【新海誠ほしのこえネタバレ】ラスト結末は?ミカコは生きてる?


sid0013611

新海誠監督の記念すべき初劇場公開作品『ほしのこえ』内容詳細ネタバレ&感想です。ミカコとノボルの恋のラスト結末は?ミカコは生きている?
あらすじや主題歌、聖地(ロケ地)の地図までまとめてチェック!!
ユキノがタカオにおくった万葉集の短歌「鳴神の~」の意味も、徹底解説していきます。

スポンサーリンク

ほしのこえ

新海誠初の劇場公開作品。
2002年2月2日公開。
上映時間:25分。

キャッチコピーは、

私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。

新海誠監督がほぼ一人で作り上げたフル・デジタル・アニメーション。

個人制作の自主映画としては、異例の大ヒットを記録。
スタジオ制作ではなく、個人に寄るアニメ制作の可能性を広く世に知らしめました。

ほしのこえあらすじ

2046年の未来。
携帯電話のメールをモチーフに、
宇宙に旅立った少女・ミカコと、
地球に残った少年・ノボルの遠距離恋愛が描かれます。

設定がかなり複雑なので、
1回見ただけだとわかりにくいかと思います。

誤解をおそれずざーっくり言えば、ヤマトですね。

タルシアン=地球外生命体(宇宙人)=ガミラスで、
タルシアンの脅威にさらされ、
ミカコは地球からリシテア号=ヤマトに乗って旅立つわけです。

ついでにミカコが乗るトレーサーはガンダム(笑)

『ほしのこえ』の場合は、
そういう宇宙間のパワーバランスではなく、
ミカコとノボル、二人の心の動きに重点が置かれています。

登場人物

長峰美加子(ながみね みかこ)

・埼玉県の中学3年生。

・剣道部。

・国連宇宙軍のタルシアン調査隊の選抜メンバー。

・声優:武藤寿美。

寺尾昇(てらお のぼる)

・ミカコとは中学校時代のクラスメイト。

・剣道部。

・声優:鈴木千尋。

新海誠がノボルの声優を担当

『ほしのこえ』は、声優さんの異なる声優版オリジナル版の2種類あります。

ぜひとも!!観る時は
新海監督がノボルに声をあてているオリジナル版で観てください!!

これ、今でこそ「あ、新海監督だ」と思いますが、
当時は全く違和感なかったと思うんですよね。

むしろ、監督の声がノボルの孤独感に合っていると思います。

スポンサーリンク

ほしのこえ内容ネタバレ&感想

※ここからネタバレを大いに含みますので、先に視聴しておくことをオススメします!
今だけ!31日間無料トライアル実施中!!↓↓

U-NEXTで今すぐ視聴!
物語の始まりは、2046年7月

中学三年生の夏、
ミカコとノボル一緒の高校に行こうと話していました。

・・・が。

国連宇宙軍選抜メンバーに選ばれたミカコは、
冬に1000人以上からなる大船団で、
タルシアン調査の旅に出発。
火星に旅立ちます。

2039年のNASA第一次火星調査隊は、タルシス遺跡でタルシス人に全滅させられ、
今度は、タルシアンから得たテクノロジーで、
タルシアンを追っています。

ミカコが地球から離れるに連れ、
二人がメールのやり取りにかかる時間は開いていき、

いちばんはじっこのオールトの雲からだって半年くらいのもんだからね。
20世紀のエアメイルみたいなものだよ。
うん、だいじょーぶ!

というミカコに対し

ノボル「・・・何が大丈夫なんだ」

苛立ちをつのらせ始めるノボル。
何度も何度も、メールをチェックするノボルの姿が描かれます。

2047年8月冥王星軌道付近

地球を出発してから半年
リシテア艦隊はタルシアンの痕跡を見つけられないまま、
太陽系の最果てにいました。

ミカコ「このまま何も見つからないで、早く地球に帰れるのがイチバンいいなって」

しかし、タルシアンが突如出現。戦闘になります。

このタルシアン、
切られるとブシュって普通に血?みたいなのが出るんですよ・・・。

タルシアンの群体を確認した艦隊は、
1光年のハイパー・ドライブを行い、戦闘を離脱することに。

ワープしたことで、
そして、ノボルにメールが届くまでに1年以上かかることに・・・。

さらに、シリウスα・β星系への長距離ワープを決行する艦隊。
飛翔距離は8.6光年。
帰りのショートカット・アンカーは発見されていないことから、
ミカコは地球に帰れなくなってしまいます。

しかも、今度はノボルにメールが届くまで、8年7か月
どんどんズレていくミカコとノボルの時間。

ミカコ「ノボル君、わたしのこと、忘れちゃうかな・・・」

2048年8月

一方、ノボルは
ミカコからのメールを待つのを去年の冬にやめていました。

ミカコとの思い出のバス停で、
雨宿りしていたノボルの携帯が鳴ります。

待つのをやめたはずの、
ミカコからの1年ぶりのメールに反応してしまうノボル。

ねえ、わたしたちは、
宇宙と地上にひきさかれる、恋人みたいだね。

というミカコの言葉に、
ノボルはある決意をします。

だから僕は目標を立てた。
もっともっと、心を硬く冷たく強くすること。

『ほしのこえ』で一番刺さったセリフでした。

一人で”大人になる”ことを決めたノボル。

2047年8月

シリウス星系に到達した艦隊。

第四惑星アガルタに降り立ったミカコは、
届くあてのないメールを、
ノボルに送ります。

件名:ここにいるよ

24歳になったノボルくん、こんにちは!
私は15歳のミカコだよ。

ね、わたしはいまでもノボルくんのこと、
すごくすごく好きだよ

突如、アガルタ各地にタルシアンが出現。
交戦が開始され、他のタルシアンの群体も艦隊に接近。

スポンサーリンク

ラスト結末は?ミカコは生きている?

ラストは、アガルタでの国連宇宙軍VSタルシアンの戦闘シーン。

攻撃をシールドで防御する大型のタルシアンに対抗できず、
4隻の艦隊は次々に沈められていきます。

ミカコはリシテアを守ろうとたった一機で奮闘。
右腕を失いながらも、大型のタルシアンを撃破。
しかし、出力を失くしたミカコのトレーサーは宇宙空間に落ちて・・・。

「わたしはここにいるよ」

最後、ミカコとノボルの声が重なります。
これがラストシーンです。

ラスト結末は、一瞬、ミカコが死んだ・・・!?と思ってしまうのですが、
2056年3月の、ノボルの部屋にあった新聞では、
「帰還の可能性はリシテア号一隻か」と報じられています。
(※ちなみにこの新聞、写真画像が動いています!)

国連軍第一次タルシアン調査隊は壊滅状態ですが、
ミカコの活躍でリシテアは助かったみたいですね。

母艦が無事なので、ミカコも無事なんじゃないかな~・・・と思います。

ただ、どっちにしろ帰りのショートカット・アンカーがわからないので、
地球には帰れないんですが・・・。

第二次調査隊など、援軍が派遣されて、
地球に帰れる可能性もわずかですが、
ありそうなラストです。

一方、ノボルの方は、24歳になり、
来月から艦隊勤務

奇跡的に届いた、8年前のミカコからのメール。
届いたのは最初の2行だけで、あとはノイズでしたが、
時間や距離を越えて、ミカコの想いはノボルに届いたのではないでしょうか。

モチーフは携帯のメール

ミカコとノボルは、
超長距離メールサービスというもので、
宇宙と地球でメールのやり取りをしています。

宛先までの距離と、
メール到着までの予想所要時間を出してくれるという、
超ハイテクケータイ。

見た目はアナログ(笑)

あのノボルがメールを何度も何度もチェックする感じ・・・!

携帯依存症じゃないですけど、
メールをめっちゃ待ってた時期があったなあ・・・と。

パソコンのメールも、
まだダイヤル回線で超おっそいのを、
何度もつないでメール来てないかチェックしてたのを思い出しました。

どうでもいいよツッコミ

私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。

と宣伝でも謳われてるんですが・・・

ミカコは自分の意思で宇宙へ行ったんじゃないのか・・・!?

選抜メンバーって選ばれると断れないの?強制?

ノボルの苛立ちはわかるんです。

いきなりミカコが宇宙に行ってしまって、
たぶん調査隊は機密事項だろうから、
連絡もミカコ側からしかできないだろうし・・・。

でもミカコは・・・!?
自分の意思で行ったんだとしたら、
どうなのよ・・・という気はいささかします。

う~ん、まだ中学三年生だし、
すぐ地球へ帰れるだろ、くらいに思ってたのかなあ・・・?

主題歌

「THROUGH THE YEARS AND FAR AWAY(HELLO, LITTLE STAR)」
作曲:天門
作詞:K. JUNO
唄:Low(みずさわゆうき)


ラスト、ミカコがたった一人でタルシアンに向かっていくシーンで流れます。
地上のノボルとクロスし、
本当に感動的でした。

※新海誠作品をまとめてみるなら
今だけ!31日間無料トライアル実施中!!↓↓

U-NEXTで今すぐ視聴!

あなたへのおすすめ

※君の名は&新海誠監督作品をまとめて
君の名は映画&原作小説、新海誠監督作品情報まとめ

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ