日ハム斎藤佑樹の現在はベーマガ池田社長にポルシェおねだり!?週刊文春スクープ


6cb43149dc586d68cb73b645ce3de3c4

本日7月14日発売の「週刊文春7月21日号」で、日本ハムファイターズ(日ハム)斎藤佑樹投手が、
出版社社長から高級車ポルシェを提供されていたことがスクープされました。
社長におねだりした800万のポルシェの乗り回し、高級マンションに住み、女遊びも派手だという斎藤の、ファンの期待を裏切る「王子の私生活」とは・・・!?
週刊文春内容、全文レポートです。

スポンサーリンク

日ハム斎藤佑樹の”ポルシェ問題”

斎藤佑樹(さいとう ゆうき)プロフィール

fb0e9003be7f5a19ebaebb88ede056c4

・群馬県太田市出身。

・1988年6月6日生まれ(28歳)

・身長176cm、体重76kg。

・出身高校:早稲田実業学校高等部。

・出身大学:早稲田大学教育学部。

・2016年の年俸は2,300万円。

2006年夏の甲子園で、現ヤンキースの田中将大投手擁する駒大苫小牧高校を破り、早実を初優勝に導きました。
“ハンカチ王子”と呼ばれ、一世を風靡します。

その後、2010年 ドラフト会議で4球団から1位指名を受け、日本ハムファイターズに入団。
以後は1軍と2軍を行ったり来たりで、不振が続いています。

週刊文春スクープの”ポルシェ問題”とは?

今回週刊文春にスクープされた問題のポルシェは、
斎藤が現在乗っているポルシェのマカン

一昨年に発売されたSUVタイプの車で、
価格は最低でも800万~の高級車です。

01
引用元:porsche.com

年俸2,300万の2軍選手には不似合いな高級車・・・。
実はこの車は、老舗出版社ベースボール・マガジン社の池田哲雄社長から提供を受けたものだとか?

ベーマガ社員「社長は昨年夏頃から会社の金で、斎藤にポルシェを提供しています」

と証言。

fb0e9003be7f5a19ebaebb88ede056c4斎藤「鎌ケ谷の二軍練習場に通うための車が欲しい。札幌には車があるけど東京にはないから。池田さんなら、なんとかなるんじゃないですか」

と、斎藤が池田社長におねだり。

斎藤が欲しがったのは、
ポルシェSUVタイプの最高級車カイエン
価格は2000万円を超えるものもあります。

02
引用元:porsche.com

ベーマガ社員「あまりにも高すぎるということで、マカンになりました。ベーマガの関連会社でリースして、それを斎藤に又貸しすることにしたのです」

マカンでも十分高いですけどね!?
自分の年俸で買えないレベルの車をねだるって・・・。

スポンサーリンク

池田哲雄(いけだ てつお)って?

高級車のポルシェを斎藤に利益供与した池田社長とは、一体どんな人物なのでしょうか?

株式会社ベースボールマガジン社代表取締役社長で、
野球ジャーナリズムの発展に尽力した、
池田恒雄(いけだ つねお)氏の息子です。

20111016_Ikeda_Tetsuo_01v_195
引用元:joqr.net

池田哲雄(いけだ てつお)プロフィール

・1957年生まれ(59歳)

・東京都出身。

・出身高校:早稲田実業学校。

・出身大学:学校早稲田大学教育学部。

・現在は早稲田実業の校友会会長。

ベースボールマガジン社って?

1946年、池田恒雄氏が創業。
『週刊ベースボール』を始め、『週刊プロレス』など、多くの競技専門誌を出し、”スポーツ誌王国”を築く。
池田恒雄氏は、雑誌記者として初の野球殿堂入りを果たしています。

斎藤の”パパ”

大学時代から斎藤をかわいがっていたという池田哲雄社長。
斎藤はプレゼントをねだりまくっていたそうで、

20111016_Ikeda_Tetsuo_01v_195池田社長「誕生日にボッテガヴェネタのサイフを買ってあげちゃったよ」

他にも、

  • フランス製の高級バッグ・ゴヤール
  • リモワのスーツケース
  • 明大前のマンション

などプレゼントしていたとか。

経営は火の車

斎藤に気前よくプレゼントする一方で、ベーマガの経営は火の車でした。

2013年に、経営悪化から30名超がリストラ
2016年1月には、本社ビルを売却。貸しビルに移っています。
それでも経営は好転せず、
2016年1~5月期は、1億を超える赤字
看板雑誌の『週間ベースボール』も、実売は3万部前後に低迷。

ベーマガ社員「社長はこれだけ経営が悪化していても、月300万円超の報酬をもらうほか、業務実態のない近親者にも給料を払っており、その額は合わせて年間5000万円を超えます」

社員の給料は低いのに、
とんでもない社長ですね・・・。

斎藤佑樹の現在

日ハムでの成績不振

2010年 ドラフト会議で4球団から1位指名を受け、日本ハムファイターズに入団。

実は入寮時話題になったリモワのスーツケースも、
“パパ”こと池田社長からのプレゼントでした。

2011年 6勝6敗。
2012年 成績不振で2軍落ち。2軍でも1勝5敗、防御率5.05。
2013年 2軍スタート。1勝3敗、防御率8.61。
2014年 1勝7敗、防御率4.73。
2015年 1勝3敗、防御率5.74。

プロ通算5年で14勝19敗
今季も未だ勝ち星ゼロ。

“ハンカチ王子”と呼ばれ、田中将大のライバルだったのは遥か彼方の話。
とても高級車のポルシェを乗り回し、高級マンションに住めるような成績ではないと思うのですが・・・。

大学時代から派手な女遊び?

池田社長から提供された明大前のマンションで、
斎藤は乱痴気騒ぎをしていたそうです。
大学時代、

fb0e9003be7f5a19ebaebb88ede056c4斎藤「ずっと野球部の寮にいた」

と語っていましたが、
セカンドハウスを持っていたんですね。

プロ入り後も、1年目のオフには、月島の高級マンションに住まわせてもらっていたそうです。

コンシェルジュが常駐する、20階を越えるタワーマンション。
元々池田社長が自宅として使っていた部屋で、
広さは約70㎡、家賃は月25万ぐらいだとか。

fb0e9003be7f5a19ebaebb88ede056c4斎藤「一般人とエレベーターホールが同じだから嫌だ」

とお気に召さなかったようですが。

日ハム関係者によると、
大卒の新人でも2年間は鎌ヶ谷の「勇翔寮」に入ることになっているそうです。

当時、斎藤は6勝6敗で1年めのシーズンを終えたばかり。
2年目に向け自主トレに励むべき時期に、
高級マンションで派手に女遊びしていたのでしょうか・・・。

外国人と交際する女性記者が取材に来た際、
いきなり下ネタ発言をぶつけるなど、
プロ入りの頃から斎藤は変わったという人が多いそうです。

斎藤に対する利益供与は問題?

出版社ベースボールマガジンは、報道機関です。
取材対象者である斎藤に対する利益供与について、

服部立教大名誉教授「利益供与は論外です。代償として球団に関する情報の入手を依頼される恐れもあり、不祥事が生まれやすくなる」

毎年プロ野球選手がサインする「統一契約書」には、

17条 模範行為
個人行動とフェアプレイとスポーツマンシップとにおいて日本国民の模範たるべく努力することを誓約する

と記述があります。

野球選手への金品授受

  • 桑田真澄
    1990年に、17条に反するとして、
    巨人から登板禁止1か月、罰金一千万円。
  • 水野雄仁
    高級乗用車と200万円程度の金銭を受け取っていたとして、
    罰金百万円と譴責処分。
  • 他、複数の選手
    厳重注意などの処分。

今回の斎藤のポルシェ問題も、処分の対象になる気がするのですが、果たして・・・。

週刊文春が斎藤を直撃!

斎藤は週刊文春の直撃取材には何も答えていませんが、
池田社長は饒舌に語っています。

20111016_Ikeda_Tetsuo_01v_195池田社長「斎藤から『ポルシェが好きなんで』と言われてね。『お前には頑張ってもらわなけりゃならないから、俺が払ってやる』と。奴も一軍の選手ですからね、持っていても不都合という感覚はなかった」

リース料は月10万程度だったとか。

週刊文春「マンションを提供していた?」

20111016_Ikeda_Tetsuo_01v_195池田社長「月島はプロ1年目終わった時に2か月くらいかな。『合宿所を出たいので、ちょっと置いてくれないか』とね。明大前は大学4年のドラフト前に1、2か月いました」

週刊文春「社員は利益供与を納得していないのでは?」

20111016_Ikeda_Tetsuo_01v_195池田社長「納得してると思うよ。取材対象だから頑張ってもらわなきゃいけないし。飯食わす・・・よりはちょっと高いかな。そりゃ斎藤が出れば売れますよ。まだ商品価値ありますよ」

週刊文春の社員の発言の見る限り、社員は全く納得できてないようですが。
当然ですが・・・。
池田社長の家族もこうした振る舞いを嘆いています。

池田家関係者「恥ずかしい限りですが哲雄は本当のことをあまり言わないので。ポルシェのことは初耳ですが、斎藤君の人間性を疑いますよ。ベーマガは王さんや長嶋さんにもお世話になりましたが、物をねだられたことはありません。初代の恒雄社長は『スポーツマン精神を忘れるな』とよくおっしゃっていました。社員を蔑ろにして選手にそんなことをしてはいけません」

一方、ポルシェを受け取りに来た斎藤の父・寿孝氏は、週刊文春の取材に対し、謝罪。

斎藤の父親「いろいろな面で誤解を受けるようなことがあれば舛添さんみたいになってしまいますから。すみませんでした」

プロで実績を積み重ねて稼いだ自分の金ではなく、
他人の財布をあてに豪遊する斎藤佑樹・・・。
もはやかつての”ハンカチ王子”は見る影もないのでしょう・・・。

スポンサーリンク


  こちらの記事もあわせてどうぞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ