RADWIMPS君の名は挿入歌評価が高い理由!歌詞が瀧と三葉ラスト結末暗示?


01

新海誠『君の名は。』の楽曲をすべて担当したRADWIMPS。
「前前前世」「スパークル」「夢灯籠」「なんでもないや」の4曲の挿入歌の評価が高い理由とは!?
歌詞が瀧と三葉、二人の恋と運命、ラスト結末を暗示していた!?
ボーカル・野田洋次郎が書く歌詞の魅力を徹底解説していきます。

※RADWIMPS紅白2016出場濃厚!?
【予想】RADWIMPS紅白2016前前前世で初出場か!?

スポンサーリンク

RADWIMPS『君の名は。』挿入歌評価が高い理由

現在興行収入154億を突破した大ヒット映画『君の名は。』。
【君の名は興行収入予想】最終アナ雪、千と千尋超えなるか!?現在までの推移

新海監督のストーリーもさることながら、

「RADWIMPSの音楽がいい!!」

と、非常に評価が高いです。

挿入歌4曲は、もうある意味
『君の名は。』はRADのPVといっても過言ではない。

映画の中で曲が4曲も流れるって、衝撃でしたからね~。
君の名は興行収入154億超えの理由!低い評価やつまらない感想が少ないのはなぜ?

RADが『君の名は。』に参加することになったキッカケとは?

『君の名は。』参加のキッカケは?

音楽をどうしようかという話をしていた時に、

2a362cdb586656f09f871ec882e794c4新海誠「僕は例えばRADWIMPSが好きなんだけど」

と新海監督が何気なく言ったのがキッカケで、
今回のコラボが実現しました。

挿入歌4曲含め、『君の名は。』の20曲以上の楽曲をRADWIMPSが制作。
楽曲にかかった制作期間は、なんと1年以上

RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎が
瀧役の声優・神木隆之介と話した時に、

01野田洋次郎「明日から収録でしょ。がんばってね」

photo_01神木隆之介「でも4日くらいで終わっちゃうらしいんですけどね」

01野田洋次郎「マジで!?もう1年以上やってるんだけど・・・」

photo_01神木隆之介「マジっすか!?」

お互い衝撃が走ったとか(笑)

2a362cdb586656f09f871ec882e794c4新海誠「お互いに諦めないでやりきる」

と、徹底して向き合った結果なのでしょう・・・。
それにしても一つの作品に音楽も一年以上とは・・・!

スポンサーリンク

新海誠作品における音楽

『秒速5センチメートル』では山崎まさよし「One more time, One more chance」


『言の葉の庭』では秦基博「Rain」
【言の葉の庭ネタバレ】その後ユキノは君の名で糸守の教師に!?万葉集短歌の意味


『ほしのこえ』の時からずっと、
【新海誠ほしのこえネタバレ】ラスト結末は?ミカコは生きてる?
新海作品に共通して音楽と映像のマッチングはすさまじいものがあります。
MVやPVと見まごうほど。

2a362cdb586656f09f871ec882e794c4新海誠「音楽がかかる瞬間は作品の中でも見せ場だと、毎回大事にしています」

最初の短編『彼女と彼女の猫』から、
【彼女と彼女の猫ネタバレ&感想】新海誠演じるチョビが超シュール!原作小説は?
新海監督の音に対するこだわりは並々ならぬものを感じました。

01野田洋次郎「これまでコンマレベルで音楽を考えることはなかった」

と語っていましたが、
新海作品ではどれも、コンマレベルで映像のカット割りが計算して作られています。

今までは音楽ありきだったのが、
今回音楽と映像を同時進行で制作したということで、

2a362cdb586656f09f871ec882e794c4新海誠「音楽に合わせてコンテを書いた部分もあれば、コンテに合わせて音楽を直してもらったところもあります」

もう完成がどこになるのか?
お互いまったく先の見えない戦いだったのではないでしょうか。

01野田洋次郎「僕らも映画に関わるのは初めてだから、全力でぶつかっていくしかなかった」

スポンサーリンク

新海誠とRADWIMPSの世界観がマッチ

野田洋次郎の歌詞

RADWIMPSの楽曲は、
すべてボーカルの野田洋次郎が作詞・作曲しています。

RADの歌詞の特徴として、
野田洋次郎って、言葉選びがすごく独特なんですよね。

「おしゃかしゃま」を初めて聞いた時、
なんじゃこりゃ!?と。


歌詞がヤバイ。

「あ、私のほしかった音楽ってコレだ」と思いました。

「スパークル」の冒頭歌詞、

まだこの世界は
僕を飼いならしてたいみたいだ
望み通りいいだろう
美しくもがくよ

「美しくもがく」

RADのこの歌詞を聞いて、
新海監督が「美しくもがく」ことが、『君の名は。』のテーマだと感じたそうです。

「前前前世」では、

君は僕から諦め方を 奪い取ったの

「諦め方」を「奪い取る」ですよ。
まさにそれだ!っていう言葉が出てくるというか、
そう表現するか・・・!と。

これぞまさに瀧ですよね。

野田洋次郎の声

『言の葉の庭』で「Rain」をカバーした秦基博について、

2a362cdb586656f09f871ec882e794c4新海誠「どうしようもない孤独を宿している声」

と語っていました。
【言の葉の庭ネタバレ】その後ユキノは君の名で糸守の教師に!?万葉集短歌の意味

野田洋次郎も、秦基博とはまた別ベクトルで、
声に孤独感を持ってると思います。

透明なんだけど、孤独。

それがものすごく新海作品にマッチしたんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

挿入歌歌詞が瀧と三葉ラスト結末暗示!?

まさに、瀧と三葉の運命、そして恋を歌ったRADWIMPSの歌詞

途中、結局三葉と糸守町は助かるのか!?未来は変わるのか!?
めちゃくちゃハラハラしますよね。
【君の名はネタバレ解説】三葉と瀧の年齢差の秘密!記憶が失われたラスト結末を考察

さすがに映画を観てる時に歌詞の意味まで気付けませんでしたが、
RADWIMPSの歌詞を見てみると、
「二人で生き抜いていこう」とか、
すごく前向きなんですよ。

RADは当然、結末を知っていて作ったわけで。

これはラスト結末も、そりゃあバッドエンドではないなと。
RADにしてはめずらしくマイナスワードゼロですもん(笑)

スパークル


運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする
時計の針も二人を 横目に見ながら進む
そんな世界を二人で 一生 いや、何章でも

生き抜いていこう

4曲の挿入歌の中で、一番好きなのはスパークルです。
超ヘビロテしてます!
洋次郎のリズムを完全にコピーできるほどには聞いてるぜ!(笑)

ティアマト彗星が分裂し、糸守町に降り注ぐ、
恐ろしくも美しい映像に合わせて流れます。

曲時間、なんと8分58秒
長い!!
でもほとんど間奏なんですよ、スパークル。

まさに、『君の名は。』のために作られた音楽ですね。

前前前世


君の前前前世から僕は 君を探しはじめたよ
そのぶきっちょな笑い方をめがけて やってきたんだよ

瀧と三葉の入れ替わり生活が始まって、お互いルールを決めて、お互いの生活を進めていく時に流れます。

テンポもよく、時間の流れをザーッと見せる映像とぴったり。

「前前前世」の最初のデモが出来てきた時、

2a362cdb586656f09f871ec882e794c4新海誠「あまりにも興奮して、どしゃぶりの雨のなか、ずぶ濡れになりながら聞いています」

新海監督はそうプロデューサーの川村元気氏に、LINE(ライン)でメッセージを送ったそうです。

ちなみに、2016年8月26日、RADWIMPSは「前前前世」でMステ初出演しています。
RADWIMPSが地上波に出演するのはMステが初めてです。
【予想】RADWIMPS紅白2016前前前世で初出場か!?

夢灯籠


5次元にからかわれて それでも君をみるよ
また「はじめまして」の合図を 決めよう
君の名を 今追いかけるよ

オープニング曲。
映画でオープニング!?とこれまた衝撃。

夢灯籠はわずか2分12秒の曲ですが、
この2分に瀧と三葉の物語が凝縮されています。

なんでもないや


嬉しくて泣くのは 悲しくて笑うのは
君の心が 君を追い越したんだよ

エンディング曲。
『君の名は。』の物語の余韻にひたるのに、最高の曲。

三葉役の上白石萌音が、
10月14日Mステに出演し、「なんでもないや」を歌いました。

・・・正直ね・・・

感動が薄れるからマジやめてくれ、
と思いました・・・。

声優として、上白石萌音の三葉の演技はすごく良かったし、
歌唱力も高い人だと思います。

でもRADの曲を歌うのは違う・・・!!!

野田洋次郎の曲は野田洋次郎にしか歌えない。
それを痛感しましたね~・・・。

野田洋次郎の歌い方って独特なんです。

例えば、「スパークル」の

運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を

の部分。
「運命だとか未来とかって/言葉がどれだけ手を」って区切るのが普通ですが、
野田洋次郎は
「運命だとか未来とか/って」で切る。

これ、RADの歌がカラオケで歌いにくい理由です。
超ムズイ・・・!!

言葉の区切り、
語尾の伸ばし方、
本当に独特のリズムで歌ってるんですよね~。

だからこそ、普通のリズムで歌われるのはファンとして譲れない部分なんですよ・・・!

※新海誠作品をまとめてみるなら
今だけ!31日間無料トライアル実施中!!↓↓

U-NEXTで今すぐ視聴!

あなたへのおすすめ

※君の名は&新海誠監督作品をまとめて
君の名は映画&原作小説、新海誠監督作品情報まとめ

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ