AKB48が本当はレコード大賞!?三代目JSB1億ヤラセ週刊文春スクープ


profile

本日10月27日発売の「週刊文春11月3日号」で、EXILEや三代目JSBが所属する株式会社LDHが、2015年のレコード大賞を1億円で買収していた可能性が判明しました。
2015年レコード大賞は本当はAKB48が獲得するはずだった!?
度々ヤラセだ出来レースとウワサされてきたレコード大賞。2016年のレコード大賞(レコ大)もヤラセなのか・・・!?
本日発売の週刊文春内容、全文レポートです。

スポンサーリンク

三代目JSBレコ大を1億円で買った!?

三代目JSBは過去2回
EXILEは過去4回レコード大賞を受賞しています。

誰が見ても明らかにちょっとおかしいだろ、
という感はあったので、
今更金で買収していても驚きませんが、
まさか1億で買っていたとは・・・。

週刊文春が入手した、株式会社LDHあての1億円の請求書の写し。

株式会社LDHって?
三代目JSBやEXILEの所属事務所。
EXILEの初期メンバー6人が50万円ずつ出資し、立ち上げた会社。
EXILEリーダーのHIROが社長をしていたが、今年限りで退任。

平成27年12月24日付けで起票された請求書の発行元は、株式会社バーニングプロダクション

株式会社バーニングプロダクションって?
郷ひろみ、小泉今日子らが所属し、傘下に20社以上を抱える業界最大手の芸能事務所。
社長の周防郁雄氏は通称“芸能界のドン”

1億円の請求書って・・・
消費税だけでなんと800万!?

但し書きは、

年末のプロモーション業務委託費として

これは一体どういうことなのか?

2015年のレコード大賞で、
エグザイルの弟分三代目J Soul Brothersに、票を投じるよう強い働きかけがあったというのです。

結果、三代目JSBは、「Unfair World」で第57回日本レコード大賞を受賞し、2年連続2度目の大賞受賞。
三代目JSB二連覇の裏には、やはり芸能界の黒い闇が・・・。

ある審査委員「正直知りませんでしたよ、この曲。審査委員の間でも『全然ヒットしてないけどいいのか』って疑問の声が上がりましたから。完全にエイベックスと”赤坂”の意向ですよ。数千万だか一億だか、LDHが”赤坂”に持っていったらしいですよ」
※”赤坂”=バーニングの俗称。

LDHはEXILEや三代目JSBの多くの楽曲の著作権の一部を、
バーニングの子会社「バーニングパブリッシャーズ」に譲渡しています。

要は、三代目JSBがヒットすればバーニングが儲かる構図です。

スポンサーリンク

2015年レコ大本当はAKB48が獲得!?

レコード大賞の審査の仕組み

レコード大賞の審査はどういう流れで行われるのでしょうか?

レコード大賞の審査は、毎年10月から始まります。
主催者がリストアップする約200曲の候補曲に加え、2015年から各審査委員が20曲程度の作品を推薦。
計300曲以上の中から「優秀作品賞」通称”金賞”が10作品選ばれます。
そして、この中の1作が「日本レコード大賞」となります。

最終審査が行われるのは、
12月30日の本番当日

優秀作品賞の審査は、15人の審査員による挙手で決まります。
審査委員は記者です。

審査委員の記者メンバー
・スポーツ紙6紙(ニッカン、スポニチ、サンスポ、デイリー、東スポなど)
・読売、毎日、日経、産経、東京、夕刊フジ

ある審査委員「15人の審査委員のうち最低でも8名は普段からバーニングと仕事の付き合いのある記者。過半数が押さえられているわけです」

バーニングがレコ大を決めていると言っても過言ではないようですね。
そもそも音楽の専門家ではない記者が審査委員になっているのはどうなのか?という批判もあるようですが・・・。

2015年レコード大賞の本命はAKB48だった

2015年の優秀作品賞は、

  • 三代目JSB「Unfair World」
  • AKB48「僕たちは戦わない」
  • 氷川きよし「愛しのテキーロ」
  • 西野カナ「トリセツ」
  • 水森かおり「大和路の恋」
  • ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの」
  • きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」
  • 三山ひろし「お岩木山」
  • AAA「愛してるのに、愛せない」
  • 西内まりや「ありがとうForever・・・」

の10作品。

レコ大関係者「審査が始まる前の下馬評では、AKB48の『僕たちは戦わない』が圧倒的に優位でした」

と証言するように、売上枚数も

  • 三代目JSB「Unfair World」:約20万枚
  • AKB48「僕たちは戦わない」:約180万枚

その差は歴然。

なのに、最終審査では、

審査委員「15人中11人が三代目に手を挙げた。AKBに挙げたのは3人」

なぜこんな現象が起こったのか?

スポンサーリンク

エイベックスとLDHの黒い関係

レコード大賞の審査基準は、

大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る

その年一番の流行曲を選ぶというのが主旨です。

AKB48は2015年結成10周年で、
指原莉乃が総選挙でセンターに返り咲き、
高橋みなみの卒業が発表されるなど、
話題も多かった年でした。

周防社長「今年はAKB48で決まりだ」

と公言していたほど。

しかし、審査が始まった頃

エイベックス「うちは本気でやります」

ある審査委員「AKBにケンカを売るの?」

エイベックス「上同士で話がついています

バーニングの了承を得たエイベックスは、審査委員への接待攻勢など”運動”を開始。

エイベックス社長・松浦勝人はLDHの名誉会長で、
HIROの高校の後輩。

インスタにこんな画像↓↓をアップするほど
とっても親密なようです。
default_f2aeb40e160d6962dbf74e2245bab495
引用元:instagram.com

レコード会社関係者「ただこうした接待攻勢が簡単にくつがえるのがレコ大。最終的にはバーニングに近い関係者から”赤坂”の意向が伝えられ、記者の票はまとめられるのです」

それで一億が動いたわけですね。

三代目JSBは選考過程で既に落選

エイベックスが当初推そうとしたのは、
三代目JSB「Summer Madness」。

しかし、「Summer Madness」はすでに選考過程で落選

レコード会社関係者「”赤坂”の移行を受けたある審査委員が、同曲の復活を提案したのですが、さすがに一度落とした曲を戻すわけにはいかない。それで三代目で唯一残っていた『Unfair World』を審査対象にすることにしたのです」

ムチャクチャですね・・・。

三代目JSBのレコ大はすべて金で買った!?

2014年、三代目JSBは「R.Y.U.S.E.I.」で第56回日本レコード大賞を受賞しています。

まだブレイク前だった彼らの大賞受賞に、
審査委員の間でも「まだ早い」という声も。

しかし、エイベックスの売り込みはすさまじく、

エイベックス「絶対にブレイクさせるとうちの松浦も言ってます」

レコ大関係者「結局”赤坂”の後押しもあって押し切られる形で票が集まりました

三代目JSBのレコ大受賞は最初から金で買われた出来レースだったんですね・・・。

EXILEも過去4回レコード大賞を受賞していますが、こうなるとすべて金で買ったんじゃ?という疑惑が出てきます。

レコード大賞2016も既に金賞当確!?

2016年のレコード大賞の審査会も、10月4日から始まっています。
なんと既に金賞当確が出ているとか!?

・AAA
・西野カナ
・桐谷健太「海の声」

AAAはエイベックス所属。
西野カナはバーニング広報担当者がプッシュ。
AAAも西野カナもレコ大常連。

もう完全な出来レースですね・・・。
こんな賞に何の意味が・・・。

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ