『IQ246』見逃し無料再放送は?視聴率や相関図、キャストをまとめてチェック


01

織田裕二主演ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』。土屋太鳳、ディーン・フジオカ、中谷美紀ら豪華キャストが集うドラマです。
見逃した時の、無料再放送はあるのでしょうか?視聴率はどのくらいなのか?
放送日時やキャスト(出演者)、あらすじ、相関図、原作、主題歌などの基本情報をチェックしていきます。

※IQ246を見逃した時は
IQ246を見逃した時は?ケース別2分で分かる視聴方法

※13こと「M」=マリアTの正体は
【IQ246最終回ネタバレ結末】黒幕13「M」の正体は中谷美紀!?

※IQ246小ネタをまとめてチェック!
【IQ246小ネタまとめ】織田裕二ドラマパロだらけ!?

スポンサーリンク

『IQ246』見逃し再放送は?

『IQ246』放送日時

01

TBS系
毎週日曜 21:00~21:54
10/16(日)スタート
※第1話、第2話15分拡大

オススメ度:★★★★

  

TVerで、無料見逃し配信がされています。

番組放送終了後から次週放送開始まで(原則最大7日間

TVerで今すぐ視聴

次の週の日曜日21:59までです。

2話以上見逃した時は
IQ246を見逃した時は?ケース別2分で分かる視聴方法

相関図

02
引用元:tbs.co.jp

スポンサーリンク

キャスト

織田裕二

03

法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)=シャーロック・ホームズ。

・長男のみに「IQ246」の異能が代々遺伝するという、法門寺家89代目当主。
・・・IQって遺伝するんですか???

・IQ246の超天才。特許を得ている発明品だけで2018点、著書は3625冊。
ディーン・フジオカいわく、

04ディーン・フジオカ「人が一生かけて成し得ることの、既に10倍の成果を出されています」

ケイン・コスギのモノマネでもやってんのかというぐらい、ものっそいカタコト。

・色黒感が増した気がするのは趣味の釣りのせいですか?

・民放ドラマがご無沙汰すぎてキャラの立て方を忘れたのか、『相棒』の杉下右京(水谷豊)と『古畑任三郎』の古畑任三郎(田村正和)、『ガリレオ』の湯川学(福山雅治)を足して引いて全然違うものを持ってきてしまったような「法門寺沙羅駆」が仕上がってきました。
キャラもしかしてまだ定まってないんじゃ・・・

・しゃべり方は別にして、やっぱり立ち居ふるまいは相変わらず文句なしにカッコいいです。眼差しの鋭さも健在。
スリーピーススーツも素敵。

・「あ~~~ッ」とか「ん~~~~ッ」とか、ちょいちょい奇声を発されます。

・推理するのになぜか神の一手を放つ。

「醜悪至極なり!」がキメ台詞。

ディーン・フジオカ

ディーンフジオカは歌が下手!?ユーリOPで徹底検証!英語の発音が下手?

04

・法門寺家89代目執事・賢正(けんせい)。

・メガネを外すとたちまち武闘派。その動きは完全にプロである。

・「メガネ」「執事」「武闘派」と、世の奥様方の願望を詰め込みまくったキャラ。
詰め込みすぎて、逆にキャラが薄まっている感すらある。

・1話の若様の靴脱がしシーンは、『ぴったんこ・カンカン』で先出しされたおかげでインパクトは薄まったが、それでもとてつもない破壊力。

・執事のくせに若様に興味が全くない。
仕事なので仕方なく面倒をみている感がありありと・・・。
今時の執事はこんなもんなんでしょうか。
もっと若様に愛を持って接してください・・・。

・元カノ・観月ありさ登場で執事首か!?
【IQ246ネタバレ3話】観月ありさはディーンフジオカの元カノ!?

・ちなみにディーン・フジオカは織田裕二のことを「オダピン」と呼びたいらしい。
1話ゲストの伊藤かずえがそう呼んでいるからだとか。
ドラマの撮影終了までに実現するといいですね~。

スポンサーリンク

土屋太鳳

05

女優土屋太鳳情報まとめ

・所轄から突如警視庁捜査一課に異動。
さらには北鎌倉に法門寺沙羅駆のお目付け役として派遣される。

・天才探偵のそばにありがちなフツ~の頭脳の視聴者的目線の立ち位置のはずが、
今のところほとんど織田裕二に置いてきぼりをくらっており、
何のためにいるのかわからないキャラ。
でもとりあえずかわいいのでいいんじゃないでしょうか。

・ステッカーベタベタのキャリーケース同様、キャラもカオスで全く定まっていない。

・柔道初段の腕前はクソだったことが1話にして判明。武闘派要因でもないならお前は何なんだ・・・。

・おそらく『金田一少年』の美雪、『コナン』の蘭のような、足手まとい=人質要因?
警視庁捜査一課の人間が人質はシャレにならないので、その展開だけは避けたいところ。

・なのに名前は、和藤奏子(わとう そうこ)=ワトソン。
ここまで使えないワトソンは初めてだよ・・・!!

中谷美紀

07

・法医学専門医・監察医。

・司法解剖する死体と一緒に写真を撮るのが趣味の変人。

中谷美紀「こんなに死体の話で盛り上がれる人がいるなんて」

と、織田裕二の脳細胞のファンになる。

・「一見とても地味」だが、おそらくメガネとあからさまにカツラくさいヘアーをとれば、超美人に変身するありがちキャラの予感。

・現時点で織田裕二(シャーロック・ホームズ)の宿敵「M」=モリアーティの筆頭候補。
【IQ246最終回ネタバレ結末】黒幕13「M」の正体は中谷美紀!?

矢野聖人

08

・正体不明の助手。

・写真を撮る時、

矢野聖人「はい、メラニン

と謎の掛け声で撮る。

寺島進

06

・法門寺家88代目執事・賢丈(けんじょう)。

・『京都地検の女』といい、最近寺島さんはよくお寺にいる。

・ディーン・フジオカよりよっぽど若様愛が深い。

真飛聖&宮尾俊太郎

11

12

・『砂の塔』といい、刑事陣に魅力がないのが今クールTBSドラマの特徴。
『砂の塔』見逃し無料再放送は?視聴率や相関図、キャストをまとめてチェック

・でも無駄にキャラ立ちさせていてうっとうしいことこの上ない。とりあえず英語やめろ。

スポンサーリンク

あらすじ

「IQ246の天才・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)が難事件を膨大な知識と鮮やかな推理で解決する本格ミステリーだ」

と言っていますが、
かくしてその実態は奇人・変人キャラのオンパレードの、
キャラドラマとして見なければ耐えられないぜ!
な、1話完結型の事件モノ。

犯人の裏には黒幕で犯罪プロデュースする「M」の存在があり、
ストーリーはいかにもマンガのような仕立て。
【IQ246最終回ネタバレ結末】黒幕13「M」の正体は中谷美紀!?

2話はいきなり『SHERLOCK(シャーロック)』モロパクときた。
【IQ246ネタバレ2話】デスノ&シャーロックピンク色の研究パクリ!?桂正和が帯に

キャラドラマと割り切れば、
非常に面白いです。

ミステリーの謎解きなのになぜか神の一手を放つ織田裕二は一見の価値あり!なのでぜひ。

『IQ246』視聴率は?

※判明次第追記していきます!

ドラマ『IQ246』平均視聴率(ビデオリサーチ調べ 関東地区)は

初回(第1話): 13.1%
第2話: 12.4%
第3話: 10.1%
第4話: 11.7%
第5話: 10.1%
第6話: %
第7話: %
第8話: %
第9話: %

やったね織田裕二!!!

10月スタートドラマでは『ドクターX』『相棒』に次ぐ3位です!!※10月17日時点。
いや~・・・大金星じゃないでしょうか。

・・・が。
織田裕二始め、キャストのあまりのキテレツっぷりに2話以降、一体どれだけの視聴者がついてくるのか。
2話が勝負と言えそうですね~。
【IQ246ネタバレ2話】デスノ&シャーロックピンク色の研究パクリ!?桂正和が帯に

2話も意外と下がらなかった。
ええ、このまま10%代キープして最終回まで行くのか・・・!?

小ネタが多く、色々視聴者を楽しませてくれるのも理由の一つかもしれません。
【IQ246小ネタまとめ】織田裕二ドラマパロだらけ!?

『IQ246』原作は?

『IQ246』は、完全オリジナルドラマです。
なので、特に原作はありません。

脚本は泉澤陽子、栗本志津香、原涼子。

脚本が複数だからこんなにカオスなのか・・・!?

『IQ246』主題歌

時間帯が『半沢直樹』枠ということで、
その手法を踏襲してか、
主題歌や挿入歌といったテーマソングはありません。

 

※IQ246を見逃した時は
IQ246を見逃した時は?ケース別2分で分かる視聴方法

あなたへのおすすめ

  1. 『IQ246』見逃し無料再放送は?視聴率や相関図、キャストをまとめてチェック今ココ
  2. 【IQ246小ネタまとめ】織田裕二ドラマパロだらけ!?
  3. 【IQ246ネタバレ2話】デスノ&シャーロックピンク色の研究パクリ!?桂正和が帯に
  4. 【IQ246ネタバレ3話】観月ありさはディーンフジオカの元カノ!?
  5. 【IQ246ネタバレ4話】M=モリアーティが仕掛ける密室!国仲涼子VS織田裕二
  6. 【IQ246ネタバレ5話】黒幕13「M」=マリアTは妹!?賢正!?土屋太鳳!?
  7. IQ246ネタバレ6話新聞小ネタ満載!マリアTの正体はやっぱり中谷美紀!?
  8. IQ246ネタバレ7話黒幕マリアT中谷美紀と直接対決開始!?
  9. 【IQ246最終回ネタバレ結末】黒幕13「M」の正体は中谷美紀!?

※2016秋ドラマ情報をまとめてチェック!!
2016秋ドラマおすすめは?見逃し再放送、視聴率、キャスト、あらすじまとめ

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ