。
理由は一課から所轄に飛ばされ、正義を捨てた・・・ってとこでしょうか。

しかし本性暴露した昇太さん、最高でした!
4話のために演技押さえてたのか?と思うほど。
今までの大根振りは何だったんだ・・・(笑)

春風亭昇太「99%の疑いがあっても、100%の確証がなければ意味がない。それはゼロと同じなんだよ。私には何の関係もない。ゼロだ」

長谷川博己「いえ、あなたは100%黒です。私の勘です」

この期に及んで勘って・・・。

そもそも一課長を疑って、料亭に部下を使って張り込んだ事自体、裏取りが死ぬほど甘い。
一課長の奥さんの口座の金の流れなんて、すぐ裏取りできそうなのに・・・。
これ、一課長が完全にシロだった場合、訴えられても文句言えないと思うぞ・・・。

長谷川博己「私はあなたのことを絶対に許さない!!」

・・・それ朝日奈検事(眞野あずさ)の決めゼリフだからな!?


引用元:tv-asahi.co.jp

スポンサーリンク

三笠署長が隠し持っていた証拠とは?

中田隆一の海外出国が決定。

中田隆一が乗る飛行機は、明日午前8時。
令状の請求をして逮捕状を出すのに3時間。
タイムリミットは朝5時

それまでに証拠を見つけ出せなければ、中田隆一も三笠署長も逃がすことになる。

木を隠すなら森。
5000の証拠が保管されている証拠品保管庫に、三笠署長が隠した証拠とは一体何なのか?

捜査一課長が命令してくれたおかげで、
藤倉ら捜査一課の協力を得て、ついにその証拠を見つけ出します。

三笠署長が隠し持っていた中田隆一が風見京子を殺害した証拠。
それは、USBメモリの破片でした。

風見京子と共に落下した際、衝撃で欠けたUSBの破片。
三笠署長はその破片を現場から持ち去り、隠し持っていたのです。

破片から微量の風見京子の血液が検出され、
さらに損傷状態から約40メートルの高さから落下したとの分析も出ており、ちょうど現場となった中田隆一のビルと同じ高さです。

システムデータの入ったUSBを、風見京子から盗んだ中田隆一。

富永沙織「お金の問題じゃない!あのシステムは私とお父さんの全てなの!!」

USBを取り返そうとした風見京子と屋上でもみ合いになり、風見京子を突き落としてしまいます。

風見京子の死を自殺に見せかけるため、
中田隆一は池沢菜穂に命じ、出退勤記録とビルの監視カメラの映像に細工し、自分の存在を消したのです。

ついに暴かれた事件の真相。
そして、三笠署長の不正。

長谷川博己「これでもう0ではない。正真正銘100だ!あなたはもう警察官ではない。犯罪者だ!」

※「小さな巨人」を見逃した時は、1話~最新話までU-NEXT」で視聴することができます。
今なら登録後最大31日間無料なので、タダで見られます!

⇒U-NEXT

豊洲署編(第6・7・8・9・10話)ネタバレ&感想

※豊洲署編ネタバレは
【小さな巨人】山田も左遷で所轄に異動→逮捕!?香坂の味方と敵、黒幕は?

三笠署長が処分なしの理由は?

前半戦、風見京子殺害事件は解決したものの、
香坂VS捜査一課長の対決は、
またしても香坂の敗北で終わります。

新聞記者に情報漏えいした処分で、香坂は今度は豊洲署へ左遷されることに。

一方、三笠署長は別の警察署長へ横滑りでの転出。
殺人の隠蔽など、本件に関する処分は一切ありませんでした。

なぜなのか?

業務の傍ら、警察幹部の天下り先を斡旋していた三笠署長。
その中で、中田社長と大きな癒着関係となっていたわけですが、
今回のことが表が出れば、困る人間が警察内部にたくさんいる。

春風亭昇太「この私を敵に回すということは、警察組織全体を敵に回すことなんだよ。いずれわかるよ。お前達のしていることは、お前達自身を否定することになる。結局お前達も、0なんだよ」

三笠署長を処分しなかったのは、警察の組織自体。

ならば正義とは何なのか。警察とは何なのか。

小野田が捜査一課長になれた理由

春風亭昇太「本当に恐ろしいのは、あの男なんだよ。現場畑の小野田が、なぜ捜査一課長にまでなれたと思う?刑事として優秀なだけではなれない。出世のために、仲間を裏切ったから」

小野田一課長が裏切ったのは、香坂の父親なのでしょうか?

スポンサーリンク

『小さな巨人』ココをチェック!

香川照之がおもしろすぎる件

『半沢直樹』でも

香川照之「はい、よくわかりました」

香川照之「やれるもんならやってみな」

数々の名言と顔芸で楽しませてくれた香川照之。

今回も最高に面白いです!!
香川さんを見るために見てます。

香川照之「もうやってられん!と思わんか?」

言い方・・・(笑)

香川照之「その勘に、覚悟は、あるのか。この警視庁捜査一課小野田義信の目を見て、答えろ!覚悟なき者に、何も言う資格はない!」

武士か。
なんでこんな芝居が時代劇調なの・・・。

そして極めつけはラスト。

え、何その首の動き!?!?

どういう意味!?

長谷川博己も岡田将生もめっちゃ不審な顔してるんですけど!!

スポンサーリンク

岡田将生が長谷川博己好き過ぎる件

長谷川博己「なあ山田」「頼む山田!」

岡田将生が「山田」であることにものっそい違和感・・・。

STといいリーガルハイといい、
主人公に好き好きオーラを出すことに安定のある岡田将生。

ソッチ系ですか?という疑惑が拭えない彼は、
ついに好きな子をいじめて楽しむ古典的手法に出ました。

岡田将生「人をストーカーみたいに言わないでください」

ストーカー以外の何者でもないわ!!

わざわざ嫌味言うためだけに所轄に来るってヒマか!!

一課長の命令というより個人的趣味で長谷川博己を追ってるとしか思えないんですけど・・・!?

安田顕「最強のストーカーってことですか」

一課長じゃなくて長谷川博己のな・・・。

岡田将生の口端をあげたニヒルな笑い大好きです。
いいですね~。

岡田将生「ご苦労さまでした」

近い近い近い。
キスでもするんですかぐらいの距離でしゃべる2人。

『半沢直樹』もみんな距離近かったけど、『小さな巨人』も近いですね。
『BLEACH』かよ。

身長も近いんですよね~、この2人。
(長谷川博己:182cm、岡田将生:180cm)
シルエットも似てるし。

平井堅がいいぞ!

平井堅のエンディングが毎回まあいいところでかかるんです。

人生は苦痛ですか
成功が全てですか

歌詞がドラマの内容ドンピシャ。
いいです!

スポンサーリンク

 『小さな巨人』設定が矛盾しまくり!?

刑事ドラマとしては結構穴ボコボコの『小さな巨人』。

今クール、『CRISIS/クライシス』『緊急取調室』と刑事ドラマが乱立してる上に、
奇しくもネタもろかぶりな『警視庁捜査一課長』やってるせいで、
穴が目立っちゃうんですよねえ・・・。

ということで、いろいろツッコミまくっていきます。
ヤボは承知。

岡田将生がノンキャリを選んだ理由って?

はい、まずこの人。

今のところ一番お気に入りキャラなんですが、
役職が捜査一課長運転担当です。

「捜査一課長運転担当」って?
将来を有望視されるものが抜擢される役職。

ここまではOK。
問題はここからです。

『捜査一課長』だと、運転担当は
金田明夫演じる山さんに

金田明夫「運転担当は捜査に首を突っ込むな!」

って怒られて、
捜査会議にも参加できないし、捜査もさせてもらえないんですよ。
(ちなみにシーズン2では田中圭が運転担当。)

なのに岡田将生は捜査会議には参加するわ、バリバリ捜査はするわ、所轄に指示はするわ、超偉そうだわ・・・
管理官かお前は!!的な動きしてます。
運転担当の域ちょっと超えちゃってない・・・??

実際のところどうなんでしょうか。
運転担当って捜査していいの?ダメなの?

しかも岡田将生一課長ほったらかしで長谷川博己に張り付いてるんですよね。
一課長に張り付けよ・・・。

そして長谷川博己とつながってることが一課長にバレて、運転担当なのに運転させてもらえないっていう・・・。

スポンサーリンク

パパの力を使いまくる東大卒ノンキャリ

長谷川博己「二課も山田だけは無視できません。なにしろコイツには最強の切り札があるんですからね。そのカード、使ってくれないか?」

最強の切り札使うの早いな!!

しかも最強の切り札っていうから何かと思えば、
内閣官房副長官のパパでした。

いやいやいや・・・・・・
あかん・・・。
こんなやつ捜査一課長にしたら絶対あかん・・・。

『相棒』で成宮寛貴演じる甲斐享もお坊ちゃんだったけど、
警察庁次長のパパの力なんか一回も使わなかったからね・・・!?

しかもあんな深夜に会いに行って、
さらに息子の出世のために二課動かしてくれるって、
別に軽蔑してないやん。めっちゃパパ息子愛してるやんパパ・・・。

2話で最強の切り札使うなら、
一体この先どれだけこのカードを切ることになるのか・・・。
もはや切りすぎたらそれはジョーカーでもなんでもないのだけれど。

と思ったら3話でもやっぱりパパの力使ったー!!

岡田将生「僕もなりふり構ってられませんから」

東大法学部卒なのに、キャリアではなくあえてノンキャリの道を選んだのは、一課長になりたかったから。
一課長はノンキャリから選出されるのが通例ですからね。

でも、組織を変えたい=早く出世したいなら、どうあろうとキャリアの道を選ぶべきだったし、
どっちにしろ親の力で組織を動かすような人間が、組織のトップになりたいと思うことこそおこがましいわ・・・!!

捜査一課長の犬でいいと言うのは、
そんなもの覚悟とは言わない。

スポンサーリンク

長谷川博己(所轄刑事)VS香川照之(一課長)

捜査一課長VS所轄刑事
という構図に無理があるんですよね~~~。

所轄に飛ばされちゃった時点で、
戦うのがキビシイ。

『踊る大捜査線』でも湾岸署管内の事件には毎度室井さんがやってきて、
室井さんが担当なのか?って感じでしたけど、
まあ管理官レベルだったのでそこまで違和感はなかったんですよ。

でも捜査一課長クラスになると一所轄刑事とそんな接点ないだろ・・・!!

芝署管内で一課長が出張ってくるレベルの事件がそうそう起きてもおかしいし、
このまま誘拐事件~ゴーンバンク社の不正をずっと引っ張っていくのはさすがに・・・。

『半沢直樹』路線をとるなら、
一部の終わりで香坂が捜査一課に戻って、
二部は一課内で一課長と戦うんでしょうか・・・?

そもそもゴーンバンク事件って、
一課長が香坂を所轄に追いやったことにより、
山田を所轄に張り付かせる羽目になり(=人員の無駄遣い)
香坂が一課にいれば一本道で解決できたものを、
わざわざ所轄を経由させることによってすんげえ回り道させてるだけなんですよね・・・。
もっとスマートに解決できたはず。

スポンサーリンク

芳根京子の違和感がハンパない

芳根京子、いる・・・???

カワイイ若い女子がほしかったんなら、
長谷川博己の嫁にすればよかったのに・・・!!

ドラマにおける芳根京子の違和感がハンパないです。

芳根京子は人事課職員なので、
所属は警務部です。
一課長は刑事部。

部が違う時点で相当接点ないぞ、なのに、
一話ではあんな奥まった部屋にいる一課長と廊下ですれ違うというとんでもない奇跡が起こり、
さらにあまつさえ芳根京子が一課長にすんげーど~でもいい個人的な話をし出します。

しかもそれを一笑に付すわけでもなく、
芳根京子がカワイイからか、
真面目には聞いてくれる一課長。

どうなのよ・・・!!!

真面目に突っ込むと、
一職員が他部の課長職クラスの人間に、部をまたいで書類確認にいくことなんてまずないでしょう・・・。
それこそ組織のルールがわかってないってことに・・・。

一課長クラスって、一課の人間でもなかなか決裁案件でも会えないだろうに、
他部の一下っ端職員がふつーに会話できるってどうなの・・・?

しかも芳根京子、新任設定なんですけど・・・!?

さらにおかしいのがこの人。
手塚とおる演じる柳沢肇。

監察官なのに、
直属の部下(監察官補佐等)でもない芳根京子=新任と一緒に行動・・・。

お か し い ・・・。

スポンサーリンク

捜査一課長に、おれはなる!

「捜査一課長になる」と、
「海賊王に、おれはなる!」バリに捜査一課長になりたがってる長谷川博己と岡田将生ですが、
なぜこの2人の最終目標が捜査一課長に位置づけられてるのか?

ドラマにおける一課長の位置づけがよくわからないんですよね。
一課長と言えど、言ってもたかが課長だよ?

トップオブトップというなら警視総監じゃあ?

『踊る大捜査線』で
いかりや長介演じる和久さんの名言

いかりや長介「正しいことをしたければ、偉くなれ」

が全てを物語っている通り、
組織を変えたければ上に行くしかなく、
だからこそ室井さんに、

織田裕二「あんたは上にいろ」

と青島は言うわけです。

その頂点たる警視総監になっても、
関係省庁や政治家との軋轢で何も変えられないのが現実でしょうが・・・

だからこそ、「捜査一課長」という地位に執着する理由がよくわからない。
2人は捜査一課長になって一体何がしたいのか?

そして「捜査一課長」が最終目標になってしまうと、
現在既にその地位にいる香川照之は落ちるしかなく、
さらに下を蹴落とすしかやることがなくなって、
ちっちぇえな~・・・という感じなんですよね。

まださらに出世の道で上がいるにもかかわらず、
有望な部下を蹴落としにかかるのが小さ過ぎる・・・。

そして新聞記者を介さないととなりの課の動きすらわからないのはどうなの・・・。

少年漫画のセオリーですが、
敵は大きければ大きいほど、主人公も際立つわけで、
敵が小物だと必然的に主人公もちっちゃく見えちゃうんです。
残念ながら。

スポンサーリンク

半沢直樹と徹底比較!小さな巨人はヒットする?

1話冒頭、

長谷川博己が堺雅人の顔マネしてる・・・??

というほどに、カット割りやセット、撮り方、アップカットの多用、
さらには話の進め方まで、
まんま『半沢直樹』じゃん!!という『小さな巨人』。

真似すりゃあいいってもんじゃないのよ・・・。

主役のキャラ

半沢に比べてやっぱり香坂が弱い。
キャラが弱いんです・・・。

1話から土下座しちゃったので、
やっすい土下座やな!!とちょっと軽く失望。
さらに2話には山田に頭下げるし、
この勢いでいくと毎話頭下げるんじゃあ・・・。

なんていうか、
やっぱり戦ってほしいんですよね。半沢みたいに。
現実じゃ上に頭下げまくりな日々がゆえに、
やり返してほしい。

そして嫁の意見をき く な よ ・・・。

さらにここまで香坂は連敗中。

半沢も最初「やられたらやり返す!」ってとにかく口先だけの負け惜しみだったけど、
でもひっくり返しました。

あのひっくり返しが『半沢直樹』の最大の魅力で、
とにかく半沢は負けなかった。
だからカッコよかったんです。

香坂がこれからひっくり返せるかは、3話以降次第ですが、
「事件を解決する」最終目的が同じである以上、なかなか大逆転はキビシイでしょうね~~・・・。

スポンサーリンク

セットが一緒?

小野田捜査一課長の部屋は、
大和田常務の部屋ですか?
というくらい、セットが似ています。

一課長レベルでこんな部屋にいるんなら警視総監のはワンフロア貸し切ってんのか?というくらい豪華な部屋です。
税金無駄遣いしすぎ。

あのセットは銀行だったからそこまで違和感なかったんですよ・・・。
警視庁内だと違和感半端ない・・・。

本庁VS所轄は古い!?

『捜査一課長』では既に本庁と所轄、
さらには捜査一課の各係も、
捜査一課長を頂点に非常に連携が取れていて、
捜査一課長と刑事部長の関係も含め、理想の組織像が描かれています。

刑事ドラマでは警察組織内の「対立」に焦点があてられることが多い中、
「いい人しかいない」警察組織という、新しい切り口で成功したタイプのドラマですね。

その意味で、やっぱり「本庁VS所轄」って構図は、手アカベタベタなんですよね~・・・。

さらに言うなら、捜査一課長を悪者にするのに限界があります。

『砂の塔』でも、警察が犯人という線は意外性があっても取られなかったように、
やはり警察官である以上、
敵キャラを「極悪非道」に描くのは無理があるんですよ。

そこが『半沢直樹』の大和田常務と小野田一課長の違いかな~と。

大和田常務は半沢の父親を自殺に追いやった仇でしたからね。
自分の出世のために、コツコツ生きている個人を切り捨てる。
悪いやっちゃな~半沢やっちまえ!という感情が、見ている方に生まれた。

でも「捜査一課長をやっちまえ!」って感情を生むのは・・・
正直無理でしょうね~~~。

既に一課長がゴーンバンク社社長と通じてる時点でオイオイオイ・・・って感じですからね。

現実はそうだとしても、ドラマはクリーンであってほしい。

『半沢直樹』が成功したのはあくまで銀行の中の話で、
父親を自殺に追いやった仇という、
銀行内での出世=復讐になってたのが非常に上手かったんですよね。

復讐を果たすというマイナス目標が、
出世というプラス目標と完全に表裏一体になっていたからです。

だからこそ復讐に正当性が生まれたし、
半沢にみんな感情移入できた。

香坂の場合は、
ただ単に組織の陰謀で左遷されて、
かといって警視庁に戻るのが目的ではなく、所轄で戦うと一話で表明してしまっていて、
さらに最終目標が捜査一課長と、
どーにも感情移入が難しい・・・。

スポンサーリンク

嫁はカワイイ方がいい

半沢直樹で上戸彩がなぜあんなに評価されているのか?
まったくわからなかったんですが、
小さな巨人を見ていてようやくわかりました。

嫁はカワイイ方がいい。

絶対にいい!!

上戸彩カワイイもん。
演技下手だけどカワイイもん。

「夜中にあんなバッチリメイクで旦那迎える嫁なんかいねーよ!」と世の奥様陣はキレてましたが、
外で仕事して戦って帰るんだから、
家ではカワイイ嫁とおいしいご飯で癒やされたいよ・・・!!

あんな微妙な嫁とオカンの待つ家に帰りたくないよ~・・・。

ご飯すらないのよ。
コロッケ取られるのよ・・・(涙)

今のところ香坂の家のシーンが超イヤです。
家のシーンカットしてほしいほどに。

スポンサーリンク

ドラマ最終回結末ネタバレ

※放送後速報で追記します!!

 

 

※「小さな巨人」を見逃した時は、1話~最新話までU-NEXT」で視聴することができます。
今なら登録後最大31日間無料なので、タダで見られます!

⇒U-NEXT

スポンサーリンク


今、あなたにオススメ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ