【彼女と彼女の猫ネタバレ&感想】新海誠演じるチョビが超シュール!原作小説は?


71k0qc8pkpl-_sl1441_

新海誠監督のモノクロ短編作品『彼女と彼女の猫』内容詳細ネタバレ&感想です。
新海監督自身が声優として演じた、猫のチョビがとってもシュール。
あらすじや原作小説、アニメ版の情報もまとめてチェックしていきます。

スポンサーリンク

彼女と彼女の猫

新海誠初の劇場公開作品。
2000年封切り。
上映時間:4分46秒。

1999年の初夏から初冬にかけて、
新海誠が日本ファルコムに勤務していた時代に自主制作した短編。

完全に個人で制作された、モノクロアニメーション作品。

第12回CGアニメコンテストグランプリ受賞。

原作小説

新海誠原作で、
永川成基が書いた小説版。

※『彼女と彼女の猫』原作小説が今月中なら50%オフの半額で買える!!↓↓

51kdwiupyl-_sx332_bo1204203200_
彼女と彼女の猫を無料で試し読み

※サイト内で【彼女と彼女の猫】と検索してください。

1話:ことばの海
猫のチョビと、美優(教師)。

2話:はじまりの花
猫のミミと、麗奈(学生)。

3話:まどろみと空
猫のクッキーと、葵。

4話:せかいの体温
猫のクロと、志乃。

アニメ版

2016年3月『ULTRA SUPER ANIME TIME』枠内にて、
『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』のタイトルでアニメ化。
1話約8分で全4話。

Sec.1 彼女と彼女の部屋
Sec.2 彼女と彼女の空
Sec.3 彼女と彼女のまなざし
Sec.4 彼女と彼の物語

完全版としてまとめられたDVD&Blu-rayが発売中。

Blu-rayは、オリジナル複製原画ポストカード付Amazon限定版も発売中です。

彼女と彼女の猫あらすじ

都会で生活する若い女性の日常を飼い猫の目線で追いながら、一人で生きていくことの寂しさや痛み、そしてささやかな喜びなどがつづられていきます。

スポンサーリンク

彼女と彼女の猫内容ネタバレ&感想

主役は猫のチョビ。

作中、飼い主である「彼女」のセリフはたったひとつです。

モノクロながら、後の新海作品に通じる緻密で繊細な背景描写の中で、
猫これかい!!!
とまず衝撃を受けると思います。

いや、マジでビックリしました(笑)

しかもチョビの声優が新海監督自身で、
もう超シュール(笑)

途中登場する彼女のミミと、矢印が書かれていなければ真剣に区別できないという・・・(笑)

Sec.1【イントロダクション】
Sec.2【彼女の日常】
Sec.3【彼の日常】
Sec.4【彼女の寂しさ】

春の初めの雨の日に、彼女に拾われた猫。
猫の名前はチョビ

一人暮らしで、仕事をしている彼女。
母親のようにやさしく、恋人のように美しい彼女。

チョビ「だからぼくはすぐに彼女のことが好きになった」

と、彼女の上で横たわるチョビからはハートマークが・・・。
新海監督、演出面白すぎ(笑)

夏。
子猫のミミという、ガールフレンドができたチョビ。

チョビ「でもぼくはやっぱり大人っぽい女の人の方が好きだ」

ミミに結婚を迫られ、

チョビ「何度も言ったけど、僕には大人の恋人がいるんだ」

と断るチョビ。

そしてミミと修羅場に・・・(笑)
猫の世界も大変だな・・・。

秋。
長い長い電話の後、彼女が泣きます。
おそらく、恋人から別れを告げられたのでしょうか・・・。

冒頭、彼女の部屋の電話が鳴るも、留守電のまま、電話にでなかったのは恋人とうまくいっていないことを暗示していたのかもしれません。

彼女「誰かたすけて」

彼女のたった一言が、刺さります。

冬。
彼女は失恋で、髪を切ったのかな?

新聞で寒さをしのぐチョビ(笑)

チョビ「僕も、それからたぶん彼女も、この世界のことを好きなんだと思う」

新海監督の作品は、いつも本当に、この世界への愛で溢れてますね。
監督自身がこの世界を美しいと思っているからこそ、日常の何気ない風景をあんなに美しく、切なく描けるのかなあと・・・。

わずか5分弱の短編ですが、
本当に美しく、ていねいに作られた作品だと思います・・・!

とりあえず猫のチョビが最高なので(笑)
ぜひ見てみてください。

※新海誠作品をまとめてみるなら
今だけ!31日間無料トライアル実施中!!↓↓

U-NEXTで今すぐ視聴!

あなたへのおすすめ

※君の名は&新海誠監督作品をまとめて
君の名は映画&原作小説、新海誠監督作品情報まとめ

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ